« 台風19号中心部八王子を通過か | トップページ | 教員間いじめ性行為を強要!? »

大手銀行でも新人の半分は消費税計算に苦戦

 パソコン教室の運営を主力とするマミオン(東京・新宿、森万見子社長)が「大人のための算数・数学教室『大人塾』」を始めたのは11年秋。通う人のほとんどは誰もが知る大手製造業やサービス業で働く現役の社員で、大卒も多い。

 「話を聞いて驚かれる方も多いが、つい先日も大手金融機関で新入社員200人に消費税の計算をさせたところ、半数が税抜き価格に1.08を掛けることができなかった。これが日本の現実」と森社長は話す。

 「天才や異才を育む仕組み」が日本の教育にない証としてよく取り沙汰されるのが学術論文の低迷だ。多くの人は、「天才や異才を育てるのは苦手でも、社会で生き抜く必要最低限の知識をできるだけ多くの人に植え付ける」“均質性”の点では、日本の教育は世界トップクラスだろうと思っていたはずだ。「引き算」や「割り算」を学び直す大人たちの存在は、そうした楽観を根底から突き崩すといえる。

これにはびっくり。私も数学は得意ではない。しかし、銀行業務をする人が、1.08を掛けることができないというのは、どう考えればいいのか?得意なのだとばかり思っていた。

ここまで教育が劣化しているというのは、中身が本当に問われなくなっているのだろうと思う。ある程度の均質性はあるのだろう、というのも怪しくなってきた。相当の分野でおかしなことが起きているのは事実だ。

最近では学校の先生が「いじめ」をしていたということ。呆れるというよりどうなっているのか?と。まじめに仕事をすることができないのか?私の場合も、様々なトラブルがいくつかあるが、そういうのもよく理解できないのかと思える。

そのほとんどが論理的な思考ができない。それは確かに「日本テレビおしゃれ事件」などにおいても、そもそも私の抗議の手紙など、本来存在してはならないものだ。つまり、普通のテレビ放送では、放送で性的関係の実況中継などしないものだし、それをやればおかしいということが当然あるはずだ。

ところが「おしゃれ」そのものが、久米や楠田が番組の制作や演出に関わっていたのだろう。あるいは本人任せか。いずれにしても、ありえないことについて、日本テレビ側も知っていることなのだから、普通に放送しなければならない。

この普通ができない。それを一般人の私に指摘されて開き直った。それで犯人にでっち上げ。そもそのが名誉棄損に問えないことを、そうする。その事情を考えれば、超音波盗聴機も出てくるのだから、政権にとっても、このような不祥事があることはまずいだろうと…。でなければ、こんな機材は出てこないはずだ。

これが出てきたことで、それ以外の事件においても、どうやら広く超音波盗聴をしているようだということだ。こういうような考え方も、たぶんできなくなっているのだろう。これはいろいろな話をみると、結局、多くの人が結果からしか物事を見なくなっているということだ。

だから無責任なことや言動を平気でする。これも気がつかないのか?理解できないのか?日本の崩壊は、内部崩壊から始まるのだろうか?!人間の劣化!日本スゴイも自信のなさからくるのかもしれない。

|

« 台風19号中心部八王子を通過か | トップページ | 教員間いじめ性行為を強要!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風19号中心部八王子を通過か | トップページ | 教員間いじめ性行為を強要!? »