« 石田純一の悲鳴 | トップページ | 兄が胆のうの手術をした。 »

テレビピンチ!!歓迎!

最終利益の落ち込みが最大だったのはフジ・メディアHDで、前年同期比90.6%減の20億円。日本テレビHDは81.7%減の15億円で、イベントの中止など、コロナ関連で約30億円の特別損失を計上したことが響いたと同紙では報じている。

 

コロナの時代に入り、いよいよ大きな節目が来るのだろうか。とにかくテレビ業界がピンチだそうだ。大歓迎だ!!やはり悪は滅びる!!正義は我にあり。本当にありがたい。

これからもっとテレビが落ち、ユーチューブなどが歓迎されるといいでしょうね。大歓迎です。そうすると、これからはテレビの断末魔が、放送で見れるのでしょうか?望みます。

加えて、気になるのが、コロナのワクチン。一説によると、2年ぐらいでワクチンで、元の生活に戻れるとも言われる。その反面、ワクチンは10年ぐらいしないと危ないともいう人がいる。

しかし、コロナについての私の分析では、ほとんど当たっている。ところが、このコロナまだまだ分からないことが多いと思う。とにかく人類に立ち向かった最強のウィルスであろうと思う。それでもう避けられないようなことも考えられる。「共存」という言葉も出ていますから、大変なこと。これが相当期間続くことが考えられる。

とすると、テレビは本当に崩壊するのだろうか。地球温暖化が進んでおり、今年の夏は40度近い温度が続出。グレタさんではないが、これ以上現在の生活を続けることは、人類にとって大変危険だ。

人類は自らの悪行によって、滅亡に向かっているのだろうか?今のコロナ以上に考えられないようなことが起こることもあるだろう。私は18世紀に戻るように、あるいは戦争は抜きにして、戦前の生活に戻るようにしなければ、人類は生き延びれないのかもしれない、と思う。

いずれにしても大転換の時代が来ているのかもしれない。とりあえずテレビの崩壊を望む!!悪は滅びる!!

|

« 石田純一の悲鳴 | トップページ | 兄が胆のうの手術をした。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石田純一の悲鳴 | トップページ | 兄が胆のうの手術をした。 »