ニュース

ドーナツで窒息死、無罪を求める署名40万

 ある1人の認知症女性(当時85歳)が2013年12月、入所していた長野県安曇野市の特別養護老人ホームで急死した。この死を巡り、長野地裁松本支部で3月25日、日本中の介護現場が注目を寄せた判決が言い渡された。業務上過失致死罪に問われ、判決で罰金20万円の有罪を言い渡されたのは、山口けさえ被告(58)。

85歳の認知症の女性が、ドーナツを喉に詰まらせて、窒息死で死亡。この不審死は警察が捜査した。いわゆる誤嚥である。誤嚥による窒息死ということになる。これ以外の例でも、私は実際に似たようなケースを知っている。しかし、この場合は遺族が訴えているわけではない。普段は妻が食事をさせていたようだ。それがたまたま病院に行けなくて、それで患者が自分で食事を口にしたようだ。ここは病院だが、とにかく人手がなく看護師が食事介護ができなかったらしい。

確かにドーナツは喉に詰まりやすい。これだけで看護師の責任だとすべて言い切っていいものだろうか。まして水分を取っていたと言っても、やはり詰まりやすいものだ。ドーナツをメニューにしたのも、選んだのも当該の看護師だろうか?多分違うと思う。

加えて認知症がある。その為にホームに入所していたのではないか。それを考えると、判決は厳しいと言わざるを得ない。

しかし、このニュースを聞いて、不思議に思うのが、母の不審死である。ジコキシンを過剰に投与したという事実は厳然とある。それで死亡したことも事実である。また薬の使い方で死亡させているのも事実である。これらは変えようとしても変えられない。

加えてカルテが捏造されていて物証もある。にもかかわらず昭島署は捜査をしていないようだ。問題ないとしている。ところがカルテが捏造されているにもかかわらず、それを私が物証として提示しているにもかかわらず関心を示さない。つまり初動捜査でミスをしているのだ。長野ではドーナツの件で警察が捜査し、地検に送っている。

この差は何なのかだ。昭島警察がおかしなことを言っている。それがどうも「おしゃれ事件」と関係があるようでもある。そして私の母親がこれをされても、「警察は了承している」のだそうだ。つまり、母親の殺人が、そうであっても警察は、それを問題ないとしている。そうであっても、何が問題なのかと、警察は言っているのだ。それで、それらのことについて警察はその指示を出している大元は、自分から「嘘をやっている」そうだ。つまり警察が?

これはいわゆる冤罪などの例を見ればよく分かるであろう。冤罪などでも罪がないと知っていながら、犯人として起訴し有罪にしているのだ。そういう場合の警察は、「判断をしているのは判事である」というのだ。つまり、嘘で起訴しても、それを判断しているのは警察ではなく、司法だと。だから司法がいけないのだと。

しかし、NHkのニュースを見るまでもなく、普通警察に逮捕されれば犯罪者というように解釈されている。これをやられたらたまらない。「ドーナツ事件」だが、やはり責任となると、ドーナツをメニューにしたところに責任があるので、「無罪」ではないか。それ以外の行為について責任を問えるのだろうか?

| | コメント (0)

皇室の祖先は?

退位を控えた天皇皇后両陛下は4月18日、伊勢神宮(三重県伊勢市)に参拝された。このニュースをめぐって、NHKが皇室の祖先は「天照大神」と報道。神話と史実を混同するような内容だとして、批判の声が出ている。

これNHKでもしたの?それとも私が偶然見ていたのは、他の民放のように思っていたのだが、これを聞いた瞬間、ポカーンとしてしまった。一瞬なんなんだろう、と思ったが、変だと思った。

これって例のごとくニュースで適当に作っているのと違いますか?他のニュースでも適当なのがある。なぜなのか分からないが、ズーと以前にテレビ局に電話で聞いたことがある。そのときにはよく理解していないのか?電話に出る人が分からないのか?不明だった。

ただ適当にニュースを作っているのだろうと思った。

他に何か意味があるのか?!

 

| | コメント (0)

新たなメディアというブラックホール見つかる

米国人ジャーナリスト Martin Fackler 2019/04/13
これは、NHK記者が海外の記者会見で笑われたという記事。科学者たちが史上初ブラックホール画像を米国で公開した時にNHK記者が日本の役割について質問をしたら、他の記者にケラケラ笑われた。日本の事だけを報道する日本メディアは、ナルシシズムが強いと見られているそうだ。

いやいや、本当にいい加減にして欲しい。NHKにしても民放にしても、彼らのことをマスゴミというのだと思います。「マスゴミ」というのは、私も思いつかなかった言葉で、上手いことを言うと感心しました。

とくにNHKは、なんかこう、愛国的なことをいうのを好んでいるように思う。いわゆる「日本スゴイ」だと思う。それがなんとも嫌味だし、いただけないし、みっともない。それがブラックホールの件で、思わず出てしまったということだろう。「日本はすごいんですよね」「日本がやったんですよね」などと言うのはみっともないと思わないのか?

特に「ニュース7」なんかそうとう変だった。尾畑春夫さんは、テレビは「30分」視聴すると聞いた。たぶん「ニュース7」だと思う。愛国万歳をしているのは、NHKに限らず、民放など限度を越していると思う。それが食べ物や文化やありとあらゆるものにおよぶ。ところが具合が悪いものについては、できるだけ放送などしないようにしているのだと思う。食欲、性欲、名誉欲、この3つなのか?

日本人のことを「あなたたちはねえー」と言ったのは、有名なカトリックの○○。自分だけよければいいという、強烈なアッパーカットをくらったのだが、私はこの○○を尊敬しているので、なんともいえない。

とにかくテレビ文化は終わっていると思う。

| | コメント (0)

韓国に敗訴WTOの判断

WTOの報告書では日本と韓国では自然環境から受ける放射線の量が異なるということを1審にあたる小委員会が十分議論していなかったと指摘しているということです。さらに、小委員会では食品に含まれる放射性物質のデータのみに基づいて判断しているが、それ以上の可能性については議論されておらず、不十分だとしています。
また小委員会は、日本が食品に対して設けている年間1ミリシーベルトという放射線量の基準は同時に韓国の基準も満たしていることから、輸入禁止にするべきではないという日本の主張を認めました。しかし上級委員会は、韓国がより厳しい安全基準に基づけば輸入禁止措置が妥当だと主張していたのに1審ではこの主張を十分議論していなかった、と問題点を指摘しています。

妥当な判断だと思う。これは韓国だけではない。日本の海産物だけに限らず、北陸の野菜なども大丈夫なのかという懸念は、私だけではないと思う。テレビなどでは、風評被害などという言葉が早くから出ていた。政治家にしても生産者にしても、放射能の影響がない方が好ましい。しかし、現実に福島などの子供たちの中で甲状腺癌などが比較的多く報告されている。またこのような記事でも、初期の段階で被爆などをしていたものと考えられるとしている。だから、今は大丈夫と。

でも実際そうなんだろうかと、私は常日頃から思っている。この考えを捨てたことはない。野菜や魚などの水産物などは考えない訳に行かない。それで健康にいいといって魚などを食べるようにテレビなどでいうが、私は少し控えている。まだ肉の方が食べている飼料はコントロールできるから少しはましかと思う。として、それでも北陸県のは考える。魚を食べないで肉ばかり食べていても、長生きする人はいる。だからそれほど神経質にならなくてもいいと思う。

身体はその人その人の食べるものに順応するはずだと思っている。体の慣れか、そういうものもあると思う。でも、放射能ばかりは違う。だから基準以下だから大丈夫だといっても、本当に大丈夫なのかとなると、答えはやはり低い方が安全であることは事実だと思う。だから、韓国は勝ったのだと思う。日本人でもそうでしょう。できるだけ低い数値の方がいいに決まっている。いくら基準値以下だから大丈夫といっても、では蓄積しないのか?となると不安である。誰でもそうだと思う。

だから日本のできることは、福島原発や原発政策に誠実に対応するしかないのである。しかし、ニュースなどを見ると、どうも臭いものには蓋をしろとか、そういう印象しか持てない。NHKでしていた「絆ソング」もいただけない。どうも何を言いたいのか分からない。情緒や感情に訴えて、大丈夫だからと、ごまかしているように思えてならない。その為に他の方に目をやるようにしている事実が多すぎないか?

現実をごまかしているのが日本のニュースの本質だと思う。それには私は身をもって経験させていただいた。重要なことから目をそらすやり方は、日本では得意技だ。どうでもいいニュースとか、お天気のニュースなどは、私が思うに、これ100年後でもこうなんだろうな、と。これなら重要なことから目をそらすには、適当かもしれない。認識不足の人には。

ネットを見ればいい。右よりだとか左寄りだとか、ネット右翼とかパヨクとか。これは民主主義を語るのに必要なことだろうか。右だろうが左だろうが、国民主権には変わりはないはずだ。そこが確立していないから、右とか左とかいう。でも、放射能は右にも左にも関係なく影響を与えるのだから、十二分に考えて欲しい。国が違っても放射能の数値が低い方がいいに決まっている。

ちなみに米国やEUも規制している。これを出すと日本人は不安になるだろう。しかし、ごまかすのだけはやめよう。

| | コメント (0)

巡査外国人を落とす!

神奈川県警海老名署は7日、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されたブラジル国籍の男(39)=同県海老名市=が逮捕後に死亡したと発表した。同署が死因を調べている。
 同署によると、7日午前2時15分ごろ、同署さがみ野駅前交番に男が突然訪れ、交番内にいた同署地域課の男性巡査部長の顔を殴るなどしたため、巡査部長らが男の体を押さえつけるなどして制圧。同容疑の現行犯で男を逮捕した。逮捕から約10分後、男の呼吸が弱まり、顔面蒼白などの症状が見られたことから病院に搬送されたが、同3時25分ごろに搬送先の病院で死亡が確認されたという。

まただ。殴られて頭に来たのかもしれないが、また落としたんだよな。何人でやったんでしょう?これで知っているだけでも3件ぐらいあるんじゃないか?

これは知っていると思いますよ。こういうふうにすれば落ちるということを!おかしいですよね。

 

| | コメント (0)

準強制性交無罪判決の異常

愛知県内で2017年、抵抗できない状態にあった当時19歳の実の娘に乱暴したとして準強制性交罪に問われた父親に対し、名古屋地裁岡崎支部は無罪(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。鵜飼祐充裁判長は、父親が長年、娘に性的虐待を行っていたと認定したうえで、「抵抗不能状態だったとは認められない」とした。判決は3月26日付。 公判で検察側は、被害者は中学2年の頃から性的虐待と暴力を受け、専門学校の入学金などを負担させたことに負い目を感じていたなどとして、抵抗は著しく困難だったと強調。弁護側は「被害者は性交に同意していた」と主張していた。

 鵜飼裁判長は判決で、父親との性交は被害者の意思に反するものだったとしたうえで、「長年、性的虐待を受け、抵抗する意思や意欲を奪われた状態だった」と指摘。一方で、父親に服従するような強い支配従属関係はなく、抵抗不能の状態だったとは認められないと結論づけた。

裁判長の言っている意味がよく分からない。「父親との性交は被害者の意思に反するとして、また、抵抗する意思や意欲を奪われた状態だった」と指摘し、としても、抵抗不能状態ではなかったというのが、よく分からない。

結局、こういうことはその人、例えばこのような時は裁判長が、様々な人生経験で、いろいろな人生での局面での心理を経験していなければ、わからないことなのだろうか。

そもそも長年となっていることから、未成年の時から、脅し透かし、あらゆることをして性的関係を維持してきたのだろうから、そもそもそれをしたこと自体で、犯罪が成立しているはずだ。未成年にこういうことをしていることが、そもそもの犯罪でそれが娘の抵抗不能の問題ではない。

この裁判長は、たとえば14,5歳の少女に抵抗したかしないかを問うのか?そのこと自体がおかしい。強制性交は成立している。他の事案でも未成年の少女に抵抗したかしないかを問うのか?法律ではそうはなっていないはず⚓

| | コメント (0)

なんか忖度

塚田国土交通副大臣が道路建設を巡って政権幹部に「忖度(そんたく)した」と発言した問題で、自民党内からも「辞任すべき」などの声も含めて厳しい意見が相次いでいます。

またも「忖度」が問題になった。だが、そもそも「忖度」は逃げの一手ではなかったのか?それを忖度したことで、下位の人間が勝手にしたようなこと、印象を与えることだったのではないか。

「忖度」が、悪い意味のように使われているが、本来はいい意味なのだと思う。他人の心中を推し量り、いろいろ考えてあげる。そのこと自体悪い事なのだろうか。ある意味「忖度」はみんなしている。していない人はいないと思う。することによってそれが潤滑剤になり、上手く回るようなところがある。

問題なのは、「忖度」という言葉に責任を負わせ、逃げてしまう根性だ。つまり、上からの指示なのに、いや違う、下の人間が忖度したのだ、と。これでは「忖度」泣いている。こうして何か逃げているのは、マスコミなのか?

安倍道路とか麻生道路とか、そういう話をするのも妙な気分だ。昔は、みんなそれを自慢にしていたのではないか。政治家が立候補して、手柄を自慢して話していることなど、昔は当たり前だよ。なぜこんなおかしな議論になっているのか?

問題なのは、なんか話し方とか伝え方のような気がしてならない。道路を通すのも、海底に通すのなら、そろそろ次にほじるところがなければ、建設会社や技術が進まないなどということではないのか?リニアだって、富士山が見えなくて面白いのか?多分失敗するように思う。富士山とリニア同じ画面にあって絵になる。それがトンネルの中ばかりでは、面白いのだろうか?

これだって穴をほじることに意味があるのだろうから、そうするのだろう。難関工事の南アルプスって、それでもほじることを止められないよね。止めれば会社はつぶれるし、延々と掘るのだと思う。

そういうことで道路を作るのではないか?掘って掘って掘り続けるのだ。

| | コメント (0)

新元号は「令和」

新元号が決まった。これを見た時に、正直がっかりした。というよりなんか不吉な感じがした。

出典が万葉集というのは、賛成だ。しかし、「令」という字はなぜか冷たい感じがする。最初、ちらっと見えた時に「命和」なのかと思った。というのは、私は自分の候補作として「永和」とか「永寿」とか期待していた。

平和が長く続きますように、あるいは、末永くうれしい、楽しい時代の幕開けになるようにという意味で「永寿」。

「令」は、命令の令だし、なぜか冷たい感じがするのは、私だけだろうか。

中国人は「令」という字は、「零」と音が同じで、平和ゼロという極めて良くない元号となるらしい。また、「令」というのは、「命令する」「させる」という意味を持つということだ。

中国のネット欄では、「平和を強いるとは、侵略の歴史を忘れた小日本の考えそうな元号だ」。「日本人は教養がない」「センスがない」という意見も相次いでいるという。

 

| | コメント (0)

反訴する人間のあほらしさ。改悛もなく

"立川談四楼"
「山口敬之氏、伊藤詩織氏を反訴」に目が点となった。「彼女は性被害ビジネスに私を利用した」として1億3000万円の損害賠償を請求したのだ。反省の日々を送っているものと思ったらこれだ。看過できないのは「性被害ビジネス」で、どこまで腐ったらこんな言葉が吐けるのか。盗人猛々しいにも程がある。

いや、まったく同感。この感覚は、久米宏と楠田枝里子。日テレ、資生堂ですよ。とんでもないことを放送していて、それをテレビの中の人間がみんな知っているのに、止めようとしない。あまりにも目に余るので、事実を抗議すると、名誉棄損だと騒ぐ。

これって何。たしかに「性ビジネス」といえば、楠田は枕営業になる。でも責任は責任ですよ。本来放送を悪用してすべきことではないのに、局付のアナウンサーとフリーになったタレントがしたこと。謝罪したりするのが当たり前の話を、そもそもそれ以上に私の知っている範囲では10カ月以上放置している。あるいはこれはすすめているということか。

責任を取らないようにすればいいと、これって詐欺でしょう。すでに1980年代から日本の詐欺は始まっているのです。だから私は「オレオレ詐欺」などを非難できない、としか言いようがない。久米楠田はじめ皆さんテレビ側は、同じように人をだまして金を儲けている。年寄りだけではなく若者からも、金を騙している。でも、金だけではない。それ以外の社会に存在するあらゆる利益を騙して得ている。

こんな人達を知っている身としては、生活ができなくて「オレオレ詐欺」をしているのか?あるいは、手っ取り早く金をなのか、いずれにしても似たり寄ったり、彼等よりもっと悪い人間が聖人の顔をして暮らしている。その方がいやらしい。

でもこの山口敬之という人も同じ穴のムジナでしょう。似たような考え方をしてもおかしくはない。出てきた警察もナベツネや政権とごちょごちょなんでしょう。金を渡せば日本では何でも不正に処理できます。OK.「罪になりますね」というのだったら、やったらどうよ。あなたが起訴した理由で私は無罪になるという理由も理解できないのだろう。裁判になったら話そうと思いまして、黙っていますが、だいいち虚偽告訴で、どうやってするのか分からない?考えられないことだ。金をもらって超音波盗聴機を持ち出すか?

これ一台いくらですか。ブッシュが聞いたものですか?盗人猛々しいとは、まさに当事者のことだと思う。

| | コメント (0)

高州院長の発言?アウシュビッツは捏造?

ポーランドにあるアウシュビッツ強制収容所跡を管理、運営するアウシュビッツ・ビルケナウ博物館は17日までに、「アウシュビッツは捏造だと思う」と2015年にツイッターに書き込んでいた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に対し、アウシュビッツの存在は「史実だ」と日本語で訴えた。   高須氏は15年、ツイッターに「南京もアウシュビッツも捏造だと思う」と記した。   博物館は今月15日、公式ツイッターに日本語で「アウシュビッツは世界中の人々の心に絶えず忠告する史実」と書き込んだ。これに対し、高須氏は17日「売られたけんかは買う」とツイッターに投稿した。

高須院長の発言が時々聞こえる。なぜか知らない。ただ今度の発言はいただけない。高須氏としては、南京がなかった、史実ではないということを印象付けるために、アウシュビッツを引いたのかもしれない。

しかし、アウシュビッツが史実だということは、世界中の人が知っている。また異論があるなら、高須氏は大変お金がある人なんでしょうから、実際にアウシュビッツに行ってみると良いでしょう。そのうえでレポートとして何か発言されるなら、お分かりになるかと思います。

私は本でしか読んだことはありませんが、史実だと思います。南京についても様々な意見があるのは知っています。しかし、それらの意見を様々な形で検討しても、南京に日本兵がいたことは否定できません。それをどう考えるかだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧