« 反訴する人間のあほらしさ。改悛もなく | トップページ | 新元号は「令和」 »

憲法改正は

自民党の甘利明選対委員長は31日のNHK番組で、憲法改正について「戦後70年以上がたって(改正を経ていない憲法が)今も全部そのまま通ると思うことが間違いだ。政府の解釈で乗り切るのはもうそろそろ限界だ。憲法改正論議はきちんと始めるべきだ」との認識を示した。

憲法改正について、自民党はいろいろ言われている。しかし、この発言のように、要は解釈の問題で、どうということはない。もちろん、これは自衛隊のことだと思います。しかし、これらのことも考え方を変えればそれで済む。ここではそれを書かないが、解釈は、憲法を改正してもやはり出る。解釈はそういうものだ。

むしろ、憲法を守れないから変えていこうというのは変だ。単なるお飾りというのだから困る。ここで亡くなったキーンさんも現憲法を評価していたはず。こういう人の意見を大切にしたい。よく理解しているはずだから、また世界を俯瞰しているはずだから。

私は今の憲法は世界から進んでいると思っている。かえる必要などない。ただ少し理想が高くて、実現していないことがたくさんある。それはむしろ国民というより、政治家が劣化しているのではないか、と思う。

しばらく前の自民党のリベラルと言われる人たちの意見を改めて考えてみるのもいいと思う。

日本国憲法は世界の希望だと思う。ただ日本国民にその思想がない。思想がないのに憲法ができる。この空洞化が問題を生む。生まれたのが甘利氏の意見だと思う。

|

« 反訴する人間のあほらしさ。改悛もなく | トップページ | 新元号は「令和」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反訴する人間のあほらしさ。改悛もなく | トップページ | 新元号は「令和」 »