« 2016年4月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年7月

のどが変?

昨夜は大変だった。今日が排泄をする日なので、昨夜10時ごろに下剤を飲ませた。ところがまたうまく飲み込めなかった。プルゼニドは固く喉では溶けないように思う。オブラートを使って2回ほど成功したが、昨夜はダメ。どうしていいかわからない。
それで喉が苦しいと言ってベッドで息が荒く、私も外が明るくなる4時半ごろまで寝付けなかった。それで24時間に電話をすると、その間にも荒い息が収まってくる。おかしなものだ。それでやっと寝ることができたが…。
6時にトイレ、8時ごろにトイレ。8時50分ごろに母はトイレに行って排泄をした。しかし、起きてトイレに行ったのを私は気が付かなかった。もう起きれないのだ。しかしおむつを上げるので私を呼んだので気づいた。
私は4,5時間は寝れたと思う。今現在の課題は「喉のケア」。リハビリしかないと聞いている。どうしたものか考えなくてはならない。とにかく一日部屋にいてテレビを見ているのは体に悪い。認知症の訓練をしているようだ。ボケになるための訓練。
テレビを見たり、ラジオを聞いたりすることは、いい習慣とは思えない。人間の耳や目は、本来何らかの情報を見て聞いて、それらを記憶し、自らの生活に生かしていくための働きをするものと思える。しかしテレビなどを見るということは、大量のほとんど個人の私生活には不必要のものを、大量に見聞きし、それらを忘れなければならない。つまり、ボケるための訓練を知らず知らずのうちにしているということになる。
だから、母にはなるべく人と話をしたり、自分の生活を大切にするように話している。それがいい方向性を持ち、実現していけば、おのずと喉の活性化、脳の活性化も得られるものと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥越俊太郎に淫行疑惑

鳥越氏が現在都知事選で奮闘している。そのさなかに、いつのことだかわからないが、鳥越氏がバージンの若い女性に別荘に連れ込んでキスをしたというのだ。
ところが、これがいつのことなのか分からない。まるで雲をつかむような話である。また、現在都知事選ということで、鳥越氏を追い落とす目的で書かれたものであろう。鳥越氏も名誉棄損あるいは選挙妨害で告訴するともいわれている。
いずれにしても何年も前の話を、選挙戦に当ててくるというのは、名誉を貶めるためととられても当たり前のことだと思う。
またこれらは疑惑となっており、日本テレビおしゃれ事件とは違う。おしゃれ事件は確定的なものだ。疑惑を報じて、確かなものは報じないというのも、日本のメディアだなぁ、と思う。
この記事もやはり裏で権力闘争なのだろうし、金や利権に群がる連中がいるのだろう。これで誰しも言論の自由を叫ぶのだから、わからない。
また鳥越氏も説明責任を果たしていない。会見もしていない。いわゆる久米楠田タイプだ。他人にはそうしろと言われても、自身のこととなるとやはり情報操作か?会見をするとなると、それらはテレビなどで放送され、イメージが増幅される。そのこと自体が、鳥越氏にマイナスになる可能性が高い。それを避けたのだろう。しかし、ジャーナリストと言われるなら、告訴なととすぐに騒ぎ立てずに、さらりと説明してかわす方が人気が出るだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年11月 »