« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

なんか変

Toirede_3


Sentakuki1_6

姉が使用した後である。変である。それでいろいろというとすぐ人のせいにすると言う。でも昨日からこうなんですよ。すべてがこう。トイレで使ったらそれでそのまま、ちゃんとしない。洗濯機はごみを集めるものを、昨日だが取り外して私に見せた。それでそのままになっている。できないからそのままなんだと思う。本来、洗濯槽の横についているものである。それではずしたら、元に戻せないのだと思う。

姉が直すまで、しばらくそのままだが、たぶん直せない。これも私に対する嫌がらせのひとつなのか?

とにかく姉はテレビ好き。四六時中テレビを見ている。私にはうるさくてしょうがないのだが、たいてい姉が私の顔を見たくないというので、自室に来る。それでテレビを見なくてすむ。こんなテレビ好きなんだから、まともな思考ができない。民放など10分に何回CM。普通に生活して、これほど思考を中断されたら、相当変だ。そんな人間を大量に作っているのだろうか。

だから姉は全て上記の通り。トイレでも洗濯機でも、私が聞けば、できないとは言わない。そうゆうふうにしていたのよというだろう。でなければ、いちいち小さいことにうるさいのよと。とにかく中傷と人をバカにすることだけは知っている。それも自分が何をしているかよく理解しているのかどうか?テレビはこんな人間しか生まないのか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

楠田枝里子の顔がはれてないか?

Kusudakaohare_2

この写真だが、少し変ではないか。よく見るとずいぶん顔がはれてないか?他の写真なども、よく見ると楠田は髪の毛多く見せるようにしている。ふわーと大きく。つまりそれだけ本人も顔が、奇妙にはれていることを認識しているように思う。これは整形でなったのか?それとも食べ物でなったのか?不自然だ。目などは相当おかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国慰安婦問題再び?

韓国が慰安婦問題を再び見直しているようだ。しかし、これは当初より考えられたことだ。何度しても同じであろうと思う。韓国は常にこのカードが日本にとって有効であること認識している。この問題に限らず、私は思想良心の自由、言論・表現の自由を改めて確認しておきたい。

それは韓国に限らない。中国に対しても同じだ。なぜなら民主主義国家は、これらのことをエンジンとして発展すべきであるからだ。そこに政治は強権的に関与すべきではない。もちろん民主主義というのは一つの政治体制であることは変わらない。

ただ慰安婦問題に対し、韓国民にしゃべるなと脅すのはおかしい。少女像を建てたければ千体でも万体でも建てればいい。それに対し日本も筋を通すことである。真正面から問題を把握すればいいことだ。それをその場限りの、場当たり的に対処しているから、いつまでも続くことになる。

いつまでも続く?そう韓国は日本が広島長崎とあるのに、それをまねてしているだけである。しかし、本質はどうだろうか。そこを見極めるべきだ。筋を通せばいいことを、何回でも場当たり的に行う。そこを突っ込まれる。これではお互い不幸な歴史を作るだけである。

本質的になぜ考えないのか?捉えないのか?わからない。ただこういうような習慣は常に日本のメディアに存在する。韓国にもある。都合のいいようにしか報道しない。それでいつまでも着地点に到達しないまま、繰り返される。

これって日本のメディアが常にネタにしておくために、そうしているのだろうか?場当たり的というのは、おしゃれ事件などでもそうだ。責任を取らない。楠田は嘘をつき続ける。常に逃げる。逃げて逃げて、笑っている。まただ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楠田枝里子が相当おかしくなっている

楠田枝里子が自己分裂を起こしているのか、相当おかしい。というのも、ここで何やら以下の記事が出ている。

「楠田枝里子アナ、結婚しなかった理由と実年齢を明かす」。こうある。

これはTBSで放送したらしい。ところがこれが嘘。加えて日本テレビおしゃれ事件に対して、事実関係をとれないだろうと、しているが、これらで明確に取れることが理解できないのか?今までさんざん超音波盗聴機だから証拠がないみたいなことを考えているようだが、できるじゃないか。そのために事実関係をとらないようにしてきたのは、久米であり楠田である。しかし、ここで御覧のように取れる。とれるように明確になったということか。気がつかないのか。

つまり楠田枝里子は分からなくなっているのではないか。さもなければ司法の場へも圧力をかけてできなくしているという自信なのか。いずれにしても、私のサイトがあり、超音波盗聴の証拠がなければ、このような行動には出れない。決定打である。

ここでこういうものをいくつか作ってきたが、相手が勝手に作ってくれるとは思わなかった。検索では「まとめサイト」なるものが多くある。まとめサイトは情報発信元に責任があるとしている。つまり私の行動でどうなるか楠田は分からないのだろう。

たぶん楠田枝里子は私のサイトが嘘を書いているということを言いたいのではないか。それならば、日本テレビで放送していた「なんとか特報」とか?楠田は番組を下ろされたじゃないか。また同じことをして意味があるのか。虚偽告訴の証拠にもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏ん張れ貴乃花親方

貴乃花親方が踏ん張っている。四面楚歌とも言われるが、私は大変期待している。素晴らしい展開だ。テレビレポーターに何聞かれても沈黙。正解!!すばらしい!!その上、年上奥さんの景子さんがこれまたすごい。黙っている。けなげだ。夫に従いけなげに闘っている。

おまけに年はとってもいまだに美人。セクシー。こんな奥さんがいる貴乃花は幸せ者。もっともっと頑張れるはず。いけるところまでいけばいい。四面楚歌と言っても私は応援するぞ。がんばれ!!ふんばれ!!奥さんは美人だ!!セクシーだ!!

貴乃花がうらやましい!!テレビで最近、こんな美人は見たことないぞ。変なのばかりだ。おまけに私は見たくもない楠田枝里子の情報に関わっている。嫌になるやら、ストレスになるやら。

私も早く景子さんのような美人の情報を扱うことができるように頑張らなければならない。貴乃花奥さんを大事にしてくれ。美人だ。うらやましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はそれでも

今朝は4時32分にトイレに起きただけだった。珍しく少なかった。その前日は1時40分、3時30分、5時40分(お通じ)、7時20分、7時45分(お通じ)。それで10時30分起床。

朝遅くなってしまうのは、私が疲れて起きれなくなっているからだ。ぐったりしている。

またここ2,3日、母親が盛んに姉を恐いと言ってしょうがない。私が買い物に行くときには、姉に任せないわけにはいかない。ほんの1時間半ぐらいだが、何が起きているのか分からない。母が言うには「お母さんが何もしてないのに、ねて姉と話をしていると、訳もなく顔をぶったりする」らしい。

それらは母にとってはとても深刻なことらしい。何をするか分からないから、戸締りをちゃんとして、入ってこれないようにしてという。あんな恐ろしい人間が家に出入りしているという。どこかに行けばいいのにとも。

私にずっとそばにいて欲しいという。しかし家のことなどしないわけにはいかない。困った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日馬富士暴行問題

日馬富士が書類送検された。また貴乃花親方が沈黙を保っている。貴乃花親方の沈黙は隠蔽を恐れてのことだと思う。医師の診断書では2週間程度で相撲はとれるとしている。

しかし、事はそう簡単なことではないと思う。ほとんどこの問題で触れられていないのが、貴ノ岩の容態だ。それから今後のこと。けがの状態が2週間としているが、これは普通の人の場合ではないか。つまり相撲を取らない人のことではないかと思う。

相撲は頭からぶつかる。それであの頭が再びぱくりと開かないのか。当然けがをしないように相撲を取るということなら、十分な相撲を取ることは難しいと思う。頭で当たれなかったらどうなるのか。頭で当たって額から血がというのは、しばしばあるようだ。

そうすると貴ノ岩はできるのだろうか。私は2週間で相撲が取れるというのは、むちゃなように思う。確かに相撲さんはけがをしても休まないで、土俵に上がるので大丈夫のように思う。しかし、頭ぱっくりでは無理だと思う。

そこをメディアは少しも触れてないように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦しい苦しいと母

 昨日も母親は夕食後「苦しい苦しい」と言う。いつものことだと思いながら様子を見ていると、吐いた。どうもこの「苦しい」は食事と関係があるらしい。

 それで血圧が下がり、頻脈が出た。130ぐらいになったが、収まるかと思ったが、血圧が下がったので救急。家に帰ることができたが、帰ってきて、睡眠薬を飲ませない方がいいというので、飲ませなかった。姉は午前2時を過ぎても、母にしゃべり続け、私が寝るのにうるさいと言うと、例によって暴言と介護放棄。

 今日血圧と頻脈が治らなければ、受診する予定だったので、私も寝たかった。しかし、それでも母は寝ない。騒ぎ続け、私が終いには怒鳴りつけた。少しボケてきたのだろうかとも思う。結局、隣の部屋で手すりにつかまりながら、どうしても起きてしまう。寝かせても寝かせても起きる。仕方ないのでそのままにしておいて様子を見た。

 朝の6時までそうして騒いでいた。ベッドに座っているところを、血圧を測ると「205/82 90」だった。1時ごろに頻脈も収まってきたし、血圧も安定してきていた。しかし、興奮とエアコンを入れてあっても、寝ないで1人でいると、冷えると思う。血圧が上がったのだろう。

 それで仕方なく、「電気を消さないで」と言ったが、消して、寝かせて、私もそのまま寝てしまった。母は体をがたがた震わせながら、寝始めた。私は3時間ほど眠れた。とにかく「苦しい」というのと、食事が関係しているようなので、注意してみる。水分の補給もとろみをつけないと難しいので、できるだけである。

 しかし、いくら私が注意しても母が「なんか欲しい」と言えば、姉が与えるので、それで私が最小限と思いながら、食べさせていたものが、多かったのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日馬富士は引退したが

 日馬富士が引退した。しかし、問題はそう簡単ではない。それからどうも一部のメディアが貴乃花親方のやり方を問題にしているようだ。貴乃花がいちばん恐れているのが、相撲協会の隠蔽だろう。これは少しぐらいのけがはよくあるようなことを言われ、問題が隠蔽されることを恐れているのだろうと思う。

 白鵬も当事者であるというのが、貴乃花の認識であろうと思う。ヤクザでいえば親分である。親分の前で暴力が使われ、少しも止めに入らなければ、暴力を肯定していたことになる。最初は誰も止めなかったようだ。血が出たことで白鵬が止めに入ったと…。とするとやはり親分である。親分には責任がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »