« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

日米安保条約を変えるべきとアメリカは言う

トランプ米大統領は29日の記者会見で、日米安全保障条約について「(安倍晋三首相に)『変えなければならない』と伝えた」と述べた。破棄は「全く考えていない」と述べる一方で、「不公平な協定だと思っている」と指摘。「もし日本が攻撃を受けたとすると、我々は日本のために戦わなければならない。我々が攻撃を仕掛けられたら助けてもらうことも必要だ」と語った。

私は現在の安保条約を変えることに反対する。まずここで言われていることは、アメリカが攻撃されたら、日本が共に戦う、あるいは積極的に戦うということだろうと思う。

とすると憲法9条の変更がない限り、難しい。たとえば、いまアメリカがイランに対して、暗黙に対峙していると考えていいと思う。この場合、日本はどういう態勢をとればいいのか?つまり、イランとの交渉で日本が戦争が起こらないように努力することは、一向にかまわないと思う。平和への努力ならば、海外でも評価されると思う。

しかし、アメリカは先のイラクとの戦争において、どうみても大量破壊兵器はなかったし、アフガンへの攻撃の余力をかって、イラクを責めたようにしか思えない。それが現在の中東情勢を複雑にしているはずだ。シリアの情勢についてもそうである。あるいは、アフリカからのヨーロッパへの移民の大移動についても、アメリカの失政であろうと思う。そのことによってヨーロッパが不安定になっている。

日本のタンカーが攻撃を受けたことについても、一方的にイランの仕業としている。

タンカーの会社の乗船職員がミサイルのようなものが飛んできたのを見た、と認識しているのに、それらの言動に対し、「日本は初心者なんだから、でしゃばるな」というなら、これはもうついていける状況ではない。

ごらんの通り、現在の目の前にある問題に対し、とてもアメリカの好戦的な姿勢に、日本は同調できないと思う。このような状況で、安保条約を変えるというのは、「アメリカの戦争に日本が巻き込まれる」として70年代においても、激しいデモがあったはずだ。これらの努力や展望を一方的に破棄することにしか過ぎないはずだ。反対します。

日本は激しく平和への道を模索します。日本国民はそう願っているはずです。アメリカが自由主義社会の超大国としてリーダーとしての役割と友好を求めますが、逸脱した道を進むことに、日本は諫めなければなりません。それが日本の役割であり、侍の役割です。

後退ではなく前進を求めます。

| | コメント (0)

人間の長寿は気合できまる

母親のことについて書いてきました。母親は東京西徳洲会病院で、私は殺されたといっています。事実そうでしかありません。そういうことの一つに、人間が生きていくのに、私がよく感じるのは、その人の「硬さ」です。

これは何と言えばいいのか。その人を見た時に感じるパワーというか、とても死にそうにないという感覚です。たとえば、全体として少し弱弱しい人は、100歳まで生きるというのはまれのように思う。

100歳以上の人などをテレビなどで見ると、やはり印象は「硬い」です。優しそうな人はほとんどいない。これはその人が病弱とか、そういうこととはあまり関係がありません。病弱な人が、つい最近では、身体が弱いので医者から毎日卵を食べるように言われた人が、世界一の長寿となっていたはずです。

母親も小さいときから、胃が悪いということでした。それでセンブリを、そういう時は飲んでいました。ところが、これは胃が弱いのではなくて、私が母の健康をいろいろ見るようになってから、話を母親に聞いているうちに、それは胆のうが問題であることが分かりました。それもどうやら小さいときからというので、胆汁の流れが悪かったのではなかったかと思います。

それで胃腸科で、それに対応した薬を出してもらっていました。ところが、これがそうなるというのも、北原の病院に受診するようになると、飲まなくていいというように…。これは多分便秘ではないかと思います。便秘になり、胆汁の流れが悪くなり、胃が痛くなるような症状が出ていたようです。

母親は60代から、不整脈があります。この不整脈は血管内にコレステロールがたまり、不整脈が起きていたようです。だから、母親の場合は、血管を開けてやり、血液をサラサラにして流せばいいのです。

これだけなんです。一部分、血液が通りにくくなっているところを通せば、あとは楽です。ですから北原さんに行ってからは、ほとんど不整脈は出ていません。4年間で3度ほどです。それもつらくなっても体を横にすれば楽になります。治ります。

これが母親が死ぬ前の1カ月前です。それで心臓は弱くはありません。その母に持参薬を飲ます機会が少しないときに、医師に虚を突かれ殺されました。しかし、病院にいる時も介護で心を休ますことができない社会というのは、何でしょう。

それで半日、母親は頻脈でした。私が言うようにすぐ持参薬を飲ませば、頻脈が治るのにそうしない。その時に医師は「すぐにも死ぬ。今夜にも電話が行きますよ」と、事実上の死亡宣言をしている。これをした後に、私にすぐ治りますからと聞いているわけだから、医師も母を殺さなければならなくなる。

若い医者ですから、誤診をしたなどとは言えないのでしょう。心臓の強い母親に強心剤を過剰に打つ。もともとジコキシンというのは、心臓が弱い人で、使用する名目が「頻脈」でも、心臓が弱くて頻脈になっている人に使うものでしょう。つまり心臓が弱くて、身体のどこかから、もっと血液を寄こせという指示が心臓に送られると、血管が母とは違い開いている。この場合は、強心剤を使用しても、血液は全身に巡ります。

ところが母親の場合は、血管が狭くなっている。まして持参薬を2日間飲んでない。それで血管が狭くなっているところに、ジコキシンを使用して、心臓をバクバクしても先に行かないです。だから半日も頻脈が止まらない。止めるつもりもなかったのでしょう。血管が狭くなり、心臓に圧を加えれば、死亡する確率は高くなる。つまり医師が宣言したとおりに、今夜にも死亡する、ということでしょう。

こんなことは他の病院ではしません。逆ですから。

また母の診療には他の疑惑がありますが、母は102,3歳まで生きても全く不思議ではありませんでした。腎の薬を飲み始めてから1カ月ですから、まだまだ死にません。現実に入院は脱水症ですから。

それで死亡させるには、まず大量の水を体内に入れなければなりません。…母の身体は硬いのです。とても死なないです。死ぬとしたらもっと弱ってからでしょう。

| | コメント (0)

ホムペが表示しないようにしている

これはひどい。私のサイト「日本テレビおしゃれ事件」のサイトが出ないようにしている。

ついこの間、更新しリニューアルした。それで検索にも出るようになった。

それがここで出ないようにしている。以前のサイトのURLになっている。しかし、これはどうすればできるのか?言論弾圧であることは確かだが、こんな方法をやるというのは異常だ。

これもそうとう民放や警察が、危なくなっているということか?それならばいいが、そうでないなら問題だ。できるだけ早くNHKや民放を破綻させなければならない。これは正義のためだ。

だいたい体制が腐敗しているというのは、北朝鮮と同じですよ。画面をコピーして取っておくか?

ここまでやるのか、腐敗勢力を追放しよう!!

http://mitume.my.coocan.jp/kusudaerikoprofile.html

| | コメント (0)

ベトナム実習生の問題は、確かにNHKの問題ではない。

縫製工場における外国人技能実習生の劣悪な労働環境を伝えた、NHKのドキュメンタリー番組『ノーナレ』。放送後、ネット上での「特定」がきっかけとなり、番組で指摘された企業とは別の企業に、中傷が相次いでいる。誤解された企業は「無関係」であることを発表。NHK側が公式サイトやTwitterで「その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません」などと表明する事態が起きている。いったい、何が起きているのか。

へー。NHKはベトナム実習生の過酷な労働環境をドキュメンタリーにしたのか。確かに、これでNHKや民放が責任を問われることはないし、他社を批判しているのだろう。

だけどちょっと変だよね。他人のこと、つまり関係のない企業なら取り上げて批判してもいい。しかし、NHK自身が私への超音波盗聴をにゃにやと笑ってすましていることは、どうなのか?自分たちが批判されることは取り上げないのか?

確かに、超音波盗聴で、国民に事実関係を伝えなければそれらは嘘になるのか?そうするとNHKは嘘を作っているということになる。大体、私がNHKに抗議などの電話を入れると、全部補足されているらしい。呆れたものだ。

危機管理で都合の悪い事は隠そう。隠蔽社会もここまでくると、北朝鮮並みだ。

香港のデモの写真を見ましたか。これを見ても日本は民主主義という尺度では、香港以下です。ずーと下。これってなんなのか?香港はかつてはイギリスが支配していた。それでもこれだけパワーがある。

今の日本人には到底できそうでない。NHKが他者を批判するというのは、「おしゃれ事件」において久米楠田がしたことと同じだ。自分が批判されたら、その目をそらす意味でも、あるいは自身が責任をとらないようにするために、他者に批判の目を向ける。

私なんてもうすぐ40年近く超音波盗聴をされている。それだけではなくて超音波で送信する音も聞かされている。これで警察が、また例によって、事実関係を私に教えているのだが、これは他の人を嵌めることにも使われているのだろう。

NHKや民放と一緒に警察がいることを、十二分に考えた方がいい。これは私だけをやるのではなく、多くの国民をコントロールするためだ。1984を超えてという訳だ。

ここらあたりのテレビ欄を見たのだが、ばかに「警察24時」みたいな放送が多くあったが、あれはテレビ局が自主的に番組を作ったのか?それともいやいや作ったのか?それにしてもスポンサーが…

| | コメント (0)

野党の支持率・産経世論調査?

【世論調査】どうして安倍政権の失策や失言など追及しても野党の支持率アップにつながらないのか?

失策や失言などをみても、まず多くの有権者は、反応しないだろう。なぜか?野党の存在感がない。そもそもどういうように活動しているかもよく分からない。

それでそれらの情報発信は主にテレビによっているからではないか。多くの若者はテレビをあまり見ないのではないか。テレビを使っての情報操作には、飽き飽きしているのが国民の本音ではないか。

ニュースなんかを見ると、とにかく薄っぺら。情報の出し方も下手。口とかアナウンスで「すごいんですよ」みたいなことをさかんに表現しても、意味はない。多くの人が飽き飽きしていると思う。

それでコメントとか解説とか、私はこういうものをなるべく聞かないようにしている。誘導するのが目的なのだろうから、チャンネルを回したり、消音にしたりして、抵抗する。

とにかくニュースでしているのは、主に情報操作。それに乗るために、野党らは盛んに煽ったりするような発言もする。

ここのところで内閣不信任案を出す。否決されるのは分かり切っている。それをあえてやる。国民もこれを注目はしていないだろう。気の抜けたような話だ。野党はこんなことしかしない。骨のある人はいないのですかね。

安倍政権を潰したい。簡単です。私の母親が殺されているので取り上げれば、「あっ」という間に吹っ飛ぶ。ところが、それができない。なぜか?警察も吹っ飛ぶし、何よりもメディアが、特にテレビが吹っ飛ぶ。NHKも吹っ飛ぶよ。

嘘でも何でもない。ところが取り上げられない。超音波盗聴をどう説明していいか分からないだろう。私に完璧に負けているのだから、私の母親が殺されていても、取り上げないだろう。

もちろん、野党も私のことは知っているだろう。ある意味腹の中は、冷たく凍っているに違いない。

なにしろ私には奥さんもいない。なぜいないかと言えば、結婚をする機会がないのではなくて、奥さんがいると奥さんが大変危険な状況の中で暮らすことになる。当然「お父さん、やめてよ」と要請がでるだろう。こうすると自分の言いたいことも言えなくなり、人間としてダメになってしまう。

だからしなかった。殺されたらかわいそうだから、相手も「嫁を殺すぞ」と脅してくるだろう。こうなるとつまり嫁も持てない。

私としては大願成就を願っているのだが、できない。野党はある意味部分的に知ってはいるが、逃げるのだろう。あるいは、そういう哲学的な思考がないのかもしれない。残念。

| | コメント (0)

9時11分頃地震が

午前9時11分頃関東地方で地震がありましたが、また驚いた。

震源地は千葉沖なのか?都内では震度4。府中あたりが3.それが八王子になると震度2です。

今回は都内より震度が2ぐらい低い。今までは1ぐらい低いようだったが、今日は2。揺れがいつもと違うのか?

山梨、静岡が震度3。神奈川が4。

不思議だ。なぜ八王子は低いのか?山梨の方は岩盤がつながっているのか?八王子には何かがクッションになっているのか?

それとは別に、話が飛ぶが、今日も朝の血圧を測ると、「99/59、65」。低いんですよ。別に症状はないのですが、母親のように、血管内にプラークができると、血液が通りにくくなりましから、血管を開けなければならない。それでサラサラの血液を流す。少し貧血のようになるようです。そういうリスクはあるでしょう。しかし、母の場合、症状としては問題なかった。

まだまだ生きられたのに、殺されたのは、何としても、復讐をしなければならない。

昭島の東京西徳洲会病院が、これで正当行為というなら、そうとう医療レベルが低いということなのだろう。それと病院でばらばらの業務をしているということなのか?

確かに医療レベルを考えると、とんでもなくメチャクチャなのだろう。

医師そのものが、母の飲んでいる薬を見て、症状が理解できないというのは、ここまで低いのかと思うと唖然とする。

これで血圧のみが低くなってくる場合は、ジコキシンを使うことはないでしょうが、強心剤を使うということだろう。しかし、強心剤を使うことは、そうとう特殊な場合でしょう。それだけ東京西徳洲会の医師はレベルが低いということだ。呆れるほど。

私の場合は、よく考えれば、身体を動かすと140にも150にもなる。だから何の問題はない。

 

 

| | コメント (0)

中野区を走るバスの中!

 中野区の20代の女性は17日午後1時過ぎ、2歳の長女とベビーカーに乗せた生後6カ月の次女を連れ、区内で路線バスに乗った。

 左側3列目の1人掛けの席に長女を座らせ、その前に立っていたところ、バスが急発進。ベビーカーは倒れ、長女も壁で頭を打った。ベビーカーは右の前輪が外れ、不安定な状態。2人の泣き声が響き、荷物が散乱した状態のまま、ベビーカーを片手で支えながらひざをつき、前輪を探した。

 前の席に座っていた女性から前輪を渡され、なんとか取り付けたのは、三つ先の停留所に着く頃。10分ほどの間に、運転手が気にかける様子はなく、助けてくれる人もいなかった。「ベビーカー壊れちゃったんだ」「タイヤ外れちゃってる」。乗客たちのつぶやきだけが耳に届き、やるせなさが募った。バスを降りる際、運転手に「なぜ止めてくれなかったのか?」と聞いたが、「お客様はしっかりつかまってくれないと困ります」と言われた。

中野区を走るバスの中での出来事です。驚きました。こんなふうにバスが走っていることは知りませんでした。八王子市を走るバスは、とにかくやさしいです。バスの運転手は、本当に気を使い、乗客が転倒しないように、配慮をしながら発射します。

乗客が座る前には発車しません。この場合のベビーカーはどうなんだろう?たたんでのっている人は記憶にあるようなないような。障害者席に固定するのかもしれない。

それに乗客が、協力してくれますし、八王子では聞いたことがない。運転手の返答は考えられない。でも、これは中野区のこと。都内だから、相当忙しいのかもしれない。八王子でもそうなんだろうけれども、とにかく確実に丁寧に運転しています。

以前、高度成長期の時には、それはすごかった。他の車もそうだったよね。八王子で運転していると、乱暴な車に出会うことがあります。そうしてナンバーを見ると、たいてい他の市のもの、あるいは都内からのものです。

自宅近くでは、ほとんど乱暴な運転は、市ナンバーでは見かけたことがない。テレビで見るような、あおり運転や逆走も見たことがない。

急いでも同じだから…。よかったら八王子で子育てを…

| | コメント (0)

植物性肉がいい?!

世界で「脱ミート」のうねりが起きている。健康志向から肉を食べない人が増え、大豆などを原料に使う植物肉が台頭。食品世界大手のネスレやユニリーバも参入し、味も見た目も本物の肉に近づいてきた。若者の社会問題への意識が高い欧州では、飼料による地球温暖化への懸念が食肉を遠ざける根底にある。未来の消費を担うミレニアル世代の嗜好の変化が、大企業を動かしている。

チェコの首都プラハ。肉だけでなく、卵や乳製品など…

どうもこういう記事はよく分からない。ついこの間も100歳以上長生きした人が卵を中心にして食べていたと思う。乳製品、いわゆる牛乳なども、日本の100歳、長生きの人が良く飲んでいる。

でも、こういうのは年を取ってからのことだろうと思うのだが、その辺のところが記事などではよく分からない。

私も最近齢を取ってきたせいか、食欲が落ちているように思う。そのせいだと思うが、60以上になると、少し肥っていた方がいいとも言われる。食べれなくなり、栄養失調になると怖いことも事実だ。栄養失調で死亡につながることもある。

それで歳をとったら、栄養のある卵や牛乳をとる人がいるのだと思う。それから食べるのに歯が悪くなるだろうから、それらを補う意味においても、栄養のあるものをとるということだろう。

植物肉が果たしていいものなのか分からない。私は見たことがない。いわゆる大豆などがハンバーグのようになっているものだろうか?食べたことがないのだが、あっても食べる必要があるのか?

肉ばかり食べている人で100歳近い人もいますし、結局は、その人にとって心地よく食べることができればそれでいいのではないでしょうか。

私自身は「うまい」と思って食べても、2,3回食べると気持ち悪くなります。やはり体が要求しなくなるのだと思います。だからできるだけ、いろいろなものを食べるようにしています。

長生き健康な人は、なんでも食べるでしょう。ご飯でも肉でも、もりもりいきますよ。100歳でも。

| | コメント (0)

人身売買報告の疑問?

日本の取り組み、最高評価維持=人身売買で年次報告-米国務省

【ワシントン時事】米国務省は20日、人身売買に関する国別の状況をまとめた最新の年次報告書を公表した。その中で日本に関して、人身売買阻止に向けた「最低限の水準を完全に満たしている」と評価し、昨年に続き4段階のうち最高ランクに位置付けた。

日本は、未成年による援助交際や接客サービス「JKビジネス」などが問題視され、2017年まで13年連続で上から2番目のランクに据え置き。昨年初めて最高ランクに引き上げられた。

人身売買について、以前「援助交際」や「Jkビジネス」で、ランクが落ちていたというなら、なぜ上がったのか疑問だ。これも捏造とか情報操作なのか?

たとえば、最近では援助交際は聞かなくなったが、ただ聞かないだけであることはある。また「Jkビジネス」がなくなったのか?報じないのか?依然として悪い事は悪いはずだ。なぜなら嵐のメンバーがアダルト女優を性的なはけ口にしていた。AV女優の強制とかが問題視されているのに、トップランクというのはおかしい。

むしろ悪化しているはずなのに、表面に出ないようにしているのだろう。AV強制は、事実上の人身売買に近いだろう。悪化しているのに、報告ではよくなっている。実におかしい。

特に最近、ニュースなどを見るとおかしくないか?つまり、ニュースがないというか、粗暴とかほとんど見てわかるものばかり。確かに絵を使うのだから、それが多くなるのは多少はあるだろう。

しかし、社会の問題として、常に変えていかなければならない問題が、たくさんあるはずだ。それが一つもない。ひどいのになると、ユーチューブで探してきたのか?動物などのものがある。

これは多くの人が考えなくなっているのだろうか?たとえば、不適切動画などが出ても、その奥にあるもの、後ろにあるものが出ない。構造が分からない。これだけで終わってしまう。

なぜなのだろう?「年金が2000万」足らないという問題も、人それぞれの生活を単純に足らない?と言っても、これも人それぞれ。生活そのものが画一化すべきだとでもいうのだろうか?

たとえば、姉や弟が、相続に関して、私に金を寄こせと言っているが、本人たちの事情を考えれば、誰も納得しないだろう。

そもそも姉や弟は、私が継いでいる家より、比べ物にならないくらいお金があるというところに弟は養子縁組をしている。入っているのに継がないのか、できないのか?姉もそう。同じような話があり、私は両者がうらやましいと思ってきた。

ところが、本人たちは義理の父母の面倒を見れない。あるいは見ない。棚からぼた餅と言われ続け、それでも継げない。何もしないで金目当てだと言われ、追い出される。

私にとっては「はあ」の話なのだ。それでできないからと言って、両者が私がしていることが上手くいっているので、それで金を寄こせと⚓

2人とも新宿ですよ。後を継げばお金には一生苦労しない。それができないで貧乏人の八王子の私のところにきて、苦労してコツコツと生活して、父母の面倒を見て、それで介護で、下手をすればこちらが死ぬ。それらもほとんど私がした。もちろん私の場合、あとを継いでいるので義務だと思いますが、それでなぜ、金をやらなければならないのだ⚓

母は東京西徳洲会で殺されるし、これからもやっていかなければならない。姉や弟に業務妨害をやられているのに、その延長で「金よこせ」。

とにかく兄弟でも信じない方がいい。と言っても私の姉や弟は、嘘ばかり言っているので、この先どう話が進むのかわからない。現在のところは、適当なABOUTなんです。出すべき書類さえ申立人は出していない。

話は脱線したが、報告もABOUTなんだと思う。もちろん、申立人は弁護士に任せてあるのか?これもABOUT。話が全く進まない。

| | コメント (0)

立憲枝野氏「ボトムアップ経済ビジョン」を!

この経済ビジョンは、訳が分からない。その一方で、効果がなければ、安倍政権はもっとじゃぶじゃぶにすると発言。

もっとじゃぶじゃぶではなくても、安倍総理の金融政策は、本来民主党が「コンクリートから人へ」のなかで、行わなければならなかったこと。

今は一般の庶民が豊かな生活を実感できていないと思います。ここで庶民が消費税アップに備えて、節約をし始めているのだろう。悪化している。

それは何よりも生活環境が根本から間違っている。東京一極集中にしても、こういうようにテレビなどで、東京を中心とした情報を延々と垂れ流していれば、ますます東京に集まるはずです。

これはもう限度を超えているといってもいいと思う。電車などが止まれば、駅からあふれ出す人々。痛勤どころではない。もう無理。にもかかわらず、タワーマンションを造る。これらもいずれ問題になると思う。ただ見栄えの良いものだけを、テレビなどで煽っては、左右に振っている。

もう少し市民も冷静になるべきだ。特に直近の消費税、あるいは環境など、切実な問題に自分の意見を反映させるべく行動を起こしていくべきだ。

テレビなどに煽られないようにしていくべきだ。特に最近は、相続が変わるので、それに対する情報も放送されているかもしれない。

しかし、それらはあくまで平均的な話であって、ほとんど自分自身に当てはめれば、当てはまらない人がほとんどだと思う。

1人の人が法定相続分を主張すると、とにかくもめる。それで前に進まない。そしてこういう人がまた、相続の法律について理解していない。

だからまた、そのような平均的な相続の話を放送できるのだろうと思う。そして、そういう話をするなら、前もってあくまでも平均的な考えであることを、放送すべきだ。そういうものを見てると、相続の法律そのものの趣旨に外れるものが、堂々と放送されている。

こんな例を話すと問題かもしれないが、人を殺しても死刑にもなるし無罪にもなる。こういうことを十二分に考えるべきだと思う。それで今の世の中の相続の話などは、とにかく「金を寄こせ」でしかない。この間の週刊誌の特集を読んだが、金を取らなきゃ損だというようなことが書いてある。

これは何の意味があるのでしょうか?これではまるで嘘をついても金を取れみたいな風潮になる。それが正しいとか当たり前だみたいなことを言うメディアに腹が立つ。被相続人に対して、十二分に貢献した人、あるいは財産をつくるのに寄与した人が本来もらうべきものだと思う。

子供だから寄こせみたいなことを、堂々と放送するテレビ局にも腹が立つ。大体、例えば妻が半分・子供が半分というなら、妻は夫を支えて頑張ってきたはず。子供を育てることにも精神的にも支えてきたはず。それに対し子供が何をしたというのだろう。

子供は夫婦に育ててもらい、教育も受けさせてもらい、一人前にしてもらい、それでいて大人になったら好き勝手なことをして、親が死んだら突然金よこせとは、これってどう見ても理不尽だと思いませんか。

それで親が介護を必要とすれば、私はそんなことはしたくはないと逃げ、終いには「早く死ね」みたいなことを平気で口にする。考えられますか。私の姉は、母親を切りつけたり、首を絞めたり、暴行したり、あらゆる嫌がらせをしました。私と母に。それで母が不審死をしたら「金よこせ」。信じられますか?

介護生活で相続のことにまで気が回り、前もって対処をしておくことなどできますか?

つまり、立憲の枝野さん、経済政策も大事かもしれません。しかし、私は一番大切なことは、様々な社会のひずみを掘り起こすことですよ。困っている人たちは沢山いるはず。それを事実に忠実に報道する事。まずこれをして多くの国民の意見を知るべきです。まず国民に伝えること。上から下への命令のようなやり方はやめるべきだと思う。

風通しのいい社会になれば、おのずと国民の支持が集まるはずです。その感覚が今の枝野さんにあるでしょうか?

| | コメント (0)

近頃のジャーナリストとか変でしょうね

有本香さんのツイート

「年金返せ」と叫ぶ意味がわからん。誰に盗られたわけでもあるまいに。参加者の皆さん、意味わかってデモしてる?意味不明なフレーズを太鼓叩いてがなり立てるスタイルは安保法制反対デモのときと同じだね。

この人ジャーナリストらしいです。ジャーナリストが話すような言葉じゃない。この人はいわゆるデモなるものをしたことがないのでしょう。だから分からないのだと思う。

いわゆる年金デモが、なぜ安保法制デモと比較されるのか分からない。これこそ意味不明としか言いようがない。

この人も年金問題については、素人なのだと思う。全くの素人だから分からないのだと思う。太鼓をたたいてデモしてはいけないのでしょうか。

私は右翼でも左翼でもありません。しかし、デモは民主主義社会の基本的な手段です。今の香港を見ればわかるでしょう。

どうもこのあたりで、ネットで知ったのですが、ヘイトスピーチが目立つ。それも自分を売るためのものとかしているように思う。

これもいわゆる炎上商法なのか?話題に取り上げてもらうために発言しているとしか思えない。この発言の後ろにある重大な事実と言うのは、あるのだろうか?なにもない。

それとは別に、ここらで気になるのは、大阪で警察官を襲った男性の親が、なんでもテレビ局の常務とか。それも犯人が障がい者2級とか。それでいかにも意味不明なことを意図して発言しているようだ。

どうも障がい者というのも、聞こえが悪いから、障がい者にしているのだろうと思う。おかしなことを言えば障がい者だとするレッテル張はやめた方がいい。

障がい者で、いわゆる、つじつまの合わないようなことを言う人を私は知らない。重症の人でも思考などはしっかりしているし、普通です。こういうような差別的なことをテレビなどで、放送している方が問題だと思う。

障がい者2級というのも、とろうと思えば簡単に取れるものだということを知るべきだ。あくまでも体裁などでとる人もいる。こういうような偏見を利用した犯罪は悪質だと思う。障害者には迷惑な話だと思う。

この犯人の家庭、常務、三田佳子の子供、時々出てくるいわゆる上級家庭の中が、実におかしいということ。これは何を意味しているのだろう。変だ、なにかおかしい。引きこもりの数とかそういうのも考えると、これは何なんだと思う。

このなんか変というのが、ヘイトスピーチの本質なのだろうか?

| | コメント (0)

日本人の無関心は常態

そんな日本にいて感じるのは、平和ボケだという。

安倍首相は、軍事的緊張を緩和するためにイランを訪問し、13日に最高指導者のハメネイ師と会談した。
このことを、日本人の友人にメールすると、返信は「珍しいね」だけだったという。

「それだけ? って笑っちゃいましたよ。安倍首相の出迎えには騎馬隊が出動して、
盛大な歓迎式典もやっていたよ。
他のどの国も受けないような大歓迎を受けていたのに、日本人は誰も興味を持たない」

日本人はもう少し、自分の国や世界で何が起きているのか知った方がいいよね」

これはそうとう問題。でも多くの日本人がそのことを分からない。メディアがそもそも関心を持たないように世論操作しています。だから、根っからの無関心。世の中に何が起きても無関心で入れる。

自分だけよければいいというのは、実際恐ろしいことだと思います。そういう国を作っているのが行政でもある。そうすることによって、とにかく国民を管理しやすい。上からの命令のようなものが、平気で通る。

ここのところで香港のデモが報じられているが、他国のことはよく報道する。アメリカでもデモが起きると報道する。ところが日本のことは報道しない。それはあたかも、そういう事件がなかったかのような考えを社会に押し通すものだ。

事件があっても事件にしない。大げさにしない。そうすることによって日本は平和な国だと国民に思い込ませる。できないのが人が殺されたり、路上で倒れていたりした場合は、隠すことができないから、割とやりやすい。つまり報道される可能性がある。

都内で秘密のクラブがあり、若い女性が全裸で死んでいたという事件があった。その続報がない。秘密クラブだから、どんな権力者が、何をしていたのかもわからない。それの事実関係が報道されない。人が死んでいても示談なんだろうか。およそ信じられないことが日本では存在する。

平和ボケというより、そういうように見えるようにしているだけ。現実に私の母親は、病院で殺された。これらの物証もある。誰が見ても殺人。ところが薬を使って殺したものだから、よく分からないようなことに警察はしているようだ。

つまり捜査をしないように。つまり、おしゃれ事件のように権力側が困るものは、報道しない。母親が殺されたのも、病院で殺人が行われたのがまずいのか?やろうとしない。

つまりはそういう国なのだ。日本が本当の意味で民主主義社会になるのは、そう簡単なことではない。ため息が出るほどだ。

| | コメント (0)

タンカー攻撃

そのうえで、「タンカーが着弾の被害を受けた場所は、水面よりかなり上にあり、機雷や魚雷、装着物による被害ではないと思う」と述べ、飛来物で攻撃を受けた可能性が高いという見解を示しました。

タンカーがホムルズ海峡で被害を受けたことに、冷静になるべきだ。アメリカはイランの機雷だといっているようだが、どうやら違うようだ。

イラク戦争の時も、アメリカはイラクが大量破壊兵器を持っているといって、開戦した。しかし、それがのちに誤りであった。

それらのことを踏まえ、イランとの交渉に十二分に配慮をし、平和的解決を望む。イラク戦争が後に中東情勢を極度の不安定化に拍車をかけることになったのは事実だ。

また日米大戦においても、右陣営の人たちが主に、アメリカの謀略だという説もある。戦争というものは常にそういう側面を備えている。だから、日本の憲法は先の大戦を踏まえて、戦争になるそのきっかけに対しても、機会を与えないようになっている。

これ以上の中東不安定化は世界の不利益になるしかない。彼等には彼らのやり方があるのだろうから、それらの事実を尊重すべきだ。特に日本は聖書やイスラム教に深い理解があるとは思えない。だから、特に慎重にすべきである。

その上で、タンカーが被弾した会社が、機雷ではなく、飛来物であると、はっきり言及したことは、両国の利益にかなう。日本の指導者は、全てにおいてアメリカ追従外交はやめるべきだ。これは機雷ではないと、はっきり言うべきだ。

| | コメント (0)

松坂市の正論おじさん

松坂市の正論おじいさんは、ある意味筋が通っている。確かに商店街で看板やのぼりが出ていると危ないということがある。正論氏は「老人には危険だ」ということらしい。

確かにこういうことは、私のようにまだ何とか歩けるとか、目が見えるとか、そういう人間には、看板が出ていてもどうでもいいことかもしれない。しかし、年寄りにはつらいことなのかもしれない。

発端は点字ブロックに看板などが出ていて、それを警察に言うと「やる」と言いながら、やらなかったという経緯があるらしい。警察の対応がそのきっかけを作ったということのようだ。

そしてよく見ると、確かに商店街の歩道が、私がみるには狭いように思える。ここに看板やのぼりを出されると、年寄りには難渋することかもしれない。許可を取って出すというが、それでも歩道が狭いように思う。

看板やのぼりを出されて、自転車が行き来するとなると、目の不自由な老人とかは相当ストレスのたまることだと思う。

確かにこの老人、正当行為のように思える。「あぶない」と言われれば、そうだと思う。もう少し歩道が広ければいいのだが、それは難しいことだろうと思う。松坂氏の商店街も、老人を排除するのではなく、どういう解決策があるのか考えるきっかけになればいいのではないかと思う。

お年寄りが安心して歩ける商店街を目指せば、客も戻ってくるのではないかと思う。

| | コメント (0)

女性天皇?立憲民主党は?

立憲民主党は11日、将来にわたり安定的に皇位を継承していくため、女性天皇や
父方に天皇のルーツを持たない女系天皇を認めるべきだとする論点整理を公表した。
女性・女系天皇には保守層に異論も根強く、議論を呼びそうだ。

反対します。営々と2000年以上に亘ってしてきたことを、ここで簡単にやめていいものではない。自民党案では、復籍するということだが、それに賛成だ。皇室の宗教行為については深くは分からないが、やはり、男性としてきたことは、それなりの意味があるのではないか。

特に私が、男性にこだわるのは、万一の場合、男性が奮起するということがなくなるだろう。自分の年より下の天皇が即位しても、なんとなく違和感を感ずる。令和天皇になり、こういう感覚の大きいものが、先の大戦でもあったであろうと思う。国民の中には、若い昭和天皇についていくことに抵抗感というものが少なからず、感じていたと思う。今の私のように。

やはり、父のような存在であって欲しいというのは、私だけだろうか?また特に、女性が降嫁することが、国民と天皇との間を取り持つ縁となっていることも考えて欲しい。もし女性が天皇になるようになると、ひとつの血筋を濃くしてしまう。たとえば、こんな例を出すのは変かもしれないが、父が我が家の家系を調べると、桓武天皇になるという。もちろん、これには家系の問題もあります。

有名なあるいは権力者の家系は残っているでしょうが、庶民のはないでしょう。そこをたどれば、残っているものをたどるわけだから、たいていの国民は天皇家につながっているはずです。それが男性・女性となるとどうなると思いますか?

これからは起こることがないかもしれませんが、天皇の地位を巡っての、争いというものは起こらないとは思いますが、分かりません。つまり安定的ではないということです。ましてこれらのことが世界の他の国ではしてこなかったことが、日本であるわけですから、それを簡単に女性にすればいいなどというのは、考えられないと思います。

女性がなるなら、私は天皇制を支持しません。他の国と同じですから、単なる覇者ではないですか。覇者のひとつの家系ならやめればいい。これが進めば、天皇制の崩壊につながりかねない。反対します。

またなぜここでこのような情報が出てくるのか?立憲が女性票を獲るためにしているなら、男性票が逃げることも考えておいた方がいいと思います。国連からも女性天皇に、のような情報がある。女性差別だと。しかし、これらのことは国柄ですから、国連に従う必要はありません。

ただ選挙の近くになってこのような情報が出るのは、これらの情報が本当なのかと疑います。つまり触れなくてもいいことを、なぜ選挙まえに触れるのか、分かりません。

天皇は男性。原始女性は太陽であった。天皇である男性が、女性を祭っているのですから、それでいいのではないかと思います。

| | コメント (0)

なんか勘違い?!

東京新聞・望月衣塑子「予算委拒否について6日に吉本芸人が官邸を表敬訪問したが国民からは『お笑い芸人を呼んで楽しむ暇があるなら国会で説明せよ』と反発」菅義偉官房長官「審議拒否はしておりません」

なんか勘違いしてないか?どうもよく分からない。お笑い芸人とかそんなことより、もっとジャーナルなことを言うべきじゃないの?こんなことはどうでもいいことではないか?なんか政治家になるための発言なのか?そのうちこの人立候補するかもしれない。

なぜ民主主義の基本点なことに結び付いてないのか?つまり骨はどこにあるのか?これってテレビなどで、ここらで北方領土で「女がどうとか」酒を飲んで騒いでいたとか?なぜこんなこと、変な事しか記事にならない、話題にならないのか?

もちろんそういうことも大切だが、もっと充実した話はしないのですかね。実のある話は?

今だいたい野党でも、争点になるべきものがほとんどないでしょう。これも新聞記事とか、改めて出てきたものを話題にしている。高齢者の運転問題でも、後付けでストップする装置はつけられないのですかね。もう少し話が進めば、高齢者問題も別の可能性が出てくるように思う。そういう記事もない。政治家も掘り起こさない。

老後に2000万円必要と言っても、人それぞれ。それで投資を促すなんてもっての外。とにかく場当たり的に話題を作っているようで、他の要素を入れれば、全く話が変わるようなことだ。バラバラだろ。言ってはみる状態ではなんとも言えない。

尾畑春夫さんは月に5万円で生活しているといいます。もちろん着ているものは、どうもお古。みんながそんなふうに生活はできないだろうし、但し政府としては、お金を使って欲しいと。それでなければ景気がいっきに停滞する。消費税を上げるらしいので、私も節約に励んでいます。

もちろん、この節約は昔から。それで節約して少しはお金があれば、姉や弟が「その金よこせ」と。私は「はあ?」状態なのだが。これではまるでたかりやゆすりだよ。こんなバカバカしい話はないのだが、現実の話だ。

お金を回すことも必要。しかし、それはお金がある人のやること。ない人は先々のことを考え、節約するのは当たり前の話。お金持ちがスポーツカーを見せびらかそうが、豪邸に住もうが勝手にしてくれ、というもの。お金を回してくださいとしか言えない。だけどNHKのベテランアナウンサーは2000万など年収なんでしょ。

ここへきて「眠っている」問題発覚?!眠っているわけないだろ。あんなふうに眠れるなら、その秘訣を教えて欲しい。目をつぶっていただけだろ。なぜこんなことばかりがニュースに?バカバカしい限りW

そのうちパンツをはいてなかったとか。ハンカチではなくタオルを持っていた問題とかW のっている車のタイヤは何製とかW 女の問題と戦争と議員辞職はどういう問題なのかW 褌を吐いてる議員がいるとかWそういう話でしょう。

正解は、とにかくバカバカしく分かりやすいということだと思うW そのうちネコの模様がとかW この犬の歩き方がとかW このニュースみて意味あるのW これでは不適切動画を非難できなくなりそうです。

| | コメント (0)

東京に住むメリット

東京に住む最大のメリットは「車を持たなくてもいいこと」? 「人間関係がサバサバしていて楽」という声も

東京に住むメリットが「車を持たなくていいこと」というのは、どういうことか?よくは分からないが、これは多分都内に住む場合だろう。

八王子に住んでいて不便なのは、車がないと不便だ。八王子は広いし、どこかに出かけるには車が必要。車を持つことは、お金がかかるし、維持費が気になる。年齢を考えると、昨今の老人の事故などをみると、75歳、あるいは80歳には車を捨てた方がいいだろう。

幸いにして近くにはいろいろなものがあるので不便はしない。しかし、ちょっと行かなければと思うと、不便だ。いつだか都内に車に乗っていった時に、言われてしまった。「都内に車で来るなんて非常識だよ」と。

つまり駐車場がないからだ。とめるところがないとどうするか大変な思いをする。

車を持たなくてもいいことではなくて、駐車場のことを考えると車を持てないのだろう。都内の駐車代はいくらするのか?ふだんそんなに車に乗らない人が何万もする駐車代を払うのはバカバカしい。それなら捨てた方がいい。

つまり、車を持たなくてもいいではなくて、お金がなければ駐車場を借りられないのだ。しかし、お盆などで地方に帰るときには、車の渋滞が頻繁にニュースで報じられる。あの車どこから来るのかと、いつも思う。都内を通過する車もあるだろうし、どこから湧くのかいつも不思議に思う。

「人間関係がサバサバしていて楽」というのは、これは典型的な浮草生活ではないか。古くから東京にいる人は、そういう人はまたどこかに行くでしょうから、とも思っているのです。特に都内の人は。でも八王子では、挨拶もしないと少し変な感じになります。

引っ越してきても、挨拶もなし、それでも顔を合わせる。それでも知らん顔をしている。そんなものかなとも思う。しかし、何かあったときに顔を覚えてもらえないと、困ることもあるでしょう。すぐ近くに住んでいて、知りませんでいいのだろうか?

これって地方から来た人が、孤立して生活しているに過ぎないことだと思う。なんとなく挨拶をするのに照れくさいとか、またすぐに引っ越すのだからとか。

希薄な人間関係っていいのだろうか?たとえば、最近私が知ったのは、昭島の徳洲会病院は超危険な病院だということ。これらの情報は地元の人でないと知りえない情報だと思う。こういう情報を近場の何人かの人から口コミで聞けるのは、大変なメリットだと思う。知らないと、大変な損をする。場合によっては命が奪われることもあるということだ。

これは東京西徳洲会病院の経営方針が変わったせいではないか?母が95歳に入院した時の、他の病院での常識が通用しなくなっている。その時と全く違う病院になっている。それで院長の経歴をサイトで見ると、やはり、変わっている。お金が必要となっている。だから病院ぐるみというのはそういうことだ。

本当に東京はいいだろうか?必ずしもそうではないと思う。地方には地方のいいところもたくさんあるだろうし、なんとも。

| | コメント (0)

井上裕介さん、SNSをポジティブに?!

「スーパーポジティブナルシスト」を自称するNON STYLE・井上裕介さん。
今回、井上さんは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をテーマにした本「SNSをポジティヴに楽しむための30の習慣」 を出版した。
井上 今はSNS自体が生活の一部になっているわけで、だからこそ、SNSで苦しんだり、つらい思いをしたり、 嫌な気持ちになったりという人が一般の方でもいっぱい増えてますよね。でも本来、SNSって、ただただ楽しい場所のはずだったでしょ。もう一度改めて確認しましょうよ、と伝えたかった。
――ツイッターで炎上すると、それが報道されて、さらに拡散されることがありますよね?

そんなわざわざ、人の揚げ足取りじゃないですけど、これ別にええやん、というものに対して、
みんなが目くじら立ててわあわあってなるのは、オレはなんかさみしいです。

日本って世界の中でまれに見る優しい国なのに、なんでこの日本人同士でそんなレベルの低いことするのかな、というのが嫌だったんです。

これは実にいただけない。SNSがポジティブといっても、人生そのものではないのでしょうか?だから苦しいこともあるし、つらいこともあります。そういうことを吐き出すことはいいことです。なぜならそれで本人がまず少しは楽になっているはずです。そういうことを読んだり見たりすることも人生を知ることですし、他者に対する敬意です。

楽しい事だけをというのは、まさに情報操作によるものだけを良いとする考え方です。本人がどういう人なのか分かりませんが、人生に楽しいことなど少ないはずです。苦しいことが多いのが人生です。

こんなのどうでもいいやん、というのは人生を知らなすぎる。たくさんの人が苦しい人生を送っています。それらに目をつぶり、楽しい事だけならばいい、というのは正に日本政府の奴隷政策に迎合しているだけです。それを良しとしているだけ。

自分だけよければいいというだけです。

日本がやさしい国だというのは、現実を知らなすぎます。もっともそういうことに目を背けている訳ですから、やさしいとしか見えないのでしょう。またレベルの低いといいますが、それは日本のニュースなどを見ればすぐに分かるでしょう。テレビでレベルの低いことをしていて、それを大量に社会に吐き出していて、それに目がいかないというのはどういうことなのか?

本人はテレビ文化などを暗に批判しているのだろうか?分からない。もちろんノー天気でいれば、様々な困難を抱え込むこともないでしょう。ただそれは無責任な生き方でしかないでしょう。人生を深く生きるには、切実に生きるにはポジティブになど生きられない。

どうでもいいや、なんでしょう。

| | コメント (0)

私のサイトをまたコピーするのか?

問題は、amazonaws.comの利用者の中に、IPアドレスを偽装するために利用したり、大量のスパムアクセスに使う人がいることです。

たとえば、Twitterに投稿されたページを大量に検索し、色んなサイトから少しずつコピーして、コピーサイトを作るのに使われていると言われています。このことは以前から指摘されてきました。

6月8日に、ここからのアクセスがありました。英語ページだったようです。私のサイトは最近はアクセス数が少ないです。こんな少ないページのコピーサイトを作ろうというのは、どういうことなのか?

ただ私が2000年にサイトを立ち上げたときには、全くなかった様々な盗聴に関するサイトが、作られました。ほとんどが私のサイトの多かれ少なかれのコピーであろうと思います。2ちゃんねるにも取り上げられました。しかし、その多くは微妙に改作されていました。

例の何々アキラなる人物が、私のサイトをコピーし、みつめ和紀に成りすました事件もありました。それらは今も消えることはないのでしょうか?なぜこういうことが起きるのかは分かりませんが、アキラ氏はどうも東芝の事件をきっかけに、ネットで騒いでなんでも面白おかしくしてみようとでも言うのか、そういうような心象です。

ただされる方は大変困ります。変に改作されると誤解される恐れがあるからです。ある意味本サイトの妨害行為にもなります。今回このようなコピーをする目的でアクセスがあったようなので、少し注意してみようと思います。

ここでサイトを更新しましたが、アキラ氏のコピーの仕方だと、ひとつ前のものはできませんでした。CSSを使用していればできなかったようです。しかし、今回は何を目的としているのか?

これを書いているうちに母親のことを思い出しました。一生懸命介護をして100歳を目指していたのに、なぜ病院で殺されなければならないのでしょう。それを救うこともできないで、ただ死んでいくのを指をくわえてみているのでしょうか?

私に対してもどれほどの拷問をしたのでしょう。母とまだわかれる兆候さえないのに、いきなり殺されて別れるというのは、どれほど辛い事かお分かりでしょうか?これは事故で死ぬとか、あるいは殺人の被害者でも、事実関係ははっきりしています。しかし、私の場合、母の殺人を隠蔽しようとしている人たちがいます。

こういうことを許すことができますか?殺されてもその事実関係がとれていれば、まだ考えようがあります。ところが母の場合は、私に母が訴えて死んでいったのですから、たまらないです。それも「警察は了承している」と言います。これはどういう意味でしょう。あなたの母親が殺されても、警察は了承しています。「問題ありません」と。

私が報復してやるという気持ちがますます強くなるのは、当たり前でしょ。母を思い出すたびに、激痛が私に走る。許さない、

 

| | コメント (0)

望月さん?東京新聞の?

 望月さんは、官房長官会見で鋭い質問を繰り返したことなどが理由となり、質問制限をされた自身の経験や政権がメディアを操作しようとしている実態を語った。その上で「メディアは政府にとって都合のいい道具ではなく、政府を監視する側の役割を担っている。権力監視をすることが役割だという原点に戻ることが大切だ」と力を込めた。

東京新聞の望月さんが菅官房長官とうまく話が通らないというか、コミュニケーションがうまくないことは、少しは聞いた。質問ができなくなっていることも?!それで望月さんが本などを出していることも知っている。

確かにご自分が質問できない、ということになれば出版すればいいということになる。たいへん恵まれた環境だと思う。こういうことは私から見れば、うらやましい限り。でもこれをすると自分を売ることにしか映らなくなる。つまり、きわどい質問をして目立ちがやりだったのだろうかとも思う。自分を売り込むためにそうしたのかとも。

メディアが権力を監視することが役割だというが、そんなことはとっくにしてないでしょう。安倍政権以前に。私を人権弾圧して、40年にもなる。こういうことを知らないとしたら、記者失格だし、知らない訳がない。他の人が知っているのだから。

それをそもそも報道してないのだから、権力の監視などしてもないだろ。ニュースキャスターの久米宏は、権力を悪用して18年だか、キャスターをした。これでどこが権力の監視だよ。自分が犯罪をバンバンやっていて、それらを報道するのは問題だといい、自分の主張をだけを通している。

これのどこがメディアなのか。だから、2ちゃんねらーがマスゴミというのを、私は上手い造語だと感心した。メディアそのものが腐りきっているのに、何が権力の監視だよ。やりもしないしできもしないのに、口先だけの話だろう。

私はNHKの受信料も拒否している。望月さんが質問ができなくなって、他の新聞社の人、あるいは会社、例えば産経が読売が毎日がと皆さんタッグを組んで抗議をしましたか。しもしないだろ。東京新聞の望月がせいぜいおかしなことを言っているぐらいのことで、他の新聞社は高みの見物ではないですか。こういうふうにして自分たちはおりこうさんですから、「情報を下さい。菅総理!」なんて言ってるのでしょう。

ごらんの通り、何が問題なのか分かるでしょう。あんたらみんな腐りきっているんだよ。こういうことに抵抗するにはどうするか。見ないようにすることだろう。情報操作を拒否するにはそれしかないだろ。新聞を誰も読まなくなれば、少しは分かるかもしれない。反省するかもしれない。そうは思う。

NHKスペシャル「天安門事件…」。ごらんのように他国のことには口をはさむ。放送もする。中国はたいへん恵まれた国であろうと思う。少なくとも隣国日本に報道されている。こういう事実も中国民は知っている。ところが日本ではどうか。超音波盗聴という違法行為をしていても、NHKは笑っている。こいつらまともかよ、と思うのは私だけか。ちがうだろう。たぶん全国民が、これが公共放送だなんて思いもしないだろう。誰も受信料を払おうなんて思わないだろう。

メディアや警察行政が問題なのに、それを正そうともしない。つまり望月さん、メディアが問題なんですよ。あなたがたが。日本という国は本当に恐ろしい国だと思う。隠蔽こそ民主主義にとって恐ろしいものはない。つまり望月さん、そのものだ。それでいて動物がどうかとか。あるいは食べ物がどうとか。芸能ニュースがどうとか。社会の機能がどうとかという考えさせるものは一つもない。

私は日本スゴイというニュースも疑っている。そういうもののほとんどが、どこまで事実なのか、と思う。ましてそんなことはどうでもいいことではないか。日本人が日本人の美徳を失って…

| | コメント (0)

最近、気になる話題相続と医療

今日の週刊誌にも相続の話が出ている。団塊の世代などが相続問題で苦労するだろうし、またいま相続の法律が更新されるので、関心があるのだろう。

芸能人の相続を見ると、最近では平尾昌晃さんの遺産を巡って問題が噴出している。それ以外のものを見ても、ほとんどのものがある意味不正行為をしているようだ。これらはみな遺言書がない場合である。

たとえば宇津井健の場合、80代のママと再婚したのは亡くなる5時間前。これなどもどう考えればいいのか分からない。宇津井が死亡するという自覚がなかったのか?結婚の用紙にサインをしてあるということだと思う。

平尾昌晃の場合、元マネージャーと極秘結婚をしていたというのは、信じられないことだ。平尾氏と子供たちの間に何かの確執があったのか?公で結婚すれば、子供たちから反対される。また自身が介護とか病身になってくると、心寂しいものである。それでそうなったのか?

それ以外の例もあるが、書かれているものを見ると、多くの人が相続を誤解しているように思える。ニトリの場合は、不正な取得と言われてもしょうがないものである。しかし、それほどの資産があるなら、なぜ遺言を残さないのか?不思議だ。それらによって不正行為が出ているようにも思える。

ただ、テレビや雑誌などで言われている「相続」は、法律の相続とは違う。たとえば、子供だから相続権があるとして、我が家の場合など、テレビなどを見て即断しているようだが、相続権を失う場合や、そもそもそれが失われている場合がある。ところが、テレビなどでは、「子供3人なら、3人で分割」などと、まったく意味不明なことを言っている。これらは法定相続分を誰かが言い出したら、相続がもめるということだ。

普通は親の遺産は、と考えるが、そもそもその場合に入るのかどうかは、多くの人が考えないのではないか。また、相続という法律の主旨は何なのかも知らないようだ。だから分割分割という。しかし、これで子供3人いれば、その家は事実上分解する。崩壊する。普通のサラリーマンの家ならば、名義人がそれらを持っていたとしよう。

ただし、ここで持っているというのは、それらを実際に運用し管理し、支配していることが重要だ。というのは、これらのことが遺産形成に重要な意味があるからだ。故人の資産形成に、何の寄与もしていない、何の形成もしていない、それ以上に損害を与えている、となれば、逆に請求されて当たり前の話だ。

そもそも有名人がこれだけもめるというのは、相続の主旨とはかけ離れている。ただ当事者が不正行為をしている場合が多いようだ。ただ遺言が重視されるのは、個人の意思を現実に実現するためである。その為のものである。

我が家の場合、意思はすでに父も母も公にしているのだが、…。

| | コメント (0)

取り調べの可視化・殺人事件?

カンテレ「報道ランナー」
2010年、手術ミスで患者を死亡させた業務上過失致死の疑いで逮捕された塚本泰彦医師(当時54歳)。
逮捕から19日後、警察署の留置場で遺体となって発見されました。遺体と面会した遺族は、右足のアザに衝撃を受けたと話します。【塚本医師の遺族】「本人亡くなっているよりも、右足見てびっくりしたんですよ。なぜ皮膚がこんなに変色しているんだろうと」直後に発表された死因は「急性心筋梗塞」。遺族は、真相を確かめようと奈良地裁に裁判を起こしました。

この記事には、医師の右足が変色している写真があります。しかし、なぜこの医師を暴行しているのでしょう。

自白を強要したのでしょうか?暴行によって、右足から何らかの菌が体内に入ったのか?いずれにしても「急性心筋梗塞」で死亡したにしろ、右足への暴行が原因であろうと思う。疑い告発するのは、当然の義務だと思います。これは明らかに殺人でしょう。

でも、こういう事件でも日本のメディアは報道していない。今ここで告発されたものが出ていると解釈していいのだと思います。

とにかくこういうものを考え、あるいは「おしゃれ事件」などを考えると、本当に一部の誰にも疑いがないような形で死亡した例以外は、ほとんどが事実関係がよく分からないものなのかもしれない。

だから多くの日本人が、こういうことに関わるのを嫌う。これでは本来いけないことなのだが、それが現実になっている。こうして無視され、隠蔽されると、社会が進歩しない。つまり民主主義社会というのは、こういうことを契機に、それらをできるだけ事実に近い形で検証し、報道していくことが必要だ。

それを今の日本は放棄している。進歩を放棄しているのだから、ますます硬直化した社会しかできない。その結果、「引きこもり」は、44万人とも言われる。これだけの問題で。いっこうに解決しようとしないのだからたまらない。これは引きこもりの問題だけです。

それ以外の問題も多数あります。それらが解決しない。それに加担しているのがニュースキャスターの久米宏というのだから、日本という国がいかにペテン国家であることが分かるだろう。そのペテンを必死で隠蔽しているのがメディアや警察。ある意味権力でしょうから、いただけない。

この事件で見る限り、警察内部でも腹立たしいと思っている人間もいるだろう。内部からの改革しか望みがないのだろうか?法があるのだから法を守ってもらいたい。留置場で警察に殺されても、まったく逮捕もされないのは、母を殺した医師と同じか?

| | コメント (0)

今日は暑い日午後6時25分28.3度

今日は暑い日だった。そんなに気にはしていなかったが、午前10時21分に血圧を測ると、110/69 73。午後3時30分に測ると、100/59 68。だった。

この血圧を見て、母親が殺されたことを思い出した。母親が持参薬を飲まされていないことで、頻脈になった。その時の血圧が確か70台だったと思う。脈は130~150ぐらいか。

これを医師が勘違いしたのか?ジコキシンを打った。それがカルテに記載がない。後で間違えたことを知ったので、取り消したのだろうか?それで誤嚥性の肺炎と騒いでいた。これも間違い。誤嚥性の肺炎で死ぬと騒いでいて、なぜジコキシンを打っているのか?つまり誤嚥性の肺炎になると、ジコキシンを打つのか。

血圧が下がったことでびっくりして、そう騒いだのだろうか?ところが母親は至って平気だった。この日はまだ元気だった。その後にジコキシンを打たれるまで。

この時点で血管が閉まっているのにジコキシンを打っている。それを医師は知っている。その後にカルテでは2本打っていることになる。これもカルテ上矛盾する。つまり違っているのだ。

それで私から聞いて頻脈の対応をした。しかし、これも持参薬を飲ませればすぐに治るのにそうしない。つまりそうすると決定的に誤診をしたことがバレてしまう。

それも血圧が70ぐらいというのは、人によっては低血圧の人は、これぐらいの人はいるようだ。ただし症状が出る。吐いたり。頭が痛かったり。相当出る。母にはそれがない。だから血圧が問題であるということはない。だからジコキシンで強心作用の薬を打てばいいわけではない。

つまり症状がないのだから、頻脈になっているのは、血管が閉まっているからなっているのである。それらのところで血液を送れという信号が出ているからである。それで脈が速くなる。それを血液がいかないから、いつまでも頻脈が収まらない。開ければいいのである。

こんな簡単なことが東京西徳洲会病院の医師には分からないようだ。これで救急をしていること自体が驚きだ。

私は意図して殺害したものと思っている。だから「転院はダメです」と母の体を出さないようにして、死亡させた。みっともない。

 

| | コメント (0)

社会が処罰しなければ?

【#橋下徹 】元次官長男刺殺「他人を犠牲にする危険が子供にあると判断した時、社会が処罰できないのであれば親が処罰するしかない」

この橋本徹氏の発言を読むと、私はこうなる。

「患者を犠牲にして医療の実験をする危険な医師がいるということを知った時には、社会が処罰しないのであれば患者遺族が処罰するしかない」と、そういうことだろう。

確かにそういうこともあるだろう。普通は多くの医師はまじめだし研究熱心だ。だが、母を見た病院は、おかしな病院で、とても医療などというものではない。それに対し、医療事故でもないとか昭島署にも届け出ないなら、もちろん、それが正当行為と主張するなら、私にも私の正当行為がある。それらは法律で認められている。

やらせてもらう。

これは日本テレビおしゃれ事件と大変にている。医師という社会的信頼が高いことをいいことに、殺人ゲームをした。その決定的な証拠は、ジコキシンの注射が正当行為というなら、なぜ私に説明していない。つまり説明機会がありながら、何ら説明がしていない。それがカルテを読むと、長い時間話したようなことを言っているが、私が話していたのであって医師は話してない。

私にジコキシン注射を見破られたことで、相当彼らもプレッシャーを感じていたのか?母親の体を外に出さないようにした。死亡させるためだ。ところが徳洲会のホムペでは、「転院」を求めれば「転院」させるように書かれている。これは虚偽だ。

「転院はダメです」と看護婦長が強い口調で私に言った。こいつら殺しにかかったということを明確に知った。これが東京西徳洲会病院の暗部だ。

| | コメント (0)

右と左?

 「狂人化した売国奴」「ネトウヨなるゴミクズ」ネット上で使われるこうした言葉が今、人と人、社会の間に分断を生み出しています。一方で、これを阻止するための最新の試みも始まっています。

確かにこういう言葉が2ちゃんねるにある。今の状況は左翼も右翼もないのだが、これが民主主義がない国の悲しい定め。そう民主主義があれば、右も左もない。あることについて、判断するのに右左を考えて判断していたら、思考が貧弱になる。

その結果、右や左と決めつければ、簡単だから、それだけ多くの人が考えるのを嫌がっているのか?

私のサイトのアクセス数など、数えるほどしかない。そもそも若い人も、あるいは多くの人が本を読まなくなっている。私のサイトは活字だらけ。だから、読もうともしないのだろう。だから分からない。

これは常に、過程を考えないで、結果だけを欲することからもきている。だからテレビはほとんどそう。結果だけです。

いつだか「松ちゃん」という人が、若いアイドルの問題に「得意の体を使って」と言ったらしい。これは事実なのだろう。テレビ界の枕営業だ。これも結果だけ。結果としてテレビに出ていれば、勝者になれる。ある意味、人気があるというのもやらせだろうし、結果そうしているのだろう。

今売れている人たちの中に、何人もの人が枕営業でテレビに出ている人がいるようだ。男性の「松ちゃん」は、そういうテレビ業界の暗部を批判しているのだろう。いつだか枕営業の現場を抑えられた人もいた。しどろもどろの弁明だった。

こういうことに腹が立つのは私だけだろうか。アイドルでも変なアイドルが売れ、こういう子が売れるだろう、と思ってもそうでもない。その差って寝たか寝ないか何だろうか。とにかくそういうプレイは、テレビをつまらなくする。それに腹が立つのも「松ちゃん」も、そうなんだろうと思う。

でも、「松ちゃん」を私はほとんど見たことがない。でもよく言ったと思うし、発言はすばらしいことだ。

右だ左だということも、そう決めつけて相手を排除するのだが、どちらが大変かというと、左だろう。右は体制にべったり、左はそれに闘う。どちらもそういうスタンスに、自己の正当性を求めているわけではないと思うが、どちらもストレスでそうしているようにも思う。

私は右でも左でもない。安倍総理のイランとの交渉に期待するが、森友問題や官僚機構の問題はアウトだと思う。今は引きこもりの問題が起きてきている。切実な問題である。家庭は火の海なのだ。

家庭の中で殺し殺される時代。恐ろしい時代だと思う。これもひとえにテレビの影響だと思う。テレビは、私のサイトでも批判しているが、画一的な生き方、人間像しか受け入れない。人生が実際にはそんなことはないのだが、画一的であることを要求してくる。

他の人と違って当たり前なんだが、同じでなければおかしいというような言論がある。引きこもりでもいいし、50歳になって目覚めて実業家になってもいい。いくつになっても可能性のある社会がいいに決まっている。それが民主主義社会なのだから。

 

| | コメント (0)

家庭内暴力?!

元次官が息子を殺害したことについて、報道などを見ると、まさか本人も殺人犯になろうとは思わなかっただろうと思う。しかし、殺された息子に暴力を振るわれていて、小学校の音にうるさい、殺してやる様な言動があると、殺人におよんだのだろう。

私も自分が人を殺せるだろうかと日常的に自問している。この間、2ちゃんねるとみていると、「法が裁かなければ、自らで裁け」という発言を見た。確かにその通りだと思う。

母親が殺されていくのを、どれほど努力しても、殺されていくというこの国の隠蔽体質。警察に電話しても来ないという。現実の話は…。殺されても、病院のことは病院に話しなさい、という警察の暢気な話。

こういう社会を作っているのは、明確に隠蔽体質でしょう。だからそういうことはありえないよな、と高をくくっている。原発でもそうだろうし、今度のシーサイドラインの事故も、そうだろう。

だから、おおよそ世の中の人と私が決定的に違うものは何かといえば、これだ。私は万一の場合が、どんなことにも想定している。こういうことはというのは、常に考えるべきだと思う。

それらが隠蔽社会を作っている。この害は全ての人におよぶ。ある意味社会に起きていることについて、認識できない状況に、意図しておかれている。それは共産社会と変わらない。しかし、隠蔽社会がもっと弊害があるのは、多くの人がそれを認識しにくいことだ。

日本が隠蔽社会だということを知っていても、常日頃から、そういう考え方をしていないとできないことがある。それに引き換え共産社会は、情報統制をすることを、国民が知っている。そういう意味においては、日本のような隠蔽社会より進んでいるといってよい。日本の場合のような自主規制をするというのは、いわゆる北朝鮮社会とあまり大差はないということだ。

ただそれを多くの人が認識できないということだ。だから家庭内暴力についても、まさかそういうことはないよな、と言ってしまうと問題なのだ。

実際、我が家でも姉が、私や母親に15年以上にわたって、あらゆる機会をとらえて因縁をつけてきた。母親が病院で殺されたのだが、そのきっかけ、あるいは機会は姉が作っている。私や母がやられていたことは、ある意味「家庭内暴力」だったことを、私は元次官が殺人を起こしたことで、認識できた。よくよく考えてみると、これは家庭内暴力だ、と。

母親の右腕にできた青あざは、暴行されてできたものだというのは認識していた。しかし、それが広範囲だったので、どうしてできたのか?と不思議に思っていた。そのことについては母は何も言ってはいない。

それを息子の私に言えば、姉を怒り、それがまた母にはねかえってくることは母も知っている。だから暴力を振るわれても、私に言えないのだ。言えば自分がやられる。

こういうのも暴力だよ、というのを元次官の事件から、認識できた。これも実際は隠蔽社会によって、私が上手く対処できなかったのである。もしもっと早く認識していれば、やりようがあっただろう。

母のことについてもそうだ。解剖をすり抜ける方法を使用しているので、母が犠牲になる以前に、他の人にもしているはずだ。それに気がつかない遺族もいるだろう。あるいは母のように警察が動かない場合もあるだろう。つまり、それで犠牲者は増えるのだ。

救える命も救えなくなる。それに加担しているのが隠蔽メディアの日本の報道機関だ。自分に起きなければいい。人のことなど放っておけばいい、ということだろう。それが回り回って、自分の子供が殺されることにもなるのだろう。あるいは自分が。

それでも関係ないというなら、心を失うことだろう。そうしなさい。

| | コメント (0)

次官殺人

これを書くのは、次官が息子を殺したということを、つぶさに書くとか、推定で書くとか、そういうことではない。そういうようなことはテレビでも伝えられている。それ以上の細かいことは知らない。分からないことが多い。

それで検索をしてみると、ほとんどが大手のニュースソースであると思う。しかし、私が知りたいのは、このニュースがどういうものなのか知りたいのではない。むしろ、それを一般の人がどうとらえているかを知りたい。しかし、それらは検索に出ないようだ。

出るようにするには、もっと細かくワードを入れる必要があるのかもしれない。しかし、そのワードが分からない。

一般メディアから知っても、私には意味がない。いわゆる上意下達であり、ほとんどどうでもいいことだ。

だから最近、ネットも見るのを控えようかと思うくらいである。ニュースなどを見ると、どうでもいいような芸能人の話や、あおりを目的にしたニュースや宣伝と思えるもの。これではみんな中身がない。

考えさせるようなものがない。テレビだとだいたいの情報と映像しかない。それも節約するせいか、同じことを繰り返す。だから不快なことが多い。それを避けるには見ないようにするのだが、新聞にでもそういうものはある。

NHKが車についているナビで受信料を請求するということは、車を持っていれば、テレビを捨てても意味がないのだ。たぶん携帯でもそうだろうと思う。ナビというのは、普通は運転している間は映らないのではないか。音だけでも払えということか。

深く考えさせるようなニュースがない。たぶんニュースの作り方が悪いのだろうと思う。だからみな似たり寄ったりの議論しかない。

最近の「拡大自殺」というのも、いただけない。

池田小の宅間守が死ぬ目的で犯行をしたというのも、分からない。宅間は最初障害者を装った。つまり死ぬのが目的ではない。逆だ。茨木の殺人事件も自殺を目的にしてはいない。死刑になりたいというのは、本人も言っている。しかしこれは本心ではない。これは復讐劇だ。自分を死刑にすることによって、その憎悪を向けているところがある。そこは沈黙である。

何かの先生か?「拡大自殺」というが、このように自分が死ぬために、他人を道ずれにするというものには、例が適当ではない。分析の仕方が誤っている以上、「拡大自殺」などと、そういうことを論じることが無理だろう。

このようにとにかくニュースがスカスカ。中身がない。昔の絵を持ってきても、何の意味があるのか?と問いたくなるものもある。とにかくテレビもネットも新聞も少し変ではないか。これが情報操作の真実なのだろうか。つまり、どうでもいいことを伝えること。

| | コメント (0)

母の声が聞こえる

母がジコキシンの中毒になった時に、私が病室で大きな声で怒鳴った。「なにやったんだ!」。

変わった見取りをした医師がすぐに飛んできた。「ジコキシンを過剰に打った」。と、…

それで医師と激しい話をしたが、母のベッドサイドに戻ると、母が「かっちゃん」と私を呼んだ。

その時の声が耳から離れない。寝られない。夜トイレに起きたときも母の声が聞こえると寝られない。

母はボケていなかったから、ジコキシンの注射を打たれて、心臓がおかしくなったのを知っている。

私が大きな声で怒鳴ったのでも、母は自分がおかしなことをやられたことは、はっきり認識している。

医師が自分におかしなことをし、殺されていくことを知っている。

転院を求めても「転院はダメです」と殺しにかかった。

警察が「徳洲会には徳洲会のやり方がある」と言って逮捕もしないなら、私にも私の正当行為があるということは、法律を知っている人間なら、ご存じのはずだ。徳洲会の正当行為と言い張るなら、私もいつかやらせてもらう。

私の正当行為は、一度ではない。何度でもしてやる。母親が殺されていくことを知っていて、母に「いま転院するようにがっばっているからね」と私は言った。殺されていく母になんといえばいいのか。その時の気持ちが分かるか。

必ずやってやる。にも医療事故調査委員会にも昭島署にも届け出ないなら、私もそうしてやる。あなた方と同じ方法で正当行為として…。

| | コメント (0)

登戸殺人事件4

さらに「他人を犠牲をするなんて絶対あってはならない。死ぬのなら自分一人で死ねってことはしっかり教育すべきだと思います」と主張。梅津アナは「それを言うべきではないという議論もあるが」と指摘したが「そんなことない」と反論した。

この議論はなんなんでしょうか?登戸殺人事件のことでしょうか?まだよく分からないのに、なぜ一人で死ねと言っているのか?そんなに死ね死ねいうなら、自分から手本を見せて欲しい。でなければ子供は納得しないと思う。大人が手本を見せてもらわないと困る。

それで次に次官が引きこもりの子供を殺したという。今日では、人に迷惑をかけてはいけないからとか。

そういうことなら、ここでのテレビの報道などで新たな引きこもり殺人が起きたのではないか?責任を取れるのか!

これからも「迷惑をかけてはいけない」と引きこもりやお宅が次々に殺される事態になったら、どうするのか?

少なくとも次官は「迷惑をかけないように」として自分の子供を殺したんだろうから。

テレビのお前らが、あーあ、やっちゃった。になっていると思うが、これで迷惑をかけないで一人で死ねというのだから、さあ、テレビに出ている人たちの中で、迷惑をかけたのだから、殺されるか自殺をするか、どうするのだろう?

さあ、どうする?

| | コメント (0)

悪魔の予備軍・モンスター

【川崎事件】TBS『ひるおび』がひどい
立川志らく(落語家)『伯父伯母が甘やかしすぎてモンスターをつくった』
溝口紀子(柔道家)『ひきこもりの高齢者61万人もいて「悪魔の予備軍」になっちゃうひともいるかも』
れもんた @montagekijyo 12:17 - 2019年5月31日
立川志らく(落語家)
「育てた伯父伯母は高齢なので責任を問うのは酷だが(略)もっと早く何とかできた、こういうモンスターを作り上げる前に、
小遣いを顔も見ずに与えてた、どんどん甘やかしてたわけでしょ、それがこういう恐ろしい人をこしらえてしまった(略)もっと早く国に相談すべきだった」

ひるおびを見ている人がいたのだ。視聴率があるのか?過激な発言で炎上商法を選んでいるに違いない。

モンスターといい、悪魔の予備軍といい。俺も頑張って、モンスターに、悪魔の予備軍になるのだ!早く国に相談してくれW

Cf:モンスター モンスター 俺たちは明日がないモンスター♬ 決してくじけない悪魔の予備軍(^^♪

  決して負けない悪魔の予備軍 ああ、今日も部屋の中では、暗黒魔王 ♫ きょうもいくいく悪魔の予備軍♬~

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »