« たとえばこんなことが言える。 | トップページ | 6月30日に49日・納骨を施行した »

瀬戸内寂聴さんが批判される

小野寺まさる】「瀬戸内寂聴スペシャル」…僕から見ると最低最悪のく◯坊主だが、テレビ局は異常に持ち上げる…

 ネット「不快な人」 小野寺まさる氏のツイート

  ゴールデンタイムに「瀬戸内寂聴スペシャル」…僕から見ると最低最悪のく◯坊主だが、テレビ局は異常に持ち上げるよな…

▼ネット上のコメント ・永田洋子と文通してた!それは自慢になるのか?と疑問視してました(笑)

・三島由紀夫や美空ひばりという大物を売名の道具に使ったとしか思えない

・ここ数年のテレビ番組を見て分かったこと、それはテレビが推す人物は信用に値せず、逆にテレビに叩かれるか取り上げられない人物こそ支持するに値するということ。

ネットにあった瀬戸内寂聴氏への批判である。永田洋子との文通があっても、あるいは面会していても、問題はないだろう。むしろ小説家としては、何らかの交信がある方が普通とみられる。

それは何よりも、人間自身がとても罪深い存在であることを認識する必要はあると思う。永田洋子は、なぜあのような状況において、仲間を大量に殺したのか?そう組織学とでもいうべきものなのか、一昔前は多くのリーダーがしていたように思う。近くでは、金正恩が兄の正男氏を殺害し、多くの国民も粛清してきたと思う。しかし、それをしたからといって、米国の大統領・トランプ氏と会談できずに、逮捕されるというわけではない。

永田洋子はそのような状況でした。その状況を多くの人は知らないと思う。私も知らない。ただお腹に赤ちゃんがいる仲間を殺し、子供を取り出したように思う。人間は状況次第では何をするか分からないという、親鸞の教えが身に染みる。あまりにも私たちは罪深い。

最後の意見には、私は感激してしまった。素直にうれしい。テレビ局を敵に回し、警察まで敵。警察が敵になったのは、警察がメディアに騙されてしまい、後に引けなくなってしまったこと。私はただ、おしゃれ事件以外の人の、悪口などは公にはしていない。彼らのことについては、知っていても書いてない。現在はホムペに書いているが…。

それが逆に警察が捜査を間違えることになったようだ。あまりにも私が潔癖で、世の中に存在が疑われるほど、まっすぐな人間でしかなかったからである。そのために、警察なども、私が善良であることを頼みに、罪を着せた。

ただテレビ云々というと、本当にそういうことだと思う。テレビに出た時点で人間がダメになるのだろうと思う。あの台本を読んでいる時点で…。

|

« たとえばこんなことが言える。 | トップページ | 6月30日に49日・納骨を施行した »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549754/66880160

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内寂聴さんが批判される:

« たとえばこんなことが言える。 | トップページ | 6月30日に49日・納骨を施行した »