ニュース

忽然とカモがいなくなるというが、忽然ではない。

アイガモを使ってコメ作りをしている農家のもとからアイガモ20羽が忽然(こつぜん)と姿を消しました。一体、何があったのでしょうか。アイガモ農法でコメ作りをしている河島努さんには、ある悩みがありました。それは、肝心のアイガモが日を追うごとに居なくなってしまうのです。道路にはくっきりと足の形が残されていました。アイガモ農法とは有機農法の1つ。アイガモが雑草や害虫を駆除してくれるため、農薬をほとんど使わずにコメ作りができるのです。河島さんがカモ26羽を購入したのは田植え直後の6月でした。ところが、7月に4羽、8月は13日に8羽、15日にも8羽いなくなって現在、わずか6羽となってしまったのです。

これはテレビ朝日のニュースだそうです。これ「忽然」と言っていますが、よく読むと忽然ではないですよね。私が不快に思うのは、テレビはとにかく、言葉をいい加減に使う。「忽然」とは、突然でしょうから、6,7,8月にわたることは、意味が違うと思います。

特に民放テレビは、この手のいやらしさは、抜けることがなく、いつまでも続いている。だから言葉を大切にしようと思ったら、テレビを極力見ないようにしなければならない。疲れますね。本当に嫌です。ばかばかしいです。

いい加減にして欲しい。

| | コメント (0)

優先席での…SNS

女性は生理痛のため優先席に座ったところ、隣に座っていた男性が「高齢者の僕が座る優先席に若い女も座る。厚かましさに程がある。立てよと言いたいけど、逆ギレしそう。●●●最悪」と書かれたタブレットの画面を見せてきたという。女性がその画面を撮影し、SNSに投稿し、物議を呼んでいた。 フリーアナウンサーの小倉智昭氏(72)は「黒く塗りつぶしているところに、もっとひどい事が書いてあるんですよ」と明かし、あえて消しましたよ。今、時が時だけにね」と説明。「この男の人がやっている事は最低ですよね。もし、そう言いたいんだったら、『どうしました、具合でも悪いんですか』っていう声のかけ方をしてあげればいいじゃないですか。何もあからさまに、こんな事をやる必要があるかどうか」と首をかしげた。

このニュースを知って愕然とした。タブレットを見せた男性とそれをSNSに上げる女性とアナウンサーの発言と。それから優先席とそれ以外の席も空いていたということですよね。そう放送していたと思います。

口で言えばいいかもしれないとしても、口で言えば他の人の前で恥をかかすことにもなりかねない。女性は生理痛だといいますが、そうであるかは分からない。口で言えばいいというなら「体調が悪いから」と女性が言えばいいのではないですか。

男性は、それらの事情を知らないでタブレットを見せているのでしょうから、なんともいえません。事情を女性が話さなかったのでしょうね。それをSNSに上げて批判をするのは、どういうことなのだろう?

女性の事情を知れば、確かにひどいことだと思うでしょう。しかし、男性は知りません。そういう事実関係を前後してみれば、ずいぶんおかしな話だと思います。それをアナウンサーが「最低です」と批判できるのでしょうか?

そもそもこういう人たちを作っているのがテレビでしょう。それをテレビが批判できるのでしょうか?「具合でも悪いんですか」と話しかけよ、というのも事実関係後の話です。それで批判すべきではないです。

テレビは全てこういうふうに批判したりします。本当にいただけません。私も介護をし続けた後は、長時間立っていることもできません。足が痛くて立ってられないのです。そういう個人の事情は外からは分かりません。

それを批判する風潮が背後にあります。他にも私は腰痛で1部の関節がせんべいになっています。後に関節と関節がくっつくと?本当かどうか分かりませんが、立って歩いている分には分からないでしょう。

誰にでも個人の事情があるから、そこを考えるべきだと思います。テレビでマナーだと言って他者を批判したりするのは、民放などの専売です。これを男性が真似たんでしょう。

| | コメント (0)

高校野球U-18日の丸なしの韓国入り

日本高等学校野球連盟(高野連)は30日から韓国・機張で開幕する野球のU-18W杯に参加する高校日本代表・侍ジャパンが日の丸の入った従来のポロシャツを着用せず無地のものに変更することを決定。

侍ジャパンのユニフォームに日の丸がない。これは問題だと思う。なかには問題を大きくしないように、相手を刺激しないようにということで、これらの処置を「よい」とする人もいるようだ。

しかし、従軍慰安婦問題においても、これらの態度を繰り返してきたではないか。その結果、何度も問題を蒸し返すというようなことになっている。そしてそれらの政治的手法を韓国に許してきたのは、自民党政権である。

民主党は、もっと相手を取り込むような話をしている。私には訳が分からない。なぜ筋を通さないのだ。それが分からない。外交問題は、他国との交渉である。他国である以上、価値観が違う。

ただ韓国は、日本に賠償をしろ!といい、それに対し日本は筋を通してこなかった。

たとえば、ノーベル賞においてなぜ韓国は選ばれなかったのか?戦争と性の問題で、評価されなかった。これは軸足が人権になく、戦争責任になっているからである。それから戦争の中におけるものとしての性を考えると、難しい問題が、これからも今も存在する。

特に韓国はそれに対するアプローチがない。ではどうするかである。

これが今回の日の丸ポロシャツを着用しなかったのは、今までの日本の態度と同じである。また従軍慰安婦や徴用工問題が、なぜ平和のスポーツである野球に波及するのか?このように相手に背中を見せるから、次々に問題が広がるのである。

「ほら、日本が謝っている」と取られるのである。

もちろん、日本テレビおしゃれ事件のように、完璧に放送側が悪いのに謝罪はしない。事実関係も報道しない。これらは大変問題だ。

私にしてみれば、テレビというものが、どういうものなのかということを多くの視聴者に理解してもらうには絶好の機会である。これは正に権力の横暴である。

問題の事実関係を取り違えていいものではない。ユニフォームは着替えればすむが、問題はより複雑になっていく。

| | コメント (0)

オリンピックのボランティアの募集の正解は?

【東京オリンピック無料労働】医師や通訳までタダ働き「ボランティア」で募集!「誰が責任とるの?」反発高まる

とうとう来ましたよ、医局経由でオリンピック医者募集
・スポーツ外傷の専門性が高い
・英語が堪能
・もちろんボランティア

このスペックの医師を無料で働かせようという精神がすごいわ
通訳ボランティア
医者ボランティア
スタッフボランティア

「おめてなし」だと思う?
もうオリンピックをやめようよ。

これはどういうことなのか?これって、ものすごく優秀な人材をただで募集しているって?なんなの?そもそもこんな優秀な人材は多くなく、そうでなくても忙しいと思う。

なぜこんなおかしなことが堂々とできるわけ?それで政府はオリンピックを成功させようというの?誰の功績になるの?

それ以外にも「暑すぎる」とか、トライアスロンの水泳では「水がトイレ臭い」。唖然とするようなおもてなしが続出し始めている。

「暑すぎる」というのは、確かに私の少年時代に比べると、比較にならないほど暑い。これでハードな運動をするのは大変危険だ。死者が出なければいいが、事故が起きた場合、誰が責任をとるのか?

加えて、上記に出ているのは、ボランティアだから、その人たちに万一のことが起きたら、誰が責任をとるのか?ボランティアだから自己責任か?下手をすれば命を落としても保障がない。そもそもそういう事故が起きても、私の母が東京西徳洲会で殺されて、隠蔽しているのと同じで、事故が起きても隠ぺいだろ。

「水がトイレ臭い」というおもてなしは、どうするのか?これはオリンピックの実行委員の方々が、実際泳いでみたらいい。トイレ臭くて、力が入るか?普通これ、げんなりして戦意喪失だよね。とても無理だと思う。

なぜこんな言論が平気でまかり通っているのか?これあまりにひどいよね。事故が起きたら、想定外にするのだろうか?予想できなかったと。

あとは日本人は、冷夏になるように、とエルニーニョ現象に助けを求める、神頼みなのか?

これでは触らぬ神に祟りなし。決まった。ボランティアをパスします、だろう。

| | コメント (0)

日本人の貧困極まる。

アメリカの保守派は「人々が一生懸命働き、薬物や暴力に依存しなければ貧困にはならない」と自己責任論を展開するが、
スミス氏はこの意見に、日本を例に挙げ異論を唱えた。
日本人は真面目であるにも関わらず「日本は貧困な人で溢れている」と訴えた。

その通りだ。多くの日本人はまじめで貧困だ。私もそうだ。かつかつの生活を送っているのが現実だ。それでなぜ自民党が選挙で勝つのか?多くの人が不思議に思うかもしれない。

ひとつには選挙自体を拒否している。それには選挙制度が問題だが、一向に改善する気配がない。またもう一つの問題が、マスコミがマスゴミと言われる状況がある。事実を伝えない。

これには、もう一つの問題があり、経費を削減するためか、とにかく使いまわしが多い。映像を流していればそれでいいだろう、という安易な気持ちがあるのか、何度も何度も同じ映像を見せられる。

このような情報操作のため民放放送は事実上終わっていると言っていいと思う。それは朝や昼のワイドショウなるものを少しみれば、すぐに分かるだろう。

それから事を荒立てないということが、逆に問題になるだろう。支援が必要なのに、それを拒み衰弱死をする、あるいは餓死をする。こういうことは決して名誉なことではない。むしろ恥なのだ。自分のことについての事実関係がとれない。それで命を落とす。

しかし、ネットのおかげか少しづつ変化はしていると思う。たとえば、京アニの問題で、犠牲者の名前が公表されていない。10人だったか、公表は?これらもマスコミがマスゴミ化しているということの証明でもある。内部の人がそれを恐れるのだから、間違いないだろう。

つまりマスゴミでさえ貧困なのだ。映像の使いまわしだけではなく、出演者の自作自演のよいしょ。久米宏など国に縛られるなとNHkを批判するが、自身はスポンサーで縛られている。つり金に縛られた言論によだれを垂らし自慢している。

これらも貧困の一つだ。とにかくアメリカに指摘されるまでもなく、日本人の多くは貧困である。それが思想などにおいても貧困になり始めていることは脅威だ。1億総白痴化とテレビのことを批判されたのは、はるか昔。

もはや考えることもマスゴミはやめているのだろう。貧困の連鎖は民放のテレビを見ればすぐに理解できる。テレビで見えるものすべたが貧困なのだ。

話はかわるが、テレビでキャスターの顔を大きく映したりするが、今の時代にそもそもキャスターとかアナウンサーは必要なのか?大変不快なので声だけにできないものなのか?

京アニの事件を起こした人のような人は日本にはたくさんいる。これもテレビが作り出したものだ。

 

| | コメント (0)

放送法に受信料が??本当だろうか?

 市民団体「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表の醍醐聰・東大名誉教授が先月31日、東京・渋谷のNHKを直接訪問。放送センターの一室で広報局幹部らと会い、警告文の中身などについての見解を求めた。

 醍醐名誉教授が問題視したのは、警告文の〈「受信料を支払わなくてもいい」と公然と(人に)言うことは、法律違反を勧めることになります〉との一文だ。

「不払いは違法」と脅迫しているようなものだが、実は受信料について定める放送法にはそんなことは書かれていない。放送法は〈受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない〉と規定しているが、「受信料を払わなくてはならない」という文言はなく、支払いについては義務付けてはいないのだ。

「受信料をしはらわなくてもいい、と公然と人に言うことは」、法律違反を公然と人に勧めることになるのだろうか?これは難しい問題だ。表現の自由から、私はそういう意思表示はしてもいいと思う。

ただ、勧めても、そうするかどうかはその人の判断になるだろうから、問題ないのだと思う。N国をさして、そのような文言になったものと思える。しかし、N国も「みんなの党」に吸収されたのか、いっきに論点が分からなくなってきた。

私も最初は支持したが、今はもう無理。

放送法では「受信についての契約をしなければならない」ということを言われていると思う。それが義務というような形になっている。その受信契約には受信料についての契約である。だから、特別問題だということでもないと思う。

受信契約は個別の問題であり、今でもアンテナだけで見ている人もいれば、ケーブルで見ている人もいる。当然内容が違うのだから、確認の上で受信料を払う。つまり合意したうえで払う、ということだと思う。

だから裁判では、しばしば受信料契約を結んでいるのだから、受信料を払わなければならないという判決が出ていると思う。だから人によっては契約をしないようにしているのだろう。

これに漏れるのが、転居をしたりして契約から漏れる人たちがいるということだ。そういう人には受信料契約を結び、受信料を払えと言っているのだと思う。

これについては問題ないと思う。私の場合でも人権侵害のケースがあるのだからという、特別の事情によるものである。これらのものは放送法にも民法にも全く想定されていないものである。

まして日本テレビおしゃれ事件というのは、タレントが自らのプライバシーを、積極的に放送の中で表現しているものだ。暗喩の「雪の肌」というようなものだろうか?私にはもっと直接的なものなのだが。

| | コメント (0)

山本太郎「首が絞まるのは皆さん」!

 もう地上波テレビ局からお呼びはかからないだろう。日本政治のタブーに触れてしまったのだから。

 前参院議員の山本太郎がけさ、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」にスタジオ生出演した。

 「この国の20年―30年の間というのは、どのような政治が行われてきたかというと、完全に皆さんの生活を踏みつけて企業側にいかに利益を横流しできるかということの連続でした」

 「例えば、大企業に対して大減税、金持ちに対して大減税。その上に皆さんの働き方を壊して来た。昨年の末に決まったのは何か?大量の外国人を安い労働力としてこの国に招き入れるということ」

 「これによって首が絞まるのはだれか?皆さんなんです。今の政治は皆さんへの裏切りの連続でしかない。それを変えていける。まずは野党で手をつないで政権交代を目指したいと思います」。

この放送は見ていないが、山本太郎さんが言うことを支持したい。事実そうですよね。

大企業や金持ちが得をする社会を作っている。ところが、これでは本来、安倍総理を支持する人はいないのではないかと思う。当然選挙で負ける。ところがそうならない。なぜか?

メディアを操作して、票が入るようにしている。公共放送というNHKにおいても、安倍総理の会見などが、頻繁に外国にいる時にも、日本時間に合わせてきたように思う。

視聴率が高い番組に合わせて、会見をしている。それらはみなLIVE。ここまで意識して放送を利用すれば、ほとんど成果がないはずなのに、外交問題で、訳の分からない点数が稼げる。不思議な気がするが、こういうことに視聴者は騙されてしまう。

いかにも一生懸命にしているように思える。たとえば、景気回復というなら、労働者の賃金を上げればいい。これがいちばん簡単。ところが一向にサラリーマン氏の給料は豊かにはならない。会社が儲かっているのに、それが社内留保。

これでは景気が悪化するはずなのに、日銀の発表することは、いかにも景気が回復しているように、報道する。これは一種のマジックに過ぎない。数字合わせだ。世論調査の数字もどうにでもなる。事実かどうか分からない。

私は「N国」などがいいと言っていたが、ここで失言議員に秋波を送っているようなのだ。これでダメ。

山本議員は大変すばらしい。あえて敵を作っても総理を目指すというのだから、私も支持したい。今回の参議院選挙での令和新撰組の活動をメディアが取り上げなかったようだ。取り上げていれば、山本氏も当選していただろう。

要は、歳入と歳出とのバランスに過ぎない。どこからどういうふうにやっていくかでしかない。それでより多くの国民のためにというなら、必然的にそうならざるを得ないのだろう。

恐れることはない。頼朝も義経も時代と戦った。これらの破壊と創造は、ニーチェの思想ではないが、小さなことでは常に行われていることだ。これがなければ社会が進歩しない。

保守というのは、今までどおりが強い。しかし、歴史の必然によって常に変化するということを考えれば、その変化をどのようにどのくらいの大きさで受け入れていくかに過ぎない。

たとえば、現状維持というのは、タレントの世界で言えば、親の七光りなどは典型だろう。型破りな人間が、路線を外れた人間が躍動する世界が欲しい。山本氏に期待したい。

宮迫とかいうタレントが「金はもらっていない」と言い、実はもらってました、というのは、みな情報操作であろう。たとえば、詐欺グループから金をもらっていなかったら、逆にまずいと思うのだが、どうだろう。嘘をついたことは事実のようだ。

金をもらったから「闇営業」になるのだろうし、「金をもらってない」となると、それら「反社会的勢力」との関係が、そんなに親しいのか?ということになる。金をもらってなくても、親しければ当然もらっていることになる。

論理的な矛盾を、吉本興業も当該のタレントも起こしている。両者がアウトだろう。

正直なのは、山本氏だろう。

| | コメント (0)

京アニはやはり

京アニの放火犯について、なんでも埼玉の共同住宅での、隣人トラブルなどが取り上げられ、報道されているが、これらのことはどこにでもあるように、テレビなどを見ていると確認できる。

現在の時点から、放火犯が特殊な人物のようにいうのはおかしい。確かに、被害から見ればとても許されることではない。

しかし、それと正しい報道をすることは別のことだ。

「小説を盗まれた」ようなことを言われてもいる。しかし、これも確認できないとなっているが、今の時点でどう確認しているのか。

これらのことについては、警察にも相談されていたのだから、その辺の事情はどうなのか?報道の一部では「小説」ではなく「マンガ若しくはアニメ」のように警察が言っているところもある。

すると、警察が、また何らかの事実関係を誤っている可能性もある。加えて、これらの情報がどこまで正しいのかもわからない。

小説云々が正しいかどうか?これもそういう事実があっても、このような放火事件があれば、あってもなかったことにするだろう。

私の超音波盗聴についても、マンガにあるようでもある。それらについては、これからできることがあれば、賠償問題にもなる。しかし、現在ではそれらに対する被害に対応するのが精いっぱいであり、そのような行動には出ていない。

アニメ業界については、よくは知らない。いずれにしても、メールが存在するのだから、何らかの対応を誤ったことだけは事実であろうと思う。「一方的に」という報道もあるが、これらが事実なのか、分かりようがない。すべてを隠蔽する社会においては、そもそも権力側の人間が勝つようにできているので、それらの事実関係をどう考えるかである。

こういう事件は、これからも起きるだろう。隠蔽を止めるべきだ。

| | コメント (0)

死体がごろごろと!!

京都アニメーションの八田社長は、「数年前から殺人予告のようなものがよく会社宛てに届いていた」と話した。また「火災が起きた現場は、会社の核となる場所だった。大げさな言い方かもしれないが日本のアニメ業界を背負って立つ人たちが1人でも傷つき命を落としていくなんてたまったものではない」とも述べた

「数年前から殺人予告がよく届いていた」ということは、それらに対して、ちゃんと対応することはなかったのだろうか。としたら、どういうことなのだろう。

また、放火犯が「パクりやがって」と言っているようだ。それらの事実関係をちゃんと取ったのだろうか?アニメ業界はどうなっているのか知らないが、テレビの方ではパクるなんてのは、朝飯前。パクって当たり前の話です。

だからこのような問題に、どう対応しているのだろう。私の場合も、超音波盗聴で、相当盗まれていますから、放火犯の言うことは私の事実関係からすると、事実なのだろうと思う。

しかし、それらの問題を処理するのに、どういう対応を取ったのか?「数年前からよく」ということは、そういうことを無視していたのだろうか。つまり久米楠田のように。日本テレビのように。

つまり、日本では隠蔽とかそういうことも常態的に行われている。これらもその一つなのだろう。だから昨今の日本の状況は、とにかく最悪で、もはや完璧に「日本は死んだ」である。川端康成の言葉だ。

とにかくこれだけテレビの情報操作で、人心をやられているということは、こういうことが起きて、誰が責任を取るのだろう。

安倍総理は「悪夢のような時代」とよく言うが、こういうように人心が、とにかくおかしくなっている。これは一体だれの責任なのだろう。

まんがの同人雑誌もあるだろうし、パクリ疑惑はいつでも起こる。

それを放置した責任はどうとるのだろう。警察でさえ、犯罪を助長するようなことを平気でしていることを考えれば、この放火犯の行為を、どう考えればいいのだろう。

警察は、結局死体がごろごろ転がらなければ、捜査をちゃんとやらないという言辞は、私はもらっている。

| | コメント (0)

NHKから国民を守る党のテレビ放送が面白い!!

昨夜、NHKの放送で「NHkから国民を守る党」の政見放送を見た。

大変面白い放送だった。今度の参議院選挙は、だれに投票しようか悩んでいたが、「NHKから」にしようと思う。

党代表の話方も大変いい。分かりやすいし、面白い。部分的に私の考えとは違いがあるが、いいと思う。積極姿勢がある。

与党と野党とのバランスを取る意味においても、今回は野党に入れるつもりでいたが、なかなか候補者や活動に新鮮さがなく、決断がしにくかったが、「NHKから」にする。

「NHKから」がいい。

http://www.nhkkara.jp/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧