« 大津交差点事故 | トップページ | 池袋母子死亡事件 »

相続について

相続について、今日姉や弟の代理人弁護士から、家の財産を抜く書類が来た。こういうことをする。

私は腹が立ったので、電話をかけて言うと、とにかく逃げまくっている。少し話すと、用があるとか、会議があるとか、とにかく逃げる。

私は言いました。なぜこういうことをしたのかと?答えない。逃げる。あなたも弁護士を立てろという。

それで言ってやった。女の弁護士さんだったから、弟が偽装結婚しているので、受任を拒否されたのですよ、と言った。ヤクザとつながりのある人物が相手では、女の人は嫌がるかもしれません。自分の名前が相手に伝わりますし、電話も自宅にかけるかもしれません。

現に弟が家の電話番号をヤクザに教えたのでしょう。母と私が受けています。そういう事情を弁護士さんには話しました。それで受任拒否したので、自分で裁判所のものを出しています。それでも裁判長に褒められていますので、なんとか行けると思います。

何でも弁護士を立てなければならない訳ではないです。本人訴訟でいいわけですから、それでいいと思います。相手は弁護士を立てているので、お金がかかりますし、何より私の場合、自分の主張をするということがいちばんです。まして先を考えれば、お願いする理由もありません。

相手の弁護士に、偽装結婚はどうなっているのか?貸家を占拠してるがどうなっているのか?貸金が何千万あるが、どうするのか?弁護士はただ逃げました。とにかく、自分たちのことについては、何の説明もできない。

家の財産などがヤクザに伝わるのはどうなのか?明日は母の1周忌です。腹が立つ。

偽装結婚というのはお金になりますが、その家を売ることですよ。つまり、弟はお金持ちの家を「金目当てだ」として追い出されたので、私の家に来て、「子供なんだから金よこせ」と。姉もそうです。

継父や母親が私を八王子を継がせるために、実の弟を養子に出したのです。継父(父)が相手の家にお願いに行きまして、八王子を私に継がせるために「弟を養子に迎えてくれないか」と頭を下げて行ったのです。

これらのことに「家のもの」すべてが合意しています。

にもかかわらず、弟や姉は、金金金の人間ですから、寄こせと。それも70,64だかの人間が「子供だから」と。バカバカしくてやっていられません。それも2人とも、分家相続のお金や「口上」ある意味「激励」を父や母からもらっています。相続の金を受け取っていて、その上で寄こせと。

こういうときには、どうしますかと父に聞いています。父は「いい加減にしなくちゃ」と言いました。そういうことだと思います。普通のサラリーマンの家庭で、何を考えているのか?まして父や母が生きている時に、自分たちが精いっぱいにしたことを、姉や弟はすべて反故にし、けとばしている。父の死に方でも、その後に母の介護に姉や弟がしたことを許そうはずがないから、私はいい機会だと思っているのです。

2人は、義理のお父さんやお母さんの面倒も見ませんし、何もしませんでした。むしろ私を頼ってきました。今の状態で良く知ってもらいたいのは、今度は姉も弟も、それぞれお互いに面倒を見なければなりませんから、義理のお父さんやお母さんにしたようなことはできません。逃げられませんから。私は義理の父母の恨みつらみも晴らしてやるつもりです。いい機会ですから。まして母親を虐待して、金を寄こせとは何だと。

母親を徳洲会に入れたのは、姉ですよ。

|

« 大津交差点事故 | トップページ | 池袋母子死亡事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大津交差点事故 | トップページ | 池袋母子死亡事件 »