« なんか忖度 | トップページ | 巡査外国人を落とす! »

準強制性交無罪判決の異常

愛知県内で2017年、抵抗できない状態にあった当時19歳の実の娘に乱暴したとして準強制性交罪に問われた父親に対し、名古屋地裁岡崎支部は無罪(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。鵜飼祐充裁判長は、父親が長年、娘に性的虐待を行っていたと認定したうえで、「抵抗不能状態だったとは認められない」とした。判決は3月26日付。 公判で検察側は、被害者は中学2年の頃から性的虐待と暴力を受け、専門学校の入学金などを負担させたことに負い目を感じていたなどとして、抵抗は著しく困難だったと強調。弁護側は「被害者は性交に同意していた」と主張していた。

 鵜飼裁判長は判決で、父親との性交は被害者の意思に反するものだったとしたうえで、「長年、性的虐待を受け、抵抗する意思や意欲を奪われた状態だった」と指摘。一方で、父親に服従するような強い支配従属関係はなく、抵抗不能の状態だったとは認められないと結論づけた。

裁判長の言っている意味がよく分からない。「父親との性交は被害者の意思に反するとして、また、抵抗する意思や意欲を奪われた状態だった」と指摘し、としても、抵抗不能状態ではなかったというのが、よく分からない。

結局、こういうことはその人、例えばこのような時は裁判長が、様々な人生経験で、いろいろな人生での局面での心理を経験していなければ、わからないことなのだろうか。

そもそも長年となっていることから、未成年の時から、脅し透かし、あらゆることをして性的関係を維持してきたのだろうから、そもそもそれをしたこと自体で、犯罪が成立しているはずだ。未成年にこういうことをしていることが、そもそもの犯罪でそれが娘の抵抗不能の問題ではない。

この裁判長は、たとえば14,5歳の少女に抵抗したかしないかを問うのか?そのこと自体がおかしい。強制性交は成立している。他の事案でも未成年の少女に抵抗したかしないかを問うのか?法律ではそうはなっていないはず⚓

|

« なんか忖度 | トップページ | 巡査外国人を落とす! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんか忖度 | トップページ | 巡査外国人を落とす! »