« 苦しい苦しいと母 | トップページ | 今日はそれでも »

日馬富士暴行問題

日馬富士が書類送検された。また貴乃花親方が沈黙を保っている。貴乃花親方の沈黙は隠蔽を恐れてのことだと思う。医師の診断書では2週間程度で相撲はとれるとしている。

しかし、事はそう簡単なことではないと思う。ほとんどこの問題で触れられていないのが、貴ノ岩の容態だ。それから今後のこと。けがの状態が2週間としているが、これは普通の人の場合ではないか。つまり相撲を取らない人のことではないかと思う。

相撲は頭からぶつかる。それであの頭が再びぱくりと開かないのか。当然けがをしないように相撲を取るということなら、十分な相撲を取ることは難しいと思う。頭で当たれなかったらどうなるのか。頭で当たって額から血がというのは、しばしばあるようだ。

そうすると貴ノ岩はできるのだろうか。私は2週間で相撲が取れるというのは、むちゃなように思う。確かに相撲さんはけがをしても休まないで、土俵に上がるので大丈夫のように思う。しかし、頭ぱっくりでは無理だと思う。

そこをメディアは少しも触れてないように思う。

|

« 苦しい苦しいと母 | トップページ | 今日はそれでも »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日馬富士暴行問題:

« 苦しい苦しいと母 | トップページ | 今日はそれでも »