« うっ血性心不全の値・BNP値をみると、これは殺人 | トップページ | 結局、医師資格は?! »

民放テレビ局の感覚

劇作家で演出家の藤沢文翁さんは、テレビで仕事をした際、「本腰を入れる」という表現を使ったところ、番組スタッフから「他の表現にして下さい」と言われたという。

藤沢さんは一瞬何が駄目なのか理解できなかったが、「性的描写に捉える視聴者がいるかもしれない」という説明を聞いて思わず爆笑してしまったとのこと。

また、「本腰を入れる」がNGなのであれば、「胸襟を開く」「精が出る」「手取り足取り」「一触即発」といった言葉も、同じく放送できないのではといった意見も挙がった。

民放テレビ局は、なんか変態のような気がしてくる。「本腰を入れる」という表現が、性的な描写というのは、どうかW

これは、本当に笑える。落語ではないのだろうが、腹が痛い。その後の「精が出る」「手取り足取り」「一触触発」なども笑えると思う。

これを性的と考えてしまうという自主規制は、どうなのか?自分が考えているのだろうW

|

« うっ血性心不全の値・BNP値をみると、これは殺人 | トップページ | 結局、医師資格は?! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民放テレビ局の感覚:

« うっ血性心不全の値・BNP値をみると、これは殺人 | トップページ | 結局、医師資格は?! »