« 茂木大臣の「日本語分かっていただけましたか」発言。在日外国人からは怒りの声 | トップページ | 死にますよ。マジでW »

官邸と記者

安倍晋三首相の記者会見はまるで台本を読んでいるようだ、記者と癒着しているのではないかという批判があります。実際に会見に出ている記者から見て、本当のところはどうなのか。官邸のメディア戦略とは。

昔からそうだよね。官僚的な話なのだが、昔から「台本」を読んでいるようなもの。何をいまさらということなのだ。アベノミクスといっても、ジャブジャブにするだけの話。

安倍総理が長く総理にいられたのは、テレビなどの印象操作。だから外交などの話は、みんなニュースの時間で広く時間を割いていた。これに民放なども右にならえ。それで原稿を読むわけだが、できている原稿なのだろうと思う。つまり、その会議などを行う前からの。

こんなことは当たり前の話ではないか。いまさら何を言っているのかと思う。全部セッテイングができてなくて、どう話を進行していいのか分からないだろう。だいたい会議を開く前から、できているわけだろ。でなかったら、テレビでできるわけないだろう。

安倍の長期政権の、いちばんの功労者は、そのテレビにだまされた人たちだ。またテレビ局などが、それにお付き合いしているわけだから、おめでたい。これでNHKの解説などを聞いていたら、どうなるw

ばかばかしいと思っているのは、私だけなのだろうか?トランプさんがいろいろ物議を醸すかもしれないが、自分の言葉だよね。安倍さんの言葉は、誰のものなのか、わからない。

それで日本人の多くが、こういう出来合いのものに感激してしまうのかw 菅総理が誕生しそうです。菅総理もテレビに多く出ていたという印象で選ばれるらしい。これも全部嘘ごとなんだろうと思う。では、日本の政治を握っているのは誰なのだろうか?分からないw だから世界では日本人には顔がないと言われる。納得!!

|

« 茂木大臣の「日本語分かっていただけましたか」発言。在日外国人からは怒りの声 | トップページ | 死にますよ。マジでW »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茂木大臣の「日本語分かっていただけましたか」発言。在日外国人からは怒りの声 | トップページ | 死にますよ。マジでW »