« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

韓国慰安婦問題の政治的決着?!

>元慰安婦の心の傷を癒すための事業を行うことで合意しました。また、両政府は、こうした事業の実施を前提に、この問題が「最終的かつ不可逆的に」解決されたことを確認しました。

韓国の慰安婦問題が年末に合意した。いわゆる政治的決着ということになろうか?しかし、ことはそう簡単ではない。日本は失ったものは10億円だけだという。しかし、同時に日本が主張していたものは、これを最終決着とし、以後蒸し返すなというものだ。また少女像を努力して撤去するとなっている。

しかし、これらは表現の自由 である。またユネスコへの登録もしないとは言っていないと早くも異論が出ている。合意文書もない。結局韓国に押し切られ、日本外交の敗北である。当の慰安婦たちは反発し、運動をやめないと表明している。アメリカにおいても。また台湾や中国も慰安婦問題を解決せよと表明。問題が大きくなっただけではないか?

慰安婦問題でも正面からとらえなければだめだ。問題から逃げれば逃げるほど重大になる。韓国などは国際的にと考えているのだから、正面からとらえればいちばんいい。米軍慰安婦やベトナム慰安婦など広く考えればいい。正面から取り組むことだ。

おしゃれ事件のように逃げれば逃げるほど問題は大きくなる。フィリピンや東南アジアでも声が上がるかもしれない。また、このような解決をとることは先の大戦で亡くなられた方の名誉はどうなるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »