« 高齢ドライバーの | トップページ | 悠仁様の警備について »

電子辞書?

今日のニュース7で電子辞書の話をしていた。売り上げが落ちていたのが上向いたと。それも小学生の英語の勉強らしい、と?

しかし、ありうるニュースなのだろうか?今更電子辞書で英語ができるかどうか?ご存知のように電子辞書の音声は悪いと思う。

英語の勉強の仕方には、最近では音声から入ると言われているものが多数ある。それを考えるとちょっとという気持ちが出る。

私も、日本人はなぜ英語ができないかという問いに、ずいぶん研究Wしている。何しろ日本人が英語ができるようなシステムができれば、そうとう何ができるWそれで勉強に余念がない。とみに最近、日本スゴイというテレビ番組を見ると、外国人が今まで以上に日本語が上手い。その答えはアニメやマンガらしい。

では、アニメや漫画は英語でもあるのに、なぜ日本人はできない。アニメで英語ができるようになったと聞いたことがない。

とにかくそういうことにいろいろな情報を集めてはいるのだが、なかなかない。私が今探しているのが、昔私が受験勉強なるものがあったとき、「蛍雪」の付録にあった文法のようなものを、いまだに探しているのだがない。それは実に簡単に文章を比較して書かれていて覚えやすくて気に入っていた。そういうように書いてある本がない。

中学生の英語の本とか子供の英語の本とか、そういうものも見てもどうも違うような気がしてならない。そうして私自身の英語の進捗状況を考えると、やはり、国弘さんとか鳥飼さんとか、あるいは「やさしい英語の…」を書いてる先生とか、そういう先生の言うことが、間違いない。あっていることを認識している。

たとえば、ほとんど英語の勉強をしていないのに、少し聞こえるようになっている。なぜなのか考えると、車の中で「基礎英語」を流して、聞いてもいないのに、他の難しい英語が聞こえるようになっている。これは不思議だが、先生陣のいうことが、間違いないということだ。

そういう経験を何度もしている。最近では結局これなのかと思う。一流の先生が書いた英語の勉強法はだいたいで書いてあるのだろう、ぐらいに思っていたが、決してそうではない。私の体験ではそれが証明されている。

これを考えると、電子辞書というのは、どうだろう?ゲーム感覚で覚えられるのだろうか?なぜか間違っている方向が一つ増えたのではないか?

それから、そういう英語の勉強の仕方に多く書かれていることは、いろいろなものに手を出さないようにするということだ、これが書かれている。これをやると決めたら何百回もということらしい。ということは英語ができるようになるには、そうとう我慢が必要だということだ。ちなみに、国弘さんの本にはこういうことも書かれている。次々に移ってしまうことが…。

 

|

« 高齢ドライバーの | トップページ | 悠仁様の警備について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢ドライバーの | トップページ | 悠仁様の警備について »