« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

道志小1不明、母会見

道志の小1不明事件で、母親が会見をした。しかし、それほどやつれてはいなかった。胸を開けていたのが不自然だったが、もっと奇妙に感じたのが、まつ毛の長さだ。

なぜ、あのような長いまつげをつけて会見をしているのか?毎日ケアしないのか?子供が不明になってから、そのままなのか?それとも今日会見があるからまつげをつけたのだろうか?

とにかくそんなことを考えてしまった。お父さんは本当に泣いているように見えたが、お母さんはそうでもないという印象を受けたのは、私だけだろうか。

といって、このようなことで両親を批判するつもりはない。重大な時にポカしてしまうこともあるだろうし、そういうことを考えている暇はないかもしれない。

子供のことで気になることはある。子供たちについて、よく聞くいじめなどについても、子供たちが影響を受けるのは、両親、テレビ、家族、学校。それでもいじめで自殺をした子供たちの「ボッチは嫌だ」という声を無視することはできない。

大人たちは、そういうことを見かけたら、どうすればいいのだろうか。大人たちは無力だ。

とにかく表面だけのテレビの放送などを見ていると、害があるばかりで、益がない。口先だけの人間が幅を利かすのは、困ったことだと思う。子供たちの悲鳴が今日も聞こえてきそうだ。

| | コメント (0)

小1不明?おかしくないか?!

山梨県道志村で行方不明の小学1年小倉美咲さん(7)

道志村で不明の美咲さんについて、報道ステーションのレポートを見た。それでおかしくないかと思った。レポーターは、他の子どもたちが行った方向への、沢の方への道をたどりながら、そちらの方向で母親が目撃している、と言います。

ところが、以前のニュースでは、逆の方へ行ったと言っていなかったか。つまり、子供たちが遊んでいる方向へ行ったなら、なぜ会わないのか、となる。すると事件性が出てくる。

しかし、当初は、子供たちが遊んでいる方とは逆の方へ行ったと放送していたように思う。母親が見たという目撃証言は正しいのか?つまり、母親は責任を問われるから、とっさにそのように見たと言ったのかもしれないし、こういう事実関係は不確かなものだと考えた方がいいと思う。

特に自衛隊がこれだけ投入されても見つからないというのは、逆の方向ということも考える必要がある。夜の山に入る、あるいは、、いるということは大変恐ろしいことで、子供がどれだけ耐えられるか信じられない。

真っ暗な中で、鳥やあるいは獣の声なども恐怖になりますし、とても耐えられるものではない。

ニュースが例によって、最初に報道されている事実と微妙に違ってきていると思いますので、ぜひ逆の方向も探していただきたい。

| | コメント (0)

八王子だが、さっきから空がうるさいのだが、何かあったのか?

先程午後8時ごろから上空が騒がしいが、何かあったのか?盛んにヘリのような音がした。いつもはない。騒がしいが?オスプレイか?

道志の子供の不明か?

| | コメント (0)

道志村キャンプ場少額1年生不明、まさか


  小学校一年女児が行方不明となっているのは山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」だ。

ニュースでも取り上げられている、小1不明、今日で5日目だと思う。それでも見つからないというのは、どうなっているのか?

この場合、尾畑春夫さんに来てもらう必要があるのか?母親が目撃した方向を探しても、まだ見つからない。まして小1。

1人で行かせること自体信じられないのだが、母親が見送っている。キャンプをする人の感覚と言うのは、そういうものなのか?大丈夫?と言うより平気、だったのか?

しかし、これだけ探しても見つからないというのは、どういうことか?自衛隊も投入。

こういうご時世だから、母親を疑う訳ではないが、母親が目撃したという方向とは、逆の方向も探した方がいい。

こういうのって、母親に聞くタイミングもあるし、その時の状況もある。母親は自分の責任を回避するために、そちらに見た、と言ったのかも知れない。あるいは、迷っても?!ということも考えられる。

母親の言う方向とは逆の方向も探すべきだ。

| | コメント (0)

気候問題をセクシーに?!

「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべきだ」ロイター通信はこの発言を取り上げ、

いやいや、驚きました。小泉環境相が「気候問題をセクシーに」というのは、まさか私のものをまた盗んでいる訳ではないですよね。私もいろいろの問題を考える時の、一つの尺度に「セクシー」ということを考えます。

もちろんバリバリに仕事をする女性を、よく見るとセクシーでしょう。これです。最近は、婚活というようなことで、年収入が何百万とかいろいろ騒がれますが、そもそもそういう女性って、男性に依存しようと思っているのではないですか。

男性の中には、機会に恵まれず、お金も手に入らない、出世をする機会もない。そういう人もいます。鍛錬すれば、上物になる男性もいます。そういう男性を、女性はそもそも探そうと思わないのか。また、それを見抜く目がないのか?

とにかく客観的に、年収とか学歴とか家柄とか、そんなものに頼って判断するようだ。これで結婚ができないと若者が嘆く。

しかし、時代はいつも若者のもの。これから時代は次々に変わっていく。その辺をうまくとらえることができる人間が、未来をつかむ。そんなもの俺はないけどと開き直り、裸一貫でやってやるという気概がある若者はいないのでしょうか?女性でも同じです。

テレビなどで同質化された人間には、同じような考えしか浮かびません。それを考えること自体がそもそも二番煎じなのです。

70歳の私も努力してます。とてつもなく異質かもしれませんが、民主主義を日本社会に芽生えさせるために、頑張っています。

セクシーであることを考えましょう。気候変動は今までの考えでは乗り越えることはできないかもしれません。それがセクシー。求められています。

(追記)この発言は、隣に座る女性が直前の会合で「気候変動との戦いはセクシーであるべき」と述べたのを引用したもので、ロイター通信が大きく取り上げた。

セクシーと言うのを、アメリカ政界では、よく言われることらしい。これは私は知らなかった。私自身は、若いときから「セクシーじゃない」とか、よく考えていた。しかし、日本では余りこの「セクシー」と言うのを性的な意味に使用することが多いように思うので、口に出していうことはなかった。

若いときにアメリカの情報を、相当得ていたが、記憶にない。私自身は「魅力的」と言う意味で使用している。男性もセクシーな男性というと、文句なしでしょう。ただテレビの場合、嘘の場合が多いので注意。

 

| | コメント (0)

相続について、また

相続について書いておこう。相続というのは、実に厄介なものだ。確かに、雑誌などで、1人が法定相続と言いだすと、争族になると書かれている。今は我が家でもそうなっている。

その上、厄介なのが当事者が弁護士に一任していて、どうやら家庭の事情というようなものを、ご存じない。つまり、家庭の事情をすべて考慮しなければ、それは相続の話ではなくなる。

申立人がしているのは、分割しろとかいうが、そのことについては父母がすでにとっくに自分たちの意思を現実に反映している。つまり実現しているのだ。ところが、相続人たちは、死んでしまえば、口がないとばかりに、平気で嘘をつく。

つまり、申立人が言われているのは、銀行などの数字は合っている。しかし、それ以外はすべてでたらめ。ごく普通の家庭で生活をしていて、それらのことについての事実関係、つまり証拠になるべく写真なり、音声テープなりを証拠として残しておくかということです。

たとえば、お風呂を使用しているとか、夕ご飯を食べているとか、洗濯機を使用しているとか。ところが、こういうことは私以外の人間は分家している訳で、私が面倒を見る必要はないのです。

他人ならお金をくれます。しかし、分家の人間は、そもそもたかっている訳ですから、あるいは因縁をつけるために、私に世話になっている訳ですから、質が悪い。それで相続になれば、そんなことはしていない。金を寄こせ。

ですけど、偽装結婚をしている弟は、ヤクザとつながっている訳です。そんな人間に何をやれるのでしょう。こういう人間に、例えば100万やれば、ヤクザは80万を手にするかもしれません。つまり殺さずに次をやるわけですから、当然お金を取り上げるわけです。

この連鎖があるのだから、私は1円もやらない、と言っている訳です。だから申立人の嘘は、全てにわたっている。しかし、こういうふうに相続を舞台にして、詐欺行為ができるのでしょうか?

その実情は、分割を簡単にした場合、申立人は生活ができないのではないかと思う。アパートがありますが、その人たちも生活ができなくなります。当然出ていくでしょう。緊急車両のストレッチャーも入らなくなるかもしれません。つまり無理でしょう。

私の方は生活ができるのですが、申立人ができなくなる可能性がある。そうすると土地などを売るのでしょうか?としたら、こういう損害は誰が責任を持つのでしょうか。申立人の弁護士が言われているのは、すべて適当。数字の上で分ければいい、それだけです。

つまり、こういうことを申立人は認識してないのでしょう。弁護士に一任しているということは、これだけでたらめをやるということです。でたらめをやって、自分は報酬をもらえばいい、では問題ではないか。

いずれにしても後々の問題が次々に発生してくる。だから、父母は、全てを私に任せて、弟を他家に養子に出しているのだ。本来の相続をする人が、そもそも家を建てるとか回すとかする能力のない人なので、お金があればできるだろうとして、お金のある家に出した。それでもできない。何もできない。だから私の借家を不法に占拠して「子供だから」と言っている。72歳と64歳です。厄介な人たちです。

とにかく私は、この二人の面倒を見るつもりはない。父も母も、それでいいとしてますので、それに従う。私は父母の遺志に従い、それを実現するだけです。それが相続の法律に沿うことですから。

| | コメント (0)

連日の韓国報道テレビよ

秋である。隣は何をする人ぞ、というワケでもなかろうが、テレビは連日、韓国の文在寅政権の報道にご執心である。安倍晋三首相側近が誰かは知らずとも、文大統領の側近には詳しいという人も多いのではないか。テレビよ、いや視聴者よ、これでいいのか。

テレビをよく見る方ではない。しかし、それでも韓国の放送は少しは知っている。それらを見ると、ほとんど切るか、チャンネルを変えるかする。

しかし、韓国の報道は、視聴率が獲れるのではないか?というのも、韓国は日本より民主主義の進んでいる国だと、私は思っている。だから、ドラマがある。その筋書きが少しきつくても、それが人生。世の中。これが本当の人間の性。

ところが、日本の場合、そのようなものはすべて排除される。民主主義社会というより官僚主義社会。ほとんどのものが上からの命令のように行われる社会。

いつだかチラッと見たが、NHkに村木さんが出演した。そうしたら村木さんが薦める「一日一生」と売り出す。なんか情けなくなってくる。ここまでメディア化して、社会とつながることを、テレビなどを主導とする情報操作が行われている。

私は、こういうものは読まないようにしている。それ以前に「一日一生」を読んでいたが、あまり、いいものだとは思わなかった。というより、私の考え方と合わないのだ。

仏教というのは、結果として必ず、自己がおさまるようになっている。しかし、人間の実態はそうではないと思う。私は人間は全的に生きるべきだと思うので、殺人もありですとしている。

「歎異抄」がいいというのも、そういう人間の実態を否定していない。ありうるのですよ。現実に私たちの父母は、先の戦争では人殺しをしていました。間違いないことでしょう。

テレビを見てごらんなさい。テレビでメッセージのようなものを言います。それらほとんどを無視すべきです。人を殺してはいけないとか、人に迷惑をかけてはいけないとか。

しかし、私の経験でも、日本テレビおしゃれ事件を通じても、彼らは人に迷惑をかけることなど、朝飯前。警察も同じ。人殺しのようなことを平気でしている。発覚しなければいい。これが彼らの論理です。

ですから、NHKが「絆」キャンペーンをしていましたが、これも政府の肝いりでしょう。こういうふうにして世論を鎮め、情報操作をしている。汚染水にしても、いずれ海に流すのでしょうから、それをこっそりやるのでしょう。

「絆」です。こういうことに抗議するのはやめましょう、と。皆協力しましょうと。被爆している子供たちの実態は、およそ不明。そういう実態から目をそらすには、「絆」。皆が同じことをしましょう。

メディアが、そもそも現代社会の重大な問題に対して、報道することを拒否している。NHkスタッフが「報道しない自由がある」と堂々と発言する。とにかくこの国では、金とか権力を握ったものが勝つ仕組みになっている。

だから勧善懲悪なんて言うけど、テレビの刑事ものや正義物語もそう。でもそれらは日本では夢物語なんだよ、と言うしかない。あるいは嘘物語でしかない。現実とは程遠いもの。

だから、韓国で、いろいろな人間の醜いものが出てくると、日本人でも惹きつけられるのだろう。実際の日本の社会も、そのようなものがあるが、あっても、報道しない自由があるので、庶民が主役のものはダメなんですよと、そういう声が聞こえてくる。デモをする。これもドラマ。

日本では、必ず権力者とか金とか学歴とか、分かりやすいものがいいようだ。ところが今や日本は低学歴社会だそうだ。情報操作もやりやすく、それをしている人間は、笑いが止まらないだろう。見てごらんなさいテレビを、笑っているでしょう。

韓国が面白いんですよ。民主主義社会です。日本とは違います。表面だけ取り繕っている人間が住む社会とは違うんです。韓国は人間的でしょう。

| | コメント (0)

連続に、断続的に、送ってきた。

相続に関して、相手の弁護士が、9月3日、7日、10日と書類を送ってきた。13日に開かれるので、その前に私をパニックに陥れる目的か?あるいは対応ができないようにしているのだと思う。

これを故意にしている。意図して分散させて送っているのだろう。ただ、そうなると相手が相当不利になっていると考えているものと思える。相当変な文章もある。

いずれにしても、相手は嘘を沢山ついているので、まず私の方は大丈夫だろうと思う。

長引けば、こちらがいろいろな資料を多く出せるので、有利にますますなる。とにかく、相手は分割。家の事情も知らないのに!?

つまり、そういうのは、全くない。他の家でもそうやるのかもしれないが、その家の事情が分からなくて、故人の遺志をどう生かすのか?これが私には分からない。ただ資産をあげて、分割せよ、では、死んだ人間がたまらない。故人の意思を無視しているのは、相続ではない。

私はそう思う。故人の意思、遺志は、どうなのかを考えるのが相続だと思う。相手にそれがない。

これで分割をやられると、憲法違反も出てくる話だ。

| | コメント (0)

忽然とカモがいなくなるというが、忽然ではない。

アイガモを使ってコメ作りをしている農家のもとからアイガモ20羽が忽然(こつぜん)と姿を消しました。一体、何があったのでしょうか。アイガモ農法でコメ作りをしている河島努さんには、ある悩みがありました。それは、肝心のアイガモが日を追うごとに居なくなってしまうのです。道路にはくっきりと足の形が残されていました。アイガモ農法とは有機農法の1つ。アイガモが雑草や害虫を駆除してくれるため、農薬をほとんど使わずにコメ作りができるのです。河島さんがカモ26羽を購入したのは田植え直後の6月でした。ところが、7月に4羽、8月は13日に8羽、15日にも8羽いなくなって現在、わずか6羽となってしまったのです。

これはテレビ朝日のニュースだそうです。これ「忽然」と言っていますが、よく読むと忽然ではないですよね。私が不快に思うのは、テレビはとにかく、言葉をいい加減に使う。「忽然」とは、突然でしょうから、6,7,8月にわたることは、意味が違うと思います。

特に民放テレビは、この手のいやらしさは、抜けることがなく、いつまでも続いている。だから言葉を大切にしようと思ったら、テレビを極力見ないようにしなければならない。疲れますね。本当に嫌です。ばかばかしいです。

いい加減にして欲しい。

| | コメント (0)

優先席での…SNS

女性は生理痛のため優先席に座ったところ、隣に座っていた男性が「高齢者の僕が座る優先席に若い女も座る。厚かましさに程がある。立てよと言いたいけど、逆ギレしそう。●●●最悪」と書かれたタブレットの画面を見せてきたという。女性がその画面を撮影し、SNSに投稿し、物議を呼んでいた。 フリーアナウンサーの小倉智昭氏(72)は「黒く塗りつぶしているところに、もっとひどい事が書いてあるんですよ」と明かし、あえて消しましたよ。今、時が時だけにね」と説明。「この男の人がやっている事は最低ですよね。もし、そう言いたいんだったら、『どうしました、具合でも悪いんですか』っていう声のかけ方をしてあげればいいじゃないですか。何もあからさまに、こんな事をやる必要があるかどうか」と首をかしげた。

このニュースを知って愕然とした。タブレットを見せた男性とそれをSNSに上げる女性とアナウンサーの発言と。それから優先席とそれ以外の席も空いていたということですよね。そう放送していたと思います。

口で言えばいいかもしれないとしても、口で言えば他の人の前で恥をかかすことにもなりかねない。女性は生理痛だといいますが、そうであるかは分からない。口で言えばいいというなら「体調が悪いから」と女性が言えばいいのではないですか。

男性は、それらの事情を知らないでタブレットを見せているのでしょうから、なんともいえません。事情を女性が話さなかったのでしょうね。それをSNSに上げて批判をするのは、どういうことなのだろう?

女性の事情を知れば、確かにひどいことだと思うでしょう。しかし、男性は知りません。そういう事実関係を前後してみれば、ずいぶんおかしな話だと思います。それをアナウンサーが「最低です」と批判できるのでしょうか?

そもそもこういう人たちを作っているのがテレビでしょう。それをテレビが批判できるのでしょうか?「具合でも悪いんですか」と話しかけよ、というのも事実関係後の話です。それで批判すべきではないです。

テレビは全てこういうふうに批判したりします。本当にいただけません。私も介護をし続けた後は、長時間立っていることもできません。足が痛くて立ってられないのです。そういう個人の事情は外からは分かりません。

それを批判する風潮が背後にあります。他にも私は腰痛で1部の関節がせんべいになっています。後に関節と関節がくっつくと?本当かどうか分かりませんが、立って歩いている分には分からないでしょう。

誰にでも個人の事情があるから、そこを考えるべきだと思います。テレビでマナーだと言って他者を批判したりするのは、民放などの専売です。これを男性が真似たんでしょう。

| | コメント (0)

1日1食派は

1日1食派の人が、時々耳に入る。南雲医師とかビーちゃんとかもそうらしい。日野原先生も近いか?

そういうことなのかもしれないが、やはり人は人。お医者さんならハードな肉体の使用はないだろうし、時間の管理も自分で思うようにできるだろう。そういうことを考えると、やはり恵まれた人が1日1食なのだと思う。

ではそれで長生きするかというと、それも違うと思う。スーパーボランティアの尾畑春夫さんは、ここでみたのは、例のパックご飯に梅干し3個。以前はパックご飯に卵が3個。79歳?か。

やはり、その人の活動状況によって、それぞれ違うということだと思う。動いて汗がダラダラの人が、1日1食で生きることは難しいと思う。長生き100歳まで生きた人は、やはりそれなりのことをしている。

激しい運動がいけないと言われるが、母もそうだがよく働いた。長生きの人に重労働をしている人もいる。やはり、その人はその人。重労働をして腹が減ってしょうがないのに、空腹は健康にいいなんてことを言っていないだろう。やはり相当食べると思う。

健康法はその人によって違う。体質もあれば、性格もある。酒はいけないというが、長生きする人もいる。

それをテレビなどで、これを食べれば健康にいいというものはあるのだろうか?母は99歳で殺されちゃったけど、あと2,3歳は生きられたと思う。母はコレステロールは多い。それで血管の1部が石灰化している。しかし、これも考えようで、血管が切れるより詰まる方がいい。中性脂肪も多かったし、母の健康を管理していた私は、中性脂肪などずいぶん苦労した。

しかし、これも医師によって、あるいは病院によって違う。母は他の病院で「歳ですから」と見放されていた。それが北原さんで見事に命をつないだ。それまであった不整脈が出なくなった。でもこれも人によって違うと思う。

母を見ているかぎりにおいては、コレステロールもそんなに気にすることはないだろう。血液検査をすると、とにかく私が驚くようなことだった。私が下げようと苦労したが、どうかすると値がぎりぎり入るというようなことだった。

厄介なのが血管が切れる方だ。コレステロールが少ないのか?善玉か?切れて手術ができない場合は寝たきりにもなるだろうし、植物人間にもなる。それを避けるには、少しコレステロールが多い方がいいような気がする。

しかし、これもたぶん人によるのではないか?これで健康で長生きができる方法なんてあるなら、それこそ永遠の命の長寿食。あるのだろうか?

私のように眠れない人間が1日1食にも関心を持たない。眠れないからキラーストレスで殺されるかもしれない。日本という国は、とにかく隠蔽社会でストレスだらけだ。ストレスが体にいけないというのは、本当だと思う。長生きの人は、ほとんどがストレスのない生活をしていることが多い。

地中海の島でみんなが長生きとかいう特集で、何を食べているからなんて言うが、とてもとてもそんなこととは違うだろう。青い空にきれいな空気。同じようなものを食べようが、こちらはスモッグを吸って生きている。騒音だって並じゃない。

これでおかしなテレビを見ていて幸せになれますか?テレビを見てストレスが倍加する!?「もっと自由を」というのか、育児放棄でまた幼子が殺される。テレビの影響以外考えようがない。それでいてテレビは、これを食べれば長生きし健康にいいみたいに言う。

あほらしいやらバカバカしいやら。香港市民の方がよほどまともだ。香港加油!香港加油!命短し恋せよ乙女!

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »