« アイドルって? | トップページ | そうそう時々テレビでやる盗聴などの番組 »

ネズミはいない?

ときどき天井にネズミの音がする。ところがネズミが入るアナは全部塞いだ。音を良く調べると、ネズミの習性がない。専門家から、この間聞いていたので、まず多分、警察などが、超音波で聞かせているのだと思う。

この音は、以前にもあった。同じ音が何回かした。これは同一の音。またネズミが外をはい回る痕跡がない。こういうのは普通ない。専門家は「ぺったんこ」も警戒するといったが、私は何回も獲った。

ところが最近のは、その形跡さえない。習性もない。外を見てもない。音だけする。

たぶん、超音波盗聴をしていたときも、超音波で音を聞かせたことがあった。それは母も父も聞いていて、私の3人が不快に思っていた。これらの音は、聞こえる方向もいつも同じで、30数年前のものと比べると、本当に進歩したと思う。

3人で聞いていた、あるいは聞かされていた音は、本当に嫌なもので、警察が嫌がらせにするものと同じだ。これらの音が確定的にそう言えるのは、3人で聞いたことが確認できたが、一歩家の方向を出ると聞こえなくなる。

これは母も父も同じで、つまり方向性のある音だった。それより短い距離でも、方向を外れても聞こえなくなる。その当時は遠くで聞こえるぐらいだったが、いまは天井でもできるのだろう。最初録ったものを後で聞かせていることも考えられる。

これが以前の時は、3人共同日に聞こえなくなった。それは超音波盗聴を送るのを止めたわけではないだろうが、テレビで表現しなくなった時と同日だ。母も父も認識していた。

そして、こういうことを悪用して、それがあたかも精神的に…などという言いがかりにしようというのが、警察やメディアのやり方である。いわゆる現実の捏造である。

だから私は、警察は誰でも気に入らない人間がいると、その人間を社会から葬ることができる。それにテレビなどが加担しているのだ。

今日の新聞の投稿などを見ても「発言」しようと言っているが、それがどう言う意味なのかを認識している。発言し、社会に積極的に関わろうとする人間を、抹殺していくのが警察のやり方であり、日本のメディアのやり方である。そうしないと自分たちの領分がなくなる。

だからネットとテレビの融合を阻止しようと熱中する。いずれネットが勝つのだろうから、必死である。しかし、ネットがあれば大丈夫だろう。

バカバカしい話だが、「大阪なおみ」は日本人か、そうでないか、などという発言が出ている。「大阪なおみ」は「大阪なおみ」でいいと思う。本人の努力で世界1になったのだから、それでいい。いまのメディアはこんな言論しかできないのだ。世界は国境を越えているのに、人類は混交している。おめでとう。

|

« アイドルって? | トップページ | そうそう時々テレビでやる盗聴などの番組 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネズミはいない?:

« アイドルって? | トップページ | そうそう時々テレビでやる盗聴などの番組 »