« 下痢?! | トップページ | 姉が母の首をしめる! »

連日の朴槿恵大統領退陣要求デモ

このところ韓国の朴槿恵大統領の退陣要求デモが日本でも報じられている。それ以上の混乱は伝えられていない。

これを見ていて、韓国というのは不思議な国だと思う。ある意味日本より民主化が進んでいるのかもしれない。ついこの間、ネットで「日本の集団的自衛権についてのデモを行った若者たちを、人生を台無しにした」という記事があった。つまり、デモをしただけで、一生警察や公安からマークされ、人生を台無しにされるという意味だ。

しかし、日本では本当にそうなのだろう。これはアメリカや韓国あるいはヨーロッパ諸国とは違う。日本はメディアが自主規制をするのだから、韓国のように情報そのものが出てこないのかもしれない。たとえば、豊洲の問題を見ても、石原元都知事が「記憶にない」「副知事に任せていた」といえば、それで追及されないのだろうか。これでは豊洲問題が解決しないではないか。談合問題も…。

それに比べると韓国は進んでいる。なにしろ情報機関に日本から拉致された金大中が、のちに大統領になり、ノーベル賞ももらうのである。こういうことは日本では全く考えられないことだ。日本で公安に目をつけられた政治家が総理大臣になるということは、ありえないことだ。

韓国を民主化という尺度ではうらやましいとも思える。

|

« 下痢?! | トップページ | 姉が母の首をしめる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549754/64546937

この記事へのトラックバック一覧です: 連日の朴槿恵大統領退陣要求デモ:

« 下痢?! | トップページ | 姉が母の首をしめる! »