経済・政治・国際

前川氏の授業内容について

 名古屋市立八王子中学校が前川喜平・前文部科学次官を招いた授業の内容について、文科省が学校側に報告を求めた。文科省は前川氏が天下り問題で引責辞任したことや「出会い系バー」を利用していたという報道に触れ、前川氏を招いた理由を問いただした。

 訳の分からない文科省。出会い系バーがいけないのなら、取り締まればいい。営業をしているなら、問題はないのだろうし。天下り問題でも、ただ結果だけをどうこう言うのはおかしい。とにかく隠蔽しているほうが、気持ちが悪いことではないでしょうか。

 隠蔽できる権力の犯罪は問題がない。隠蔽できなければ問題だ、なら崩れるしかないでしょう。あまりにも陰湿で、みじめで気持ちが悪い。カビだらけの人間が権力をかさにして、闊歩していることの方が問題だろうと思う。

こちらを報告してください!!!!⚓

 久米楠田が、どうしてもカビだらけの政治家と結びついてしまうようで、この陰湿な日本をもっと欧米のように明るい社会にできないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財務官僚自殺!

森友問題をめぐって、財務官僚が自殺したようだ。なんでもその人の遺書に実名があるとか。また文書を巡っての事実関係も分かるのだろうか?いずれにしても、自殺した官僚が事情聴取は受けていない人だという。このあたりがよくわからない。マスコミ対応をしていた人だという。それにしても、メディアはまた失態を起こしたわけだ。

ある意味こういう人物に死なれることは、とんでもない失点になる。事実関係が分からなくなる可能性があるからだ。メディアはこういうことが起こらないように、彼らを守らなければならないのに、またできない。

隠蔽といい、こういう風土をどうやって変えていくのかということだろう。久米や楠田のような犯罪者さえ、警察が隠蔽するのだから、なにもいえない。いつだったか、芸能人2人が未成年者に性的暴行をしたことがあった。そのときも警察は被害者に「裁判になれば大変なことになる」とか、「一生駄目になる」とか、そうとう被害者を脅したそうだ。それでその未成年の女の子たちは、示談に応じたと聞いている。

これなんかも、警察は一体誰の味方なのかと首をかしげるしかない。刑法にのっとって、厳しく罰すべきなのに、犯人が芸能人なので便宜を図ったということなのか?裏で何かをもらうのだろうね。でなければ信じられない。

女の子たちが「一生刑務所から出られないようにして」といえば、できるだけそうするようにすることだ。それが逆だ。裁判でも名前が出ないように、将来に不安がないように配慮をするのが警察や検察、裁判所の役目でしょうに。それを脅してるというのだから、呆れる。

また、自殺者が出たことで、メディアの敗北である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁量労働制・捏造?

「捏造」したように見えるデータが発覚した、「働き方」関連法案から削除されることになった裁量労働制の対象拡大案。政権の意図を、実現するために現実を捻じ曲げるという政治の禁じ手が透けて見えた。

しかし、なんです、政治のデータの捏造なんて、私から見たら、彼らがやっていることは、当たり前と思える。だってそうでしょう。

私が今、検索で「楠田枝里子」と検索します。すると、私のサイトなど出ません。出るのは、ほとんどテレビで放送されたことの後追い。でも、これで「日本テレビおしゃれ事件」などもほとんどのメディアは知っていたということになるでしょう。

私が知っていたのは10カ月、それで抗議した。でも、なんですよね、テレビなどは、自分たちの都合の悪いことは、すべて情報操作で乗り切る。嘘だらけですよ。例の何でも嵐とかいうグループの誰それが、AV女優を3年間も性奴隷にしていたという記事。よく報道したと思います。でも今頃は首になっているかもしれません。

それで他のテレビや雑誌が後追いをしたかというと、全く黙殺。民放のワイドショウなどは全く報じない。つまり自分たちの都合の悪いもの、金が儲からなくなるものには、フタをする。ひどいのは相手のAV女優を売名行為と非難する報道まで出たのだ。ここまで嘘だらけのメディア。

これで他の問題にまともなデータがあるかなんて、考えるだけでも、バカバカしい話だ。これから突き進む、憲法改正の話。これ憲法を変えなければならない現実があるのでしょうか。全くないでしょ。自衛隊が自衛隊でなぜ悪いのでしょうか?何の問題もありません。何の不都合があるのでしょう。

憲法解釈だと安倍総理は言います。でも解釈なら、いろいろある方がいい。特にこういう自衛隊など。「おしゃれ事件」の場合、解釈がほとんど一つ、つまり、私のものしかなくなっている。なぜなら、外堀をほとんど埋めてしまい、他はない。楠田はテレビで嘘ばかり言うが、ただただみっともないだけ。

今日の東京新聞にも、元台湾総統・李登輝氏に聞くとして、日本精神に「誠実、勤勉、奉仕、責任」などの美徳をあげている。どうですか、メディアの人たちには、耳の痛い話でしょう。久米楠田はもとより、他の人も同じでしょう。NHKの下請けの人が言いました。「これ日本テレビでしょう」。私言いました、「LIVEで盗聴音を聞いていれば、他の事件で私たちは盗聴していないと逃げられますか?」と。聞いていれば盗聴犯人ですよ。犯人だから聞いているのです。

幼児ポルノでもそうでしょう。私は写真を撮ってはいない、これで罪を逃れられますか?持ってれば犯罪でしょ。盗聴でも同じでしょう。聞いてれば犯罪。それを告発しなければ犯人そのもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここまでとは

今日の東京新聞の発言に「多すぎる死票焼却より重大」とある。会社員 金子健二 51 (さいたま市緑区)

民意の歪みといえば、今回の衆院選小選挙区で、得票率48%の党が74%の議席を獲得している。2,600万を超える死票は、民意が結果に反映されてないという点で、焼却された票と同じである。(略)

小選挙区制度により多くの票が議席に結びつかず、民意が捨てられていることの方が、より重大であると思う。

発言では、他に滋賀県甲賀市が得票数の数合わせのため白票を水増しし、その後発見された未開票の投票用紙を焼却処分していた問題が書かれている。

私は民意の歪みがここまでとは明確に認識していなかった。確かに恐ろしいほどである。これで投票率の低さ、あるいは、テレビなどの情報操作で投票が行われることを考えると、いったい民意とは何なのかと考えさせられる。

今日までの投票方法では、政治家を選択することはできないと私は思っている。白票の多さは以前知った。選びようがないのだろう。また政治家の不祥事がお粗末で、みっともないことばかりである。有権者は、こんな政治家を選択してはいないと思ってはいると思う。

また、メディアは政治家の身体検査ばかりに重点を置き、政策のことにはあまり触れない。触れるとしても、程度の低さ、テレビなどで、何度も繰り返し放送される情報は、あまりにも偏向している。メディア自体も問題を抱えているため、政策などでの意見討論など全くできない。軽く流れていることのほとんどは、井戸ばた会議程度のタレントの誘導情報である。

これでどう現実の有権者の生活がよくなるのか。いろいろな社会問題が雪だるま式に増えていくばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国慰安婦問題再び?

韓国が慰安婦問題を再び見直しているようだ。しかし、これは当初より考えられたことだ。何度しても同じであろうと思う。韓国は常にこのカードが日本にとって有効であること認識している。この問題に限らず、私は思想良心の自由、言論・表現の自由を改めて確認しておきたい。

それは韓国に限らない。中国に対しても同じだ。なぜなら民主主義国家は、これらのことをエンジンとして発展すべきであるからだ。そこに政治は強権的に関与すべきではない。もちろん民主主義というのは一つの政治体制であることは変わらない。

ただ慰安婦問題に対し、韓国民にしゃべるなと脅すのはおかしい。少女像を建てたければ千体でも万体でも建てればいい。それに対し日本も筋を通すことである。真正面から問題を把握すればいいことだ。それをその場限りの、場当たり的に対処しているから、いつまでも続くことになる。

いつまでも続く?そう韓国は日本が広島長崎とあるのに、それをまねてしているだけである。しかし、本質はどうだろうか。そこを見極めるべきだ。筋を通せばいいことを、何回でも場当たり的に行う。そこを突っ込まれる。これではお互い不幸な歴史を作るだけである。

本質的になぜ考えないのか?捉えないのか?わからない。ただこういうような習慣は常に日本のメディアに存在する。韓国にもある。都合のいいようにしか報道しない。それでいつまでも着地点に到達しないまま、繰り返される。

これって日本のメディアが常にネタにしておくために、そうしているのだろうか?場当たり的というのは、おしゃれ事件などでもそうだ。責任を取らない。楠田は嘘をつき続ける。常に逃げる。逃げて逃げて、笑っている。まただ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山尾議員会見に

山尾議員のスキャンダルについて、疑問がある。山尾議員は「男性の自宅にも行った」と言っていた。ところがここでネットを見ると、男性の妻は男性・夫に言われ、病気の療養に実家に行っていた、と情報が出ていた。

これが引っ掛かる。男性の自宅なら当然妻がいる。それなら不倫はないのではと考える。しかし、妻が留守なら違ってくる。これは山尾が男性と2人だけになっていたとしたら、自宅と出しただろうか。あるいは、山尾は妻がいるものとして男性宅に行ったのか。奇妙だ。

また男性がテレビなどに出ている人間らしい。また自民党にも人脈があると。これでは今井議員など様々なスキャンダルが自民党から出ているので、巻き返しもあるだろう。それで山尾議員と男性との関係は相当知られていたらしい。とすると、どの情報が事実なのか精査するのは難しい。

たとえば、「赤ワインとビール」だが、どのくらいの量なのか?部屋はダブルルームらしいが、いつだれが予約したのか?ほかに部屋は空いていないのか?疑問は次々にわいてくる。こうだと決めつけない方が今の段階ではいいようだ。写真だけではW不倫なのかどうかは分からない。そういう写真は掲載されていない。ホテルというのは文字で記者の証言である。記者の証言と山尾の証言とどちらを信じるか、ということか?週刊誌にも多分にデマや情報操作の記事があることは、ここで指摘しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山尾志桜里氏不倫問題?

山尾志桜里議員が、文春の記事に対し、会見をした。W不倫と言われたが、どうやら文春の下種の勘繰りでしかなかったようだ。

「男女関係はなかった」と明確に答えた。会見のスピード感もよく、言葉も適切であったように思う。ホテルに男女で入れば、即セックスと考えるのは、その人たちの自由だが、久米楠田の性的関係を知っている人間からすれば、会見を適切にする人物と、事実関係さえとることができない人物では、話にならないだろう。

このスピード感で久米楠田が謝罪していれば、私の抗議文など存在するはずもない。しかし、彼らは隠蔽した。つまり、どうにも説明がつかないのである。指摘されてしていなければ、すぐに反論するだろう。

山尾議員と久米楠田。どちらがメディアの仕事をしているのか、逆だろう。議員さんの方が誠実で明快である。いやいやご立派。山尾議員のことはそれほど知らなかったが、今回の会見で、私も応援したい気持ちになった。離党も適切である。次の選挙で無所属で当選して、また民進党に戻ればいいでしょう。当面の混乱を防ぐには適切であったと思う。ご立派でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進党幹事長!?

民進党の前原代表は幹事長に山尾志桜里にいったん決めたが、流れた。それが政治経験の少ない山尾氏ではと、反発が有力者から出たということらしい。

しかし、ここで週刊誌が出るらしい。その記事が不倫だという。それが本当かどうかは分からないが、事実ならちょっと残念だ。この間ニュースでは待機児童問題を取り上げていたようだ。加計問題でも積極的に動いていたように思う。それが文春の記事ということなら、文春も情けないことに、不倫ばかりを追いかけているらしい。

では、不倫で久米楠田は記事にならないかというと、ならない。理由はあまりにも小物すぎるということかもしれない。現実的に楠田が不倫などしようもない。性格がよくないので無理。若いころは結婚を望んで、盛んに「選んでいられませんよ」と口にしていた。今ではそれが仇になり、結婚ができなかったということが受け入れられないのだろう。

日本テレビおしゃれ事件以後、盛んに情報操作を使って、結婚願望を否定していた。しかし、言うことが次々に嘘になるので、週刊誌もどこまで本当か、分からないのかもしれない。

それに比べ、山尾氏は大物のようだ。ネットでは未だにガソリンの問題について盛んに書かれているようだ。それだけ耳目をひく人物なのだろう。いったんは前原代表が幹事長にとしたので、期待していた。民進党は支持率が低い。変わらなければならないし、若手を引っ張り上げることは賛成だ。

それから気になるのは、メディアの動きで人事が決められたり、物事が進むのはよくない。先の都知事選でもほとんど印象で票が動いていると思う。大変危険だ。本来の政策で評価されるようにならなくてはならない。民放テレビなどは、それでは困るのだろう。絵を作り、簡単に報道し、結果が出れば、利益も上がる。しかし、民主主義は後退する。テレビはよくない。そこを脱するように、有権者はより良い選択をしなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴言議員?

豊田議員?の暴言問題?確かに普段の議員とあまりにも違うということで違和感を覚えるかもしれない。私もよくは知らないが、暴言の言われていることは、あっているのか?

建物とか場所とかに表と裏がある。確かにそうだし。車の運転をしていて、ナビに頼っているのか?ナビに頼ると、めちゃくちゃな場所に行くでしょ。ほとんど当てにはならない。それをしていたら変だし、秘書としての仕事もうまくはいかないだろうし、いまだにそんなことを秘書がしていれば…

暴言はいけないが、議員さんは秘書を首にすればいいのだが、それもかわいそうだから、我慢をしているのかもしれない。なかにはとろい人はいます。「ばかか!」という暴言もあるらしい。秘書はやはり議員さんの手となり足となって、尽くさなければならないことは確か。秘書が出来が悪いと、ちょっと困る。仕事のできない秘書は、やはり、少しづつ仕事をへらしていって、私のように細かいことにもよく気が付く秘書を雇うようにするしかない。

また車の中だから、原則的には公にすべきことなのかどうか、微妙だ。暴言と言えば、私の姉は、公の場所で私に「ぶっ殺すぞ!」と絶叫している。そのあとで私が車の中で姉にお説教すると、「脅している」と言って、スマホで録音し、私には弁護士がいるからというので、さっさと連れてこいと私は言った。70にもなるのに、物事のいろはが分からなければどうしょうもない。

暴言と言われている豊田議員。しかし、私はほとんどなんとも思っていない。そんなものだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文書は本物

>取材に応じ、「文書は本物」と認めた。2016年6月から2017年1月まで事務次官を務めた前川喜平氏(62)は、「いずれも部下から受け取ったレク(説明用)資料です。これらの文書は、大臣や次官への説明用として担当の高等教育局専門教育課が作成したものです」と説明した。

このニュースを見て少し安心しました。少しはまともな人がいないと日本社会の民主主義が後退してしまう。世界の最高権力者と思われるアメリカの大統領、あるいはダイアナ妃の事故で皇太子まで事情を聞かれたと言います。欧米の民主主義ってすごいでしょう。これが本物です。

では久米宏や楠田枝里子はどういう独裁者なのでしょう。この人たちより偉いと?訳が分かりません。なぜこの人たちの犯罪は守られるのでしょう。日本社会の民主主義が成り立っていないといえばそれまでですが、情けないことです。本当に絶望の国です。権力側の人間が人をひき殺しても逮捕もされないで、100万円で済むのですからたまりません。まともな警察官はいるのでしょうか?欧米に追い付くにはあと500年でしょうか?

ここでもニュースなどで報じている北朝鮮関連のもの、これらは北朝鮮の宣伝ですか?ミサイルを打ち上げる絵を何度も何度も流す。彼らは喜んでいるでしょう。バカバカしい限りです。いい加減にしてほしい。何かあればまた古い画像を持ち出し延々と放送する。これ一辺倒です。

少しはまともな人間もいてほしい。誠実な人間がいてほしい。テレビに出るのは金や話題欲だらけの屑ばかりですか。いい加減にしろよ。ばかやろう!!まじめにやっている人間が評価される社会にしろよ。安倍さん、ここで闇金塊とか、医療ツーリズムを利用してうまいことをしている人たちがいるらしい。少しはまともに政治をやるつもりはあるのでしょうか。おしゃれ事件もそうですが、社会のシステムを悪用してうまいことをやることは、これ政治問題ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧