« 母の入院 | トップページ | 母その後 »

セクハラ罪

福田前次官のセクハラ問題を巡って、麻生副総理兼財務大臣が「セクハラ罪はない」と発言。これに対し野田聖子大臣が「罰則や罰金を」と発言。

しかし、これは変だと思う。セクハラはまず第一に、それがそうかどうかわかりにくい。痴漢やわいせつ行為は、する方も自覚があるだろう。しかし、セクハラはどうなのか。相手の女性に対する好意を表現したつもりが、セクハラということもあるだろう。こればっかりは難しい。

もしそういうような状況になれば、男性は女性にどう好意を打ち明けるのだろう。バカバカしい話だが、それはテレビなどで公認されているような言葉を使うということだろうか。それって表現の自由に反するし、何よりも男性の恋愛感情が画一化されることにならないだろうか。

これって人間を鋳型にはめるようなものだよね。反対します。福田次官が「言葉遊び」と言ったことには、適切かどうかわからない。しかし、ある程度の遊びの部分がないと、人間の想像力も制限されることになる。隠蔽社会にふさわしいような、罰則のように思えてならない。

子供が少なくなっている。ある意味若い人たちが、委縮しているのではないか。生命の根源的なことが抑圧されるのには反対する。

まして福田次官のセクハラ問題は、明らかに財務省問題に絡んだものだ。そこでメディアを使って個人攻撃をすることは、好ましいことではない。それ以外のことが取り上げられてないので、恣意的に安倍倒閣のための材料としたのだと思う。だから女性記者は、メディアを使って福田氏を叩くために、情報提供をしたのだと思う。

まして情報源の秘匿ってなに?自分たちの都合のいいように解釈しているだけだよね。私のことは、なぜ秘匿されないのでしょうか?この人が!とやっているではないか⚓自分たちの都合のいいようにしているだけ⚓

|

« 母の入院 | トップページ | 母その後 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549754/66695554

この記事へのトラックバック一覧です: セクハラ罪:

« 母の入院 | トップページ | 母その後 »