« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

どうでもいいけど宇賀奈津美

>1日中パソコンの前に座っていたり、大した運動もしないでお腹いっぱいになるまで食べているのは、人間らしい行動ではないはず。読書も良いけど、映画って凄い。映画1本で、人生が変わったという方のお話もよく聞きますが、それだけの力がありますよね。

報道ステーションの宇賀奈津美さん。知りません。何をしているのでしょう?

2ちゃんねるに書かれていたので、久しぶりに私もブログを書いてみる。でも、どうでもいいけど。

一日中パソコンの前に座っていたりと書いてるけど、私もそうであったらいいのにと思う。腰痛の持病があるので長くは座れない。でも、これって今事務をしている人の多くが「一日中パソコンの前」ではないかと思う。

人間らしい行動ではないというのは、一般的サラリーマンということかもしれない。

映画がすごい。人生が変わったって、どんな人生なのか?私は映画もテレビもラジオもほとんど見ない。耳がよすぎるのかうるさいのです。音楽はいいけど、ほかのものはうるさい。

特にテレビやラジオは聴いているだけで耐えられないのですよね。その無意味さに。それからNHKスペシャルなんか見ても、ものすごく薄い。厚みがない。戦争の映像などは、それなりの価値があるけど…

本だと聖書でなくても、草花のことでも活字が目に沁みこんでくる。今は英語だけど、イメージがどんどん湧いてくるといいけれども。

つまらない文章でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »