« カルテの事実関係の正誤 | トップページ | ここのところで »

日本人はなぜ騙される!

詐欺業界の実態が活写されているが、そんな菅原潮氏に「日本人はなぜこんなに騙されるのか」を聞いた。

オレオレ詐欺からアポ電まで、とにかく社会問題になっている、詐欺。人をだますことです。それは時代が詐欺だから、何とも言いようがない。だから、尾畑春夫さんのような方が、私はいいと思う。こういうことと対極にある人です。

だいたい、テレビやラジオが、そもそもの嘘。それらを信用している時点でアウト。NHKで「私は騙されない」みたいなことをやっているが、まったく効果なし。それもそのはず、こういうケースは詐欺です、みたいに放送する。これ放送後に覚えている人いるのでしょうか?カードがこうだから詐欺です、とか。これ何回聞いても騙されると思います。

まず私のサイトを見れば、すぐに分かる。ほとんどアクセスがない。つまり、ほとんどの人が分からないのでしょう。もちろん、今の状態は見にくいし読みにくい、のは知っている。でも、これ見て本物だとどこまで理解する人はいますかね。日本テレビおしゃれ事件で出てきて捜査をしている警察が嘘をついている。嘘をやってますと本人たちが言っている。これでも分からないのでしょう。

権威とか権力とかに弱い日本人が、裁判所、警察、役所、弁護士。こういうとみんな本当だと思うのだから、騙されるだろう。その奥に潜むものは、警察が恐いからかかわらない。これひとつとっても、いつまでたっても騙されますよ。まず、こういうことはありませんよ、というが、まず恐いから引いてしまう。最近では電話に出ないようにするとか留守電にするとか言っている。しかし、直接訪ねてきたらどうするのか?同じでしょう。

まず、私を見習ってもらいたい。警察が逮捕するぞときたら「逮捕したら」。NHKが法的措置を取るぞと脅してきたら「待っているので、なるべく早くして」。おかしなことを見かけても、バカがほざいている、とか、「そうですか」ぐらいにしておく。そしてお金の話をしてきたら「貧乏なのでくれるのか?」と聞いてみる。特に警察が逮捕するぞなどといってきたら「早くしろ。寝ぼけてるんじゃないだろうな。自分がおかしなことをしてるのに、それでいいのか?」と聞いてみる。あるいは「もう一度出直してきてくれ」とか「忙しい」とか。とにかく相手のペースから、自分のペースに持ってくることが大事だ。

息子が会社の金を使い込んだと言ってきたら、「どこの会社の金だ」とか「俺の女にも寄こせ」「お父さんが死にそうだ」「その冗談は私にも言わせて」「いい年こいて何してるんだ」「警察から借りろ」とか。いろいろあるでしょう。

とにかく家に取りに来ることはないし、友達とか同僚とか、とにかく金を取りに来ることはない。どんな文句であっても。自分でとりに来させることがいちばんである。NHKのように、こういうケースと言っても、分からないと思う。また、困ったことがあっても、人はそうそう死ぬものではないので、放っておいても大丈夫だということだ。ピカソのように電話に出ないこともいい。放っておいても、その後に音信はある。

警察だろうが、弁護士だろうが、裁判所だろうが、放っておいても問題がないようになれば、いいのだが、裁判は出ないと負けることがあるので困る。「どうでもいい」と寝てるのがいちばんだ。

|

« カルテの事実関係の正誤 | トップページ | ここのところで »

話題・新聞他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルテの事実関係の正誤 | トップページ | ここのところで »