« 分かりにくいのはなぜか?ゴーン逮捕 | トップページ | 花田優一の異常な生活?! »

日産ゴーン社長その後

「私も捜査2課時代に誤認逮捕しそうになったことが何度もある。なぜかというと、人間は他人のことなら平気でウソを言う。みんなウソっぱちを言うから、捜査が間違った方向に進む。司法取引の最大の怖さは、えん罪を生むこと。あるいは、謀略によって他人をおとしいれることができる」

これは元衆議院議員亀井静香氏のゴーン社長逮捕の意見である。私もゴーン氏の逮捕をニュースで見ていて、どうもよく分からない。たとえば不記載のものが実際にあるのか?実際ゴーン氏に報道されている金額が渡っているのか?では、なぜこれが通っているのか?分からないことだらけだ。

そしてここに書かれている誤認逮捕。これは事実大変なものだ。ここに書かれていることも事実だ。警察にいろいろ事情を聞かれたときに、嘘を言う心理が働く。だから、私は普段から、警察は捜査をちゃんとやりなさい、という意見を言う。いまのような捜査をしていたら、いつまでたっても冤罪は減らない。警察は怖いものだと思われたら、もうそれで警察の敗北なのだ。恐い警察に本当のことを言っているつもりでも、微妙にずれる。それがつじつま合わせをしていくうちに、とんでもない負の情報になる。これが足かせになり、筋を追いかけると、冤罪の方に流れている。

これは私自身「日本テレビおしゃれ事件」で経験している。久米楠田は自分たちが名誉を棄損されたと訴える。しかし、訴えるにしても、自分たちが進んで放送していることを、それもそれらの事実が(性的関係後)においても、放置し放送されている。私はこれらのことが公共の利害に該当するケースとして認識している。当然久米楠田は、何らかの対応を求められることだ。いちばんのいいケースは、放送したものは放送して事実関係を取る。

ところが事実は犯罪のためそれができない。それで名誉棄損罪を使い、隠蔽しようとした。それために嘘を言わなければならない。そちらの道しかない。ところが私にそれらを指摘されたことは、私に感謝こそすれ、犯人に仕立て上げるのは、社会の通念上どうなのか?たとえば、そのまま「おしゃれ事件」が放送され続けた場合、大変なリスクを久米楠田あるいは日テレ民放などが負うことになる。

つまりはっきり言って、私には感謝しかないはずだ。ところがその私を犯人に仕立て上げている。その辺の事情は、警察が久米楠田はじめ関係者から事情を聞いたはずだが、それに嘘があり、それらの事情で、そうだが暴走していた事実がある。それを指摘したのは、テレビ側ではなく「私」だ。にもかかわらず、警察は自分たちが嘘をつかまされていることさえ分からないから、それが私が罪を逃れるためにしていると思ったようだ。

その結果どうだ。超音波盗聴機を私に向け、知ったことは、テレビ側が投書を送らせていたことだ。そしてこれらのことがテレビ側の放送と関係してくる。つまり彼らの仕事と。だから彼らは有名人だし、その人間が犯罪をして、すぐにそうですかと罪を認めるかどうか。その辺のところは捜査側の力量にしかならないだろう。

冤罪の多くが、捜査が暴走し、捜査がおかしいのではないかと思っても、そこに止まり修正能力が極端に今まで低かった。そしてここで最も重要なのが「警察が恐い」という存在である。これをある意味継続させるのは、なぜか知らぬが、嘘を言わせる環境をつくっているのが警察自身であるということである。

しかし、ゴーン氏は頑張っているようである。どうやら私と同じで「筋の通らぬ」ことはしないタイプなのか?私も「おしゃれ事件」に抗議しているが、好きでしているのではない。そもそも事件そのものが長すぎる。私が認識しているだけでも10カ月。日テレも資生堂も何をしていたのだろう。これだけでも罪だ。犯罪を放置しているのだから。私のように「正直、嘘は言わない。悪口は言わない。自己に対する誠実さ」などしかない人間が、仕方なく書いているのである。その時点で、「おしゃれ事件」に関わった人間は終わっていると思う。

ゴーン氏の冤罪が言われるのも、どうも筋がぴしりと通っていないように思う。

|

« 分かりにくいのはなぜか?ゴーン逮捕 | トップページ | 花田優一の異常な生活?! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産ゴーン社長その後:

« 分かりにくいのはなぜか?ゴーン逮捕 | トップページ | 花田優一の異常な生活?! »