« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

コロナ感染拡大!!

神奈川県で70代の無職の女性が新型コロナウイルスに感染したことが新たに確認された。県によると、女性は今月25日に神奈川県のJR大船駅で体調が悪くなって搬送された。その後、肺炎の症状などがあり入院していたが、27日に感染が判明したという。女性に海外への渡航歴はなく、県は女性の家族や駅の職員のウイルス検査をするとともに感染経路を調べるという。

コロナウィルスの拡大を阻止すべく、安倍総理が全国の小学校・中学校・高等学校の休校を要請した。しかし、ほとんどパフォーマンスでしかない。効果はないだろう。

上記のニュースのように、感染経路が不明のケースが多く報告されている。またそれ以上に深刻なのが、肺炎患者のコロナ感染を確定できないということだ。これでは見えない敵にどう対処するというのか?勝ち目はない。

休校措置をとっても、一時的なもので、そもそもコロナそのものをたたいていないので、その休止期間が過ぎれば、また増えていくはずだ。また学校は休むが、学童保育はいいとか、小学1、2年生は学校でやるというような形ですると、別の意味で大変不安が増大する。

とにかく、コロナの患者数をできるだけ精密に把握しなければならないのに、それをしない。しなければ休んでも同じ。

そもそも人と接触するなといっても、もうすでにいろいろな方面に広がっている。それらが相当出ているのではないか。ただマスゴミが報道しないようにしているとしか思えない。

だから上記の記事などを見ると、いったいどこからとか、なぜどこで感染?という不安が増えるだけである。それを解消するには、コロナ患者の正確な数字と、その人たちへの確実なケアである。

だいたい、熱が出て家で寝ていて、我慢しろというのはむちゃな話で、こういう対応そのものが不安を増幅する。だから私は、テレビを見ていて、だんだん人が出なくなるのを見ているのか?といっているのだが、時間の問題と思う。

テレビの宣伝など、ほとんど効果がないだろう。効果がない宣伝を続ける企業はいるのだろうか。売り上げが伸びないのが分かり切っているのに巨額の宣伝費を出すとしたら、何の目的のためにそうするのだろう。

これはもう常態化していくのだろうと思う。薬が早くできることを望むだけだ。神のご加護を!!

| | コメント (0)

コロナ感染疑い患者調べず!

どうもコロナ感染患者のカウントを少なくするつもりなのか?患者らが、PCR検査を求めても、現場の医師らや保健所が調べないようにしているらしい。また先ごろ発表された政府の対策では、まず病院に行くな?というようなトンチンカンな対策を発表。

これらの対策を国民がまじめに実行した場合、コロナの感染は日本では起きていない、ということになりそうだ。

つまり、感染者が病院にも行かず、自宅で養生している分には、コロナ感染者にはならない。たとえコロナに感染していても…。

こんな奇妙な対策を立てているのは、日本政府しかないだろう。

それで日本は民度が高い。清潔な国だから、コロナはまん延しなかったとでもいうのだろう。後で検証したときには、日本ではコロナ患者そのものが、極端に少ないことになるだろう。

それで国民はどうなるのか?犬死だ。そのうちの一つがテレビで出ているのか?9歳の子供が、肺炎になっているのに、検査もしていないで、1週間以上たっているようだ。家でねているのか?

信じられないことだが、これが日本の政治なのだ。いわゆる隠蔽社会。何もかも隠ぺいする。だからそもそも患者になるなと、自宅にいろというのだからむちゃな話だ。

その点を考えると、韓国は随分政府が頑張っているようだし、中国も患者数の数を少なくしているのだろう。などといっていたが、よく奮闘しているではないか。

その点、日本の顔というのは、正に水戸黄門に出てくる、金金金のスケベな悪徳商人としか見えない。これが日本の顔だ。いかにもまともに努力しているようなことを言っているが、そのくせ感染者数が上がらないシステムを採用している。

これが日本国の正体だ。安倍内閣は早く退陣しろ。結局、例によって今までの自民党政治と同じで、官僚の上に乗っかている、ただそれだけの政府。あほらしいだけだ。安倍総理が「悪夢のような時期」みたいなことを言っていたと思うが、今がそうだろう。

こうやって何でも誤魔化す日本社会。ペテン社会。母親も東京西徳洲会で殺害されても、捜査もしない。嘘ばかり言っている。

ここらで盛んに肺炎の症状を伝えているが、そのすべての症状が母親にはなかった。私は母が咳をしているのも、高熱になっているのも見てはいない。全く。つまり、病院で平気で殺人をしているのに、日本国では、そういうことはないのだと、おかしなことを平気で信じている。

それが今の肺炎患者の検査もしないことと、同じだろ。コロナで死んでも解剖しなければ、それで死んだことにはならないだろう。

日本は隠蔽国家。嘘で成り立っている国。日本は中国より韓国より、北朝鮮よりひどい。なぜ北朝鮮よりひどいかというと、北朝鮮はだいたいの事実関係は知られている。粛清をしたのじゃないかということも。

ところが日本は悪質で、笑顔で品のいい堂々とした人間が、実はそれらは全部嘘で、裏では何をしているか分からない国。恐ろしい国だ。

| | コメント (0)

日本人の英語って!!?

不正確な英訳が話題になったケースは過去にもあった。  大阪市の地下鉄を運行する大阪メトロでは昨年、公式サイトの外国語ページに、路線名の「堺筋」を「Sakai muscle」(堺 筋肉)とする誤った英訳を掲載していたことが判明。また「3両目」を「3 Eyes」、駅名の「天下茶屋」を「World Teahouse」と表記していた。自動翻訳ソフトが原因だった。

オリンピックで使用される英語について、ネットで記事があった。これらは決してテレビではやらないことだろう。上記の例は、オリンピック以外での使用されていたものらしい。

どれもこれも笑ってしまうような英語だ。英語が得意ではない私でも、おかしいのではないかと思う。それにしてもなぜこのようなことになっているのか?翻訳機のせいだ、とも。しかし、こういうお仕事をする人たちは、皆さん学歴優秀者ではないのですか?

その人たちが、こういう英語を使い、いくら翻訳機といっても、合っているかどうかは検討すべきだ。

駅名の「天下茶屋」を「world teahouse」というのは、どういうことなのだろう?駅名なのだから、そのままでいいのではないか?外国人に聞かれた時に、聞かれた日本人と永遠にかみ合わないと思う。

わけの分からない英語。私も英語は得意ではない。しかし、努力はしている。少なくともこのようなことに、通訳も雇うこともしないのかと思うと、唖然とする。いくらでもないのだから、英語が得意の人を雇えばいいではないか。なぜそうしないのかも分からない。

| | コメント (0)

マスクなど中国に支援?!防護服も。日本国民がマスクがないのに

マスクや防護服、除菌シートなど緊急支援物資約40トンを積み込む全日本空輸の中国・上海行き臨時貨物便=23日夜、成田空港

いよいよ、パンデミックのとば口に来たのだろうか。深刻な危機というが、もうすでになっているのではないか?

とにかく軽症の人が多いといっても、逆に言えば、潜伏期間が長いということだ。それだけ制圧が難しいことだろう。

厄介なコロナだ。中国が心配する日本の実状。実際不感症なのかと思えるほど、暢気だ。他国にマスクを送るなんて。

今日のニュースでは、JR職員が感染。それも原当麻などの地名が上がっている。これはもう私の身に迫っていると言ってもよい。危険だ。

20代の女子学生が、重篤状態になっているそうだ。これは、もう軽症になるか重体になるかは、神のご加護を祈るしかない。それ以外にないようだ。

JR職員の感染も、私はいずれそうなると思ったが、これほど早いとは思わなかった。これは症状が出ない期間が長いので、厄介だ。

とにかくここらで、生き残るための戦略を考えなければならない。それは基本的には、接触しないことだが、あまり外出しない人にも感染例がある。

これはテレビなどで、感染者のカウントをしているが、隠蔽社会なので信用できない。相当多いのではないか。韓国の方は感染者が爆発的に増えているが、対策は日本より進んでいるようだ。文にまけてる安倍。

それからダイエットをしている人間が危ないだろう。私はとにかく栄養を摂ろうと思う。これは長生きをするとか、長寿などを気にしないでいい。今の時代を乗り越えることだ。

肉肉卵栄養なのか?免疫力は、栄養 栄養 栄養だ。肥るしかない。

テレビなどでは、物騒なことを言っています。許せないのだが、言っている。八王子なんて。

| | コメント (0)

料金所閉鎖?

名古屋高速道路公社は22日、料金収受会社の60代男性事務員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。名古屋市が同日に発表した市内在住の新たな感染者4人のうちの1人。名古屋高速によると、男性は料金収受会社の職員だが、料金所には勤務していない。男性事務員と濃厚接触した可能性がある収受担当の事務員ら52人を、

北海道の方にも広がっているし、これはもうどう抑えるのか、見当がつかなくなってきた。その間、安倍総理は、2時間近くも会食しているとか。それでテレビを使い、いかにも、対処しているというような感じで放送すれば、政権は安泰。それを今までしてきた。

しかし、こんどばかりは、目に見える形になってきたので、危ない。そういう政権がどうこうというより、目の前に迫った国民の危機を、どうするのか?それに対し、適当に会食しているのでは、話にならない。

もう抑えることが相当困難になってきた。クルーズ船の失敗から、市内感染も阻止できなかった。自分で身を守るしかない。

とにかくコロナウィルスは、潜伏期間が長いようだ。それだけ弱いのかもしれないが、比較的軽症が多いということも、それを裏付けている。

しかし、これらで安心できることではない。中国では、錚々たる医師が死亡している。とても普通のウィルスとは考えるべきではない。

それに対し、政府は何も対策を取っていない。これから厚生省とかメディア関係者とかが、発症してくる可能性がある。どうするのか?

| | コメント (0)

新型コロナ韓国で拡大か?!

韓国政府は21日、新型コロナウイルスの感染者が120人を超えた南東部・大邱テグ市や周辺を感染症の「特別管理地域」に指定し、中央政府が直接対策に乗り出すと発表した。韓国の感染者は前日から100人増えて204人に達し、症状を訴え検査中の人も3000人を超えており、対応を強化する。

そういうことだろうと思った。韓国では、春節で中国人が、何だったか?ずいぶん多くの中国人が入国していることを、ネットで読んだ。

だからいずれこうなるだろうとは思った。これらの懸念は現実になるということは、日本でも水際対策に失敗しているので、陰性でも20日以上、症状がない人が、その後発症している。これは大変厄介なウィルスだと思う。

感染していても、軽症の人が多いといっても、それは逆に抑え込みが難しいのかもしれない。

日本での市中感染が確認されているので、いつ爆発的に増えていくのか、わからない。とにかく人混みを避けるしか方法はない。

韓国での抑え込みができなくなると、次のリスクが増えることになる。

これで事実上、オリンピックは無理だし、開催しても、大赤字にしかならない。全てのものが、再考されなければならない。

今の時点で選択できることは、「自分の身は自分で守る以外に方法はない」ということだと思う。

ただ、テレビ局や報道関係者は気の毒だと思う。それが仕事なのだろうから。しかし、その人たちによって、感染源が増えるということもある。

| | コメント (0)

ついに予言が実現か?日テレコロナ汚染。

日本テレビが新型コロナウイルスでパニックになっている。感染を疑われているのは2人の社員と、同局に常勤する番組制作会社社員1人の計3人

日本テレビが感染したのだろうか?私が予言したとおりだ。まだ、他にも報道陣が感染している可能性がある。

これらが事実だと、大変深刻だ。社会活動そのものができなくなる恐れがある。

にもかかわらず、自民党政権は、菅長官の官僚的な話で誤魔化している。いままでも、そうだったが目に見える形になってきた。

官僚主義が、弊害があるのみで、いいことではない。しかし、私の多年の発言にも気にとめず、止めようとしない。官僚に政治を任せるのは、政権運営では楽なものである。しかし、被害は国民におよぶ。また社会が進歩しない。

コロナ汚染禍は収束はするのか!!

 

| | コメント (0)

コロナ肺炎の症状

コロナ肺炎の症状が伝えられている。分かりやすいものが多いが、事実簡単に分かりやすい。

嘔吐、下痢、発熱、高熱。だるい。咳。これらのものが肺炎の症状である。特にコロナはだるいらしい。

こういうのと母親の症状を比較すると、母が殺されたということはもう確信を通り過ぎてしまう。

たぶん、病院の方での、誤認、誤診というのは、ある程度分かるように…

たとえば、5月2日の「もうすでに失禁している」というのは、誤嚥性の肺炎を念頭に書いているのだろう。

これらは私が「昨日の夜に下剤を飲ませているから」と説明しても、誤診してしまうのだろうか。

これは「嘔吐」もそうだ。嘔吐をしていないのに、パジャマに私がかきだしたエンシュワがついたものを、嘔吐とした。

嘔吐というのは、胃から戻すことだ。これだけ事実関係が違う。

結局、母には肺炎の症状はなかったということだろう。誤診?と誤認とその上で、殺害の意図というのが、乗っている。

| | コメント (0)

なぜかコロナを応援する2ちゃんねらー

なぜかタクシーの運転手が感染し、その仕事に共同通信がある。

それでにわかに2ちゃんねらーが、がぜん勢いづき、「上級国民ざま―」「マスゴミザマー」「あべざま―」とか。

なぜか私を応援しているようなスレになっている。偏向マスゴミとはうまいこと言うよな。

でも、いずれにしてもテレビの中に入るのは、時間の問題と、私も前に書いた。いつなのか?とも思う。

これで共同通信から入っていくと、予定より早いような気もする。これはもう職業病だよ、彼等には。死人は出るのだろうか?

さあ、最後の栄華を誇るのだろうか?

やっぱり、正直者が勝たなければいけない。

| | コメント (0)

神奈川死亡。他に千葉20代

これらは、私が考えていたより少し早い。テレビでクルーズ船とかいろいろ言われていたが、1月末ですでに感染例がある。

千葉でも早い。とうに広まっている。やはりだったが、それでも考えていたより少し早い。

これらは感染経路がわからない。そろそろまん延していると考えていいかもしれない。

政府が、そもそも検査をしていない。するようになって感染例が続けて出ている。空港職員も調べなかったのだろ。まずいよね。

とっくに他の経路から入っている。とにかく自分のことは自分で守る。自己免疫を高めるしかない。栄養のあるものを食べることだ。それ以外にないと思う。

母親は、東京西徳洲会病院で殺されたが、母はとにかく免疫が強かった。99歳だったが、とにかくコレステロールが平均数値より高かった。中性脂肪も高かった。でも菌などには強かった。

私も母に見習って、コレステロールとか中性脂肪とか、少し多めにとろうと思う。間違いがないと思う。

| | コメント (0)

都内のタクシー運転手。和歌山?!

ついに来たのか?来るとは思っていたが、早すぎないか?まして和歌山までというのは、どうなのか?

いろいろな理由で、高裁とか最高裁とか行かないといけないとすると、たいへん身の危険を感じる。とにかく昨日から、基礎体力をつけることを始めたが、これほど早く来るとは思わなかった。これでは栄養を摂っている時間もないのではないか。

これからは検温を毎日しなければならない。アルコール消毒をしたいが、ない。ここのところ咳が出ていたし、気にはなっている。今日は頭が少し痛い。これは花粉症なのか?

気にしてはいけないし、気にしなければならない。後は、私はテレビの出演者が、どういうように出演をしなくなり、休むのかを指標にしようと思う。とにかく喋らなければならない仕事なので、相当影響は受けるはずだ。

あとはどうするのか?郵便物とか本とかは、買ってもいいものなのか?他の人が触ったものは触らない方がいいだろう。とにかく早く収束して欲しいが、今日は中国で、感染者がとみに増えた。まるで冗談かと思うほど増えた。

ダイヤモンドプリンセス号の内部の映像を見て、あれなら感染しても当たり前だと思った。止まらない訳だ。これからもクルーズ船内では増えていくのだろう。

とにかく自分の身は自分で守るしかない。

| | コメント (0)

コロナ肺炎、新たな感染者39人。検疫官1名

コロナ感染者が新たに39人。なかでも衝撃なのは、検疫官が1人感染した。これを考えると、ある程度注意していても、感染する可能性がある。

いよいよ外に出始めたのだろう。少しづつ出ても、とにかく外出を控えること。直接の接触は控えること。

薬がない以上、免疫力を高めるしかないようだ。それには基礎体力を上げなければならない。

今日から少し、栄養のあるものを十分に食べていく必要がある。基礎的なものといえば、卵とか牛乳なのだろうか。あるいは肉。魚。

後は、テレビを見ていれば、出演者が少し出なくなる可能性がある。私は目に見える脅威は、そうしてはかろうと思う。テレビなどを見ていると、とにかく彼らは、話すのが仕事なので、いちばん感染しやすい人たちだと思う。集まるし。

私は栄養のあるものをとりながら、危機をどう回避するかを、熟考するしかない。自重。

| | コメント (0)

新たな肺炎患者は66人!!衝撃!!

ダイヤモンドプリンセスの新たなコロナ患者は、66人に上った。前日には100人近くが体調不良を訴えていた。それでも衝撃だ。ある意味密閉空間で、対応しているのがいけないのだろうか?とにかく敵の性質が分からない。

空気感染はないというが、飛沫で空中に漂うともいう。このへんのところはよく分からない。

母親が東京西徳洲会病院で殺されているので、今はいろいろな情報を受けると同時に、検証もしている。ただ、中国の映像を使用しているものが、局が違うのか?同じ映像なのだが、翻訳が違う。「下痢」と「咳」の違いがある。

こういうような翻訳の違いというのは、以前から承知してはいた。テレビ局には、外国語などができる人が少ないとも聞いていた。今はどうかは知らないが、現実に中国語において、異なる翻訳がされている。多くは言語にかぶせている。

こういうような違いは、母親のカルテでは、多数存在する。まずもっとおかしいのは、誤嚥性の肺炎というが、母親が病院に入っていて、咳をしたのを見たことがない。入る前もそうだが、私には記憶がない。高熱もない。

そもそも酸素量が99%で、誤嚥性の肺炎などというものはない。それに仮にそうであっても、ジコキシンの中毒の8日には、肺炎の状況は完璧に治っている、と記載されている。それで退院の用意をしているくらいだから、ジコキシンで殺害したといっても、99.9%間違いがないだろう。

母親を殺害されたことで、はいそうですかなどということはない。おしゃれ事件もそうだが、もはや答えは出ているのだから、やるだけだ。三島由紀夫は「行動」と揮毫した。そう、実存主義の典型だ。

それといま、私がここのところ使用していなかった、空気清浄機を使用するようになってから、少し喉がおかしい。何か菌に侵されているかもしれない。そういう意味においても、テレビでの「肺炎」の症状に注目している。

腎をやられれば、透析もすると。母の場合、ジコキシンで故意に循環不全を起こされたので、腎など内臓をやられるだろうと、抗議した。これはカルテにも書かれている。中毒後3日には0にもなっている。それで内臓がやられない訳がない。

同じようにしてやろう!!

| | コメント (0)

マスク1箱50枚買えた!

マスク1箱50枚が買えた。日頃からいろいろとお付き合いはするものだ。なんということもなく「ありますよ」で替えた。

これからは花粉症の季節。どうしたものかと思っていたが、買えてほっとした。

| | コメント (0)

中国、いや世界はどうなる、パンデミック!!

中国・武漢市を中心に急増している新型コロナウイルスによる肺炎について、西浦博・北海道大教授は4日、東京都内で記者会見し、現時点で中国の感染者は10万人に上るとの推計を明らかにした。

パンデミックになるような気がした。最初の武漢封鎖の時に、またタイミングも悪く春節になった。多くの人たちが春節で気持ちが浮いているようなときでもあったかと思う。そういう時期に、また保菌者が移動したように思う。

このまま収束しなければ、経済も大変なことになるし、オリンピックも中止になるだろう。どうなるのだろうか?とにかく中国加油で、頑張ってもらわなければならない。東京などで広がったら、あの混雑だから、完璧にアウト。経済も何もかもアウト。日常生活はどうなるのか?

私ら高齢者は、家に閉じこもっていても、食料があれば何とか生きていける。しかし、配送の人とか商品で感染するようなこともあれば、どうなるのか?

とにかくじっと息をこらえて耐えるしかないかもしれない。これらの菌と地球温暖化は関係があるのだろうか?温暖化や酸素が少なくなれば、当然今まで考えられないようなことも出てくるかもしれない。今回がその序章なのか?

実はこういうようなことを、若いときに読んだニーチェに書いてあったような気がする。人が作り出した。

私が高校時代に学んだことが、信じられないくらい予言されている。普通の高校だったが、考え方は50年以上進んでいたことになる。何しろ自然のことについては、詳しいから、地球温暖化など、生物の授業で言われていたことが、そのまま現実になった。

私はこういうように奇妙なことのように進んだ考え方を、たまたま手に入れていた。それにしてもニーチェはスゴイ。引きこもりやオタクが生き残るのだろうか?この人たちがいいアイデアを出してくれて、人類が助かるというストーリーは、漫画の中だけなのだろうか?さて?

| | コメント (0)

解体作業は!?

台風19号で4000棟以上の建物に浸水被害が出た長野市が、住宅の建材に発がん性物質アスベスト(石綿)が使われていると把握していながら、被災者や災害ボランティアに石綿入り建材の撤去や防護の方法などの対策を実効的に周知していなかった。浸水してカビが生えた壁を剥がしたり建材を運びやすくするため粉砕したりする中で石綿を吸い込み、今後、中皮腫や肺がんを発症する恐れがある

これなんだよね。私は何度も、それこそしつこいぐらい、隠ぺい社会を非難している。情報を隠ぺいして誰が得をするのか?誰も得をしない。そもそも民主主義の考え方に反する。

私たち日本国は、表向き民主主義社会を標榜している。しかし、その実態は、官僚・独裁・隠ぺい社会。残念ながら中国よりも悪いかもしれない。中国の人権問題は、日本にも聞こえている。

ところが、日本での私への人権侵害問題は、そもそも存在しないように日本のメディアは扱っている。つまり、無視している。それはなぜなのか?たとえば、どこかの週刊誌が、日本テレビおしゃれ事件や母親が殺された事件を取り上げたらどうなるか?

簡単に言えば、警察やメディアがしている、私に対するでっち上げが表面化し、それを知った人は「嘘を言っている。嘘を書いている」と言っていたが、「本当のことではないか」となる。

つまり、必死になって嘘を言い、国民を騙しているマスゴミや警察が、その実「嘘をついていた」ということになり、批判が集中し、おさまらないだろう。

これらのアスベストの問題は、実は大変身近な問題だ。建物を壊す時は、これを考えない訳にはいかない。それを周知させていなかったというのは、理解できない。

このように情報を隠ぺいすることは、いいことが一つもない。これでは被災者もボランティアもたまらない。ただこれだけは言えることがある。それは普通の家を解体するときも、アスベストのことを考えた方がいいと思います。

我家にも使用されているのではないかと思います。十分に気をつけましょう。政府などを信じられないというのは、中国以上だと思います。反対します。隠ぺい社会に反対します。自分の家に使用されているかもしれません。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »