文化・芸術

韓国のウリジナルという嘘!

剣道や日本酒、ついには「ねぶた祭り」まで、韓国が起源だと言いはる韓国人たち。日本人からすれば悪い冗談にしか見えないが、こういった“ウリジナル”活動を甘くみていると、取り返しのつかない事態を招く。

この記事の人は嘘も放っておけば事実になる、としている。しかし、私は結論から言えば、ならないと思う。嘘は嘘を呼び取り返しのつかない嘘をつきづつけるだろう。

それが韓国だ。日本の剣道や忍者。和食やわさび。テコンドウなどなぜオリンピックの種目になったのか、いまだに私は首をひねっている。以前テレビで韓流なるものの時代劇ドラマをちらっとみて、はてと思った。というのも出演者が持っていたのは、それ日本刀ではないかと思わず自問したものだ。確かに秀吉の朝鮮出兵があるから、それ以後ならあるのか?とも思ったが。あれほど反日の国が日本人の誇りの日本刀を持っていようとは、お笑い草だ。

私も韓国の歴史をよく知っている訳ではないが、ウリジナルなるものが、全くの嘘であることは日本人ならすぐにわかるのではないか。にもかかわらず、なぜ韓国人は嘘をつく。こんな嘘を平気で言う国民なら、竹島も従軍慰安婦も、同じように嘘だろうと思われてもしょうがない。

一度嘘をつき始めると、嘘は止まらなくなり、なにも生産しなくなる。韓国の言論は余りにもおかしい。変だというのが正しい。これを続けていけば、そのうち誰も相手にしなくなるだろう。たとえば、これを個人でしていたら、そんな人間誰が相手にするだろう。

従軍慰安婦においても、全てが反日。その環境で志願してしましたなんて言えない。言えば半殺しの目にあうだろう。あの人は従軍慰安婦だったなどと言われようものなら、日本軍に協力したと考えられる。だからその人たちは必然的に、自分は拉致されて強制させられてした、という証言しかでないだろう。そういわなければ生きていけない。

いずれにしても嘘は嘘を呼ぶだけである。哀しい定めである。韓国人には誇りというものがないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)