« どうやら本物か? | トップページ | ベッキーのこと »

日本人の3分の1は日本語が読めない?!

「国際成人力調査」の結果概要

  (1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。 (2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。  (3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。  (4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。  ほとんどのひとは、これをなにかの冗談だと思うだろう。だが、これは事実(ファクト)だ。

これは本当だと思う。とにかく私が、いま一番頭を抱えているのが、東京西徳洲会の母のカルテだ。とにかく時間的前後とか事実関係の錯誤とか、日本語がうまく理解できないのか?とにかく、これを捏造と言わないで何というのか?

ひとつ一つの言葉を拾っていくにしてもきりがない。だから、私は昭島の警察で、とにかく徳洲会の死亡診断書と解剖結果が違うのだから、出来るだけ早く本人たちに話を聞いた方がいいと言った。

細部のカルテの間違いとか考え違いとか、そういうのは後日になってどれだけ調べることができるだろう。たとえば、これ医師に聞いて分かるのだろうか?例えば1年後に聞いて正確にわかるだろうか?

私の方は母の事しかないので、他のことと混乱することはない。しかし、カルテでは飲んでもいない薬を飲ましたことになっている。点滴もしてはいないだろうにしている。医師の都合の良いことしか書いてない。私が説明している事とか、言っていることの事実誤認など、挙げたらきりがない。

おまけに最初の方だが、姉がしょっちゅう嘘をつく。その嘘をついていることが先生も「確か言ったはずだが」など出てくる。それから上に書いているようなことが事実出てくる。日本語がおかしいのか?事実関係がおかしいのか?

これを第三者が読んで分かるだろうか?ということだ。相談した人から「報告書」をもらったが、ほとんどカルテを読んでいる節がない。内容の事実関係を詳しく読んでいるとは思えない。私が言っていることが、全く考慮されてない。

この人も事実誤認をしているし、とにかく暴言やパワハラ、はったりでやられたのではかなわない。だから、私が話していることを録音しているということなので、ちゃんと取っておいて下さい、とお願いした。後で隠ぺいの事実関係が出てくることもあるだろうから…。

しかし、日本語が読めないと言ってもどうにもしょうがないですよね。特に私のサイトなどほとんど読まれないのではないかと思う。というのは日本語の羅列。本もほとんど読まない人が、私のサイトを見て、まず読まないでしょう。

くだらないと思うか、そんなところでしょう。人類の未来のとんでもないことを書いてあるなんて、まず理解する人はいないでしょう。そういう人が一人でもいれば、それはその人がいろいろな知識があるということで、私の努力とも関係がないと思う。

科学的な知識と法律的な知識がある人なら、頭の中で「ガツッ」とくると思う。そうあり得ないことが現実にあると、哲学が得意な人なら理解できるだろう。それでも日本語ができない人にも理解してもらうように努力しなければならない。

多くの人は、結果でしかものを見ない。それはとても残念なことだと思う。

|

« どうやら本物か? | トップページ | ベッキーのこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の3分の1は日本語が読めない?!:

« どうやら本物か? | トップページ | ベッキーのこと »