« 右と左? | トップページ | 今日は暑い日午後6時25分28.3度 »

社会が処罰しなければ?

【#橋下徹 】元次官長男刺殺「他人を犠牲にする危険が子供にあると判断した時、社会が処罰できないのであれば親が処罰するしかない」

この橋本徹氏の発言を読むと、私はこうなる。

「患者を犠牲にして医療の実験をする危険な医師がいるということを知った時には、社会が処罰しないのであれば患者遺族が処罰するしかない」と、そういうことだろう。

確かにそういうこともあるだろう。普通は多くの医師はまじめだし研究熱心だ。だが、母を見た病院は、おかしな病院で、とても医療などというものではない。それに対し、医療事故でもないとか昭島署にも届け出ないなら、もちろん、それが正当行為と主張するなら、私にも私の正当行為がある。それらは法律で認められている。

やらせてもらう。

これは日本テレビおしゃれ事件と大変にている。医師という社会的信頼が高いことをいいことに、殺人ゲームをした。その決定的な証拠は、ジコキシンの注射が正当行為というなら、なぜ私に説明していない。つまり説明機会がありながら、何ら説明がしていない。それがカルテを読むと、長い時間話したようなことを言っているが、私が話していたのであって医師は話してない。

私にジコキシン注射を見破られたことで、相当彼らもプレッシャーを感じていたのか?母親の体を外に出さないようにした。死亡させるためだ。ところが徳洲会のホムペでは、「転院」を求めれば「転院」させるように書かれている。これは虚偽だ。

「転院はダメです」と看護婦長が強い口調で私に言った。こいつら殺しにかかったということを明確に知った。これが東京西徳洲会病院の暗部だ。

|

« 右と左? | トップページ | 今日は暑い日午後6時25分28.3度 »

事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 右と左? | トップページ | 今日は暑い日午後6時25分28.3度 »