« マスク1箱50枚買えた! | トップページ | コロナ肺炎、新たな感染者39人。検疫官1名 »

新たな肺炎患者は66人!!衝撃!!

ダイヤモンドプリンセスの新たなコロナ患者は、66人に上った。前日には100人近くが体調不良を訴えていた。それでも衝撃だ。ある意味密閉空間で、対応しているのがいけないのだろうか?とにかく敵の性質が分からない。

空気感染はないというが、飛沫で空中に漂うともいう。このへんのところはよく分からない。

母親が東京西徳洲会病院で殺されているので、今はいろいろな情報を受けると同時に、検証もしている。ただ、中国の映像を使用しているものが、局が違うのか?同じ映像なのだが、翻訳が違う。「下痢」と「咳」の違いがある。

こういうような翻訳の違いというのは、以前から承知してはいた。テレビ局には、外国語などができる人が少ないとも聞いていた。今はどうかは知らないが、現実に中国語において、異なる翻訳がされている。多くは言語にかぶせている。

こういうような違いは、母親のカルテでは、多数存在する。まずもっとおかしいのは、誤嚥性の肺炎というが、母親が病院に入っていて、咳をしたのを見たことがない。入る前もそうだが、私には記憶がない。高熱もない。

そもそも酸素量が99%で、誤嚥性の肺炎などというものはない。それに仮にそうであっても、ジコキシンの中毒の8日には、肺炎の状況は完璧に治っている、と記載されている。それで退院の用意をしているくらいだから、ジコキシンで殺害したといっても、99.9%間違いがないだろう。

母親を殺害されたことで、はいそうですかなどということはない。おしゃれ事件もそうだが、もはや答えは出ているのだから、やるだけだ。三島由紀夫は「行動」と揮毫した。そう、実存主義の典型だ。

それといま、私がここのところ使用していなかった、空気清浄機を使用するようになってから、少し喉がおかしい。何か菌に侵されているかもしれない。そういう意味においても、テレビでの「肺炎」の症状に注目している。

腎をやられれば、透析もすると。母の場合、ジコキシンで故意に循環不全を起こされたので、腎など内臓をやられるだろうと、抗議した。これはカルテにも書かれている。中毒後3日には0にもなっている。それで内臓がやられない訳がない。

同じようにしてやろう!!

|

« マスク1箱50枚買えた! | トップページ | コロナ肺炎、新たな感染者39人。検疫官1名 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスク1箱50枚買えた! | トップページ | コロナ肺炎、新たな感染者39人。検疫官1名 »