« 国立競技場、いくらかかるか分からなかった?はぁ | トップページ | 停止を求めた警官に自転車衝突! »

白鵬のアッパー

>先場所は初日に敗れている小結逸ノ城(22=湊)との一番。

白鵬が逸ノ城に勝ったが、そのあとでアッパーをした。本当に見苦しい。

白鵬は強い。しかし、相撲のなんたるかをまだ知らないらしい。勝てばいいと思っているのだろう。勝てば、優勝すればすべてOKということらしい。ところが相撲は、そこから始まるものだ。

白鵬はよく双葉山を引き合いに出す。「我いまだ木鶏たり得ず」。白鵬はいつになったら、相撲を理解するのだろう。

相撲の他に柔道、剣道、空手、茶の湯、花。そうよく韓国が日本文化のそのほとんどが韓国から伝わったと言ってる。しかし、そんな嘘を言ってよく平気でいられる。

本質的なことを考えれば、何がいけないのか白鵬も分かるように思うが、残念でならない。これらのスポーツの本質は日本文化そのものだ。その哲学的なものが分かっていない。

それいて人種差別発言などをする。そうじゃないんだよ、白鵬。いつになったらそれを体得するのか。

|

« 国立競技場、いくらかかるか分からなかった?はぁ | トップページ | 停止を求めた警官に自転車衝突! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬のアッパー:

« 国立競技場、いくらかかるか分からなかった?はぁ | トップページ | 停止を求めた警官に自転車衝突! »