事件

強制性交ニュース

女性に集団で性的暴行を加えたとして、富山県警富山中央署は11日、同県射水市黒河、自称会社員、村中圭介容疑者(31)ら男8人を強制性交等容疑で逮捕した。8容疑者のうち一部は「同意があった」と否認し、他は「無理やり乱暴した」と認めているという。

 逮捕容疑は、共謀して10日午前6~8時ごろ、富山市にある容疑者の1人の自宅アパートで、富山県内の20代女性の手足を押さえつけるなどし、暴行したとしている。

 同署によると、8容疑者は同級生など知人同士。うち数人が同日午前4時ごろ、富山市内の路上で「車に乗せるよ」などと面識がない女性に声を掛け、アパートに誘い込んだ。女性は被害後にアパートから逃げ出し、110番通報した。

強制性交の記事です。私はこういう記事を読むと、実に心が痛む。しかし、それ以前の類似事件では、たとえば、山本何某が未成年の少女を、2人ですかね、仲間と行為に及んでいる。その事件を警察は、最終的には示談に持ち込んでいる。

おかしいですよね。少女たちが警察に訴え出ていることは、刑罰を与えることを願い出ているはずです。にもかかわらず警察が、少女たちに報道されればどうなるとか、裁判ではどうなる名前が出るとか、そういうことを言われて脅しつけているらしい。それらのことで事実上、少女たちが怖くなり、示談に応じざるを得ないような状況を作るのは、刑法の趣旨に反する行為だと思う。

やはり、警察は少女たちの権利を守り、それ以後の穏やかな人生を送ることができるように支援するのが、筋であろうと思う。示談にすることが守ることであるなら、この事件以後酒を飲ました、泥酔させて事におよんだという、類似事件が次々に起きている。

犯人たちは、これらのことをしても示談ですむんだというメッセージを、警察がつくり、それを参考にして、ことにおよんでいるのだろう。だからしても大丈夫だというのが、一般的な考えになっているのではないかと思う。これでは警察が刑法に違反することがあっても、我々が守るから大丈夫だよと、誤ったメッセージを作っているに過ぎない。

これは罰を与えますよという断固とした、メッセージを出さない限り、刑法の意味がないと思う。やっても大丈夫では、また起きるのですよ。民主主義の原則を守っていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕のような人がいない

2018年6月9日 07時18分

 警視庁愛宕署は8日、港区新橋、会社員の男(31)をわいせつ目的略取と強制わいせつの容疑で逮捕した。

 発表によると、男は1月31日夜、都営浅草線新橋駅の改札付近で、帰宅中だった神奈川県の20歳代の女子大学生に「飲みに行こう」と声をかけ、嫌がる女子大生の両腕や肩をつかんで約200メートル離れた自宅マンションに押し込み、体を触るなどのわいせつ行為をした疑い。容疑を認めている。

 女性は「やめてください」などと言って何度も手を振り払おうとしたが、男はしつこく腕などを引っ張ったという。周辺には多くの駅利用者がおり、女性を心配するように足を止める人もいたが、助ける人はいなかったという。

呆れるが、とにかく僕のような人はいない。関わりになるのを嫌い、不正があっても知らん顔。それでいて「なにやってんだ」なんて、僕が言おうものなら「おかしいひと」「きちがい」。

なにか変じゃないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジゴキシンって

ジゴキシンについてネットで調べると、おかしなことにうっ血性心不全に用いると書かれているものがある。母は正にそれで死んだのだから。

この場合、徐脈にならないように使用することではないか。また不思議なことにうっ血性心不全であるならば、なぜ北原の先生は、使用していないのか?つまりそれを使用しないことによって、うっ血性心不全になることを回避しているのだから。

手足や肺に水が溜まることの回避策として、北原では成功しているのだ。それがなぜ東京西徳洲会では、わざわざその逆をしているのか。まして私に何の許可も得ずに?それに西徳洲会では「誤嚥性の肺炎」と言っているが、それがどこで出てきたのかもわからない。聞いてもいない。

加えて心不全のことなら北原で治療することになっているように、私は考えていた。ですからそれに従って、うまくいっていた。なぜ東京西徳洲会に行って、心臓をいじくっているのかもわからない。心臓なら北原さんなのだ。そんなことは許可もしていないし、考えてもいなかった。

西徳洲会の先生は、昔から心不全とかどうとか言っていた。しかし、そんなことは西徳洲会さんにお願いもしていない。私にしてみれば「それはいったい何の話なのだ」なのだ。西徳洲会は信頼性もないのだから、私がなぜそこで大事な母親の心臓を診てもらうことになるのだ。分からない。

つまり私としては、水が溜まるにしても、北原さんで解決している。心不全の可能性がなくなったと言われたばかりだ。それで私は納得している。それでいつかは腎が上手くいかなくなっても、それはそれで大往生なのだろうし、寿命だろうと思う。

でも、なぜ西徳洲会で心臓のことで診てもらうのか?その理由がない。心不全の恐れ何がしというなら、すぐに転院をさせてもらえばいいのだ。こちらが診てもらうことを信条的に「そのつもりがない」のだから。なぜ許可してもいない心臓をいじくっているのか?

ジコキシンについてネットの情報をみると、単純にはうっ血性心不全に用いるように書かれているものもある。しかし、これらの情報は誤ってもいる。なぜならジコキシンを単独での用い方だからだ。腎をたたいて尿が出ないようにすれば、うっ血性心不全になる。徐脈になれば、それに加速をさせることになるだろう。

いずれにしても私は心臓の薬を母に使用することを、許可していない。無断で打ったということは、殺人が目的だと思う。徐脈になれば、当然水はでない。うっ血になり、うっ血性心不全になると思う。なぜか「おしゃれ事件」に似ている。

たぶん先生も盛んに検索しているに違いない。たぶん過剰なジゴキシンで死亡するというネットの情報を知っているだろうし、医師なら当然知っているはずだ。ただあなた方に頼んでいない。心臓なら北原でやることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今市市女児殺害事件

>難航していた捜査が動いたのは、勝又容疑者が別の事件で逮捕後、有希ちゃんの事件について関与をほのめかした。捜索によって、押収されたパソコンに幼い女の子の画像が複数保存されていた。また事件に関わるビデオ画像を見つけた。

上記のものは、以前事件について報道された事実である。しかし、勝俣被告の控訴審で、被告のDNAが検出されなかったことが明らかにされた。加えて捜査員のDNAが出ていることも伝えられている。

これらの事実は実におかしなことである。なぜ捜査員のかというと、犯人だからかもしれない。捜査の過程でついたというが、その経緯などは全く報道されていない。また今回も自白が偏重されたようだ。とすると、事件にかかわるビデオ画像と言うのは何か。つまり、報道されたことは嘘なのか?またおかしい。自白を強要したのかもしれない。しかし、報道では、犯人だと特定しているような書き方だ。恐ろしいことだ。

また冤罪だとすると、勝俣被告も無職だった。つまり、たぶんバックに権力者はいないということだろう。そのため犯人にでっち上げても問題がないということなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神社などに油!?

以前にも神社やお寺に油のようなものをふりかけ、器物損壊をしている事件があった。それが、最近でも起きているようだ。なんでも首里城、下賀茂神社、明治神宮、増上寺と聞くと、日本人なら穏やかでいられない。

被害にあった場所は皆、日本人にとって神聖な場所である。そこを汚す行為は、ヘイトスピーチと言われるかもしれないが、誰しも思うところはあるだろう。この国の重要文化財を妬んでいる?あるいはそれで日本人を侮蔑しているのかもしれない。

それにしてもニュースでは監視カメラなどを調べるらしいが、警察も何をしているのか。例によって大丈夫だろうと高をくくっているのかもしれない。首里城に行っているのだから、これで犯人を割り出せないとなると、どういうことなのか?

私のような日本人の一般人は人体実験をするまで弾圧するのに、こういう人は放置しておくのか。確かに一般人の私は、逮捕しようと思っても、いざ犯罪はメディア側だとなると、逮捕もしようとは思わないらしい。大きな事件は扱えないけど、小さな事件ならOKということか。いずれにしても早く解決してほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供原因の事故-最高裁初判断

子供が起こした事故が原因での損害賠償の上告審で、最高裁は「通常は危険がない行為で偶然損害を生じさせた場合、原則として親の監督責任は問われない」と判断した。1,2審の賠償命令は破棄された。

これは小6男児がサッカーボールをゴールめがけてシュートしたところ、ボールがそれ、フェンスを超えたところの道路をバイクで走行していた80代の男性が、ボールを避けようとして転倒、骨折したもの。

その後、男性に認知症の症状があらわれ、1年半後に死亡したもの。

ニュースでは、男児の行為そのものについて報道するものが多く、少し論点を外れているものと思える。男児の行動(ボールをける)そのものが責任がないと報道されているが、最高裁が意図したものと違ったものになっているはずだ。

というのも、賠償請求額は5千万円である。当然これらは被害者の死亡に対して請求されたものと考えるのが妥当である。怪我のみでのものではない。とすると、被害者のその後の認知症、肺炎での死亡も含まれている。

最高裁が出した判断は、子供の行為ではあるが、いわゆる「運命性」に対しては、責任がないと判断したものである。偶然性に対して判断されたものと考えるのは早計と思える。被害が出れば、子供の責任が問われるのは、変わらないと思う。子供、つまりその親が。

情報は十二分に考えて判断すべきだ。メディアがそうだからといって、それがそのまま世の中に通用するものだと考えるべきではない。

ただ今回の事故、子供の行為に親の責任が問われたが、なぜ学校や市の管理責任が問われなかったのかは不明。何らかの形でそれらの関係者か?あるいは、引き受けた弁護士が、親の責任を問うたほうが確実に賠償金が取れると判断して、そうなったのかは不明。

ニュースとしては片手落ちのものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生田美玲さん殺害のその後

>神戸市で小学1年生の女の子が遺体で見つかった事件で、逮捕された男の自宅の浴槽の下から包丁が見つかっていたことが捜査関係者への取材で新たに分かりました。浴室からは、女の子の血の跡も見つかっていて、警察が関連を調べています。

包丁が見つかったことで、ほぼ犯人であることは確定的だろう。浴室からも血液が見つかったという。当初見つからなかったとしていたのだが…また、遺体を捨てていた袋にも犯人の指紋があったそうだ。

では、なぜこの事件はこんなにも混乱したのだろう。警察の情報の発表の仕方も問題かもしれないが、メディア特にテレビの報道の仕方も問題であったように思う。また包丁が浴室の下というのも、捜索が十二分になされていなかったことにも原因がある。

被害者のリックが見つかったのも、箪笥からである。これがなぜすぐに見つからなかったのか?捜査の不手際とメディアへの発表の仕方に多くの問題を残した事件となった。

一日も早い事件の全面解決が望まれ、被害者の冥福を祈りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生田美玲さんの腰部みつかる?

‐腰の部分は見つかったという認識でいいのか。
 「骨盤が、解剖した時に新たに確認できた、ということを申し上げている」
‐見つかったというよりは確認できたということか。
 「解剖によって確認できた」

生田美玲さんの腰部が解剖によって見つかったそうだ。また容疑者の部屋からリュックが箪笥から見つかり、微細だが血液も反応があったという。

ところが、捜索の1日目になぜリックが見つかっていないのか?またその時になぜ何も見つかっていないと発表しているのか?血液反応もなかったと言っていたのが、なぜ見つかったのか?腰部もそうである。

発表されたバラバラ遺体を推測すると、なぜ腰部は見つからなかったのか?

とにかく、この事件にはいたるところに疑問が浮上する。訳が分からないというのが正直な気持ちではないだろうか?

当初、バラバラ遺体が捨てられていた場所は、警察が調べていなかったところとテレビなどでは発表された。しかし、ネットでは警察が最初調べたのだが、そこにはなかったという。どちらが本当なのか?

つじつまの合わないことが多すぎる事件だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君野康弘容疑者は生田美玲(6)さんを殺しているか?疑問!!!

神戸市長田区の雑木林で美玲ちゃんの遺体が見つかり、遺体現場近くに住む君野康弘容疑者を兵庫県警は逮捕した。

ポリ袋に入れられたバラバラ遺体とともに、君野容疑者の診察券やDNAのついたたばこの吸い殻が見つかったからだ。しかし、なぜ混入したのか?

加えて美玲ちゃんの腰部分の遺体が発見されていない。とすると、即断はできないが、このまま腰部が発見されなければ、いたずら目的で、犯人は別にいる可能性が高い。腰部には犯人のDNAが残されているはずだからである。それが見つからなければ君野容疑者が犯人とは断定できない。

テレビなどの報道では、このような意見は全く出ていない。君野容疑者の個人的なプライバシーをどんどん暴いている。報道している。しかし、君野容疑者の自宅アパートを捜索しても、血液反応は出ていない。

また本人は日常的に酒を飲んでいたらしい。美玲さんについても酔っていて覚えていないという。すると、誰かが君野容疑者が知的能力に問題があるということで、いわゆるメディアが作った、障害者はおかしいというイメージを利用したのではないか。またそのような人なら、アリバイなり、事実関係なりがうまく説明できない可能性がある。

巧妙に仕組まれた犯罪かもしれない。性犯罪者はそれを知られるのを極端に恐れる。久米宏も例外ではない。彼がそうでないなら、とっくに謝罪説明をしているだろう。これらもカムフラージュされている可能性がある。

犯人は、腰部が出てこない以上、それからDNAが出ないければ、即断はするべきではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全盲少女の災難。加害者に同情のひどい意見

JR川越駅(埼玉県)構内で全盲の女子生徒が何者かに蹴られ負傷する事件が起きた。白杖につまずき転倒した腹いせに背後から蹴ったとみられ、許しがたい行為にインターネット上には怒りが噴出している。だが一方では、加害者側に理解を示したり被害者の「落ち度」に言及したりする人も少なからずいるのが現実のようだ。

「謝ってないなら蹴った人の怒りももっとも」「全盲なら家でんなよ」 「正直全盲だからとは言え他人に杖で転倒するような事されたら普通に殴りたくもなるとは思うんだよなぁ...」 「自分の持ってる杖で人が転んだかもしれないのに歩き続けたというのは同情の余地ないとおもうんだけど」 「少女って謝ったの?こける気配がしたっていってたけど... まあ蹴った人も正しいとは全然言えないけどね。謝ってないなら蹴った人の怒りももっともな気がする」

「通勤ラッシュのときとかはさすがに周りからしたら邪魔やからさすがにそこんとこは理解しといてほしいわ」「え?黄色い線上は視覚障害者の専用線なの?いやそんな意識全くなかったし、ラッシュ時にあそこ歩かないなんて無理だよ」 「全盲の人が迷惑かけてしまうのはしょうがないけれど、全盲なのを理由にしてはいけない」。中には「めくらはめくららしく家の座敷牢ででも大人しくしてればいいのに」「全盲なら家でんなよ...」などと心無い差別的な発言も散見される。

発言のひどさに保存しておきます。全盲の人は目が見えないのだから、目が見える人が配慮し、事故が起きないようにするのが普通。社会的弱者に対する配慮は必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)