« 冷凍庫が開かなくなった | トップページ | 日本人はなぜ騙される! »

カルテの事実関係の正誤

とにかく母親のことを考えると、どうするか、方向性がいまひとつつかめない。それはなぜか?母が虐待され殺人ゲームのように殺されたことを思い出すと、怒りを抑えられない。今日も昼食を食べながら考えていると、なぜなのか?なぜこれほどまでにカルテが捏造されているのか?

5月2日03:08:34カルテの最初に書かれていることでも「#認知症」とある。母は認知症ではない。母が喋らなくなったのは、私の負担が多すぎて、私が母にデイサービスに行ってくれと言ってからである。それを母は嫌がった。「死」を連想するようだっだ。それから喋らなくなった。それで話しかけても話さないようになったので、誤解されるようになった。自分がお荷物のように感じたのかもしれない。

「#頚椎症」。何なのか分からない。齢を取っているので関節でもすり減っているということか?こういう情報がどこから出ているのか、分からない?順天堂の方で聞いたことがあるような気もする。「#肺炎疑い」は、この日のものでは、私は聞いてない。こういうことならまず、昭島の徳洲会に入れてない。なぜなら、死亡する可能性があるから。

ここに、【身体所見】(呼吸音清明 腹部圧痛なし 下肢浮腫なし)とある。つまり誤嚥性の肺炎をうかがわせるものはない。うっ血性心不全で死亡する兆候もない。

03:50:17~05:34:33これは救急の報告ではないかと思う。ところが、【主訴】肺炎疑い、となっている。おかしいではないか?誰が訴えているのか?これはK病院で、これらのことにあったということは、後に確認しているが、訴えてはいない。それから(3日前から食欲不振があった。…両下肢の脱力があった。その後嘔吐あり、息子が心配し救急要請となり…)。こうある。

ところが、母は3日前から食欲不振にはなっていない。私が介護でまいっていて、それも主に姉への対応で気ばたらきができなくなっていた。この日も姉に、母の介護を妨害するので「出ていけ」と私は怒鳴っている。

それで水分が少ないということは認識していた。食後に母の口をゆすがせるために水をやると、それをゴクンと飲んだ。とろみもない。それで「あっ」と思い、水分が少ないのではないかと認識した。私がまいっていて、母の介護を十分にできなかったのだろう。

「嘔吐あり」とあるが、嘔吐はしていない。母はエンシュワを口から出した。これはエンシュワの2回目で、私も一緒に飲んだがまずい。それで口から出したのだ。「嘔吐」というのは、胃に入ったものを吐き出すことで、そのようなことはない。

とにかくこのような事実と違うことが多すぎる。とにかく検討すべきことが多すぎる。姉の嘘も書かれていて、私が暴力をふるって、姉が警察に保護されたことになっている。これも私が、姉が介護を妨害するので、姉を怒鳴った。それがこうなる。こういうカルテを、医師の専門家がみて、どう理解できるのか?

母を守ってあげるのは私一人しかいなかったので、母も私を過度に頼った。しかし、負担が多すぎた。

|

« 冷凍庫が開かなくなった | トップページ | 日本人はなぜ騙される! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷凍庫が開かなくなった | トップページ | 日本人はなぜ騙される! »