« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

中国のキャスターか?驚きの美人

いまニュース23(tbs)をちょっと見ると、中国のキャスターなのか。大変な美人が出ていました。驚きました。美人はテレビには出ないと思っていましたので、見て驚きました。中国ではあるのでしょうか。あれほどの美人は、日本では普通にそこらで見ることができますが、テレビではないです。

これは日本のメディアの問題で、あまりにも美人だとすると、テレビに出る前に、テレビ局の関係者と関係を持ち、出れないのだと思います。

検索しましたが、写真もありません。驚きました。

美人と言えば、ここでオリンピックで活躍した小平奈緒さんも美人です。それにベビーフェイスで、頭のよさそうな人です。それに相沢病院の理事長さん、こういう人がいるから日本は救われます。二人ともあまりにも素晴らしいので、今日は割と、いい日でした。加えてスケートの姉妹。二人とも大和なでしこです。素晴らしい女性です。これからも活躍して欲しいです。

しかし、先程の中国の美人。どこかで情報はないのですかね。グーグルにないのですから、ないのでしょうね。こういう機会が中国語を勉強する機会になるのでしょうね。改めて20代の頃を思い出して、英語圏での美人探しもいいかもしれません。お宅になり、英語がうまくなれば、それでいいのでしょうから。きっかけは何でもいいと、言っていたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここまでとは

今日の東京新聞の発言に「多すぎる死票焼却より重大」とある。会社員 金子健二 51 (さいたま市緑区)

民意の歪みといえば、今回の衆院選小選挙区で、得票率48%の党が74%の議席を獲得している。2,600万を超える死票は、民意が結果に反映されてないという点で、焼却された票と同じである。(略)

小選挙区制度により多くの票が議席に結びつかず、民意が捨てられていることの方が、より重大であると思う。

発言では、他に滋賀県甲賀市が得票数の数合わせのため白票を水増しし、その後発見された未開票の投票用紙を焼却処分していた問題が書かれている。

私は民意の歪みがここまでとは明確に認識していなかった。確かに恐ろしいほどである。これで投票率の低さ、あるいは、テレビなどの情報操作で投票が行われることを考えると、いったい民意とは何なのかと考えさせられる。

今日までの投票方法では、政治家を選択することはできないと私は思っている。白票の多さは以前知った。選びようがないのだろう。また政治家の不祥事がお粗末で、みっともないことばかりである。有権者は、こんな政治家を選択してはいないと思ってはいると思う。

また、メディアは政治家の身体検査ばかりに重点を置き、政策のことにはあまり触れない。触れるとしても、程度の低さ、テレビなどで、何度も繰り返し放送される情報は、あまりにも偏向している。メディア自体も問題を抱えているため、政策などでの意見討論など全くできない。軽く流れていることのほとんどは、井戸ばた会議程度のタレントの誘導情報である。

これでどう現実の有権者の生活がよくなるのか。いろいろな社会問題が雪だるま式に増えていくばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ楠田枝里子は嘘ばかりついて、挑発するのか⚓

日本テレビに入社してアナウンサーとして活躍、 そのキャラクターで人気を博し、その後日本テレビを退社してフリーになり、さらに幅広い分野の番組でキャスター、司会者として活動の幅を広げました。 誰もが気になる楠田枝里子さんの年齢と、結婚しなかった理由を. お知らせします。 楠田枝里子さんは「今年で前期高齢者、65歳になりました」と語りました。 年齢を公表しなかったのは、周囲から年齢で判断されたくなかったのと、

この記事は嘘だらけだ。日本テレビにいた時代に人気になったことはない。私の抗議の手紙を人気にすり替えたのか⚓ 年齢を公表しなかったというが、その当時の年鑑には書いてあるだろ。なぜ私は年齢を知っているのか⚓嘘ばかりついて挑発している。許せない⚓

まして結婚をしなかった理由とは何か。結婚ができなかったのはおしゃれ事件だろ。私の抗議の手紙が行く前に、どれだけ多くの人が久米との関係を知っていたのか。久米との性的関係を自慢していて、何を言っているのか⚓みんな知っていただろ。

それで自分たちで責任を取らないように、私を犯人にでっち上げ。スケープゴートだよ。自分たちが責任を取らないようにするために、捏造。みんなでやってましたなんて言えないのかね。

でもね、ここでこういうふうに楠田が言っていることで、これで楠田はよく虚偽告訴罪で逮捕されないね。これ証拠にもなるよね。これだけ嘘をついていますという証拠。とにかく、こんな人間しかテレビには出ないのか⚓

久米と楠田は決して許さない⚓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律家?

昨日大変法律に詳しい人に会った。しかし、この方も超音波盗聴機について、それを持ってこなければ、裁判にできないという。やはりそうなんですね。と思いましたが、普通ちょっと考えれば、超音波盗聴機が手に入ったら、1億円の賠償を求めて、裁判などしますかね。

しないでしょうね。私でなくても、持って逃げるでしょうね。自分で使用しても金になりそうだし、どこかの誰かに売り飛ばしても1000億は下らないでしょう。たとえば、外国に逃げている中国の幹部の人は1兆円以上持っているそうです。それなら3,000~5,000億円で買うでしょう。元は取れますし、政権は3,000年も安泰でしょう。英雄になりますから、それでその上発明したなどと発表し、ノーベル賞ももらえるでしょう。

そうすると、この専門的な考えというのは、大変幼稚な考えですね。バカバカしいぐらい。

ハイ超音波盗聴機はこれですなんて言って、裁判をするバカはいないでしょう。これと同じことを言っていたのが、もう30年以上前に、八王子署の警察が言っていました。こういう人というのは、こんなにバカバカしいことしか考えないのでしょうか。

ハイ裁判しましょうと言って、ふたを開ければ、これでは負けますよね。こんなものは、物はなくてもいいわけです。こんな簡単なことが分からないのはなぜなのかW。盗聴器を持って来いというのは、いわゆる普通のものでしょう。仕掛けられていたとか。超音波盗聴機を持って行ったとしても、それだけでは証明できませんよね。

もっと重要なことは、私が資料を渡した時点で何をするかが、提示できないのではだめですよね。

ネットのことについても私より知らなくて、困惑しました。そして警察のことに話を向けると奇妙に逃げました。発言をとられるとまずいのかもしれません。テープが回っていて、それを上司がとか?W

いや、もっと勉強をしましょう。無駄なことはいけない。ただ一ついいことを言ってくれました。それで本サイトに「久米宏の連続強姦魔」と足して書きました。アドバイス大変ありがとうございます。優秀な方なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粗末なバスタオル

Img_0405
我が家の風呂においてあるバスタオル。だいたいいつも同じようにバスタオルが置いてある。居候をしている姉がこう置くのだが、いつも一番上のタオルは一番粗末なもの。薄くて少しゴワゴワとしたもの。おいてあるもので一番悪いもの。

以前は姉は私の後に風呂に入るのが汚いと言って、私が母親の夕食の食事を作っているときに、入っていた。ところがここにきて、最初に入ると風呂場が寒いということで、私の後に入るようになった。

いつも私が入る時に、この粗末なバスタオルがいちばん上にある。必ずある。つまり私にはこの一番粗末なタオルを使わせようというのだろう。それで私も時には使い、時には下の方から取ってみたりする。

よほど姉は私に八つ当たりするのが好きなようだ。自分のバスタオルは必ずいいものを取っておいて、他につるしてある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »