« 何をいまさらヨード液吉村知事。爺さん婆さんの知恵はどうなる。 | トップページ | 嫌がらせ48歳女逮捕!となっているが… »

大阪吉村知事「言いたいことが言えなくなる」と?

また吉村知事は、記者団が、各地でうがい薬の買い占めが起きていることについて、4日の知事の発言が誤解を招いたのではないかなどと質問したのに対し、「予防効果があるとは、ひと言も言っていない。ぼくが感じたことをしゃべり、『それは間違いだ』と言われたら、ぼく自身、言いたいことが言えなくなる」と述べました。

大阪の吉村知事が物議をかもしている。それは「イソジン」などのうがい薬が、コロナ対策の特効薬のようなことを記者会見を開き、言及したことだ。もちろん、イソジンがコロナの特効薬ではない。

しかし、吉村知事は「これでコロナに勝てるんじゃないか」ような発言はしており、予防効果はないとか、発言を訂正している。

私がいちばん驚くのは、イソジンなどの薬は、ごく普通に喉がトラブルを起こしたり、変調したりした場合に、使用すると思う。たとえば、インフルエンザなどになった場合、古くから使用されている。

ただ吉村知事に欠けていたのは、私のような思考方法だ。それは簡単。イソジンが効くのなら、世界中の医師や学者は何をしているのだろう。そうあり得ないことだ。世界中の医師や学者は、イソジンなどのうがい薬は十二分に承知している。

確かにそれで喉や口の中の減菌には役に立つと思う。しかし、コロナ菌は肺に侵入し、体内にも侵入する。たとえば、だるいとか味覚や嗅覚が分からないとか、熱が39度も出るとか、立ち上がることもできないとか。こういうことにイソジンが役に立つかというと、全く無理だ。口の中を清浄に保つことはできるだろうが、打ち勝つことはできない。

なぜごく普通の考えが及ばなかったのか?これらのことについて発言した後に、今度はその責任を他者に転嫁するかのように、それでは「言えなくなる」というのは、おかしい。

吉村知事は公の大阪知事として発言しているのであって、一個人として発言しているのではない。当然そこに社会的責任がある。だから、言いたいことが言いたいのなら個人的見解として、言えばいいことだ。

しかし、吉村知事の発言は、公人としてのものであり、個人的なものではない。例として実証データを出してもいる。公のものだ。ただ常識的に考えて、イソジンでコロナに打ち勝てるような印象を、与えたのは、間違いだと思う。

|

« 何をいまさらヨード液吉村知事。爺さん婆さんの知恵はどうなる。 | トップページ | 嫌がらせ48歳女逮捕!となっているが… »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何をいまさらヨード液吉村知事。爺さん婆さんの知恵はどうなる。 | トップページ | 嫌がらせ48歳女逮捕!となっているが… »