« 一党独裁はよくないが、政治の動きなく無党派層増える | トップページ | カルテの事実関係の正誤 »

冷凍庫が開かなくなった

冷凍庫が開かなくなった。一度電源を抜いた。そうしたら開いた。たぶん私が節約していて、冷蔵庫や冷凍庫を開ける機会が少なくなっているせいだと思う。それで庫内の温度も平均2度ぐらい低くなった。微調整できるようなつまみはない。外ドアにあるのだが、すでに温度がいちばん高いように設定してある。

冷蔵庫の中にあまり食品を入れないようにし、開けないようにしたのが、原因だろうし、どうすればいいのか?差し込みのコンセントは壁際で、しょっちゅう抜いたりすることはできない。スイッチを少し切るようにすればいいのだろう。そうすれば開くのだろうが、そのスイッチを冷蔵庫の前の方に持ってこなければならない。それようのものはない。

結局、冷蔵庫の脇に配線を持ってこなければならないが、大丈夫か?熱くないか?調べようがない。隙間が細くて手も入れることはできない。これでは冷凍庫が使えない。アイスも入れておくことができない。他の温度が低くなったところに置けばいいのかもしれないが、溶けないだろうか?

大きい冷蔵庫だから、小さいのに代えかえればいいのだが、先立つものがない。もったいない。とにかくこういうような生活は、電器会社も想定はしていなかったのだろう。まさか頻繁に冷蔵庫を開けるわけにもいかない。

電源を時々切っても、入れる時に急に上がることはないのか?どうなんだろう?それとも配線を2本買ってくることか?やっかいだ。

|

« 一党独裁はよくないが、政治の動きなく無党派層増える | トップページ | カルテの事実関係の正誤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一党独裁はよくないが、政治の動きなく無党派層増える | トップページ | カルテの事実関係の正誤 »