« テレビの音がうるさい | トップページ | 鳥越俊太郎に淫行疑惑 »

日本の報道の独立性に深刻な脅威?

>国連人権理事会が任命した特別報告者(表現の自由担当)のデビッド・ケイ米カリフォルニア大アーバイン校教授が19日、訪日調査を終え「日本の報道機関の独立性が深刻な脅威にさらされていることを憂慮する」として、放送法や特定秘密保護法の改正を求める声明を発表した。

記事です。なんでも教授がメディアに携わる人間にインタビューを申し込むと、「匿名でお願いします」ということらしい。これは、私が思うに、それ以外のことでもそうでしょうと言いたい。彼らはいかに自分が有名になり金を稼ぐかが問題なのであり、それにともなう危険は負わないということだろう。つまりは自主規制。

そういうことだよ。日本テレビおしゃれ事件においても、ジャーナリストやメディア関係者が、口を開いただろうか。私の抗議文が行く前に、彼らは「自分たちは知らない。関わらない」。それで事件が起きているのだろうから。

だから一般人の視聴者に抗議文を送らせ、告発者を犯人に仕立て上げ、「こいつが犯人だ」とやっている。これが日本のメディアの現実。つまりは自主規制。恐ろしい国だ。中国の報道規制をNHKもよく報道するが、日本のメディアの自主規制については、報道したことがない。俺たち怖くて口が開けないんだよと声を大にしていったらいい。それも言えないのだろ。ある意味中国よりも恐ろしい国なのかもしれない。

一般人である私が匿名で告発するのは当たり前のこと。それを暴いて犯人だとやる。こんな人権侵害を「こいつバカだよ」「ほーと」感心するジャーナリスト。それでいて日本が戦争に巻き込まれるとか、人権が問題だという。なんじゃこいつら!!

|

« テレビの音がうるさい | トップページ | 鳥越俊太郎に淫行疑惑 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549754/63511908

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の報道の独立性に深刻な脅威?:

« テレビの音がうるさい | トップページ | 鳥越俊太郎に淫行疑惑 »