« 母の声が聞こえる | トップページ | 家庭内暴力?! »

次官殺人

これを書くのは、次官が息子を殺したということを、つぶさに書くとか、推定で書くとか、そういうことではない。そういうようなことはテレビでも伝えられている。それ以上の細かいことは知らない。分からないことが多い。

それで検索をしてみると、ほとんどが大手のニュースソースであると思う。しかし、私が知りたいのは、このニュースがどういうものなのか知りたいのではない。むしろ、それを一般の人がどうとらえているかを知りたい。しかし、それらは検索に出ないようだ。

出るようにするには、もっと細かくワードを入れる必要があるのかもしれない。しかし、そのワードが分からない。

一般メディアから知っても、私には意味がない。いわゆる上意下達であり、ほとんどどうでもいいことだ。

だから最近、ネットも見るのを控えようかと思うくらいである。ニュースなどを見ると、どうでもいいような芸能人の話や、あおりを目的にしたニュースや宣伝と思えるもの。これではみんな中身がない。

考えさせるようなものがない。テレビだとだいたいの情報と映像しかない。それも節約するせいか、同じことを繰り返す。だから不快なことが多い。それを避けるには見ないようにするのだが、新聞にでもそういうものはある。

NHKが車についているナビで受信料を請求するということは、車を持っていれば、テレビを捨てても意味がないのだ。たぶん携帯でもそうだろうと思う。ナビというのは、普通は運転している間は映らないのではないか。音だけでも払えということか。

深く考えさせるようなニュースがない。たぶんニュースの作り方が悪いのだろうと思う。だからみな似たり寄ったりの議論しかない。

最近の「拡大自殺」というのも、いただけない。

池田小の宅間守が死ぬ目的で犯行をしたというのも、分からない。宅間は最初障害者を装った。つまり死ぬのが目的ではない。逆だ。茨木の殺人事件も自殺を目的にしてはいない。死刑になりたいというのは、本人も言っている。しかしこれは本心ではない。これは復讐劇だ。自分を死刑にすることによって、その憎悪を向けているところがある。そこは沈黙である。

何かの先生か?「拡大自殺」というが、このように自分が死ぬために、他人を道ずれにするというものには、例が適当ではない。分析の仕方が誤っている以上、「拡大自殺」などと、そういうことを論じることが無理だろう。

このようにとにかくニュースがスカスカ。中身がない。昔の絵を持ってきても、何の意味があるのか?と問いたくなるものもある。とにかくテレビもネットも新聞も少し変ではないか。これが情報操作の真実なのだろうか。つまり、どうでもいいことを伝えること。

|

« 母の声が聞こえる | トップページ | 家庭内暴力?! »

事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の声が聞こえる | トップページ | 家庭内暴力?! »