« 神の手?! | トップページ | 嘘つき芸尿会、テレビ界 »

1人で歩くな白杖壊し、暴言、八王子

東京都八王子市の京王八王子駅前の路上で今月3日、点字ブロックの上を歩いていた全盲の男性が通行人と正面からぶつかり、白杖(はくじょう)が壊れた。つえを拾おうとかがんだところ、男の声で「目が見えないのに1人で歩くな」と言われ、右足を蹴られたという。けがはなかったが、相手はそのまま立ち去ったという。

被害に遭ったのはNPO法人「八王子視覚障害者福祉協会」副理事長で市内に住む宮川純さん(41)。3日午前8時ごろ、JR八王子駅前でバスを降り、歩いて職場の福祉事業所に向かう途中だった。予備のつえを使って職場に着くことができた。

散らばったつえの部品を拾ってくれた通行人が、ぶつかった相手は「20~30代のサラリーマン風の男」だったと教えてくれたという。宮川さんはぶつかった直後にスマートフォンが落ちたような音を聞いた。毎日新聞の取材に「もし『歩きスマホ』なら絶対にやめてほしい。白杖がなければ外を一歩も歩けない人がいることを分かってほしい。予備のつえで歩いているが、不安でたまらない」と訴え、助けてくれた人や心配して声をかけてくれた人に感謝の気持ちを述べた。

ただただ呆れるような話だ。それも我が町・八王子で起きたので心中穏やかでない。目が不自由というだけでどれだけ大変な生活を送っているかと思うと、心が痛む。そういう表現ではないか?

八王子は割とこういうようなことについては、余裕があるように思っていたが、心無い若者もいるかと思うと腹が立つ。それこそこういう若者の写真を撮り、警察の方に通報して欲しい。

多分スマホを見ていて、ぶつかったのだろう。その時にスマホが下に落ちたのか。それで腹が立ち、言ったのだと思う。それにしてもみっともない人が増えたものだと思う。

ただ、私が、このニュースを取り上げたのも、日本テレビおしゃれ事件に似ているからだ。いい気になってテレビで性的関係を、その気になって久米楠田がしていたところへ、私がその事実関係を指摘したから、腹が立ったのだろう。

でも、この若者と同じ心理構造がある。足までけとばすのだから、似たようなものだ。こういう輩がなぜか勢力を増している。様々なニュースで、昔はこんな事件はなかったというようなことが多い。

こういうのはほとんどテレビの影響だろうと思う。人心が荒廃していることは、嘆かわしいことだと言ったところで、良くなるわけではない。

近頃の若者は、なんていうと変かもしれないが、変だと思う。体制に流されやすいのか?とにかく元気がない。香港のニュースなどを見て、少しは日本国内のことを考え、デモでもしてもらいたい。それは市民の最低限の抵抗である。

これもできないとなると、もはや奴隷のような状況になる。自身でも気がつかないのかもしれない。スマホスマホで、四六時中それをしていて、おもしろいのだろうか?スマホの奴隷!?

白鵬や日馬富士問題ではないが、人と話をしているのにスマホを取り出すことも、私は経験した。しかし、屈辱を感じるより、なんだか可哀そうになってきた。なぜなら、その人はちょっと暇が多いように思うからだ。照れ隠しなんだろうと思う。

どうでもいいじゃないか、他人にどう思われようが。そんなことを有名な誰彼もいっていたように思う。そうすれば人にも優しくなれるに違いない。

 

|

« 神の手?! | トップページ | 嘘つき芸尿会、テレビ界 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神の手?! | トップページ | 嘘つき芸尿会、テレビ界 »