« 子供部屋おじさんならぬ! | トップページ | 医師資格の登録を教える »

高州院長の発言?アウシュビッツは捏造?

ポーランドにあるアウシュビッツ強制収容所跡を管理、運営するアウシュビッツ・ビルケナウ博物館は17日までに、「アウシュビッツは捏造だと思う」と2015年にツイッターに書き込んでいた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に対し、アウシュビッツの存在は「史実だ」と日本語で訴えた。   高須氏は15年、ツイッターに「南京もアウシュビッツも捏造だと思う」と記した。   博物館は今月15日、公式ツイッターに日本語で「アウシュビッツは世界中の人々の心に絶えず忠告する史実」と書き込んだ。これに対し、高須氏は17日「売られたけんかは買う」とツイッターに投稿した。

高須院長の発言が時々聞こえる。なぜか知らない。ただ今度の発言はいただけない。高須氏としては、南京がなかった、史実ではないということを印象付けるために、アウシュビッツを引いたのかもしれない。

しかし、アウシュビッツが史実だということは、世界中の人が知っている。また異論があるなら、高須氏は大変お金がある人なんでしょうから、実際にアウシュビッツに行ってみると良いでしょう。そのうえでレポートとして何か発言されるなら、お分かりになるかと思います。

私は本でしか読んだことはありませんが、史実だと思います。南京についても様々な意見があるのは知っています。しかし、それらの意見を様々な形で検討しても、南京に日本兵がいたことは否定できません。それをどう考えるかだと思います。

|

« 子供部屋おじさんならぬ! | トップページ | 医師資格の登録を教える »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高州院長の発言?アウシュビッツは捏造?:

« 子供部屋おじさんならぬ! | トップページ | 医師資格の登録を教える »