映画・テレビ

テレ東音声流出!!

「番組名でウチだとわかった。Mは森香澄アナ(25)、Iは池谷実悠アナ(23)で入社2年目。昨年末、収録前の練習に使う、アナウンス室内の発声室での会話を録音されたものと思われます。彼女たちのSNSは音声がアップされて以降、更新されていません」(テレ東社員)流出した音声の内容は、社内で波紋を呼んだ。「スキルを付けて。結婚して、適当な何か事務所に所属して~。土曜日、日曜日だけ働くみたいな」「それがベストだよね」「そのために、実績をテレ東で作ろうと思ってやってる」また、「今日、超汚いスタッフさんとご飯だわ」「めっちゃ毛深いし、超怖かった。途中からサルに見えてきた」などとスタッフを小馬鹿にする発言もあった。さらに、先輩アナを名指しして「仕事ないじゃん」「あの人でも辞める気ないよ」「いてもあんまり意味ない」と話していた。テレビ東京関係者によれば、会社は女子アナ2人を呼び出し、アナウンス部長が聞き取り調査を行ったという。

テレビ局ってみんなこんなんじゃないですか?他局にも暇なアナはいますし、辞める気ないのが頑張っているしW

でもなんですよね。何年かすれば、自分たちもそう言われるようになるのだから、まあ、いいか?どの局アナも同じだしW

まさか「おしゃれ事件」の情報流失も、こうして起きたのではないよね?テレビの放送中に流失していたのだよね。

でも1年以上もやってると、スタッフの中には、頭に来る人もいるだろうね。偉そうになんだありゃ。ふざけやがってタレント気取りで、バカじゃないか、なんてね。芸能界交歓図もこうして流出したのか?

| | コメント (0)

上沼恵美子の

 タレントの上沼恵美子(65)が31日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に生出演。タクシー運転手の失礼なふるまいに不快感をあらわにした。「ストレスになるのよ、乗ってあれやこれや言われるのが。テレビのイメージで結構言われるわけですよ」と切り出した上沼。過去には「好きなことしゃべってまんな」「ストレスないでしょ」と言われたことも。だが、礼を欠いた発言があっても、決して反論はせず。「そうすると、また絡んできはるから。『すいません。仕事なんで』って」と対応するという。ワンメーターの距離での移動で乗車した際のエピソードも披露した。「舌打ちされるし、急発進や。『虫でも歩くで』って何回も言われた」と振り返り「悪いけど、ああいう人は、お仕事をおやめになった方がいいと思う。そんなに嫌やだったらね」と苦言。そんな経緯もあって、現在は「気心が知れた運転手さん」のタクシーに乗っていることを明かした。

テレビやラジオで言っていることは、そう仕事。ただタクシーの運転手にこぼしていますが、必ずしもタクシーとは限らないと思う。タクシーの運転手でもいろいろな人がいます。いい人もたくさんいます。

しかし、全体に荒んでいるというべきか。ここらでいろいろな人にあった。今現在、弁護士さんにお世話になることがある。それで考えると、よく何かあると弁護士さんに相談して、と言われます。ところが弁護士さんも、いい人もいれば、ただお金を取っただけで、何もしない弁護士もいる。

法律の条文の使用の仕方が、全く違っていたりする。私も詳しくはないが、明らかに間違いというものもある。それは裁判官にもあった。相続でお世話になったが、ほとんど書面を読んではいない。これは細かいところを読んでいると、面倒になるのではないか。

それでお金の計算なども、実際相手が払っている項目についても、払う必要がないとか。当事者が合意しているので債権に入れると。では、それ以外の合意しているのは、なぜ払う必要がないのか。説明がない。

こうなると書面に何が書いてあっても、資料が何が出ていても、読まないのだから、関係ない。細かいところまでちゃんとやるのだろうと思ったが、とんでもない。

よくいろいろ聞いて、何年も争っているという話は、結局、こういういい加減な審判を出しているからだと思う。事実関係が十二分に精査してなければ、誰も納得しないだろう。結局紙の上だけのことだと。これではますます問題が大きくなるだけだ。

現実に我が家の相続で、土地を分けろなどといっても、現実にどこなのか、私は知らない。知らないまま決めている。紙の上でもどこなのか分からない。結局、これは後でトリックのようなことをするのではないかと思う。

本当に無責任だと思う。私のようにきっちり何でもやらなければ済まない性格の人間には、現実は本当に過酷だ。昔のように真面目に誠実に仕事をしている人は、本当に少ないと思う。私が純粋で、根が真面目な人間だから、そういう人間の隙をついて、仕事も取られるし、お金も取られる。母親も殺される。母親には本当に申し訳ないと思う。

上沼さんだけではないと思う、ぼやきたいのは。悪い人間の方が得をする社会だから、日本は。

それでこの遺産が誰のものなのかは、まだ分からない。相続人の資格と資産の範囲が分からない。

| | コメント (0)

テレビピンチ!!歓迎!

最終利益の落ち込みが最大だったのはフジ・メディアHDで、前年同期比90.6%減の20億円。日本テレビHDは81.7%減の15億円で、イベントの中止など、コロナ関連で約30億円の特別損失を計上したことが響いたと同紙では報じている。

 

コロナの時代に入り、いよいよ大きな節目が来るのだろうか。とにかくテレビ業界がピンチだそうだ。大歓迎だ!!やはり悪は滅びる!!正義は我にあり。本当にありがたい。

これからもっとテレビが落ち、ユーチューブなどが歓迎されるといいでしょうね。大歓迎です。そうすると、これからはテレビの断末魔が、放送で見れるのでしょうか?望みます。

加えて、気になるのが、コロナのワクチン。一説によると、2年ぐらいでワクチンで、元の生活に戻れるとも言われる。その反面、ワクチンは10年ぐらいしないと危ないともいう人がいる。

しかし、コロナについての私の分析では、ほとんど当たっている。ところが、このコロナまだまだ分からないことが多いと思う。とにかく人類に立ち向かった最強のウィルスであろうと思う。それでもう避けられないようなことも考えられる。「共存」という言葉も出ていますから、大変なこと。これが相当期間続くことが考えられる。

とすると、テレビは本当に崩壊するのだろうか。地球温暖化が進んでおり、今年の夏は40度近い温度が続出。グレタさんではないが、これ以上現在の生活を続けることは、人類にとって大変危険だ。

人類は自らの悪行によって、滅亡に向かっているのだろうか?今のコロナ以上に考えられないようなことが起こることもあるだろう。私は18世紀に戻るように、あるいは戦争は抜きにして、戦前の生活に戻るようにしなければ、人類は生き延びれないのかもしれない、と思う。

いずれにしても大転換の時代が来ているのかもしれない。とりあえずテレビの崩壊を望む!!悪は滅びる!!

| | コメント (0)

香取慎吾「こんなにテレビに出れないんだ」独立3年で痛感 草なぎ剛の大河出演にガッツポーズ「やったね!」

香取慎吾が、2日放送の稲垣吾郎・草なぎ剛とともにレギュラーを務めるAbemaTV『7.2 新しい別の窓 #29』に生出演。ジャニーズ事務所から独立後の本音を語った。◆香取慎吾「こんなにテレビに出れないんだ」独立3年で痛感
続けて「良くなかったことというか、(独立して)3年くらい経つんですけど、本当にこんなにテレビに出れないんだなって。ステイホームとかで家でいろいろ見るじゃないですか。改めて本当にテレビに出れないんだなって、最近ちょっと感じた」と本音を明かす一幕も。「呼んでいただけることがあれば行きたいですし、もう一度本当に頑張ろうと思えていて、でも3年経ったんだけど、こんなに出れないんだって。この3ヶ月くらい感じています」と語ると、草なぎも「テレビに出たい」と願望を言葉にし、「慎吾が今言って『そういえばテレビ出てないな』って思った」と語った。

そうだと思います。独立すると、特に独立したては、仕事がなくなるのが、放送界の常識みたいなものがあるようです。香取氏にしても、自分たちは絶頂期に独立する、あるいは、大変有名であるということで、まず仕事がなくなるということをあまり考えたりしなかったのではないか。

ところが、いざ独立してみると、仕事がない。来ない。こういう事実関係は、とにかく日本のテレビというのはウェットで、ベタベタなんですよね。内輪で、仲間内での仕事のやり取り、それで面白いとか、実力だと思われているから、おかしな人たちです。

だから、番組自体がそういうものが多い。人脈とか力関係とか、金、あるいは枕営業。だから、私は日本のテレビを見ていて、感心したことがない。日曜日にコント55号を見て笑ったのが、最後のテレビだと思う。それで日本のテレビは死んだのだろう。

久米楠田がやり始めているのは、情報操作でやれば、それで済むような話だ。どうにでもなると。それだからテレビは、実力で出演したりすることは、滅多にない。ああこの人は実力派の人だなと思う人が、まずいない。記事とか話題とかの売り方もバカバカしいぐらい変。ネットでいえば「美人すぎる…」とか、「…騒然」とか。これらはテレビ側が売り出すものです。あほらしいやらばかばかしいやら。

それがすぎれば、ちょっとした議論では「こうしなきゃだめだ…」。こうした論調。いかにももっともらしい解説などを聞いても、「あなたが頭がいいなどというようなことは、聞いてもしょうがない」。面白くもないし、ユーモアもなにもない。私はこういうのはできるだけ消音にしますが、それでも腹が立つ。

つまり、日本のテレビは実力で出演している人は少ない。ほとんどいない。最近になって2人がいいと思う。やはり実力派の人だ。こういう人が出るのは、珍しいことだ。コロナのせいだ。

だから香取氏が、こんなにもテレビに出れないと、落胆することはない。今まで実力とは関係なくテレビに出ていたのだから、そちらの方を感謝すべきことかもしれない。そう実力とは関係ないから。

これでいちばん馬鹿を見るのは、誰かというと、視聴者。つまらない話を聞いたり、おかしな魅力もない人を見たり。やはり私は、若い頃と変わらず、男性を含めて、美人はテレビには出ない、ということだろう。そうテレビのこちら側の方が魅力的なのだから、香取氏もそれに目覚めて欲しい。幸運を祈る!!

| | コメント (0)

人はルーツで生きる

                        休み時間の校庭では、同級生が僕を的にしてサッカーボールを蹴ってきたこともありました。ほかにも、上履きや教科書を隠されたり、グループ決めで仲間に入れてもらえなかったり。学校が怖くなり、できるだけ存在感を消して、休み時間も教室で一人、下を向いて座っていました。

 父がいれば悩みを分かってくれたはずなのにと思い、母に対して「お母さんは日本人、どうせわからない」「何で産んだ。父親はどこにいるんだ」と乱暴な言葉で当たりました。

 この外見は、どうやっても変えられない。命を絶とうと思ったこともあります。でも、その勇気はなかった。

以下は私の意見。

これらは副島淳へのインタービューだ。肌が黒いとか、髪がちじれているとか、そういうことで差別的かもしれないが、純日本人でも、髪がちじれている人もいます。くせ毛として考えられている。肌が黒い人もいる。

差別的と考えられることも、いじめられている同じ純日本人でも、同じだと思うけど。同じように「ボッチ」になったり、「なぜ生んだんだ」という問いも、多くの子供が持つものだと思う。それらが特別淳さんだけのものだとは思わない。

肌が黒くなくても思う悩みでもあると思う。私はちじれっけの子供をうらやましいと思ったことがある。なぜなら、私の髪は、フアフアでまるで子供のようだから。こういう他人とは違うという悩みは、子供が成長していく段階で、誰でも持つようなものだと思う。こののちに社会性が要求される。その枠組みみたいな訓練の時期だ。

私は仏教とかキリスト教徒か、いろいろ考えたりします。哲学とも。しかし、結局私が人生の終わりの方で、選択したのは「ルーツ」。それも実存主義的に「ルーツ」。これ以外ないと思う。これは誰にも否定できないし、その淳さんの考え方も「ルーツ」なのだと思う。なぜそのように考えるかというのは、その人の生物学的「ルーツ」だと思う。体中の細胞から湧き上がってくる「ルーツ」。これしかない。

そういう意味において淳さんの悩みは、他の人も誰でも持っている。

| | コメント (0)

週刊文春、不倫報道というものの風が変わった!!

複数人の女性との不倫でテレビ番組を出演自粛となったアンジャッシュの渡部建(47)のハレンチすぎる行為が明るみに出た。「週刊文春」によると、渡部が2017年4月の結婚後に肉体関係に及んだ女性は少なくとも3人。そのただれた下半身ぶりも明らかになってきた。同誌の取材を受けた女性は渡部とは30回以上関係を持ったと生々しく告白。渡部は東京・六本木ヒルズの地下駐車場にある多目的トイレに、この女性を呼び出すと、性行為を始め、5分そこそこでコトを終えるという、さながらAVのようなプレーにふけっていたという。

渡部健という人は、何でも八王子出身だそうだ。1度もテレビで見たことがない。不倫は3人となっているが、他では7人となっているらしい。性行為は、5分そこそこで終わるそうだ。それで人によってか?1万円を渡したと。場所は六本木ヒルズの多目的トイレ。プレーはAVのようなと書いているが、AVがそうなのかは、私は分からない。またAV女優がいるとも報じられていた。

この記事を見ると、多くの人は気がつかないかもしれないが、正確には不倫ではない。単なる性的関係もしくは肉体関係だ。

ここで私がいちばん驚いたのは、この記事の扱い方だ。明らかに不倫などの記事の書き方の「風が変わった」ということだ。なぜこうも簡単に180度転回したのか、不思議だ。

確かに、これ以前にぽつぽつとは出ていた。たとえば、嵐の松潤のAV女優の関係。もう一つがあるタレントの妻の枕営業と思えるもの。嵐の松潤の記事は、一昔前なら完全に抹殺されていて記事にできないものだ。もちろんこの記事を書いた記者が現在どうなっているかは知れない。タレントの妻の枕営業などは、テレビでも放送されたが、妻はしどろもどろだった。

嵐の松潤のは不倫とは書いてないが、恋愛でもない。これらのものは不倫ではなく肉体関係もしくは性的関係と呼ぶべきものだ。つまり、結婚とかそのようなものに発展することがないセックスの事実関係である。つまり社会的な人間関係が欠如しているのだ。

これらはセックスをすることそのものに意味がある。だからセックスをすれば1万円を渡す。松潤はお金も払わないそうだし、タクシー代も寄こさないと言われている。もちろんAV女優の方からは断ることはできないだろう。

こういう手の性的関係は、今まで文春であろうとも書いては来なかった。書かないようにしてきたのだ。また女性の方から口を開けば相当圧力がかかる。1誌が書いたとすれば他誌が、その女性をたたくだろう。つまりこれは当事者には不毛の情報操作が行われ、お金が動くようになる。これらの逃げ道となったのが、不倫と称して、大物俳優などは、情報を「不倫」から「もてる」に変化させた。

これの先駆けとも思われるのが石田純一である。彼は自分のタレント生命をのばすために、妻を捨て、他の女性それも美人女性を妻とした。今でいえば「炎上商法」である。これで食いつないだ。そのことをよく知っている人は石田純一を嫌う。しかし、この石田でさえ、前記に出てきた性的関係は記事にしていない。

今回の文春記事は、そういう意味において「殻を破った記事」になるのだろうか?そういう記事が増え、枕営業などの当事者の名前やその背景が報道されるようになると、視聴者はテレビというものがどういうものなのか、もっとつぶさに知ることができるようになるだろう。それによって、人間性や放送の仕方もより良いものになることを期待したい。

それを絶対的に前に進めるとしたら「日本テレビおしゃれ事件」の報道である。民主主義を発芽させたい。

 

| | コメント (0)

若い人も気をつけたい脳梗塞!!

大阪・朝日放送テレビ(ABCテレビ)の増田紗織アナウンサー(23)が18日、朝の情報番組「おはようコール」(月~金曜、5・00)に出演中、ろれつが回らなくなるなど、異変を生じ、ネット上には体調を心配する声が寄せられた。

若い女性がろれつが回らないというのは、どうか?でも、これはあくまでTVの放送上でのことだからと思う。緊張したりすれば、上手くしゃべれなくなったり、上ずった声になったりしても、ある程度はあると思う。

この間は、日テレアナが、そうだった。何回か読み直しをした。一瞬まさかとは思ったが、その後は大丈夫らしい。

でも、他にもアナの質が下がっているのか?「棺」が読めなかったアナがいた。他の人が読みを入れるかと思われたが、しなかった。アナが「日向灘」が読めなかったような時もあったような気がした。

女子アナ人気で、だんだんアナの質が下がっているのは、確かだと思う。明らかに声が、アナ向きではない人もいるようだ。顔で採用しているのだろうか。いったい誰の好みなのだろう?

でも、若い人でも”ろれつが回らない”とすると、脳梗塞を考えた方がいいと思う。若いうちから、気がつかない脳梗塞もあるだろうから、十二分に気をつけた方がいいと思う。

としても、私は、憎悪と憎しみを燃やすのだが!!

| | コメント (0)

虚偽報道はいくらでもある。

北村晴男弁護士(64)が12日、自身のツイッターを更新。取材した心臓外科医の澁谷泰介氏から、真逆の内容に編集されたとの指摘を受けたテレビ朝日系の情報番組「グッド!モーニング」(月~金曜午前4時55分)について、「虚偽報道の敗北」と厳しく非難した。

事の内容は1度読んだ。しかし、すぐに忘れた。なぜすぐ忘れたかというと、自分の意見を真逆に編集されることは、他の人にもあるようだ。澁谷氏だけではないと思う。それぐらいのことを知った上で、取材を受けるなり、コメントをしぼるなりする必要があると思う。

そうしないとテレビ局の好きなように使用されることは、既知の部分があると思う。これはテレビ朝日に限らない。他の民放でもNHKでもあるようだ。問題なのは、テレビの放送・報道がどのようになされているかを知らないでいることだ。澁谷氏は、それを知らなかったのだろう。テレビで放送されることは、真実・事実を放送されると思っていたに違いない。

この手の嘘、あるいはそれに類することなどいくらでもあるではないか。私に関していわせてもらえば、そもそもテレビは嘘でできている、とはっきり言える。事実「日本テレビおしゃれ事件」を事実・真実と認識していない人が多いのだろう。そういう人が見るテレビは、すべて詐欺師のいうことは、本当のこととして騙されてしまう人間になる。

つまり、事実でしょう。民放・NHKの犯罪と私は認識している。事実をちゃんと伝えないのは、罪だ。だまして利益を上げようとするのは、詐欺だ。そもそも現在のテレビが、そのようにできているのに、それを根本から批判したり、非難するには、民主主義を大前提にしなければならない。それを求める気持ちがあるなら、それに裏打ちされた意見であるべきだ。

北村弁護士は、相手が謝罪した。それに乗るようなことはすべきではない。この方は、あまりよくは知らないが「行列のできる法律相談所」で、テレビ出演の機会ができた人ではないのか?ほとんど見たことないが、「虚偽報道」はどの局でもしているのだから、勝ち馬に乗るようなことはすべきではない、と思う。

| | コメント (0)

元橋下市長、独裁、共産と批判。初めて意見があった。

政府が「桜を見る会」の招待者名簿を廃棄し、データ復元もできないと説明していることについて、橋下徹元大阪市長はBS-TBSの番組で、「国家権力がそういうことをやるのは独裁国家だ」などと政府の対応を批判しました。「データとか記録の廃棄とかなくなるということについては、国家権力がそういうことをやるというのは本当に怖い。それは共産国家、独裁国家ですよ」(橋下徹 元大阪市長)

そのとおりです。橋本元大阪市長と初めて意見があったように思う。

「桜を見る会」の問題は、そもそも小さい問題だと思います。しかし、そのことについて野党から、出席者名簿を求められ、それを破棄し、データも復活させるつもりはない、というなら、これは大変重大な問題だと思う。

以前にも私はこういうことは書いたと思います。こういう些細なことがちゃんとできずに、「隠蔽する」。これが日本の社会の悪弊。これひとつで日本は共産主義国家、独裁国家と変わらないと思います。

事実そうでしょう。私は、そういうことを身をもって体験している。弾圧も40年を迎えようとしている。中国でさえ人権活動家は、日本で報じられる。ところが日本では、これだけ私などが弾圧されても、その先頭を切っているのがメディア。メディアが隠蔽したら、もうそれはお終い。

メディアが何を言っても情報操作にしかならない。たぶん、日本は中国よりも悪く、北朝鮮に近いと思います。ただ多くの人は、それを感じていない。あるいは、感じている知っているから、押し黙っているのだろうか。

メディアそのものが、恐怖で何もしない何もできない社会は、今の日本のようになるということだ。そして個人的な快楽はいくらでも追及できる。その程度はバカバカしいほどだ。

もうほとんど日本は崩壊しているのだろう。諦めや魂を抜かれた人間がうようよ。携帯でゲームに熱中する若者。それ以上に社会に関心がないのだろう。自分のことしか考えられなければ、いずれ自分も滅びる。いとも簡単に。

そして支配するのは官僚。学歴を生き抜いた人。ここで問題になったのをネットで見たが、上智大生が政治家と「愛人契約」をしていたと。それもテレビで「東大生と結婚したい」とか。テレビに出ていた。枕でか?

これが今の日本のテレビの現状だ。もちろん、まともな人はいるでしょう。ただテレビに出るとか、そういうことになると、なぜこうもおかしな人間が集まるのか?テレビはそういう人物しか、求めていないからだろうと思う。

| | コメント (0)

びっくり女子アナ!口の動きが

今日テレビをちょっと見た。今まで見たことがなかったが、見たことのあるアナか?顔が少し、記憶しているのと違う感じがする。

だが、すぐに画面が消えたのだが、その女子アナが奇妙な口の動かし方をした。お嬢様なんだろうけど、今まで女性でこのような口の使い方をした女性を見たことがない。驚いた。

品がないが、自分がテレビに映っていることを忘れているのか?あるいは、私のようにいろいろ気がつく人間もいるということに、不覚をとったのか?いただけない。

しかし、それはなんなのかと、左の男性に何か話をしたように思うが、その口の動きにとらわれ、なんて言っていたのか忘れた。いや、気をつけた方がいい。誰が見ているか分からないから…。

後で検索をかけてみて、他の人が書いていれば、誰かが分かるだろう。私は名前を知らない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧