« 倉敷小5行方不明事件 | トップページ | 全盲少女の災難。加害者に同情のひどい意見 »

パククネ桝添会談

舛添都知事とパククネ大統領の会談がここで行われた。しかし、何となく違和感を持つのは私だけか?

例によって韓国のメディアでは、舛添が頭を低くしてパクに低姿勢な映像が広く使われているらしい。そして、従軍慰安婦問題で日本が折れたとも報道しているようだ。

これって、例の河野談話と同じではないか。同じ状況というべきか、同じ心理状況というべきか。おかしいのではないか。舛添は総理のメッセージも持って行っているというが、不自然だろう。

韓国は隣国だ。しかし、仲の悪い友達もいれば、相性の悪いやな奴もいる。そんな場合、あなたならどうしますか。いくら隣人だといって、ご機嫌をとる必要などない。付き合いたくなければ、付き合わないのがベストだ。いらぬもめごとが起こらないようにしたほうがいい。

政治は道徳や倫理を前面にして行うべきではない。その失政が従軍慰安婦問題ではないか。国連からも矛盾していると指摘されている。日本国民に十二分に説明し、問題を解決しなければならない。

日本政府はすでに解決済みのことだとしている。それならそれを丁寧に説明すべし。筋を通すのが大切だと思う。そのために必要なら、河野洋平氏を喚問することも考えなければならない。ひるんではいけない。

|

« 倉敷小5行方不明事件 | トップページ | 全盲少女の災難。加害者に同情のひどい意見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パククネ桝添会談:

« 倉敷小5行方不明事件 | トップページ | 全盲少女の災難。加害者に同情のひどい意見 »