« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

簡易トイレは重いか

昨夜は午前1時までに集中的にトイレを3回。寝る前のトイレ。寝かせてすぐにまたトイレ。それを3回繰り返し、それらすべてが徒労のように思える。私が床について30分後に又小用トイレ。3時18分にお尻がかゆいというので小用トイレ。お尻清拭。

昨日は排泄のある日だったので、出るというので何度も簡易トイレを部屋に運んだ。このトイレ意外と重くできている。軽いと人が座った時の安定感がなくなるらしい。それで重い。トイレにプラスチック製の車が2つついていて、それを引きずるように居間のベッドの横にいつも置く。ところがベットが母親が外を見たり、テレビを見たりするのに頭が西向きになっている。簡易トイレは足元に入れるが、それが部屋の続きでいうと、台所につながる。そこへ簡易トイレを置くと、今度は給仕をしたりするときに、邪魔になる。私が動くのにどうしても邪魔になる。それで何回も用を足すごとに移動させる。

簡易トイレを使わないでパッドに小用をさせればいいかもしれない。しかし、これが原因でお尻の皮膚が剥けたり、赤く炎症を起こしたりする。それらはなかなか治らない。治ってもすぐにまたできる。本人もパッドにおしっこを抱えているのは、気持ちが悪いらしい。おむつは漏らないようにできているので、蒸れるようだ。こまめに簡易トイレを使用し、股間を清潔に保つしか方法はないようだ。

おむつを捨てに行ったり、パッドを替えたりするのは、どうしても面倒になる。こういうようなことは、介護にはそれぞれの家で工夫してやっていると思うが、家の作りや介護の状況にもよる。何しろ母親はデイサービスなどすべて拒否。しかし、在宅でするのは基本。

病院に入るのは、何かのトラブルとか重病でなければ無理のようだ。介護する人がいない。病院がない。あっても入るのを拒否している私の母のような場合どうするのか?つきっきりである。夜も昼も…気分転換ができないし、疲労は抜けきらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1時間おきに

昨夜は大変だった。12時30分。1時30分と2時40分、3時40分それから4時過ぎまで。用を足したり、褥瘡か?少しお尻が赤くなっている。その措置などでほとんど眠れなかった。うとうととすると母が訴える。それで朝になったので、姉にTELして、替わってもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ