« タレント淫行記事について | トップページ | 赤ちゃん遺棄に見る男の勝手 »

学術会議問題

学術会議問題が、なかなか要を得ない。今日の菅総理の答弁が、納得がいくものではない。今まで出てきた説明のものと同じだ。「若い人」とか「大学に偏っている」とかが、今日は「旧帝国大学」とか言われている。

日本の多くの知識人から反対声明が出ている。しかし、菅総理は任命をしないだろう。先が読めないのが困る。「総合的、俯瞰的」が少し具体的になっても、後付けで理由を探しているような感じだ。

権力でものを言わせれば、言うことを聞くだろうということだと思う。それは菅総理が官房長官時代からの癖とも言うべきものだ。また、これらのことについてメディアは、具体的にどう考えているのか、分からない。テレビなどは、そもそも取り上げることをしているのかどうか。

私もサイトに取り上げるかどうか考えているが、答えがだいたい予想できる。「このまま」が答えだろうと思う。ずるずる引きずって行って、このまま解散選挙に行くのだと思う。しかし、これをオリンピック後までなのか、と考えると、後はどういう理由が出てくるのだろうか?

任命拒否した理由を必死に探しているというより、隠そうとしているという方が当たっているかもしれない。「安倍政治をすすめる」というのは、そういうことだろうと思う。

いずれにしても多くの国民がテレビに騙されていることは確かだと思う。そういう意味において石破氏の票の流出を見ればわかるだろう。石破氏はテレビ映りが良くない方かもしれない。また安倍政治とは、一線を引いている。菅総理が選ばれた理由は、官房長官の時の「頷き」である。これが頻繁に主要なメディアで飽きが来るほど流された。

ところが多くの国民は、この頷きに、同じように頷いていたに違いない。テレビの機能にはこれがあるから怖い。間違っていることでも、見ている視聴者が考える暇もないほど、頷かれれば、そういうことなのかと取り込まれてしまう。加えて頷くときには必ず菅官房長官の顔が大写しになっているのである。

私はこのことについて「カメラを引くよう」にNHKに抗議をしようと思ったが、電話代がもったいないのでしなかった。しても彼らは必ず、頷くところを大写しにするのを止めないと思う。それで私は、ハナ肇ではないが、奥歯ではなく「カメラをがたがたいわせてやる」と、ひそかに思っていた。

|

« タレント淫行記事について | トップページ | 赤ちゃん遺棄に見る男の勝手 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タレント淫行記事について | トップページ | 赤ちゃん遺棄に見る男の勝手 »