« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

自粛要請の…

「おばあちゃんの原宿」といわれる巣鴨地蔵通り商店街(東京都豊島区)では、臨時休業する店が相次ぎ、普段の週末より少ないものの、人通りは絶えなかった。

東京都の小池知事らの自粛要請があったが、あまり効果はなかったようだ。ついこの間は、渋谷の交差点では、イケイケだったし、その人の混雑ぶりに、政府のコロナ対策の甘いものが、全部裏目に出たと感じた。

これらの報道の問題もある。テレビで土日は、家で自粛をして欲しいと放送すれば、買いだめなどが起こるということで、次には自粛と言っても、買い物などはしてもいいと。確かに買い物などはいいかもしれないが、八王子と違い、都心ということになれば、買い物でも散歩でも、人混みの中を歩くということになるのだろうか?

ほとんどがテレビの情報で判断しているようだ。渋谷の若者たちの悪ふざけでも、テレビで感染者は、5名とか6名とか報道していれば、また総人口に比べれば、感染者数は少ないと放送するところもある。これでは渋谷の若者を非難することも無理だと思う。これらゆるゆるの対処法は、政府の責任による。

そもそも感染者らしき人を全て検査していない以上、コロナと戦うことはできない。だから、3人5人などと放送していれば、誰も深刻には考えないだろう。だから日本方式は、いずれ世界から批判の対象となるだろう。

これらについてネットでは、日本人は清潔な国民だとか、毎日風呂に入るとか、握手とハグをしないとか、終いには、土足で家に上がらないとか、そんなことを言われ、日本人はあたかもコロナの免疫があるような言説まで出ている。

これらは全てテレビの責任が多い。外国ではイギリスの首相、チャールズ皇太子、あるいは重要人物が感染している。日本でそういうことは起こらないという保証は何もない。たとえば、悠仁様が感染したらどうするか?万一死亡したらどうするか?その結果の重大さを、多くの国民が考えたことがないのだろうか。しかし、コロナはそういう存在だ。

誰にでも感染する。私も自分では重要人物だと思っている。なぜなら日本テレビおしゃれ事件や超音波盗聴の事実関係を知っている。だから自分も死亡することはありうるのだから、このコロナ禍をいかにくくり抜けるかを考えないわけにいかない。まして母親を東京西徳洲会病院で殺害されたことの事実関係を考えれば、とても死んでいられない。

なんとしても自粛、自粛しかないのである。心ある人は、ご自分がコロナ禍を抜けようと思ったら、自粛、それしかありません。感染したら多くは軽症と言いますが、自分がそうである保証はない。誰にも。くぐり抜けましょう!!!

 

| | コメント (0)

東京が第二の感染源

【速報】安倍首相、「政府対策本部」の設置を指示。都内の新型コロナ感染拡大を受け、政府は「蔓延のおそれが高い」と判断

そうでしょうね。私もそうなるということを早くから書いてきました。昨日、テレビなどを見ると、渋谷などで相当数の人が外出しているようですし、映像を見る限り、コロナを甘く見ているようです。これにはテレビなども影響もあるでしょうが、本質的に、社会がどのように対処することになるのかということの、手段、方法を十二分に認識していないからだと思う。

上野の桜が咲いたということを、テレビなどでも、人との距離をとれば、桜見物も大丈夫のように放送していましたし、これでは多くの人が、勘違いを起こしてしまうと思います。

特に若い人たちの考えていることは、自分だけよければいいという考えが多いように思う。結局、自身の快楽に従いということかもしれないが、コロナの場合は、それが許されない。誰も若者だから死なないという訳ではない。コロナの症状の一つに高熱になるようです。もし高熱になり、脳に影響が出ないという保証はないでしょう。

自分の身の回りに感染者が存在しないから、そういうように考えるなら、自分の回りに来た時には、もう自分もアウトでしょう。コロナにかかってしまい、死亡することもあると思います。そういうことを切実に考えるべきです。

テレビなどで、若者は比較的軽症で終わるとか、8割は軽症だとか、インフルエンザと変わらないとか、そういうようなことを医師の人の中でも言われている人がいました。そういう意見なら、そもそもテレビに出て発言すべきことではないと思います。テレビに出てただ単に医師なんだから、自分の意見を言えばいいということではない。

それらのことについても社会的影響力を考えるべきだ。そういうことならそもそも、それだけでいいわけで、最終的な手段として都市封鎖をしなければならないのに、それをインフルエンザと比較する医師は、何を考えているのかと思う。

私は日本テレビおしゃれ事件とか母親が東京西徳洲会病院で殺害されたことについては、正に反抗しています。真実事実に生きたいからです。しかし、ことコロナについては、誰にでも関わることで、これらのことについては、東京でいえば都知事の発言に注意し、それに従わなければなりません。これらのことちゃんとすべきことはしなければなりません。

それらを若い方も十二分に認識していただきたい。今のままダラダラしていると、ロックダウン、都市封鎖も来ますし、来年に延びたオリンピックも中止になることも見えてきます。そういう事実をどう考えていられるのか?

| | コメント (0)

不倫記事は必要か!?

東出昌大や鈴木杏樹、立川志らくの妻など、今年に入って有名人の不倫報道が相次いでいる。スポーツタレントの池谷直樹が主宰する劇団『サムライ・ロック・オーケストラ』でも、不倫騒動が起きていた─。

別に昔からだ。ただ報道するかしないかではないか。それでも枕営業は報道しないようにしていることも事実だ。ただ枕営業をしたようなタレントでもCMなどに出ていると、大変不愉快だ。

本当に何の魅力もないタレントが売れている。訳が分からない。ただテレビ局らは、こういうような売れる売れないの主導権を握り続けたいから、枕営業をすることになる。

視聴者に人気が出て、売れたという人は最近いるのか?いないのではないか。

不倫と言えば、文春砲などといっているが、それで意味があるのか?なぜこんなくだらないことを追っているのか分からない。記事が売れるということかもしれないが、私でもあまり関心がない。「ああそうか」ぐらいで終わってしまう。

それとは逆に、日本テレビおしゃれ事件に食らいついているのは、公共の利害に該当するからだ。私がかみつくのは、これが多い。これらのことを放置することは、社会にとってもいいことではない。

母親が東京西徳洲会病院で殺害されたことも、それによる。ただで放置できない事だ。ましてこれは母親が私に訴えていったこと。必ず成就させることだ。ところが対象となる人物が次々と逃げて行っている。これがどうも広範囲になるようなので、改めてその仕事に取り掛かるときに、少し面倒だと思う。まだほとんど動いていない。

他のことがあり、動けないのだ。動くことができれば、できるだけ早く進めたい。

| | コメント (0)

女子高生ひき逃げ死亡、無罪の妥当性!

 事件は2018年1月、当時85歳の男性が運転中に意識障害に陥り、対向車線の路側帯を自転車で走っていた女子高生2人をはねた。高校1年の女性が死亡、高校3年の女性は一時重体となった。しかし、前橋地裁は3月5日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた被告(87)に無罪判決を下した。


「争点は被告に『運転を控える義務』があったのかという点でした。物損事故を複数回起こしていた被告は、低血圧によるめまいや意識障害の症状が出たことがあり、家族から運転しないよう何度も注意されていた。検察側は運転を控える義務があり、過失責任があるとした。しかし判決では『正常な運転が困難になることは予見できず、運転を控える義務を負わせることはできない』と結論づけた。事故の4か月前に運転免許証が更新されたことも、予見可能性を否定する一因とされました」

 「意識がない中での行為は犯罪行為には当たりません。だから、突発性の脳梗塞や心筋梗塞で事故を起こした場合、罪には問えません。今回は、意識がない状態を招いたことについて争点となっていますが、裁判長が『事故の予見可能性は認められない』としたのは、薬の副作用によって意識を失うとは考えられなかったという主旨です。医師から明確に『薬を飲んで車に乗ったら意識を失うかもしれないから、運転してはいけない』と注意されていれば犯罪に問える可能性はあったが、本人がそれをわからなかったとされた。

私はやはり、責任があると思う。確かに意識がない中での行為を問うことはできないかもしれない。しかし、予見ということを考えれば、運転を控えるということは、ある意味、義務のように思う。

これは免許を取る時にも警察で、事故を起こさないように、体調を十二分に考え、ハンドルを握るように指導されていると思う。脳梗塞や心筋梗塞は、突発性のものだ。被告は低血圧によるめまいや意識障害の症状があった以上、そのことについては家族にも注意されていた。

当然、医師ではなくても、家族から運転しないように、言われていたのだろう。従って、その事故については責任があると思う。物損事故を起こしていたというのは、池袋の事故に似ている。ただ、池袋の事故は、家族が引き止めてはいなかったように思う。

これは車の運転が十二分にできるかできないか、という判断力も運転技術の中の一つであろうと思う。健康を管理することも、個人の責任だと思う。ただ、運転がひどく下手な人はいる。運動神経が鈍いというか、またそういう人に限って、運転をしたがるのも事実だ。

| | コメント (0)

経済対策は、コロナ対策に尽きる!!

来月の緊急経済対策について政府与党内で来年度の補正予算案の規模を5兆円程度とし、国民一人につき5万円を現金給する案が浮上していることがテレビ東京の取材で分かった

Japankan

上記の画像は、2ちゃんねる関係から引いてきたもの。感染国の中で、日本だけグラフが違う。これはあり得ないことだ。コロナ対策で、何らかの形で、日本がコロナ壊滅に向けて、奮闘していないというものになるだろう。

他国と同じようにしないと、日本だけ、ダラダラと感染者が出続けるが、カウントしないということになる。世界中がコロナを、終息させても、日本だけが残ることになるだろう。

もちろん、その時は、日本のメディアは、コロナの終息宣言という、ありもしないことを報道することになる。

これは官僚主義が問題なのか?メディアが問題なのか?

| | コメント (0)

コロナ、イタリアで猛威。一方、沖縄では授業再開!

▼コロナ汚染国世界トップ10

1 中国・・80,815人 ・死 3,177     2 イタリア・・17,660人 ・死 1,266    3 イラン・11,346人 ・死 514      4 韓国・・7,979人 ・・死 71        5 スペイン・・5,232人 ・・死 133     6 ドイツ・・3,675人 ・・死 8  7 フランス・・3,661人 ・・死 79      8 アメリカ・・2,269人 ・・死 48      9 スイス・・1,139人 ・・死 11   10 ノルウェー・・995人・・・・死 1     15 日本・・701人・・死 19          ダイヤモンドP ・・696人・・死 7

▼国内コロナ居住地トップ10

1 北海道・・134人   2 愛知県・・104人   3 大阪府・・92人   4 東京都・・77人   5 兵庫県・・52人   6 神奈川県・・51人   7 千葉県・・・・27人   8 埼玉県・・・・24?   9 京都府・・・・16人   10 和歌山県・・・14人  ※中国人・・18人

2ちゃんねるから、情報をもらってきた。これを見ると、中国は別にして、なぜ欧州で猛威をふるっているのか?不思議だあ~

これは濃厚接触をすると、死亡率が高まるのだろうか?フレンドリーな人間は、感染しやすく、死亡率も高いのか?ということは、感染するときに、どっと感染しなければいいのか?不思議だあ~

それに昨日ニュースで見たのだが、沖縄では授業を再開するらしい。しかし、沖縄は中国人にも人気の観光地で、春節にも来ただろう。ところが、北海道と違う。ほとんど感染例がない。これも検査をしてないのか?その疑問が残る。

まさか日本スゴイで、縄文人の勝利ということではないだろう。あり得ないと思う。やはり、習慣として、濃厚接触をしない沖縄ということなのだろうか?それとも沖縄の食品でなにかが?こう考えると、変に思うが、オリーブオイルはダメなのか?沖縄の黒糖で撃退かw

| | コメント (0)

未だに分からない

ブログの使い方がいまだにわからない。なんというか、ただ書いていてもしょうがないと思うが、まとまりがないように思う。

それで少しは、どうにかできないかと思うが、わからない。ブログの使い方が分からないのか。

どうもポイントの仕方が分からない。ただ漫然と日記のように書いている。これもとりとめがなく、わからない。

ブログをどう作成したものなのか、わからない。

他の人のブログをみて、ああそうなのかと思うが、それをしてみようと思うが、その設定などを見ると、さて、他の人はどうしているのかと?

だから、私はホムペタイプの人間なのか?ホムペなら系統立てて書いたり、まとめたりすればいいが、ブログだとわからない。

ホムペも今のソフトには、不満がある。自分で作ったが、全くイメージ通りではない。ビルダーで作成してきて、1度も満足なものができない。

それがイライラして、よくない。なぜデザインなど、もっと自由にできないのか?

他のソフトといっても、金がない。イライラで眠れない。父は中国で人を殺しただろう。そのことをよく考える。

僕にもそういうことができるのだろうかと?人間とはそういう存在である。復讐劇で有名な作品は何だろう?これもわからない。

| | コメント (0)

コロナでケアしなければ、我々は犬や猫と同じ!

コロナに関する放送を見ていると、時折おかしいのがある。「コロナは軽症者が8割だし、インフルエンザより低い」と。こういう医師は、何を考えているのか。

そもそもそのままにして、黙って感染しても自宅にいればいいみたいなことをいうのは、話にならない。テレビに出演して議論しているのは、軽症で問題ない、ということを議論しているのではない。最悪の場合を考えて、どうすればいいのか、どう対処すべきか、そういうことを話しているのだ。

元厚生省官僚も、カウントしても意味がないように言うが、それだったら、そもそも何をしても同じだと言っているのと同じだ。学歴優秀者なのだろうが、発言することが無責任すぎる。なぜこのような人物が、そもそも出演しているのだ。信じられない。

最悪の場合を考えて議論をするのだろうし、コロナをカウントしなければ、どのような病原体なのかも分からない。今できることは、できるだけ患者を探し出して、ケアすることだ。重症化しないようにするには、どうすればいいのか?

とにかくコロナに対峙しなければ、分からないことだ。その点、日本政府は逃げているとしか言いようがない。それでここにきて、感染経路が分からない場合が出てきている。これはそうとうコロナが広がっているのだと思う。

感染しても、完治するのだろうか?一度陰性になってもぶり返すというようなことは、インフルエンザでもあるのだろうか?私自身はない。

何にもまして、テレビの放送で議論そのものを否定するような発言は、控えるべきだ。インフルエンザと同じだとかケアできないとか、そういう意見は必要ない。人間は犬でもネコでもない。そのまま放置していていいものではない。

まじめに放送してもらいたい。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »