芸能・アイドル

加山雄三誤嚥か

歌手で俳優の加山雄三さん(83)が29日夜に東京都内の自宅で嘔吐(おうと)し、病院に救急搬送されていたことが30日分かった。関係者によると、水を飲んだ際の誤嚥(ごえん)が原因。意識はしっかりしており、命に別条はないが、大事を取って入院中という。加山さんは昨年11月にも軽い脳梗塞で入院したが、翌12月に芸能活動を再開していた。

こういう人が誤嚥するというのは、以外であるようで、意外にありそうなことです。水を飲んだ際に誤嚥したのか?

母も脳梗塞をしていたが、死亡する折には、誤嚥はしていない。誤嚥は1年以上前のことか?東海大学で問題ないと言われていた。それが「肺炎疑い」ということで、徳洲会に入院した。私は「徳洲会かな」といったのだが、姉が入院させてしまった。

私がとにかく疲れていて、対応できなかった。その前に入院した東海大学でも、即日帰宅だったのが、私がつかれているので、少し置いてくれませんか、とお願いし、社会的入院ということで2日入院した。

私に限界がきていたのだが、それは母親の介護ではなく、姉の介護の妨害で神経質になっていて、疲れていた。結局、私がダメになれば、病院でも殺されるのだ。姉は持参薬を渡さないようにしていたし、私は入院初日に、ちゃんと看護師に言っているのだが、わたらない。

母は誤嚥性の肺炎で死亡したのではない。死亡診断書は「誤嚥性の肺炎」だが、解剖すると「うっ血性心不全」だ。ジコキシンの中毒。これで循環動態を破綻させられ、肺に水が溜まり、その水をまた抜かないようにして、死亡させた。

母は菌で死亡したのではない。医師らも私に見破られたのを知っていて、私の顔をそもそも見ない。しかし、その後徳洲会を見ると、多くの人が明るくなっている。他の人にもしていたのだろう。それが私が医師を怒鳴ったものだから、医師らの暴走を快く思っていなかった人たちが、安堵したのではないか?

関係した人らは、いなくなってるよね。僕が殺人者の息子であること教えてやらねばならない。

ところで、加山雄三は燃えた「光進丸」だかの、保険には入っていたのですかね。タイミングが。

| | コメント (0)

不倫記事は必要か!?

東出昌大や鈴木杏樹、立川志らくの妻など、今年に入って有名人の不倫報道が相次いでいる。スポーツタレントの池谷直樹が主宰する劇団『サムライ・ロック・オーケストラ』でも、不倫騒動が起きていた─。

別に昔からだ。ただ報道するかしないかではないか。それでも枕営業は報道しないようにしていることも事実だ。ただ枕営業をしたようなタレントでもCMなどに出ていると、大変不愉快だ。

本当に何の魅力もないタレントが売れている。訳が分からない。ただテレビ局らは、こういうような売れる売れないの主導権を握り続けたいから、枕営業をすることになる。

視聴者に人気が出て、売れたという人は最近いるのか?いないのではないか。

不倫と言えば、文春砲などといっているが、それで意味があるのか?なぜこんなくだらないことを追っているのか分からない。記事が売れるということかもしれないが、私でもあまり関心がない。「ああそうか」ぐらいで終わってしまう。

それとは逆に、日本テレビおしゃれ事件に食らいついているのは、公共の利害に該当するからだ。私がかみつくのは、これが多い。これらのことを放置することは、社会にとってもいいことではない。

母親が東京西徳洲会病院で殺害されたことも、それによる。ただで放置できない事だ。ましてこれは母親が私に訴えていったこと。必ず成就させることだ。ところが対象となる人物が次々と逃げて行っている。これがどうも広範囲になるようなので、改めてその仕事に取り掛かるときに、少し面倒だと思う。まだほとんど動いていない。

他のことがあり、動けないのだ。動くことができれば、できるだけ早く進めたい。

| | コメント (0)

梅宮辰夫人工透析など慢性腎不全で死去

俳優の梅宮辰夫(うめみや・たつお)さんが12日午前7時40分、慢性腎不全のため死去した。81歳だった。所属事務所によると、12日早朝の4時頃、妻のクラウディアさんが、梅宮さんの異変に気づき、病院に搬送したが、そのまま息を引き取ったという。娘のアンナは、早朝に連絡を受け、東京から真鶴の病院に向かった。週に3回、人工透析を受けており、11日も透析を受け、いつもと変わらない様子だったという。

梅宮辰夫さんが死去した。慢性腎不全だ。これをなぜ取り上げたかというと、母が去年東京西徳洲会病院で殺害されている。

母親は徳洲会病院に入院する1カ月前から、腎の薬を飲み始めたばかりだった。それもちょっと左足がむくんだりしていて、これは少し運動不足で循環が悪くなっていて、なったのだろう。その後また治った。しかし、循環器の先生が、うっ血性の心不全の値が少し高くなっているので、ということで薬を飲むようになった。

それを飲むようになって数値も改善し、足などはガリガリになっていた。「お母さんよかったね」と言っている矢先、少し脱水症状になった。これは私が介護で疲れてしまい、気ばたらきができなくなっていた。それでなったといっていい。それも姉の介護の妨害行為が激しいので、そちらへの対応でいっぱいで、できなかったようなところもある。

それで母の場合は、心不全の値が少なくなり改善した。私は、母の最期は、梅宮さんのようになり、いずれは逝くのだろうと思った。これが天寿だろうと。梅宮さんの慢性腎不全は、透析もしていた。

私も母の透析に備えて、どこの病院がいいのか、考えていた。母は99歳だったが、後3,4年は生きられると思っていた。とにかく心臓が丈夫な人で、徳洲会に入院後に、持参薬を飲めなくて、頻脈が起きた。それで医師がすぐに持参薬を飲ませば頻脈は治るのに、持参薬を飲まさないようにして、強心剤を打った。

これは殺害を目的にしたものである。なぜなら、医師は母がどのような薬を飲んでいるかを知っている。それで強心剤を打つということは、頻脈が起きている心臓に圧をかけたのだ。それで心不全を狙ったのだろう。ところがこれがカルテには不記載。

つまり、この医師は何をしているか分からない。強心剤は母には、全く不要のもの。それを私には何の説明もなく打っている。たまたま気がついたから、これらの事実を知っている。気がつかなければ、殺されていても分からないでしょう。

つまり、家族でも私がいなければ、母が殺されて医師に礼を言っていると思う。これが日本の医療の現実だ。

カルテをすり抜ける方法、解剖をすり抜ける方法、事件が発覚しそうになる時に取る隠ぺい工作。これら3点が、そろっている。

警察が動かなければ、いずれネットなどに上げるつもりだ。梅宮さんの冥福を祈ります。

| | コメント (0)

高1可愛い女高生トップ7

Kawaiikouichi 

高1かわいい女子高生なのだそうだ。よくわからない。わからない。目が悪くなっていると思う。好みが変わり始めていると思う。

考えないようにしないと、眠れなくなる。世の中にたくさんの理不尽なことがある。ストレスを感じても、考えないようにしようと思う。

限界を越えている。かわいい子だ。うん、そーだ。明日は空をよく見よう。きっといいことがあるに違いない。

| | コメント (0)

嘘つき芸尿会、テレビ界

1枚100円の画像でインスタ更新…熊切あさ美、ウソまみれ告白で見えてきた「次のキャラ作り」

日刊サイゾー / 2019年7月1日 6時55分

写真

 6月26日に放送された『有吉大反省会2時間SPウソつきアイドル祭り!』(日本テレビ系)の中で、お騒がせなタレント・熊切あさ美が衝撃的な暴露トークを繰り広げた。

「茶道やお花、料理など、多趣味な様子が投稿された自身のインスタグラムの画像が全てウソで、セレブな友人から一枚100円で買っていたものだったそう。本人は、『地に落ちた好感度を少しでも上げたかった』と、言い訳していました」(テレビ誌ライター)

テレビの話題だ。嘘つきアイドルとして、過去の嘘を告白しているようだ。もちろん、芸能界にはこういう嘘は、ある意味沢山あると言ってよい。タレントなどの情報のほとんどが、そういうように作られている。

だから、それらを見て、本当のことと思うことは大変バカバカしいことであることを、認識しておく必要がある。

もちろん、こうして告白していることも、嘘かもしれない。それは分からない。だからそれらを信ずることもバカバカしいことと思う。

バラエティー番組をよく放送しているが、あれを見ている人は、何を考えているのだろう。

その気になって騙されることも、快感に痛づることなのか?そう、これが嘘をついて、情報操作をしようという輩にはいちばんきつい仕打ちなのだ。

騙されたふりをすること。これも愉快なことかもしれないし、その気になってテレビに出ている人たちを見るのも、楽しみの一つにもなるかもしれない。

| | コメント (0)

デヴィ夫人の…

タレント、デヴィ夫人(79)が代表を務める芸能事務所、オフィス・デヴィ・スカルノの運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた事務所の元経理担当、辻村秀一郎被告(61)の公判が21日、東京地裁で開かれた。 辻村被告は「夫人はいつも自分本位で、給料は1回ももらえなかった。盲目的に服従していたが、夫人の個人的な仕事を手伝えば報酬をあげるという甘い言葉に惑わされた」と供述。

わあ~夫人の個人的な仕事を手伝えば…甘い言葉Wなんてこというのか?信じられない。でもなんですよ。この人お給料ももらわないで仕事をするなんて、業界の慣例なんでしょうか?W

どうして食べていたのでしょう?彼女かなんかにお金を渡したように言っていますから、どうなっているのでしょう?デヴィ夫人は給料は月16万円だそうです。これってなんでこんなに安いのでしょう。こんなものなんでしょうか?

都会に住んでいて、これでやっていけるのでしょうか?どうなっているのか?無理だと思う。16万でどうしろというのか?これで食べられるの?地方の都市ならなんとかやっていけそうでしょうが、東京では無理でしょう。

どうするのこれ?W甘い言葉を期待しても無理だと思う。個人的な仕事ってW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂文枝の不倫

桂文枝が20年間不倫をしていたというニュースがここで出た。詳しいことは知らない。しかし、文枝が言うには「ここ2年程前に会いました」とか、月に60万円払っていたとか。

これでは今不倫が話題性があるということで、女性の方が売り込みを図ったのではないかと思いたくなる。2年間会っていない女性との不倫関係って、それってなんだよ、と私は思ってしまう。まして月に60万円もらっていたなら、どうみても文枝さんがその女性を援助していたのだろうと思う。

文枝の奥さんが「脇が甘い」といったそうだが、芸能人でこれ、なんか問題あるのだろうか?こんなの話題にしたら、芸能界きりがないだろ。おまけに久米楠田のように公のものを私物化したわけでもないし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大沢樹生の確認訴訟

神田うの「もう自分の子供じゃないよってしたいの?」「息子がかわいそう」

宮根誠司「裁判なんかしないで、ご本人たちでお話しした方が一番ご長男のためになったんじゃないかという気がするんですけどね」

高橋克実「法廷でなにかすることなのかと思いますけどね。そんなに何を決めてほしいのか、僕には分からないですね」

安藤優子「もしかしたら、自分の子供だと思って育ててきたのにそうじゃなかったことに対する恨みをきちっとはらしたいってことなんですかね」「そんな厳密に法的に、あんたと私は家族じゃないよって言わなきゃいけないんですかね?」。

大沢樹生の地位確認の裁判での判決を受けて、それぞれのタレントたちのコメントらしい。私は大沢氏については全く知らない。しかし、それを批判する人たちのコメントがひどすぎる。

男女が子供をもうけるということについては、それなりのものがある。この人生の裏には、北嶋舞が当時付き合っていた人物が少なくとも4人だか上がっている。テレビのコメンテイターはこの問題がふくらみ、父親が誰なのかを探し始めたら、業界のふしだらな性的関係が明るみに出ることになる可能性がある。だから例によってくさいものには蓋をしろで、隠ぺい発言を繰り返す。

だが、大沢氏のように当事者になればどうだろう。そもそも結婚をするというのも、自分の子供ができたと告げられたから、結婚したのではないか。それでよかったと思うが、自分の子供ではないとなれば、自分と関係を持ったのも、他の男との子供を身ごもった可能性があるから、自分と性的関係を持ったのかもしれない。完璧に騙されたのか?妻を信じられない。では、そうまでしてその男を守り、その男の子供を産むのか?これはいったい何なのか?

沢田亜矢子というタレントがいた。彼女も誰の子供か分からない子を産んでいる。しかしその後、彼女はテレビドラマなどで大変活躍した。売れっ子だった。その子供の父親はいわゆる業界の人間なのだと思う。でなければそんなにドラマに出演依頼がくるわけがない。男からの慰謝料の代わりにギャラで受け取るということなのか。私は彼女にも今からでの父親の名前を明かしてほしいと思う。いわゆる楠田枝里子と同じ枕営業なのか?

これらは「おしゃれ事件」と同じような土壌にあるものだと思う。そして氷山の一角だと思う。私は大沢氏の裁判を支持しますし、これからもがんばっていただきたいと思う。そうとう圧力はあるだろうが、屈せずに…

続きを読む "大沢樹生の確認訴訟"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでもいいけど宇賀奈津美

>1日中パソコンの前に座っていたり、大した運動もしないでお腹いっぱいになるまで食べているのは、人間らしい行動ではないはず。読書も良いけど、映画って凄い。映画1本で、人生が変わったという方のお話もよく聞きますが、それだけの力がありますよね。

報道ステーションの宇賀奈津美さん。知りません。何をしているのでしょう?

2ちゃんねるに書かれていたので、久しぶりに私もブログを書いてみる。でも、どうでもいいけど。

一日中パソコンの前に座っていたりと書いてるけど、私もそうであったらいいのにと思う。腰痛の持病があるので長くは座れない。でも、これって今事務をしている人の多くが「一日中パソコンの前」ではないかと思う。

人間らしい行動ではないというのは、一般的サラリーマンということかもしれない。

映画がすごい。人生が変わったって、どんな人生なのか?私は映画もテレビもラジオもほとんど見ない。耳がよすぎるのかうるさいのです。音楽はいいけど、ほかのものはうるさい。

特にテレビやラジオは聴いているだけで耐えられないのですよね。その無意味さに。それからNHKスペシャルなんか見ても、ものすごく薄い。厚みがない。戦争の映像などは、それなりの価値があるけど…

本だと聖書でなくても、草花のことでも活字が目に沁みこんでくる。今は英語だけど、イメージがどんどん湧いてくるといいけれども。

つまらない文章でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天海祐希の将門をモチーフにした舞台!決まってる。かっこいい!

Yuukiamami2

文句なしに決まっている。テレビのCMでみる彼女とはちょっと違う。いいぞ、やれやれだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)