« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

浅田真央本命?!

ソチ冬季オリンピックで大会の花、フィギャースケート女子が始まる。

男子は日本の羽生結弦が金メダルを取った。女子の本命は浅田真央だろう。演技の質が上がっている。トリプルアクセルがいい。ジャンプはいずれもスピードがある。それに比べ、連覇を狙う金妍児はなぜか鈍い。そう感じてしまうほど、浅田はいい。

金妍児はチャレンジ精神がない。前回のオリンピックでも金メダルはとったが、前々回の金メダリスト・荒川静をまねたものだった。荒川で完成されたものを、もう一度やった。

これには韓国サイドのリンク外での、なんらかの働きかけがあったといわれているものである。ただ、銀メダルの浅田の選択した曲が悪すぎた。適切に選択されていれば、前回金メダルが取れたはずだ。

今回の金妍児を見ていて一番感ずるのは、冒険がないということだ。フィギャースケートが人生の縮図と考えると、金妍児は平々凡々だ。見どころがない。やはり男子が4回転をする以上、女子も頑張ってもらいたい。オリンピックからチャレンジ精神を取ってしまったら、オリンピックでない。だから金妍児はメダル圏外と予想したい。

もちろんロシアのリプニツカヤはいい。キャンドルスピンは見事だ。浅田かリプニツカヤだと思う。もちろんほかの選手にも期待したい。冒険心をもって見るのだから、演技するほうも失敗を恐れずにチャレンジしてほしい。それでこそ喝采である。無難な演技など誰も期待しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »