« 捏造?! | トップページ | 台風来る »

汚染水

汚染水が溜まり続けているが、ここでトリチュウム以外のものは全て大丈夫なように言っていた報道はなんだったのか。汚染水を海に放出するという考えを知ってから、福島の漁業関係者が反対していた。

それにもかかわらず、汚染水は基準値以下にまだとり切ってはいない。それで東電は放出が決まってから、取り除くとしている。しかし、そんなの嘘だろ。例によって「話のすり合わせ」をしていたわけだから、放出するときでも、取り切っていなくても、取ったとして海に流すのだろう。

でも、これって問題ないのだろうか?例によって、人体に影響を与えるレベルではないとか。そういう話になるのだろうと思う。だが、これも「話のすり合わせ」だろ。これは私は若いときから認識していた。哲学的とも言うか、あるいは事実関係を突き合わせてみるとでもいうか。必ずつじつまが合わないものがある。

これが世論操作の結論として、国がそういうことはしていないとか、そういう物言いが堂々と通る国だ。しかし、これをやるとすべての不正が通ってしまうことになる。情報操作の結果として、そういうことはないのだから、そういうことはないでしょう、ということになる。

こういう国に私たちは暮らしている。汚染水は増え続けるのだから海に流す。では、それはどのくらいの期間するのだろうか?それを考えると実際、恐ろしいことになると思う。いまだに原発を運転していく方向にあると言える。しかし、もしまた地震でまた原発がやられたらと思うと、この国は完璧に破綻すると思う。

私は原発そのものを最初から日本に導入するという選択は、すべきではないと思っていた。それは自然科学に対する私が学んだ敬意であるかと思う。ましてそれを無害化するまでに要する年限を考えると、日本という国には、負担が多すぎると思う。加えて他国に原発を建設し、となると、もはや無謀としか思えない。原子力政策も場当たり的だったんですよね。それでも原発をつくるという熱意によるものは何なんだろうか?

国力?先進国?トランプさんのアメリカを見ていると、貿易立国という考え方は、ずいぶん古いものになったように思う。それでもそうする。それで喜べる?本当にそうなんだろうか?汚染水が教えてくれているように思う。これからもどんどん増えていくし。何年も何十年も何百年も何千年も…。私たちは本当に正しい選択をしているのだろうか?とてもそうは思えないのだが…。

|

« 捏造?! | トップページ | 台風来る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549754/67221486

この記事へのトラックバック一覧です: 汚染水:

« 捏造?! | トップページ | 台風来る »