« 健康ブーム | トップページ | 節約と健康 »

「おかあさん」「母」「お袋」

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が22日、フジテレビ系「バイキング」で、貴乃花光司氏がテレビ番組で自身の母親を「お母さん」と呼んだことに「いい歳こいてるんですから、母とかお袋とかそういう言い方をしなさい!」とたしなめた。
そうだろうか?私も母親を「おかあさん」と呼んでいた。ごく普通に「母親」とは言うが、「お袋」ともいう時がある。しかし、お袋には実感がない。
年を取った夫婦が、亭主のことを「お父さん」と言ったり、奥さんのことを「お母さん」と言ったりする人もいる。別にいいんじゃないですか?「ママ」というのも聞いたことがある。いい年をした人が奥さんを「ママ」という。
みのもんたなど、いい年過ぎて「ママさんが…」という。変でしょうか?別にいいのではないか?いい年のおばあちゃんに「お嬢さん」というのは、みのもんた。
その人にとって、そのニュアンスのものが好きだというのはあると思う。この間は子供を「王子様」と名付けたそうだ。解明したそうだが、父母は、大人になったら問題だと思っても、どうしてもそういうニュアンスが好きなんでしょう。
「お袋」などと言いながら、介護できるだろうか?距離感が近くなければ、介護は無理だと思う。

|

« 健康ブーム | トップページ | 節約と健康 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康ブーム | トップページ | 節約と健康 »