« また | トップページ | 昨夜は »

安田さん2

2018年11月5日放送された『羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日系)』で安田純平さんの会見の様子が特集された。 コメンテーターの玉川徹さんが安田純平さんを批判するSNSに対し「この2日間(安田純平さんのことを)考えてみました。 村の掟に背いた村八分と同じですね。SNSの普及で日本に元々あった村社会が表面化しているだけ」と安田さんは村八分にされSNSで叩かれていると発言。 また続いて「あとSNSで国から出て行けという言葉があるんですよ。これも基本的に『村から出て行け』なんですよ、気に入らない奴。

安田さんの記者会見の様子は、テレビで見ていない。どういうことなのか基本的に知らない。ただ批判されているようだとは考える。いつかチラッとチャンネルを回した時に「安田さん、自業自得」という文字が並んだものを表示していた。どういう意味なのかもよく分からない。自業自得というのは、安田さん自身が言ったものなのか、それともほかの人間の批判的な意見なのか。

いずれにしてもこの文字を二つ並べて放送するのはなんともいただけない。どちらの意見でも、こういうことをしたら「自業自得なんだ」と主張しているようなものだから。しかし、なぜこんなに委縮した意見ばかり出るのだろう。まるでいたずらっ子に、いい子にしていなければなりませんよ、みたいな話だ。

それから「国から出ていけ」というのも、よく聞く。ただそういう人はほとんど議論ができない人だということは認識しておくべきだろう。いわゆる排除思想だ。ゆうことを聞かない子供は家を出て行けと、親が子供によく言う言葉だろう。そういう人たちもよく親に言われたのではないか。そう言えば議論に勝ったような気持ちになれるのだろうから。そしてそういう自身は大勢に着いたような安心感を持つのだろうと思う。そう言えば愛国だとでも思うのでしょうか。

とんでもない。そういう人間の方が魅力がない。イエスは弱いもの、打たれるもの、叩かれるもの、イエス自身が「罪びとを招くために」と言っている。私もそう思う。強いもの、お金のあるものに、政治の力は必要だろうか。そういう人たちは、放っておいても生きていけるたくましい人。政治とか言論というのは、社会的弱者のことを守ってあげなくてはならない義務がある。それが言論だし、民主主義だからだ。安田さんがテレビなどで叩かれているなら、私は「あなたといつも一緒ですよ」と言ってあげたい。

現在の日本の病、いじめや自殺などの多くの問題の多くがテレビから来たものであろうことは、誰しも気がついていることだと思う。だから、せめて心ある人は、少しでもテレビを消してみよう。外を歩いたり、本を読んだりしてもいい。絵をかいても、好きなことでもいいから、そういうことを始めませんか。いじめられた子供たちと知り合いになれるかもしれません。その方がどれだけ人生が豊かになるかしれません。

私が安田さんについてのテレビ報道など見ていないのも、そんなことです。

|

« また | トップページ | 昨夜は »

事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549754/67350617

この記事へのトラックバック一覧です: 安田さん2:

« また | トップページ | 昨夜は »