ニュース

死体がごろごろと!!

京都アニメーションの八田社長は、「数年前から殺人予告のようなものがよく会社宛てに届いていた」と話した。また「火災が起きた現場は、会社の核となる場所だった。大げさな言い方かもしれないが日本のアニメ業界を背負って立つ人たちが1人でも傷つき命を落としていくなんてたまったものではない」とも述べた

「数年前から殺人予告がよく届いていた」ということは、それらに対して、ちゃんと対応することはなかったのだろうか。としたら、どういうことなのだろう。

また、放火犯が「パクりやがって」と言っているようだ。それらの事実関係をちゃんと取ったのだろうか?アニメ業界はどうなっているのか知らないが、テレビの方ではパクるなんてのは、朝飯前。パクって当たり前の話です。

だからこのような問題に、どう対応しているのだろう。私の場合も、超音波盗聴で、相当盗まれていますから、放火犯の言うことは私の事実関係からすると、事実なのだろうと思う。

しかし、それらの問題を処理するのに、どういう対応を取ったのか?「数年前からよく」ということは、そういうことを無視していたのだろうか。つまり久米楠田のように。日本テレビのように。

つまり、日本では隠蔽とかそういうことも常態的に行われている。これらもその一つなのだろう。だから昨今の日本の状況は、とにかく最悪で、もはや完璧に「日本は死んだ」である。川端康成の言葉だ。

とにかくこれだけテレビの情報操作で、人心をやられているということは、こういうことが起きて、誰が責任を取るのだろう。

安倍総理は「悪夢のような時代」とよく言うが、こういうように人心が、とにかくおかしくなっている。これは一体だれの責任なのだろう。

まんがの同人雑誌もあるだろうし、パクリ疑惑はいつでも起こる。

それを放置した責任はどうとるのだろう。警察でさえ、犯罪を助長するようなことを平気でしていることを考えれば、この放火犯の行為を、どう考えればいいのだろう。

警察は、結局死体がごろごろ転がらなければ、捜査をちゃんとやらないという言辞は、私はもらっている。

| | コメント (0)

NHKから国民を守る党のテレビ放送が面白い!!

昨夜、NHKの放送で「NHkから国民を守る党」の政見放送を見た。

大変面白い放送だった。今度の参議院選挙は、だれに投票しようか悩んでいたが、「NHKから」にしようと思う。

党代表の話方も大変いい。分かりやすいし、面白い。部分的に私の考えとは違いがあるが、いいと思う。積極姿勢がある。

与党と野党とのバランスを取る意味においても、今回は野党に入れるつもりでいたが、なかなか候補者や活動に新鮮さがなく、決断がしにくかったが、「NHKから」にする。

「NHKから」がいい。

http://www.nhkkara.jp/

| | コメント (0)

あなたも殺人者になるかもしれません。

愛知県蒲郡市で姑の首を絞め殺害したとして長男の70歳の妻が逮捕された事件。妻は寝たきりの姑の介護に疲れ、犯行に及んだとみられることがわかりました。周囲は介護に追い込まれた妻をサポートできなかったのでしょうか…。

 7月7日朝、この家に住む大塚キヨ子さん(96)が1階のベッドの上で殺害されているのを長男(74)が見つけました。キヨ子さんの首には紐のようなもので絞められた痕があったといいます。そして、9日になり長男の妻・大塚文子容疑者(70)がキヨ子さんへの殺人容疑で逮捕されました。殺害されたキヨ子さんと夫の3人暮らしだったという大塚容疑者。犯行前、夫にこう話していたといいます。

<大塚容疑者>「介護に疲れた」「おばあちゃんの世話で眠れなくなった」

 厚生労働省によりますと、昨年度家族や同居人などによる高齢者への虐待件数は1万7078件あまり。内容が判明した5000件あまりのうち最も多かった理由が「介護疲れ」で全体の24%余りを占めています。

誰でも殺人者になる可能性があります。ごく身近にあなたの家の中にあるのです。自分の親が、あるいは子供がいつ寝たきりになるとかは分かりません。そのとき誰でも、どうしますか?

私は経験しました。虐待は姉がしました。兄弟は決して助けてはくれません。患者には、そばにいてやること。これが一番大切なことですが、また簡単なことのように見えます。しかし、それがいかに大変な事か?症状は常に変わっていきます。私の場合も、こういう経験は初めてですから、分からないことがたくさんあります。

疲れます。夜も昼もよく眠れない日がたくさんあります。いつ終わるか分かりません。聞いたことがあります。介護をしている息子さんが死んだということも聞きました。限界を越えると介護者が死亡するケースもあります。

薬のこと、食事のこと、身の回りのこと、私の場合は訪問してくる人との母との健康状態の確認など。気が抜けないことがたくさんあります。でも、それを励ましてくれる人たちもいます。介護に携わる若い人たちの明るい顔を見ただけで、安心することもあります。

そういう介護をする人が身近な母や父を殺害する。こういうケースでは、眠れないとストレスで、物事もよく考えることも難しくなります。それは想像を超えることもあります。

私の場合、3時間とか4時間とか眠れない日があっても、これ1日に合計してです。断続的に眠り総合的に考えて4時間とか。当然ボーとしてきます。それで私の場合、私が疲れてしまい、母親が脱水症状になり、東京徳洲会病院に入院しました。

その時に、医師に虚を突かれ、殺害されました。これは殺されたということが確定的です。なぜなら、解剖をすり抜ける方法も使っていますし、カルテがすり抜ける方法も使っています。そもそも後でカルテで検証しても、母が受けた医療とは別のものです。それはカルテ上のものであり、実際の母が受けた医療とは違います。

こういうことを他の人に話し、意見を聞くと人体実験とも殺人とも言います。しかし、警察は動きません。まずいんでしょうね、私がまた見破ったということがあっては、他の人は気がつかないかもしれませんが、ほんのちょっとした事実関係の違いに気づけば、理解できるでしょう。

医師への信頼を逆手に取った犯罪であろうと思います。警察は、こんなに徳洲会になめられていて、何も感じないのでしょうか?私が警察に代わり、彼らに罰を与えるのでしょうか?

 

 

| | コメント (0)

1人で歩くな白杖壊し、暴言、八王子

東京都八王子市の京王八王子駅前の路上で今月3日、点字ブロックの上を歩いていた全盲の男性が通行人と正面からぶつかり、白杖(はくじょう)が壊れた。つえを拾おうとかがんだところ、男の声で「目が見えないのに1人で歩くな」と言われ、右足を蹴られたという。けがはなかったが、相手はそのまま立ち去ったという。

被害に遭ったのはNPO法人「八王子視覚障害者福祉協会」副理事長で市内に住む宮川純さん(41)。3日午前8時ごろ、JR八王子駅前でバスを降り、歩いて職場の福祉事業所に向かう途中だった。予備のつえを使って職場に着くことができた。

散らばったつえの部品を拾ってくれた通行人が、ぶつかった相手は「20~30代のサラリーマン風の男」だったと教えてくれたという。宮川さんはぶつかった直後にスマートフォンが落ちたような音を聞いた。毎日新聞の取材に「もし『歩きスマホ』なら絶対にやめてほしい。白杖がなければ外を一歩も歩けない人がいることを分かってほしい。予備のつえで歩いているが、不安でたまらない」と訴え、助けてくれた人や心配して声をかけてくれた人に感謝の気持ちを述べた。

ただただ呆れるような話だ。それも我が町・八王子で起きたので心中穏やかでない。目が不自由というだけでどれだけ大変な生活を送っているかと思うと、心が痛む。そういう表現ではないか?

八王子は割とこういうようなことについては、余裕があるように思っていたが、心無い若者もいるかと思うと腹が立つ。それこそこういう若者の写真を撮り、警察の方に通報して欲しい。

多分スマホを見ていて、ぶつかったのだろう。その時にスマホが下に落ちたのか。それで腹が立ち、言ったのだと思う。それにしてもみっともない人が増えたものだと思う。

ただ、私が、このニュースを取り上げたのも、日本テレビおしゃれ事件に似ているからだ。いい気になってテレビで性的関係を、その気になって久米楠田がしていたところへ、私がその事実関係を指摘したから、腹が立ったのだろう。

でも、この若者と同じ心理構造がある。足までけとばすのだから、似たようなものだ。こういう輩がなぜか勢力を増している。様々なニュースで、昔はこんな事件はなかったというようなことが多い。

こういうのはほとんどテレビの影響だろうと思う。人心が荒廃していることは、嘆かわしいことだと言ったところで、良くなるわけではない。

近頃の若者は、なんていうと変かもしれないが、変だと思う。体制に流されやすいのか?とにかく元気がない。香港のニュースなどを見て、少しは日本国内のことを考え、デモでもしてもらいたい。それは市民の最低限の抵抗である。

これもできないとなると、もはや奴隷のような状況になる。自身でも気がつかないのかもしれない。スマホスマホで、四六時中それをしていて、おもしろいのだろうか?スマホの奴隷!?

白鵬や日馬富士問題ではないが、人と話をしているのにスマホを取り出すことも、私は経験した。しかし、屈辱を感じるより、なんだか可哀そうになってきた。なぜなら、その人はちょっと暇が多いように思うからだ。照れ隠しなんだろうと思う。

どうでもいいじゃないか、他人にどう思われようが。そんなことを有名な誰彼もいっていたように思う。そうすれば人にも優しくなれるに違いない。

 

| | コメント (0)

社会構造の隙間を狙った犯罪。バイク事故

大阪 堺市の元警備員、中村精寛被告(40)は去年7月、堺市の府道で大型バイクに乗った大学4年生の
高田拓海さん(22)を車で後ろから執ようにあおったうえわざと追突して死亡させたとして殺人の罪に問われています。

1審はことし1月、「怒りに身をまかせて一方的に衝突した」として懲役16年の判決を言い渡しました。

被告側の控訴で2審がきょう大阪高等裁判所で開かれ、被告側は1審の後に車の保険からおよそ3000万円が
遺族に支払われたことを考慮して、1審よりも刑を軽くするよう求めました。

一方、検察側は高田さんの母親が意見陳述し 、「被告から謝罪もなく、私たち家族はいまも消えない怒り、深い悲しみに押しつぶされそうです。
拓海の未来を奪った罪をたった16年で償えるはずがありません」と述べ、1審判決は刑が軽すぎると涙ながらに訴えました。

これはどこかのテレビで見たような気がする。故意に車をぶつけて行った殺人である。これは加害者の車載カメラだったのか?とにかく異常である。これは私の母親が殺された後だったので、似たような構造だなと思っていた。

事故と見せかけて殺人をする。母親の場合もそうである。正当な医療行為という外観がありながら、そのくせ殺人というもの。東名でのあおり運転なども、同じようなものだと思う。あれも私は殺人だと思う。

東名の追い越し車線に故意に停車させるというのは、後続車が追突する可能性を知らない訳がない。止めてはならない場所に強制的に止めさせ、夫婦が共に死亡するというのは、計算された殺人だと思う。

もちろん、そのようなことができるかできないかは分からない。しかし、それを予定して行ったことと思う。

もし私が高速上に止めるとすると、そのような場所があるのでそこしか考えられない。それ以上に高速道路ではやたら止めるべきではない。

次に驚いたのは、被告側の保険で3000万円が遺族に支払われたことだ。こういう場合もおりるのか?これは知らなかった。事故を起こすつもりで起こした事故も保険がおりる場合があるとは、驚きだ。どう審査したのだろう?相手だからおりるのか?

では車で殺人を行った場合も、保険はおりるのか?分からない!

22歳の家族の心の痛みは、私にも痛いほど分かる。どうにもできないものだが、どうにかしなければならないのだ。3000万もらって、あきらめがつくだろうか?あり得ないことだ。子供を返せと言いたいだろう。

身勝手な理由で殺人をする。許せないことだ。

私の母親の場合を考えると、私の場合はもっと悲惨だ。たった一人の人間の悪意ではなく、社会的構造が余りにも悪意に満ちている。嘘だらけだ。何もかも。そして警察の対応なども第二の殺人である。

ここでいじめ自殺なども、また起きた。それは自殺ではないと言われていた。遺族にはとにかく日本という社会は、非情な社会である。こういうようなことの補完システムが、日本にはない。

遠藤周作の作品が、私の脳裏によみがえる。こういう国だったのだ、日本は。

| | コメント (0)

ゆるやかな殺人

2歳11カ月の長女を自宅に放置して死なせたとして、宮城県警は1日、母親の飲食店従業員、土屋りさ容疑者(25)=仙台市青葉区台原3丁目=を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。「子育てに疲れて、一人になりたかった。3日間ぐらい家に帰っていない」と話し、容疑を認めているという

もっと自由をということが追求されている。自由になるために、自分の子供を殺す。セックスはしても、子供は育てられない。不作為による殺人。

母親が、東京西徳洲会病院で殺されたということを、私は言っているが、母の場合も、虐待され、放棄され、それで転院もさせないという、恐るべき殺人ゲーム。

やっていることがすべてハチャメチャ。カルテを見るとつじつまの合わないことが山ほどある。捏造、でっち上げされたカルテなのか。信じられないことが山ほどある。これらは全て、カルテを他の医者がみた場合のことを考えて、混乱させる目的で書かれているのだと思う。

では、書かれていることが事実なのかというと、そうではない。つまり嘘である。

これらのカルテを警察は他の医者に見せたら問題ないと言っているという。しかし、捏造された事実と、およそ考えられないカルテを見せて、どう判断するのか。

ごく普通に、こういうことが事実関係として在るなら、すべて反故になる。これで警察は逮捕もしない。こういうことは常識として存在しないことなのだろうから、考えられないことなのだろうから、つまり問題ないのだ、というのは、なんなんだろう。

昨夜は私は眠れなかった。母親はボケてはいなかった。自分がジコキシン注射で心臓がおかしくなったのを知っている。それで殺されていくのを認識している。

それでいて私は母親の転院さえできなかった。東京西徳洲会病院はさせないようにしている。母親の身体が外に出れば、殺人が証明されるから、出さないようにしたのだろう。

母親の入院費はまだ払ってない。払うつもりなどない。欲しければ裁判で正当行為だということを証明しなければならないだろう。

東京西徳洲会病院には、昭島署に、事故調査委員会に、届け出なくていいのですか?と聞いた。そのつもりはないようだ。つまり、過失の線は、こうして私は消した。つまり、母への行為は進んでしたことにしかならない。意志してしたのだ。

私には物証がある。金を取るための裁判をしなければどうなるのか?

つまり、やり方が久米楠田と同じやり方だろう。日本という国は恐ろしい国で、こういうように隠蔽し、事実関係をとらないようにする。裏で金がまた動くのだろう。

 

| | コメント (0)

日米安保条約を変えるべきとアメリカは言う

トランプ米大統領は29日の記者会見で、日米安全保障条約について「(安倍晋三首相に)『変えなければならない』と伝えた」と述べた。破棄は「全く考えていない」と述べる一方で、「不公平な協定だと思っている」と指摘。「もし日本が攻撃を受けたとすると、我々は日本のために戦わなければならない。我々が攻撃を仕掛けられたら助けてもらうことも必要だ」と語った。

私は現在の安保条約を変えることに反対する。まずここで言われていることは、アメリカが攻撃されたら、日本が共に戦う、あるいは積極的に戦うということだろうと思う。

とすると憲法9条の変更がない限り、難しい。たとえば、いまアメリカがイランに対して、暗黙に対峙していると考えていいと思う。この場合、日本はどういう態勢をとればいいのか?つまり、イランとの交渉で日本が戦争が起こらないように努力することは、一向にかまわないと思う。平和への努力ならば、海外でも評価されると思う。

しかし、アメリカは先のイラクとの戦争において、どうみても大量破壊兵器はなかったし、アフガンへの攻撃の余力をかって、イラクを責めたようにしか思えない。それが現在の中東情勢を複雑にしているはずだ。シリアの情勢についてもそうである。あるいは、アフリカからのヨーロッパへの移民の大移動についても、アメリカの失政であろうと思う。そのことによってヨーロッパが不安定になっている。

日本のタンカーが攻撃を受けたことについても、一方的にイランの仕業としている。

タンカーの会社の乗船職員がミサイルのようなものが飛んできたのを見た、と認識しているのに、それらの言動に対し、「日本は初心者なんだから、でしゃばるな」というなら、これはもうついていける状況ではない。

ごらんの通り、現在の目の前にある問題に対し、とてもアメリカの好戦的な姿勢に、日本は同調できないと思う。このような状況で、安保条約を変えるというのは、「アメリカの戦争に日本が巻き込まれる」として70年代においても、激しいデモがあったはずだ。これらの努力や展望を一方的に破棄することにしか過ぎないはずだ。反対します。

日本は激しく平和への道を模索します。日本国民はそう願っているはずです。アメリカが自由主義社会の超大国としてリーダーとしての役割と友好を求めますが、逸脱した道を進むことに、日本は諫めなければなりません。それが日本の役割であり、侍の役割です。

後退ではなく前進を求めます。

| | コメント (0)

ベトナム実習生の問題は、確かにNHKの問題ではない。

縫製工場における外国人技能実習生の劣悪な労働環境を伝えた、NHKのドキュメンタリー番組『ノーナレ』。放送後、ネット上での「特定」がきっかけとなり、番組で指摘された企業とは別の企業に、中傷が相次いでいる。誤解された企業は「無関係」であることを発表。NHK側が公式サイトやTwitterで「その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません」などと表明する事態が起きている。いったい、何が起きているのか。

へー。NHKはベトナム実習生の過酷な労働環境をドキュメンタリーにしたのか。確かに、これでNHKや民放が責任を問われることはないし、他社を批判しているのだろう。

だけどちょっと変だよね。他人のこと、つまり関係のない企業なら取り上げて批判してもいい。しかし、NHK自身が私への超音波盗聴をにゃにやと笑ってすましていることは、どうなのか?自分たちが批判されることは取り上げないのか?

確かに、超音波盗聴で、国民に事実関係を伝えなければそれらは嘘になるのか?そうするとNHKは嘘を作っているということになる。大体、私がNHKに抗議などの電話を入れると、全部補足されているらしい。呆れたものだ。

危機管理で都合の悪い事は隠そう。隠蔽社会もここまでくると、北朝鮮並みだ。

香港のデモの写真を見ましたか。これを見ても日本は民主主義という尺度では、香港以下です。ずーと下。これってなんなのか?香港はかつてはイギリスが支配していた。それでもこれだけパワーがある。

今の日本人には到底できそうでない。NHKが他者を批判するというのは、「おしゃれ事件」において久米楠田がしたことと同じだ。自分が批判されたら、その目をそらす意味でも、あるいは自身が責任をとらないようにするために、他者に批判の目を向ける。

私なんてもうすぐ40年近く超音波盗聴をされている。それだけではなくて超音波で送信する音も聞かされている。これで警察が、また例によって、事実関係を私に教えているのだが、これは他の人を嵌めることにも使われているのだろう。

NHKや民放と一緒に警察がいることを、十二分に考えた方がいい。これは私だけをやるのではなく、多くの国民をコントロールするためだ。1984を超えてという訳だ。

ここらあたりのテレビ欄を見たのだが、ばかに「警察24時」みたいな放送が多くあったが、あれはテレビ局が自主的に番組を作ったのか?それともいやいや作ったのか?それにしてもスポンサーが…

| | コメント (0)

野党の支持率・産経世論調査?

【世論調査】どうして安倍政権の失策や失言など追及しても野党の支持率アップにつながらないのか?

失策や失言などをみても、まず多くの有権者は、反応しないだろう。なぜか?野党の存在感がない。そもそもどういうように活動しているかもよく分からない。

それでそれらの情報発信は主にテレビによっているからではないか。多くの若者はテレビをあまり見ないのではないか。テレビを使っての情報操作には、飽き飽きしているのが国民の本音ではないか。

ニュースなんかを見ると、とにかく薄っぺら。情報の出し方も下手。口とかアナウンスで「すごいんですよ」みたいなことをさかんに表現しても、意味はない。多くの人が飽き飽きしていると思う。

それでコメントとか解説とか、私はこういうものをなるべく聞かないようにしている。誘導するのが目的なのだろうから、チャンネルを回したり、消音にしたりして、抵抗する。

とにかくニュースでしているのは、主に情報操作。それに乗るために、野党らは盛んに煽ったりするような発言もする。

ここのところで内閣不信任案を出す。否決されるのは分かり切っている。それをあえてやる。国民もこれを注目はしていないだろう。気の抜けたような話だ。野党はこんなことしかしない。骨のある人はいないのですかね。

安倍政権を潰したい。簡単です。私の母親が殺されているので取り上げれば、「あっ」という間に吹っ飛ぶ。ところが、それができない。なぜか?警察も吹っ飛ぶし、何よりもメディアが、特にテレビが吹っ飛ぶ。NHKも吹っ飛ぶよ。

嘘でも何でもない。ところが取り上げられない。超音波盗聴をどう説明していいか分からないだろう。私に完璧に負けているのだから、私の母親が殺されていても、取り上げないだろう。

もちろん、野党も私のことは知っているだろう。ある意味腹の中は、冷たく凍っているに違いない。

なにしろ私には奥さんもいない。なぜいないかと言えば、結婚をする機会がないのではなくて、奥さんがいると奥さんが大変危険な状況の中で暮らすことになる。当然「お父さん、やめてよ」と要請がでるだろう。こうすると自分の言いたいことも言えなくなり、人間としてダメになってしまう。

だからしなかった。殺されたらかわいそうだから、相手も「嫁を殺すぞ」と脅してくるだろう。こうなるとつまり嫁も持てない。

私としては大願成就を願っているのだが、できない。野党はある意味部分的に知ってはいるが、逃げるのだろう。あるいは、そういう哲学的な思考がないのかもしれない。残念。

| | コメント (0)

9時11分頃地震が

午前9時11分頃関東地方で地震がありましたが、また驚いた。

震源地は千葉沖なのか?都内では震度4。府中あたりが3.それが八王子になると震度2です。

今回は都内より震度が2ぐらい低い。今までは1ぐらい低いようだったが、今日は2。揺れがいつもと違うのか?

山梨、静岡が震度3。神奈川が4。

不思議だ。なぜ八王子は低いのか?山梨の方は岩盤がつながっているのか?八王子には何かがクッションになっているのか?

それとは別に、話が飛ぶが、今日も朝の血圧を測ると、「99/59、65」。低いんですよ。別に症状はないのですが、母親のように、血管内にプラークができると、血液が通りにくくなりましから、血管を開けなければならない。それでサラサラの血液を流す。少し貧血のようになるようです。そういうリスクはあるでしょう。しかし、母の場合、症状としては問題なかった。

まだまだ生きられたのに、殺されたのは、何としても、復讐をしなければならない。

昭島の東京西徳洲会病院が、これで正当行為というなら、そうとう医療レベルが低いということなのだろう。それと病院でばらばらの業務をしているということなのか?

確かに医療レベルを考えると、とんでもなくメチャクチャなのだろう。

医師そのものが、母の飲んでいる薬を見て、症状が理解できないというのは、ここまで低いのかと思うと唖然とする。

これで血圧のみが低くなってくる場合は、ジコキシンを使うことはないでしょうが、強心剤を使うということだろう。しかし、強心剤を使うことは、そうとう特殊な場合でしょう。それだけ東京西徳洲会の医師はレベルが低いということだ。呆れるほど。

私の場合は、よく考えれば、身体を動かすと140にも150にもなる。だから何の問題はない。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧