ニュース

旧優生保護法を巡る裁判

旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る国家賠償請求訴訟で、東京地裁は30日、東京都内の男性(77)の訴えを退けた。中学生のときに無理やり手術を受けさせられてから63年。「国は間違ったことをした。なぜ、こんなにつらい判決を受けなくてはいけないんですか。国に謝ってほしいだけなのに」。小さな背中を震わせた。(小野沢健太)◆有無を言わさず病院に連れ出される 本名を名乗れず「北三郎」の仮名で訴訟に臨んだ男性。午後二時すぎ、東京地裁で裁判長が「請求を棄却する」と言い渡すと、ぼうぜんとした表情を浮かべた。仙台市で生まれ育った北さん。鮮魚店を営む一家の生活は苦しく、小学6年のときに父から「高校に進学させる金なんかない」と告げられた。「勉強をするのがばからしくなってグレていた」という中学1年のとき、両親によって近くの教護院(現在の児童自立支援施設)に入所させられる。

これは戦後の話です。それを考えると大変恐ろしい話である。教護院に入れられた経緯は、グレたということだが、どこにでもあるような話である。家が貧しく高校に行けない、それで非行をやった。しかし、それだけで手術を受ける理由になるとしたら、恐ろしくて考えを進めることも苦しくなる。

男性は77歳。私より6歳上だ。兄より一つ上。だから何なんだと思う。60年安保の後だろう。なぜである?

裁判では、20年の壁があり、請求は棄却された。私自身この旧優生保護法なるものを勉強してはいない。詳しくは知らない。だがしかし、このようなことが20年の壁で、退けられていいのだろうか?

これは相当難しい問題かもしれないが、思想良心の自由でできないのだろうか?考えようではできるようにも思うが、なにぶん旧優生保護法なるものを読んでいない。北さんには、頑張ってもらいたい。

 

| | コメント (0)

報ステアナ大人気、捏造されるニュース!?

もうどんなニュースを読んでも説得力ない」するとこの新体制を巡り、ネット上では、
《「月~金」小木逸平&森川夕貴のコンビを希望します》《キャスターに華なんか求めてないから小木アナがメインの報ステを見たい》《報道ステーションのMCは小木アナが安定感抜群!! 地味な感はあるものの、安心して見ていられる点で評価が高い! 富川アナ危うし!》

これは報道ステーションにまつわる情報だ。なんでもメインキャスターだった人が、コロナになり、なんとなく居心地が悪くなったのか?いろいろな情報が出ている。これも一つだそうだ。

ここでネット上で話題になっているというので、それらの話題を検索すると、ニュースは出ますが、元のネット上の話題は検索では出ません。これも嘘ニュースなのか?情報操作でしょう、と思う。

よくテレビなどでもネット上で話題などと放送されますが、事実そういうものがあるかどうかは分かりません。というのは、テレビはそもそも企画なりがあるのだから、当然方向性があるでしょう。それに沿ってコメントなども放送される。

だからそういうものを聞いていても果たして、どこまでその人自身のものかは、確定できない。当然のごとくしている訳だし、他の視聴者はどうか知りませんが、クイズ番組とかトーク番組とか、そういうものの中身を、こういうように作られますよと、誰かが書いたらどうでしょう。

ここで「ヒルナンデス」においてやらせがあったなどと、それこそネット上であるらしい。いまさらではないのか?

上記のネット上の話題というのは、検索ではそもそも出ません。存在しません。

それから外国人が、このように言っているとして日本語で出ますよね。あれ事実かどうか分かりませんよ!

| | コメント (0)

社会の何かが変わろうとしている!

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)から現金を受け取った疑いのある広島県議らが26日、釈明に追われた。議会には多数の報道陣が集まり大荒れとなった。

河井夫妻の買収事件。報道されていることを見ると、大変驚くことがある。「安倍さんから」という言葉も出ている。これで検察が自民の金の流れを究明するようになるのか?

ただただ驚くのが、証言が、貰ったということを否定していないことだ。具体的な金額に言及している議員もいる。

この動きに、なぜか私は、これが今までの政治の動き方に変化が出るのだろうか?ということである。これから次に起こるようなことを注視しなければ分からないが、週刊文春の「不倫報道」にも、ある意味大きな変化がみられる。

これらの動きは、何か社会が変化しようとしているようにも見える。それも「広島」だ。「広島」ということは、過去の例を考えると、確かに何らかの変化の兆しかもしれない。これが何か大きな動きのムーブメントになるのだろうか。そのことを私は「ハッ」と感ずる。

コロナのことについても、私は早くから「宿痾」と言った。それで昨今のコロナ関係の情報を見ると、「宿痾」になるような後遺症も伝えられている。イギリスのチャールズ皇太子は、陰性になったが、未だに味覚がないと言われる。なかには熱が38度台の人もいるようだ。

これは何らかの薬ができた後も続くのだろうか。薬ができれば「宿痾」は抜け出せるのだろうか?とにかく無症状の人もいれば、相当ひどい症状に悩まされている人もいる。

コロナと「広島」は関係ないと思えるかもしれないが、堂々と「安倍」の名前が出ているので、何かが変化しようとしているのだろうと思いたい。「広島」だから、ありうる話だ。これは単なる政局ではない。「広島」だ。

| | コメント (0)

河井案里捜査担当検事が自殺していた。

 広島地検が河井案里議員(46)と夫の克行前法相(57)捜査に着手したのは、今年1月。国会の閉会翌日となる6月18日が逮捕の「Xデー」とも噂されているが、その裏では、案里議員の捜査担当検事が自ら命を絶っていた。
「亡くなったのは昨年12月10日。広島市内のマンションです。この検事は国立大卒で30歳前後と若く、2年ほど前に東京地検から異動してきたばかりでした。遺書も残されていなかったようです」
「検事が亡くなったのは本格捜査の開始前です。とはいえ、事件の露見から捜査に着手するまでには告発状なども出されていたし、情報提供もあった。彼はそういった情報を精査し、案里事件を検察が手掛けられるかどうかを見極める、下調べ的な位置づけの捜査にたずさわっていたのです」(同)
 亡くなった検事の遺族に尋ねると、自殺の原因は不明としつつも、「検察の方から息子が職場で注意を受けていたという話はありました。でもそれは、よくある仕事上の軽い失敗に対する叱責とのことで、具体的な説明はありません」と涙ながらに語る。
関係者が頭を悩ませているのは、この一件が、すでに河井夫妻の耳に入っているためだ。「否認している案里が、検察当局や周囲に対して、“自分たちに何かあればこの話を暴露してやる”と息巻いているんです」(先の政界関係者)
 検察の不祥事隠蔽を暴露してやると“恫喝”めいた切り札を手にしていた夫妻。検察に抱く恨みのほどがうかがえる――。6月18日発売の週刊新潮では、ウグイス嬢をも相手にしていた克行前法相の女性遍歴と併せ、夫妻の事件、そして若き検事の死を詳しく報じる。

また事件の陰には、自殺者がいる。30歳前後の東京地検から移動してきた検事。遺書はなし。遺族は自殺の原因は不明としている。たぶん、本人が自殺の動機など遺書を残すと家族にどんな迷惑がかかるか分からないからだろうから、遺書を書かないで自殺したのだろう。

国民の党首の玉木氏が「1億5千万円の流れについて説明を」と言われるが、その流れに検察が踏み込めるかどうかだと思う。しかし、日本国は本当に恐ろしい国だと思う。森友でも自殺者が出ていたはずだ。

日本という国は、こういうように必ず弱者に責任を転嫁し、権力者はのうのうとしている。それが堂々と隠ぺいできる社会。メディアなどは、2ちゃんねらーにはマスゴミと言われるくらい無能扱いされている。そう何もできない人たちがメディアの仕事についているのは、いったいどういうことなのだろうか?

つまり、メディアの仕事についている人たちは、いったい何を望んでその仕事についているのだろう。ゴーン氏が、どのテレビ局を見ても同じだと言われたらしい。事実そうだ。

森友問題、桜を見る会、ここでイージスアショア配備計画停止問題など、とにかく次々に問題は出てくるが、ほとんど尻切れトンボ。マスクの問題も、電通問題も、みな同じだろうと思う。

これは政治の問題なのか、それともメディアの問題なのか?そしてそれらを詰め切れないと、自殺者が出る。自殺者が出ないようになぜできないのか?結局、権力者が何らかの圧力を裏でかけて、自殺に追い込んでいるのだろう。

私もそうだ。日本テレビおしゃれ事件から母親が殺害されたことまで、私を殺したいのだろうが、超音波盗聴機を使用し、マルタとして人体実験をしている。つまり、自殺に追い込んでいくのが、日本のやり方ということになる。

これだけ日本の権力者とメディアは汚い人間でいっぱいだ。さあ、市民は立ち上がろう。これ以上の自殺者を出さないために⚓

| | コメント (0)

詩織氏が名誉棄損で漫画家を提訴!!

訴状によると、18年2月には「山口」と書かれたTシャツを着た女性の絵に「試しに大物記者と寝てみたわ」「枕営業大失敗!!」など書き添えた漫画を投稿。昨年12月に伊藤氏が勝訴した後の投稿では、涙を浮かべた女性を描き、「裁判なんて簡単よ! カメラの前で泣いてみせて裁判官に見せればいい」などと記した。他の3件も同様の内容が書き込まれた。

伊藤氏は漫画の女性は自身だと指摘し、一連の投稿について「顔と実名を明らかにして性被害を訴えたのに、投稿は逆恨みや金銭目当ての虚偽の訴えと断じていて、極めて悪質」と非難。「性被害に続くセカンドレイプ(二次被害)というべき深刻な名誉毀損だ」と主張している。

確かにマンガの女性は、詩織さんであることは、私にも想像できる。こういう事件を風刺していいのかどうか、ということもあるだろうし、難しい問題が存在する。そのあたりをどう考えるかだと思う。

ただ書かれている言葉は、発せられている言葉は、詩織氏ということになる。詩織氏であると認定した場合は、名誉棄損が認められるだろう。

女性漫画家が、なぜこういうように書けるのか、それが不思議だ。その根拠となるべき説明が必要だと思う。

名誉棄損は、ご存知の通り、真実であっても名誉を棄損する目的で表現されている場合は、事実であっても名誉棄損は成立する。このことの事実証明は難しいと思う。それだけの情報なり、事実関係をマンガ家が持っているとは思えない。

マンガ家の方としては、表現の自由で闘うのかもしれないが、自由であっても、故意に貶めていることが確認されれば、もろにまけるだろう。特に、ここに提示されている情報だけにおいては、強姦したと言われている「山口」氏については、何もない。

「山口」氏について、ほとんど情報がなく、一方的に詩織氏を貶めているとなると、弁解の余地がない。他の漫画を見ると炎上商法でもあるようである。となると厳罰になるだろう。

 

| | コメント (0)

日本は優れているという言説は?

緊急事態宣言の解除の会見で、安倍首相は「日本モデルで感染拡大を抑え込んだ!」とうれしそうに述べました。また、小池都知事は「自粛要請で感染拡大を抑え込んだら、日本モデルとして歴史に名を残すだろう」と誇らしげに語るようすをメディアが報道しました。それに呼応するように、SNSでは「これが日本人の民度だ!」と自国を誇る声も見られます。
歓喜の声に湧く国内に比べて、海外メディアは冷ややかな反応を見せています

日本は民度が高いというのは、どういう意味なのか?民度は生活の程度。それがしばしばその国民の資質であるかのように言われる。奇妙なことだと思う。またコロナのことで、日本人は優秀なのだと、あるいは神の国なのだと、そのように根拠のないことを言われる人たちがいる。

優秀な人間、あるいは神に守られている人は死なないのだろうか?なんとも不思議な論理だ。あるいは精神的な資質が優れていれば、コロナで死なないかのような言説である。そう、これらの裏には、死者に対する冒とくが潜んでいることに、気づかないのだろうか。

御覧の通り、これらのことを言い張ることは、裏を返せば、コロナで死ぬ奴はバカだと言っているにすぎない。では、米欧は日本より馬鹿なのか?そう考えようもないことだと思う。こういう失礼なことを、堂々と発言する大臣もいる。

じゃ、日本人は韓国人や中国人より、ベトナム人より馬鹿だと言っているようなものだ。

では、なぜこんなことで神の国とかとんでも発言が出てくるのか?それは目の前の現実より目をそらす目的があるのではないかと思う。現実に、北九州のケースで、濃厚接触者からその外側の無症状の人のPCR検査をしたところ、何人も出てきた。ジャイアンツの選手4名も感染していたが、症状はないと言われる。

つまり、感染者数を考えると、韓国や中国などは、無症状の人もPCR検査をし、コロナを追い込んでいる。しかし、日本はそれをしない。しない以上、感染者数とか死者数を、海外と比べるべきではないと思う。そもそも手法が違うのだから、比べようがない。

またよく放送されているのは、「確認された感染者数」であって、すべての感染者数ではないということだ。これら無症状の感染者の動きが、今後どのような形で、社会に影響を与えていくかは、今のところ不明だ。

日本のやり方が、いいか悪いかは別にして、手法の違いであって、単純に比較検討はできない、と思う。

| | コメント (0)

テラハでのやらせ、いわゆる仕込み

木村花さん出演の「テラスハウス」 元出演者が“やらせ疑惑”について実名告白 打ち切りが決定した恋愛リアリティー番組「テラスハウス」(フジテレビ系、Netflix配信)の余波がいまだに続いている。同番組の出演者で女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで死去したことを受け、インターネット上では匿名の誹謗中傷や同番組の編集方針についての議論のほか、一部報道では、製作者が出演者にストーリーを指示していたという“やらせ疑惑”も浮上している。一方、出演者からは「指示されていない」と報道を否定する声もあがっている。

木村花さんの死について、いわゆる、ストーリーを指示していたというやらせ疑惑も浮上している、という。まず、ある意味恋愛リアリティー番組という名前を見て、おかしくないかという感覚はないのか?これお金が動くテレビ番組だよ。そのために恋愛というのは、なんだ?

これに対して仕込みも全くないというなら、なぜ「恋愛リアリティー番組」などと銘打っているのか?そもそもこれで仕込みがないとは否定できないではないか?番組の制作でなぜこれをしているのか?理由が不明だ。

ましてやらせとか、そういうものは指示されていないと言われても、果たしてそれを信じる人がいるのか?それを信じてもらうにはどうすればいいのか?

こういうことを書こう。日本テレビおしゃれ事件について、超音波盗聴について、いったい誰が「これは事実です」と声を上げた人がいますか?いないだろ。なぜか?警察ににらまれる。テレビ局を敵に回す。つまり、テレビの仕事をしている人たちが、テレビ局や警察を敵に回して真実・事実を話す人間がいるのか?

そういう生き方をしているのは、私がそうだが、テレビに出ている人で、まずそうする人はいない。彼等はお金や名誉欲が強く、それ以上に正義感が強いという訳ではない。つまり、仕事がなくなり、下手をすれば警察に超音波盗聴をやられる可能性もある。

として、これやりますか?やらないだろう。だから私は、「テレビに出ている人間はみな嘘つきだ」とはっきり言いきっている。全く信用していない。

テラハだって同じだろ。テレビに出ている人は、お金や有名になりたいという人ばかりで、そういう人はテレビ局を敵に回したりしないだろ。だから、その関係者が事実を言うとは私は、全く思っていない。

テレビ番組の構造上、仕込みは存在するといってるだけだ。でなければ企画から何から何まで、公にすることだ。しかし、しないと思う。

テレビに出たい人間が、テレビ局を敵に回すはずがない!!

| | コメント (0)

テラスハウスは、テレビの問題!!

中津川氏は「元々思っていましたが、番組制作者は手段を選びません。話題になるなら、過剰に演出し人を傷つける」と

中津川氏は、以前テラハに出演していたようだ。その氏の言葉だが、これらはどこのテレビ局もしていることだ。

私の場合も、「日本テレビおしゃれ事件」において、抗議文を久米楠田をはじめとして、テレビ側が送らせていることに、最初からおかしいと思っていた。もちろん、その延長上に、当然警察を引っ張り出して、名誉棄損で訴えるのだろう、と思っていた。

しかし、そうなると自分たちで抗議文を送らせておいて、それによって名誉を棄損されたといい、それで私が逮捕されれば、正にテレビ側が描いた理想的な宣伝効果になる訳です。

久米宏もフリーになったばかりだし、楠田枝里子も久米との性的関係後にフリーになることは決まっています。ただただ、テレビ業界で有名になるために、私を利用したということだ。

ところが、当時は、こういうことについて「ぽつん」としたものがあり、なかなか広がらなかった。その後に超音波盗聴を受けて、それらの事実関係を分析していくと、この手段を選ばない、というのが事実だということだ。

つまり、日本のテレビというのは、アメリカやヨーロッパの国々のテレビを詳細に知らないが、民主主義というものを土台としているように思う。その延長上で考えると、日本のテレビが、社会が民主主義ではなく官僚主義であるので、結局、それと同じ思考を選んでいるということを考えると、あらゆる汚いことをしてでも、有名になりお金を稼いだ方が、正しいような雰囲気になるということだ。

その雰囲気で乗り切ってきたのが、いまの久米楠田である。雰囲気でそのまま説明責任を果たさなくても、堂々と通る。つまり、テレビそのものがそうなのだから、何の不思議もない。

テラハも、それであったのだろうが、少し風向きが変わってきた。いわゆる、出演者が「声を上げ始めた」。事実、割に食わない人間には、たまったものではない。現実に死を選んでいる。

「おしゃれ事件」の場合は、出演者もテレビ局も誰も声を上げなかった。早期に警察が介入し、超音波盗聴機を持ち出したからである。これをしたら多くの人は、私のプライバシーに感心が集まり、正義などはどこにもなくなる。

つまりは現在である。ネットのおかげで少し方向が変わりつつある。ネットは新しい希望である。ビルゲイツやスティーブ・ジョブズらが先んじたものである。日本のテレビは、ネットの嘘などというが、自分たちもネットで情報を発信している。それらは嘘ではないのか。結局、自分たちが発信する情報は事実だといい、視聴者が発信する情報は嘘だというだけのことで、他者を決定的に否定したいだけではないか。

ネットのおかげで、テレビの嘘をたくさん知った。ネット以前のテレビは、視聴者を騙すことで成り立っていたといっていい。

| | コメント (0)

テラハ終了、打ち切り決定!

【木村花さん死去】テラハの暴走、現役スタッフが告白 「スタッフが演技指示」泥臭い人間模様を狙う

テラスハウスの出演者が自殺した件について、近刊の週刊誌がある程度の記事を公表するようだ。それによると、ある程度仕込みがあったもので、それらの事実関係との矛盾について、修正できずに、自殺に及んだものと思える。

しかし、まだフジテレビの方から詳細について、公に発表されていないので、待たなければなりません。

総務大臣が、スピードをもって「SNSなどの誹謗・中傷について」何らかの形を作っていくと言われたが、これは事実関係が進んでいけば、ネットが問題になるのではなく、テレビだろうと思う。

従って、それらに対するテレビ側の情報操作を警戒すべきだ。現時点においては、ネットをたたいているが、本来はテレビ側の問題である。これを私に対する「日本テレビおしゃれ事件」について行ったように、視聴者が問題だというように、話を進める可能性がある。私にはそうしていますから。警察を使って現実の捏造もしています。

いわゆる犯罪者に仕立て上げるということです。これをテレビ側と警察がしている。これと同じ過程が、今現在現出していますので、テレビの情報操作に十二分にお気をつけください。

| | コメント (0)

発信者情報開示おおむね賛成だが…

フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さん(22)が死亡したことについて、高市早苗総務相は26日の記者会見で「匿名で他人を誹謗(ひぼう)中傷する行為は人として卑劣で許しがたい」と述べた上で、発信者の特定を容易にするための制度改正を「スピード感を持って行う」と語った。

発信者情報開示請求を容易にするための制度改革をして行くことに賛成である。ただし、これらが悪用されることがないようお願いしたい。

また、私が発信者情報開示を警察にお願いしたところ、どうもおしゃれ事件に関する警察関係者が、私に対する中傷をしていたという事実関係が存在する。つまり、中傷する人間、特に警察官などが、それを平気でしている。あるいは犯罪者に仕立て上げるための、手法にしていることを考えれば、それらの取り締まりも厳格にしていただかないと、片手落ちになるとしか思えない。

また、今回のケースなどでは、発信者情報の開示とともに、テレビ側の検証を公開し行うことを提言する。テレビがすべて聖域で公開対象にならないなら、これまた優越的立場を悪用することにしかならない。テレビ側の制作過程を説明責任を伴うものにしていただきたい。

今回の場合も仕込みが存在するでしょうし、そのことについて木村花さんは被害者であると思います。たとえば、自殺の過程においても、全くテレビ側が知らなかったとするのは、おかしい。SNSが存在するのだから、それらについての情報も知らないはずはない。

では、なぜそういうストーリーになっていったのかについて、説明が必要である。また、番組の性格上、そのようなことが生じた場合、どう対処するつもりだったのかも知れない。つまり、相当いい加減に番組が制作されていたように思う。フジは、現段階では、ほとんど何の説明をしていないと思う?

ただただ中傷しているとして、その書き込みをした人間を処罰の対象とするのは、優越的立場を悪用し何でもできるでしかない。こうなるとますますテレビは視聴率競争に、拍車をかけ、きわどい表現が多くなるだろう。

今回の問題になっている事実関係は、バライティで行っている悪ふざけの延長上に、存在するものと思える。それのリアクションをカメラで面白おかしく見るためではなかったのか?ところが、それらの事実を木村さんの了解を得ていなかったのではないか?そこでマジで行ってしまったのではないか。そのため視聴者が、これまたマジで、それらを見てしまったと。

これでSNS上に非難中傷コメントがあふれたのではないか。木村さんは「みんなに愛されたい」と願っていたのだが、どこかでテレビ側の思惑とズレが生じていたものと思える。それを埋め切れずに、自殺にまで至ったのではないかと思う。これは中傷した視聴者にとっても、大変、困ったことにしかならない。

言葉狩りだけをすればいいものでもない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧