« NHKガッテンの腰痛体操・対策 | トップページ | 栄養を取らなくちゃ »

いい傾向?!

昨日は、ニュース7を見なかった。忘れていたのか、気にしなくなったのか。以前のように暮らせるといい。

また昨夜は一度も起きなかった。今日の血圧は、112/70、72 |103/58、80だ。昨日起きなかったせいか、朝少し脈が抜けていた。しかし、これは自律神経がギクシャクしているのか、少し横になるとすぐに治った。後は快調。

こういうことは母親もあった。K病院に行くようになってから、母親の不整脈はほとんどでなくなった。それでもどうかすると出る時があった。不整脈は、頑張り続けるとか、負担が多くなるとか、そういう時が多かった。ところがそれでも、たいてい横になると治った。

一度は、それで東京西徳洲会病院に入院している。今度母親が死亡した、同じ頻脈で。この時は、先生がK病院の持参薬を飲ませていたので、何のトラブルもなかったし、母親も入院している時は、元気でした。

同じ頻脈で、同じ病院で、これほど扱いが違う。今度の先生は全くの逆をやった。これが警察が言うように「徳洲会には徳洲会のやり方がある」というのが、バカバカしい言い訳でしかないことが理解できるでしょう。95歳に母が入院した時は、ちゃんとやっていた。他の病院と同じように。

これらの事実関係を東京西徳洲会の経営陣は知っているのだろうか?少なくとも母親のことはトップに上がっているはずだ。母親の頻脈について、他の病院でも同じようなことが起きている。この時も故意にやられた。たまたま死亡していないが、これで死亡するということは、他の医者も認識している。

この時もその医者はジコキシンを使わなかった。別の薬を使用した。これは名目上は全く違うものだが、それで頻脈を止めたのだと思う。そういうやり方があることは、私は知っている。だから、この時は問題がないと判断した。ただ死に損なったことは事実である。母は「もうだめか」と、160ぐらいの脈に襲われながら、私に聞いた。「大丈夫だよ」とその時は答えた。

しかし、放置すれば死亡するだろう。母を殺した、今度の医者はそれらを認識していながら、薬を飲ますことができるのに、飲まさなかった。母が死亡するのを望んだと思う。そう宣言しているのだから。看護婦を引き連れていて。

これをやるとどうなりますか?「今すぐに死ぬ」というように騒いでいると、普通引っ込みがつかなくなりますよね。だから「数日中に死ぬ」と続けてカルテに書いている。私が「持参薬を飲ませれば、1時間で治るでしょうから」と話し、このことを認識していながら、飲まさなかった。

飲ませば、数日中に母は元気に退院したでしょう。つまりこうして退院したらどうなります?担当の先生は、とんでもない藪医者になります。30歳です。京大卒です。どうです?プライドというのは、本当に怖いものだと思います。人を狂わせ、暴走する。自らのプライドのために母を殺したことは、私は知っている。

それからもう一つのラインがある。母親を死亡させなければならなかったのでしょう。

|

« NHKガッテンの腰痛体操・対策 | トップページ | 栄養を取らなくちゃ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい傾向?!:

« NHKガッテンの腰痛体操・対策 | トップページ | 栄養を取らなくちゃ »