映画・テレビ

週刊文春、不倫報道というものの風が変わった!!

複数人の女性との不倫でテレビ番組を出演自粛となったアンジャッシュの渡部建(47)のハレンチすぎる行為が明るみに出た。「週刊文春」によると、渡部が2017年4月の結婚後に肉体関係に及んだ女性は少なくとも3人。そのただれた下半身ぶりも明らかになってきた。同誌の取材を受けた女性は渡部とは30回以上関係を持ったと生々しく告白。渡部は東京・六本木ヒルズの地下駐車場にある多目的トイレに、この女性を呼び出すと、性行為を始め、5分そこそこでコトを終えるという、さながらAVのようなプレーにふけっていたという。

渡部健という人は、何でも八王子出身だそうだ。1度もテレビで見たことがない。不倫は3人となっているが、他では7人となっているらしい。性行為は、5分そこそこで終わるそうだ。それで人によってか?1万円を渡したと。場所は六本木ヒルズの多目的トイレ。プレーはAVのようなと書いているが、AVがそうなのかは、私は分からない。またAV女優がいるとも報じられていた。

この記事を見ると、多くの人は気がつかないかもしれないが、正確には不倫ではない。単なる性的関係もしくは肉体関係だ。

ここで私がいちばん驚いたのは、この記事の扱い方だ。明らかに不倫などの記事の書き方の「風が変わった」ということだ。なぜこうも簡単に180度転回したのか、不思議だ。

確かに、これ以前にぽつぽつとは出ていた。たとえば、嵐の松潤のAV女優の関係。もう一つがあるタレントの妻の枕営業と思えるもの。嵐の松潤の記事は、一昔前なら完全に抹殺されていて記事にできないものだ。もちろんこの記事を書いた記者が現在どうなっているかは知れない。タレントの妻の枕営業などは、テレビでも放送されたが、妻はしどろもどろだった。

嵐の松潤のは不倫とは書いてないが、恋愛でもない。これらのものは不倫ではなく肉体関係もしくは性的関係と呼ぶべきものだ。つまり、結婚とかそのようなものに発展することがないセックスの事実関係である。つまり社会的な人間関係が欠如しているのだ。

これらはセックスをすることそのものに意味がある。だからセックスをすれば1万円を渡す。松潤はお金も払わないそうだし、タクシー代も寄こさないと言われている。もちろんAV女優の方からは断ることはできないだろう。

こういう手の性的関係は、今まで文春であろうとも書いては来なかった。書かないようにしてきたのだ。また女性の方から口を開けば相当圧力がかかる。1誌が書いたとすれば他誌が、その女性をたたくだろう。つまりこれは当事者には不毛の情報操作が行われ、お金が動くようになる。これらの逃げ道となったのが、不倫と称して、大物俳優などは、情報を「不倫」から「もてる」に変化させた。

これの先駆けとも思われるのが石田純一である。彼は自分のタレント生命をのばすために、妻を捨て、他の女性それも美人女性を妻とした。今でいえば「炎上商法」である。これで食いつないだ。そのことをよく知っている人は石田純一を嫌う。しかし、この石田でさえ、前記に出てきた性的関係は記事にしていない。

今回の文春記事は、そういう意味において「殻を破った記事」になるのだろうか?そういう記事が増え、枕営業などの当事者の名前やその背景が報道されるようになると、視聴者はテレビというものがどういうものなのか、もっとつぶさに知ることができるようになるだろう。それによって、人間性や放送の仕方もより良いものになることを期待したい。

それを絶対的に前に進めるとしたら「日本テレビおしゃれ事件」の報道である。民主主義を発芽させたい。

 

| | コメント (0)

若い人も気をつけたい脳梗塞!!

大阪・朝日放送テレビ(ABCテレビ)の増田紗織アナウンサー(23)が18日、朝の情報番組「おはようコール」(月~金曜、5・00)に出演中、ろれつが回らなくなるなど、異変を生じ、ネット上には体調を心配する声が寄せられた。

若い女性がろれつが回らないというのは、どうか?でも、これはあくまでTVの放送上でのことだからと思う。緊張したりすれば、上手くしゃべれなくなったり、上ずった声になったりしても、ある程度はあると思う。

この間は、日テレアナが、そうだった。何回か読み直しをした。一瞬まさかとは思ったが、その後は大丈夫らしい。

でも、他にもアナの質が下がっているのか?「棺」が読めなかったアナがいた。他の人が読みを入れるかと思われたが、しなかった。アナが「日向灘」が読めなかったような時もあったような気がした。

女子アナ人気で、だんだんアナの質が下がっているのは、確かだと思う。明らかに声が、アナ向きではない人もいるようだ。顔で採用しているのだろうか。いったい誰の好みなのだろう?

でも、若い人でも”ろれつが回らない”とすると、脳梗塞を考えた方がいいと思う。若いうちから、気がつかない脳梗塞もあるだろうから、十二分に気をつけた方がいいと思う。

としても、私は、憎悪と憎しみを燃やすのだが!!

| | コメント (0)

虚偽報道はいくらでもある。

北村晴男弁護士(64)が12日、自身のツイッターを更新。取材した心臓外科医の澁谷泰介氏から、真逆の内容に編集されたとの指摘を受けたテレビ朝日系の情報番組「グッド!モーニング」(月~金曜午前4時55分)について、「虚偽報道の敗北」と厳しく非難した。

事の内容は1度読んだ。しかし、すぐに忘れた。なぜすぐ忘れたかというと、自分の意見を真逆に編集されることは、他の人にもあるようだ。澁谷氏だけではないと思う。それぐらいのことを知った上で、取材を受けるなり、コメントをしぼるなりする必要があると思う。

そうしないとテレビ局の好きなように使用されることは、既知の部分があると思う。これはテレビ朝日に限らない。他の民放でもNHKでもあるようだ。問題なのは、テレビの放送・報道がどのようになされているかを知らないでいることだ。澁谷氏は、それを知らなかったのだろう。テレビで放送されることは、真実・事実を放送されると思っていたに違いない。

この手の嘘、あるいはそれに類することなどいくらでもあるではないか。私に関していわせてもらえば、そもそもテレビは嘘でできている、とはっきり言える。事実「日本テレビおしゃれ事件」を事実・真実と認識していない人が多いのだろう。そういう人が見るテレビは、すべて詐欺師のいうことは、本当のこととして騙されてしまう人間になる。

つまり、事実でしょう。民放・NHKの犯罪と私は認識している。事実をちゃんと伝えないのは、罪だ。だまして利益を上げようとするのは、詐欺だ。そもそも現在のテレビが、そのようにできているのに、それを根本から批判したり、非難するには、民主主義を大前提にしなければならない。それを求める気持ちがあるなら、それに裏打ちされた意見であるべきだ。

北村弁護士は、相手が謝罪した。それに乗るようなことはすべきではない。この方は、あまりよくは知らないが「行列のできる法律相談所」で、テレビ出演の機会ができた人ではないのか?ほとんど見たことないが、「虚偽報道」はどの局でもしているのだから、勝ち馬に乗るようなことはすべきではない、と思う。

| | コメント (0)

元橋下市長、独裁、共産と批判。初めて意見があった。

政府が「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄し、データ復元もできないと説明していることについて、橋下徹元大阪市長はBS-TBSの番組で、「国家権力がそういうことをやるのは独裁国家だ」などと政府の対応を批判しました。「データとか記録の廃棄とかなくなるということについては、国家権力がそういうことをやるというのは本当に怖い。それは共産国家、独裁国家ですよ」(橋下徹 元大阪市長)

そのとおりです。橋本元大阪市長と初めて意見があったように思う。

「桜を見る会」の問題は、そもそも小さい問題だと思います。しかし、そのことについて野党から、出席者名簿を求められ、それを破棄し、データも復活させるつもりはない、というなら、これは大変重大な問題だと思う。

以前にも私はこういうことは書いたと思います。こういう些細なことがちゃんとできずに、「隠蔽する」。これが日本の社会の悪弊。これひとつで日本は共産主義国家、独裁国家と変わらないと思います。

事実そうでしょう。私は、そういうことを身をもって体験している。弾圧も40年を迎えようとしている。中国でさえ人権活動家は、日本で報じられる。ところが日本では、これだけ私などが弾圧されても、その先頭を切っているのがメディア。メディアが隠蔽したら、もうそれはお終い。

メディアが何を言っても情報操作にしかならない。たぶん、日本は中国よりも悪く、北朝鮮に近いと思います。ただ多くの人は、それを感じていない。あるいは、感じている知っているから、押し黙っているのだろうか。

メディアそのものが、恐怖で何もしない何もできない社会は、今の日本のようになるということだ。そして個人的な快楽はいくらでも追及できる。その程度はバカバカしいほどだ。

もうほとんど日本は崩壊しているのだろう。諦めや魂を抜かれた人間がうようよ。携帯でゲームに熱中する若者。それ以上に社会に関心がないのだろう。自分のことしか考えられなければ、いずれ自分も滅びる。いとも簡単に。

そして支配するのは官僚。学歴を生き抜いた人。ここで問題になったのをネットで見たが、上智大生が政治家と「愛人契約」をしていたと。それもテレビで「東大生と結婚したい」とか。テレビに出ていた。枕でか?

これが今の日本のテレビの現状だ。もちろん、まともな人はいるでしょう。ただテレビに出るとか、そういうことになると、なぜこうもおかしな人間が集まるのか?テレビはそういう人物しか、求めていないからだろうと思う。

| | コメント (0)

びっくり女子アナ!口の動きが

今日テレビをちょっと見た。今まで見たことがなかったが、見たことのあるアナか?顔が少し、記憶しているのと違う感じがする。

だが、すぐに画面が消えたのだが、その女子アナが奇妙な口の動かし方をした。お嬢様なんだろうけど、今まで女性でこのような口の使い方をした女性を見たことがない。驚いた。

品がないが、自分がテレビに映っていることを忘れているのか?あるいは、私のようにいろいろ気がつく人間もいるということに、不覚をとったのか?いただけない。

しかし、それはなんなのかと、左の男性に何か話をしたように思うが、その口の動きにとらわれ、なんて言っていたのか忘れた。いや、気をつけた方がいい。誰が見ているか分からないから…。

後で検索をかけてみて、他の人が書いていれば、誰かが分かるだろう。私は名前を知らない。

| | コメント (0)

昨日のNHKアナは?

昨日は天皇の即位礼を少し見たが、いつもニュース7で見るアナが、いいのだろうかと思ったのは、私だけか?

男性アナが随分リラックスしていた。艶のある服だったがカジュアルではないか?ポケットチーフもカジュアル。

別に文句はないのだが、カジュアル。艶が出るようにとか、華やかなとか、そういうことなのかもしれない。カジュアル。

違和感はないのだが、カジュアル。僕が若い頃彼女と、カジュアル。そのまま、カジュアル。

いいのかもしれない?

| | コメント (0)

周庭さん、テレ朝の誤訳を指摘!

周庭さんのツイート

テレビ朝日の香港報道の一部の広東語翻訳が完全に間違っています。メディアとしてこんな大きなミスがあることに驚きました。

0:47から、道路に押さえつけられたデモ参加者(実弾に撃たれた高校生を助けようとした人)と警官の会話内容と字幕が全く違います。

いや、だから私は、テレビのこういうのを全く信用していません。特に日本語でかぶせてくるのは、ほとんど嘘ではないかと思います。テレビ局の都合のいいように翻訳しているのだと思います。また、分からないのかもしれません。

とにかくおかしいと思い電話で聞いても、民放などはほとんど分からないですよ。これは現在ではしていませんが、昔はとにかく酷いものでした。たぶん電話対応の人が、テレビ局でも窓際なのか、ほとんど分かりません。

かぶせてきたら、もうそれは嘘を放送しているとみていいと思います。これは大きなミスではなくて、情報操作なんですよ。周庭さんは、日本のメディアについて、知らなかったのでしょう。

私は全く信用しません。英語などでも、それがちゃんと流れていれば、分かる人には分かりますから、責任が出ますよね。ところが、かぶせると分からない。

とにかく無責任というか、話にならないと思います。周庭さんもよく言ってくれました。ありがたいことです。

ついこの間は、消費税の駆け込み需要に対し「佳境」と表現する局もありますから、話になりません。意味を知らないのでしょう。これらも誤用でしょうから。いくらでもあります。

| | コメント (0)

気が抜ける・長生き

昨日、ニュースの後で「夫婦で201歳」を見て、気が抜けてしまった。長生きのことについてなんだが、201歳はいいです。ただこの夫婦、不思議に思ったのが、午前11時から午後2時まで寝ているのですよ。昼食をとらないのでしょうか。2時になると釣りに行き、夕食の準備。

確かに100歳になるのでしょうから、それでいいかもしれない。それから横浜青葉区のコーラスとか1日1万歩とか。長生きするのはいいかもしれない。長生きのために減塩とか。

しかし、私は力が抜けた。ただ長生きするのが幸せなのか?人生が短くてもなすべきことはした人たちはいる。その人たちは不幸か?病気で苦しんでいる人も不幸か?

何をなすべきかが抜けている。こういう人たちから見れば、私などはアホ・バカの見本に違いない。自分が弾圧されることもありうるのに、そのことに力を注ぐ。誰も評価しないし、他の人にも良く分からない。

よく分からないというのは、それを報道しないというだけで…。この手のものに、ただ私は呆れるだけである。世の中のことについて多くを知る人間は、私を評価してくれるようだが、テレビべったりの人間には、分からないことなのだ。

腹を切って絶唱しても、何も伝わらない。大石内蔵助も現代では歓迎されないかもしれない。他の人間は「ほー」というばかりで、何も考えないだろう。

そんなことで、私は今日はまだ、コメは炊いたのだが食べてない。食べる気も起らない。食欲が全くない。これなら1日1食と言われている人たちと同じように、1食にするかと思う。確かに体をあまり動かさなければそれでもいいかもしれない。でも、1日1万歩なんて歩けば、そうも言ってられないだろう。

とにかく腹がすかない。食べる気力もわかない。ニュースなどもちょっと見て、止めた。普段30分もテレビを見ているのがつらいのだが、今日はそもそも見る気がしない。

以前「食べたくなければ食べなければいい」と、主治医に言われたので、「先生、そんなこと言ったら、僕は餓死しますよ」と話した。その先生も、もう亡くなっただろうが、私が健康を考える時には、この医師の教えである。だから昔の教えで古い。でも私にはいちばん気に入っているのだ。

長生きの番組で知るのは、決して命を賭けて生きてはいけないということだ。将棋でも命は取られない。マラソンしても死ぬ前に止める。どこかで命をとられないようにする。

ところが私は「特攻」だから、いつ命がとられるか分からない。何をなすべきかと考えれば、長生きをするために十字架に登れないイエスなんていないと思う。「御心のままに」だと思う。

だから身の危険は常に感じている。私を殺したい人間は沢山いると思う。メディア側とか警察とか。彼等にとって私は目の上のたん瘤。早く死ねばいいと考えているに違いない。私が死んだら、テレビ局は大喜び。警察も安堵で一杯。正義を貫く人間がいなくなると世の中は幸福になるということか?

そんなにおめでたいことなら、私はイエスのように死んでやろうと思う。十字架でも、断頭台でも、絞首刑でも、そうですかとしかいうしかない。ただ救いなのはハーバードでも忠臣蔵は人気だそうだ。外国人に期待するなんて、日本は死んだという康成がなぜか哀しい。

とにもかくにも、まず食欲が出るようにすることだ。切ったはったをするには、運動をしなければならないが、1日1食では無理だろう。

| | コメント (0)

連日の韓国報道テレビよ

秋である。隣は何をする人ぞ、というワケでもなかろうが、テレビは連日、韓国の文在寅政権の報道にご執心である。安倍晋三首相側近が誰かは知らずとも、文大統領の側近には詳しいという人も多いのではないか。テレビよ、いや視聴者よ、これでいいのか。

テレビをよく見る方ではない。しかし、それでも韓国の放送は少しは知っている。それらを見ると、ほとんど切るか、チャンネルを変えるかする。

しかし、韓国の報道は、視聴率が獲れるのではないか?というのも、韓国は日本より民主主義の進んでいる国だと、私は思っている。だから、ドラマがある。その筋書きが少しきつくても、それが人生。世の中。これが本当の人間の性。

ところが、日本の場合、そのようなものはすべて排除される。民主主義社会というより官僚主義社会。ほとんどのものが上からの命令のように行われる社会。

いつだかチラッと見たが、NHkに村木さんが出演した。そうしたら村木さんが薦める「一日一生」と売り出す。なんか情けなくなってくる。ここまでメディア化して、社会とつながることを、テレビなどを主導とする情報操作が行われている。

私は、こういうものは読まないようにしている。それ以前に「一日一生」を読んでいたが、あまり、いいものだとは思わなかった。というより、私の考え方と合わないのだ。

仏教というのは、結果として必ず、自己がおさまるようになっている。しかし、人間の実態はそうではないと思う。私は人間は全的に生きるべきだと思うので、殺人もありですとしている。

「歎異抄」がいいというのも、そういう人間の実態を否定していない。ありうるのですよ。現実に私たちの父母は、先の戦争では人殺しをしていました。間違いないことでしょう。

テレビを見てごらんなさい。テレビでメッセージのようなものを言います。それらほとんどを無視すべきです。人を殺してはいけないとか、人に迷惑をかけてはいけないとか。

しかし、私の経験でも、日本テレビおしゃれ事件を通じても、彼らは人に迷惑をかけることなど、朝飯前。警察も同じ。人殺しのようなことを平気でしている。発覚しなければいい。これが彼らの論理です。

ですから、NHKが「絆」キャンペーンをしていましたが、これも政府の肝いりでしょう。こういうふうにして世論を鎮め、情報操作をしている。汚染水にしても、いずれ海に流すのでしょうから、それをこっそりやるのでしょう。

「絆」です。こういうことに抗議するのはやめましょう、と。皆協力しましょうと。被爆している子供たちの実態は、およそ不明。そういう実態から目をそらすには、「絆」。皆が同じことをしましょう。

メディアが、そもそも現代社会の重大な問題に対して、報道することを拒否している。NHkスタッフが「報道しない自由がある」と堂々と発言する。とにかくこの国では、金とか権力を握ったものが勝つ仕組みになっている。

だから勧善懲悪なんて言うけど、テレビの刑事ものや正義物語もそう。でもそれらは日本では夢物語なんだよ、と言うしかない。あるいは嘘物語でしかない。現実とは程遠いもの。

だから、韓国で、いろいろな人間の醜いものが出てくると、日本人でも惹きつけられるのだろう。実際の日本の社会も、そのようなものがあるが、あっても、報道しない自由があるので、庶民が主役のものはダメなんですよと、そういう声が聞こえてくる。デモをする。これもドラマ。

日本では、必ず権力者とか金とか学歴とか、分かりやすいものがいいようだ。ところが今や日本は低学歴社会だそうだ。情報操作もやりやすく、それをしている人間は、笑いが止まらないだろう。見てごらんなさいテレビを、笑っているでしょう。

韓国が面白いんですよ。民主主義社会です。日本とは違います。表面だけ取り繕っている人間が住む社会とは違うんです。韓国は人間的でしょう。

| | コメント (0)

ゴゴスマ問題!?いいんだよそのくらい

CBCテレビ制作の情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(TBS系)が韓国問題に絡んで大ヤケドだ。

 番組内でヘイトスピーチがあったとして、石井亮次アナが30日、謝罪した。前日には東国原英夫元宮崎県知事が東海大の金慶珠教授を公開罵倒する騒動があったばかりで、番組存亡の危機に発展する可能性も出てきた。

だんだん議論が熱を帯びてきたのか?すばらしい。以前、野坂昭如が大島監督にパンチを入れたシーンがあったが、あれもよかった。あのぐらい自分の立場に責任を持たなければいけない。監督も殴り返しただろ。

コメンテーターなんて、原稿を読んでいるようなことばかり言ってもしょうがない。そんなもの聞いていて意味があるのか。これからはロープを張るぐらいの気持ちでお願いします。

どうせこんなのもエンターテインメント。面白くなければいけない。何か言っても感心することはないので、「やれやれ」という姿勢はいいと思う。どうせお金のために話している事。面白くなければ意味はない。

殴り合いのけんかが始まったら、スタッフもなだれ込んで、止めるなり、参加するなり、より面白いように放送して欲しい。

そうすれば私も楽しみにしてみたい。テレビなど出演者が偉いとか、頭がいいとか、優秀なんだ、なんてのはどうでもいい。どうせどうでもいいことを放送しているのだから、それでいいと思う。

テレビで放送していることなど、ごく普通のことは、1か月後に何を覚えていますかね。為になることあるのでしょうか?ほとんどないでしょ。

だからそれでいい。ヘイトというような憎悪表現はよくないと思うが、過敏に反応するのも問題だと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧