スポーツ

白鵬優勝にブーイング!

春場所は白鵬が優勝して終わった。だが白鵬の品格のなさがさらけ出された場所でもあった。情けないことに、ダメ出しを行った取り組みを見ると、それはもう喧嘩相撲というより、喧嘩。土俵の上でやることではない。また千秋楽の日馬富士戦では横綱のやることではない。白鵬は強かった。特に稀勢の里、豪栄道、琴奨菊戦は見事だった。

だが日馬富士戦を見れば、とても印象が悪い。それでもマツコは「強いことが優先の横綱がいてもいいと思う」と発言。朝青龍に至ってはブーイングする観客に「なら相撲を見に来るな」とコメントしたらしい。白鵬にしても朝青龍にしても相撲を全く理解していない。強ければいいと思っているらしい。勝てばいい。

朝青龍は日本来て、相撲から何を学んだのだろう。自らがそれで成功したではないか。どれほど相撲に世話になっているかもわからないのに、勝てばいいでは話にならない。白鵬の千秋楽の相撲は、勝ったのではない。逃げたのだ。負ければ優勝決定戦になる。それで勝つ自信がなかったのだろう。だから手っ取り早く確実に勝てる相撲を取っただけに過ぎない。逃げて勝った人間を誰がほめるのだろう。

日本人相撲取りなら、こんな勝ち方をすれば大変不名誉なことになることを知っている。またダメ押しもそうだ。相撲の本質から外れる行為だ。白鵬は人種差別発言もしている。それは白鵬自身が相撲をよく理解していないことの表れだ。人種ではない。日本人は名誉を重んじる。横綱が張り手なども何度もするものではない。

勝つためには手段を選ばないということは、日本人には美しいことではない。むしろみっともないことだ。観客がブーイングをするのもそういうことだ。まして相撲は興行。お客がいての相撲である。客に来るなという朝青龍がいかにバカげたことを言っているかわかると思う。無観客で俺は強い横綱だと、朝青龍は誉にするらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鵬のアッパー

>先場所は初日に敗れている小結逸ノ城(22=湊)との一番。

白鵬が逸ノ城に勝ったが、そのあとでアッパーをした。本当に見苦しい。

白鵬は強い。しかし、相撲のなんたるかをまだ知らないらしい。勝てばいいと思っているのだろう。勝てば、優勝すればすべてOKということらしい。ところが相撲は、そこから始まるものだ。

白鵬はよく双葉山を引き合いに出す。「我いまだ木鶏たり得ず」。白鵬はいつになったら、相撲を理解するのだろう。

相撲の他に柔道、剣道、空手、茶の湯、花。そうよく韓国が日本文化のそのほとんどが韓国から伝わったと言ってる。しかし、そんな嘘を言ってよく平気でいられる。

本質的なことを考えれば、何がいけないのか白鵬も分かるように思うが、残念でならない。これらのスポーツの本質は日本文化そのものだ。その哲学的なものが分かっていない。

それいて人種差別発言などをする。そうじゃないんだよ、白鵬。いつになったらそれを体得するのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパン決勝へ

>女子ワールドカップ(W杯)準決勝で女子日本代表に敗れ、最後にオウンゴールを記録した女子イングランド代表DFローラ・バセットが心境を語った。

>イングランドは1-1のタイスコアで迎えた後半アディショナルタイム、川澄奈穂美のクロスをクリアしようとしたバセットのオウンゴールでベスト4敗退に終わった。

>バセットはイギリス『BBC』に対し、「息ができなかった。心臓が飛び出したかのようだった。地面に飲み込んでしまってほしかった」と語った。

バセットのオウンゴールでイングランドは負けたかもしれない。しかし、これはプレイの延長上で起きたことで、少しも恥ずかしいことではないはず。日本にとっては大変ラッキーなことだが、日本は2-0で勝っていたはず。

イングランドの1点は、審判の誤審を誘導するものだった。日本がファウルをしたかのようにイングランドの選手が倒れこんだ。それでフリーキックを得てもぎ取った1点である。

イングランド選手がこのようなプレイを良しとするのは、合理的と思われるかもしれない。しかし、こうまでして勝つことに意義があるのだろうか。審判を騙して試合に勝つことが誇りになることだろうか。オウンゴールより恥ずかしい行為ではないか。

その点なでしこの選手がこういうことをしないのが嬉しい。あくまでフェアプレイで臨んでほしい。審判を騙して勝っても、何の誇りにもならない。こういうことをしない日本の選手を誇りに思う。

イングランドが恥ずかしいと思うなら、オウンゴールではなく審判を騙すようなプレイをすることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD松岡功佑寮長・コーチ72歳

Matuokakousuke_2 CDのコーチ松岡氏の顔をニュース9で見た。大変優れた顔の持ち主で、血色がいい。才気煥発の顔は、朝4時起き、それから風呂でのストレッチと、ネットではある。ニュースでも暗い中を歩いていた。

私もこういう顔にならないか考えている。ストレスをため込まないように、笑って過ごせるように。健康の秘訣というのはあるのだろうか?

とにかく素晴らしい顔だ。こんな顔は今まで見たことない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅田真央本命?!

ソチ冬季オリンピックで大会の花、フィギャースケート女子が始まる。

男子は日本の羽生結弦が金メダルを取った。女子の本命は浅田真央だろう。演技の質が上がっている。トリプルアクセルがいい。ジャンプはいずれもスピードがある。それに比べ、連覇を狙う金妍児はなぜか鈍い。そう感じてしまうほど、浅田はいい。

金妍児はチャレンジ精神がない。前回のオリンピックでも金メダルはとったが、前々回の金メダリスト・荒川静をまねたものだった。荒川で完成されたものを、もう一度やった。

これには韓国サイドのリンク外での、なんらかの働きかけがあったといわれているものである。ただ、銀メダルの浅田の選択した曲が悪すぎた。適切に選択されていれば、前回金メダルが取れたはずだ。

今回の金妍児を見ていて一番感ずるのは、冒険がないということだ。フィギャースケートが人生の縮図と考えると、金妍児は平々凡々だ。見どころがない。やはり男子が4回転をする以上、女子も頑張ってもらいたい。オリンピックからチャレンジ精神を取ってしまったら、オリンピックでない。だから金妍児はメダル圏外と予想したい。

もちろんロシアのリプニツカヤはいい。キャンドルスピンは見事だ。浅田かリプニツカヤだと思う。もちろんほかの選手にも期待したい。冒険心をもって見るのだから、演技するほうも失敗を恐れずにチャレンジしてほしい。それでこそ喝采である。無難な演技など誰も期待しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稀勢の里勝利に万歳は…ネット反応

両横綱を立て続けに破った稀勢の里の活躍で、千秋楽は1敗同士の横綱対決が決定。明日への期待が高まったこともあり、場内から大きな「万歳」コールが湧き上がった。

稀勢の里は日本人では最も横綱に近い位置にいる。その稀勢の里が両横綱を破ったのだから、相撲ファンはたまらない。思わず万歳が館内から出たのだろう。

それに対しネットでは、軍靴の音が聞こえる、などと馬鹿なことを言っている人間もいるようだ。喜びを表現するのに、万歳をいけないなどと考えるのは、それをストレートに戦争に結び付けている想像力だ。

思わずやってしまってもいいじゃないか。戦争に行くのではない。稀勢の里の綱取りにつながるからである。2敗でも両横綱を破っているのである。立派なものだ。加えて、稀勢の里の活躍によって、1敗同士の横綱決戦を見れる。

白鵬は正面からいつも通りにいくだろう。日馬富士は左に変化し、白鵬の横につこうとするだろう。でなければ勝機はない。正面からぶち当たって、下から起こしても、そうそう簡単にはいかない。白鵬に分がある。

それもこれも稀勢の里の頑張りである。軍靴の音などと言っている人間は、純粋に相撲を楽しんでいないのだろう。さびしいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なでしこジャパン銀メダル!

日本が米国に敗れたロンドン五輪の女子サッカー決勝で、ドイツのビビアナ・シュタインハウス主審が日本にPKを与えなかったため、「日本は銀を超えるメダルに届かなかった」と報じた。 前半26分、宮間(岡山湯郷)のFKがペナルティーエリア内の米国選手の手に当たったように見えたが、ハンドにならなかった。同紙は「シュタインハウス、決勝でへま」との見出しで判定を批判した。

確かにテレビで見ると、手に当っていてハンドであろう。試合のすべてを見たわけではないが、小さなミスをのぞけば、堂々とした試合ぶりだった。

金メダルを取れたゲームだったが、それができなかったのはツキがなかった。そういうこともあるだろう。恥じることのない銀メダルだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人軍原監督元暴力団に1億円払う

21日の週刊文春が「原監督が元暴力団員に1億円払っていた」という見だしの記事について、原監督と巨人軍の名誉を傷つけたとして、損害賠償請求訴訟を起こす方針であることを明らかにした。

上記の記事は、決して巨人軍の名誉を傷つけてはいない。問題の本質は、原監督が女性と関係を持ったということではなく、そのことの事実関係を問われたときに、1億円を支払って問題を隠蔽したことだ。そのことが問題だ。

その上での女性関係ではないか。

また、そのことについて損害賠償請求を起こす体質が問題なのだ。

続きを読む "巨人軍原監督元暴力団に1億円払う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吠えろ田中!

本年度の沢村賞に楽天のエース田中(マー君)に決まった。しかし、

土橋委員長は「マウンドでほえたりするパフォーマンスは控えて欲しい」と品位についても注文をつけた

が、それが田中の魅力じゃないか。気合いだよ。吠えて吠えて、吠えまくって沢村賞を獲ったのじゃないか。吠えろ田中!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー女子W杯ドイツ大会でなでしこジャパン金メダル獲得!!

私がこの記事を書くのは遅すぎるのだ。それだけ私が喜んでいて、どう受け止めていいのか、分からなかったぐらいだ。

これは新しい世界の動きを創ったものだ。かつて東洋の魔女と言われた女子バレーボール、そして近代バレーを創った猫田らを主軸とした、コンビネーションバレー。みな日本が独自に創作していった世界に誇るべき手法だ。それが今度は女子サッカーだ。

それはパスさっかーといわれるが、私はそれには詳しくはない。試合を振り返ってみた時に、澤選手の2点目の同点ゴールは、どうやったのかと、いまだに不思議に思う。

みなよくがんばった。試合は常にアメリカにリードされながら追いつき、勝った。それで「最後まで決してあきらめるな」というようなことが、大きくクローズアップされている。いいことだろう。

この勢いで、来年のロンドンオリンピックも金メダルを目指してもらいたいものである。とにかくびっくり驚き、すごいすごいの活躍だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)